スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

8/22 八経ヶ岳

 2016-09-26
八経ヶ岳(別名八剣山・仏経ヶ岳)1915m  100名山  登り=2:55  下り=2:20
 日本百名山ガイド本には大峰山となっているが、そんな山はない。
大峰山脈の内の八経ヶ岳が100名山となっている。
一般的に大峰山と言えば、山上ヶ岳を示すらしい。(チョット複雑な山域になっている)


★6:40 登山口P着  ★7:00 準備をして出発(Pは有料1000円となっている)
1IMG_9721_20160926080236eee.jpg 2IMG_9722_2016092608023737a.jpg

★登山口  ★沢沿いの道
3IMG_9723.jpg 4IMG_9725.jpg

★櫓を組んだ木橋を渡る  ★登り坂が始まる
5IMG_9726.jpg 6IMG_9727.jpg

★なかなか良い感じの山  ★超急坂の登りとなる
7IMG_9729.jpg 8IMG_9733_20160926080258541.jpg

★なだらかになってきたので尾根が近そう  ★7:55 奥駈道出合
9IMG_9736.jpg 10IMG_9739.jpg

★穏やかな尾根道  ★左方向の展望
1IMG_9742.jpg 2IMG_9743.jpg

8:15 弁天の森(1600m三角点)
3IMG_9749.jpg 4IMG_9750.jpg

ガスが出てきた
5IMG_9751.jpg 6IMG_9753.jpg

登山道脇の岩場よりの展望(左八経ヶ岳・右弥山)
7IMG_9755.jpg 8IMG_9756.jpg

★弥山の三角屋根の建物が見える  ★赤い実が綺麗
9IMG_9760.jpg 10IMG_9768.jpg

9:00 聖宝の宿跡
1IMG_9771.jpg 2IMG_9772.jpg

胸突八丁
3IMG_9773.jpg 4IMG_9775.jpg

★長い木段登り ★胸突八丁は急斜面だが、長すぎるZ道なので緩やか
5IMG_9781.jpg 6IMG_9785.jpg

★Z道の折り返し点よりの展望  ★下から見えていた三角屋根
7IMG_9787.jpg 8IMG_9788_20160926081555c6a.jpg

9:50 弥山小屋前のベンチで休憩
9IMG_9791.jpg 10IMG_9792.jpg

弥山山頂へ向かう
1IMG_9795.jpg 2IMG_9796.jpg

3IMG_9797.jpg 4IMG_9798_2016092608225702c.jpg

★10:15 引き返して八経ヶ岳へ  ★下り坂になる
5IMG_9800.jpg 6IMG_9801.jpg

★コルまで下りて来た  ★オオヤマレンゲ自生地は鹿除けネットで保護されている
7IMG_9803.jpg 8IMG_9804.jpg

鹿の食害がないので草木が茂っている
9IMG_9805.jpg 10IMG_9806.jpg

★鹿除けネットの出口  ★白骨木が目立つ
1IMG_9807.jpg 2IMG_9809_20160926082822c8e.jpg

10:45 頂上
3IMG_9811.jpg 4IMG_9812_201609260828253e3.jpg

★山名板も3つの山名が書かれている  ★三角点
5IMG_9819.jpg 6IMG_9820.jpg

岩壁や白骨木が多い
7IMG_9822.jpg 8IMG_9823.jpg

下山
★11:00 頂上を後にする  ★11:20 弥山小屋
1IMG_9825.jpg 2IMG_9826.jpg

★12:00 聖宝の宿跡  ★12:45 奥駈道出合で休憩
3IMG_9828.jpg 4IMG_9831.jpg

★13:30 登山口着  ★100名山にしては登山者が少なかった

5IMG_9832.jpg 6IMG_9833.jpg
スポンサーサイト
タグ :

8/19 吉野山

 2016-09-23
往き=2:00   帰り=0:30 
 去年は台風が接近中で雨、風が強くてまともに見れなかったので、今日はじっくりと見学する。

★7:40 観光駐車場に停めて出発  ★黒門
1IMG_9575.jpg 2IMG_9581_20160923134943d5a.jpg

弘願寺
3IMG_9583.jpg 4IMG_9584.jpg

銅の鳥居
5IMG_9587_20160923134947d89.jpg 6IMG_9589.jpg

仁王門
7IMG_9591_20160923135002e46.jpg 8IMG_9593.jpg

9IMG_9594.jpg 10IMG_9595.jpg

金峯山寺(きんぷせんじ)蔵王堂は木造建築では東大寺大仏殿に次ぐスケール
1IMG_9598.jpg 2IMG_3416.jpg

3IMG_3417.jpg 4IMG_3418.jpg

5IMG_3422.jpg 6IMG_3424.jpg

★同境内より  ★吉野朝宮跡
7IMG_3428.jpg 8IMG_3429.jpg

★今は妙法殿が建っている  ★仏舎利宝殿
9IMG_3430.jpg 10IMG_3431.jpg

8:20 脳天大神は455段の階段を下らないと行けない
1IMG_3433.jpg 2IMG_9601.jpg

3IMG_9602.jpg 4IMG_9603.jpg

5IMG_9605_20160923140153679.jpg 6IMG_3436.jpg

7IMG_3435.jpg 8IMG_3437.jpg

★      ★8:35 階段登り開始
9IMG_3439.jpg 10IMG_9607.jpg

東南院は美しい多宝塔が有名
1IMG_9655.jpg 2IMG_9658.jpg

★吉水神社  ★境内に桜の展望所がある
3IMG_9612.jpg 4IMG_9613.jpg

★咲くとこんな感じ  ★現在は改修中
5IMG_9615.jpg 6IMG_9616.jpg

★9:30 車道から離れて如意輪寺に向かいます  ★中の千本でビールタイム
7IMG_9621_20160923140519c92.jpg 8IMG_9622_20160923140520066.jpg


9IMG_9628.jpg 10IMG_9623.jpg

★ドンドン下って行く  ★谷まで下ってきた
1IMG_9630.jpg 2IMG_9631_20160923141047fce.jpg

★山門が見えてきた  ★10:05 やっと寺に到着
3IMG_9638.jpg 4IMG_9640.jpg

5IMG_9642_20160923141051f6b.jpg 6IMG_9645.jpg

★裏門に駐車場があった  ★2車線の観光道路を歩く
7IMG_9646.jpg 8IMG_9647.jpg

★中の千本桜  ★トンネルを潜って
9IMG_9649.jpg 10IMG_9650.jpg

★10:30 本日の歩き散策の目的地中千本バス停に着く  ★11:00 車道を歩き駐車場まで帰ってきた
11IMG_9654.jpg 12IMG_9666.jpg

車で見学
喜蔵院(ユースホステルを兼ねている)
1IMG_9669.jpg 2IMG_9671.jpg

桜本坊

3IMG_9672_20160923141918be7.jpg 4IMG_9673_20160923141920b9e.jpg

5IMG_9674.jpg 6IMG_9675_201609231419349f9.jpg

7IMG_9677.jpg 8IMG_9679.jpg
タグ :

9/25 熊野古道

 2016-02-19
熊野古道中辺路(なかへち)ウオーク
 国道311号に平行するように、山中を熊野古道が延びている。
「道の駅熊野古道中辺路」の向かいにある古道入口からゆるやかな坂を上がった箸折峠では、牛馬童子が迎えてくれる。ここから近露王子、比曽原王子、継桜王子とたどるコースを歩く。


★道の駅熊野古道中辺路  ★牛馬童子口バス停
1IMG_7225.jpg 2IMG_7227_20160219103430bd8.jpg

★7:05 古道入口  ★栗を拾いながら
3IMG_7228.jpg 4IMG_7233.jpg

牛馬童子
5IMG_7237.jpg 6IMG_7238_20160219103447011.jpg

箸折峠から少し下ると近露の里が一望できる
7IMG_7244.jpg 8IMG_7245.jpg

山道を下って日置川の北野橋を渡る
9IMG_7249.jpg 10IMG_7252.jpg

★近露(ちかつゆ)王子  ★野長瀬一族の墓(南北朝時代にこの地で栄えた豪族)
1IMG_7255.jpg 2IMG_7258_20160219104051855.jpg

★ずっと舗装道路歩きとなる  ★雨用に持ってきた傘は日傘になる
3IMG_7275.jpg 4IMG_7279.jpg

乙女の寝顔(寝顔に見える!)
5IMG_7282.jpg 6IMG_7284_20160219104107109.jpg

★日曽原王子跡  ★継桜王子
7IMG_7286.jpg 8IMG_7288.jpg

★とがの木茶屋  ★野中の清水
9IMG_7290.jpg 10IMG_7295.jpg

★野中一方杉バス停(国道311号)  ★10:50 国道を歩いて道の駅に戻る(所要時間=3:45分)
11IMG_7297.jpg 12IMG_7303.jpg
タグ :

9/12 高見山

 2016-01-06
高見山(1248m)  300名山  奈良県東吉野村  登り=0:40  下り=0:30

★7:00 国道169号の分岐標識(高見峠5.8km)  ★舗装林道
1IMG_5623_201601061027558fd.jpg 2IMG_5624.jpg

★7:10 木梶三滝分岐  ★7:20 高見峠(広いPとトイレがある)
3IMG_5625.jpg 4IMG_5627.jpg

★7:55 出発  ★Z道を登る
5IMG_5632.jpg 6IMG_5634.jpg

★★8:10 早くも展望が開けてくる
7IMG_5636.jpg 8IMG_5637.jpg

★道は快適  ★頂上が見えてきた
9IMG_5639.jpg 10IMG_5640.jpg

★★ピクニック気分
1IMG_5641.jpg 2IMG_5642.jpg

★素晴らしい展望だが知らない山ばかり  ★林層が変わってくると
3IMG_5644.jpg 4IMG_5645.jpg

★8:35 頂上到着  ★展望台もある
5IMG_5648.jpg 6IMG_5652_201601061033132e2.jpg

南方面パノラマ
1IMG_5658_20160106103632ab7.jpg

2IMG_5661 パノラマ写真

西に吉野山
3IMG_5668.jpg

北~東方面パノラマ
4IMG_5650.jpg

5IMG_5679 パノラマ写真

★大普賢岳  ★三峰山
6IMG_5666.jpg 7IMG_5651.jpg

★8:55 下山開始  ★9:25 広いPに愛車が寂しく1台
1IMG_5685.jpg 2IMG_5691.jpg

★本日の第一目的である木梶三滝に向かう  ★林道の路肩に停める
3IMG_5693.jpg 4IMG_5697.jpg

★★熊除けスプレーのテスト噴射を行う(5mくらい飛んだ)
5IMG_5695.jpg 6IMG_5694.jpg

★腰のベルトに着装して、何時でも取り出せるようにする  ★10:40 イザ出発
7IMG_5696.jpg 8IMG_5698.jpg

★10:50 分岐標識  ★植林間伐の木が折り重なって、遊歩道が通れなくなっている(撤退)
9IMG_5703.jpg 10IMG_5705.jpg
(完全武装して出掛けたのに残念)
タグ :

9/11 三峰山

 2015-12-28
三峰山(みうねやま)1235m  300名山  奈良県  登り=1:50  下り=1:30
 三峰山の見所は、雄大な不動滝、自然庭園のように美しい八丁平と、そこに咲く白いトリカブトの花。

★国道368号の分岐標識  ★広いPがある
1IMG_5423.jpg 2IMG_5424_20151228134934fc9.jpg

★7:30 登山口(林道入口)  ★帰りは、ここに下りてくる積り
3IMG_5425.jpg 4IMG_5426.jpg

★山道の入口  ★なだらかな山道から
5IMG_5432.jpg 6IMG_5434.jpg

★階段道へ  ★鳥居が2つもある
7IMG_5435.jpg 8IMG_5436.jpg

★★8:10 不動滝
9IMG_5437.jpg 10IMG_5442.jpg

★★谷に沿って登る
1IMG_5448_20151228135446870.jpg 2IMG_5452.jpg

★★滝口まで行ける
3IMG_5454.jpg 4IMG_5458.jpg

★植林帯の道  ★山頂だと思うが、変わった標識
5IMG_5463.jpg 6IMG_5464.jpg

★9:00 尾根に出ると避難小屋がある  ★広い尾根道
7IMG_5467.jpg 8IMG_5468.jpg

★★なだらかな自然林を行くと
9IMG_5472.jpg 10IMG_5475.jpg

★9:40 頂上に到着  ★北面が少し開けている
1IMG_5479_2015122814000714b.jpg 2IMG_5488.jpg

展望
3IMG_5481_20151228140010771.jpg 4IMG_5483_2015122814001154c.jpg

八丁平へ向かう
5IMG_5492.jpg 6IMG_5493_20151228140030412.jpg

★広い草原になっていて  ★パノラマが広がる
7IMG_5494.jpg 8IMG_5507 パノラマ写真

紫のトリカブトは一杯咲いているが、白色はなかなか見つからない
IMG_5500.jpg IMG_5513.jpg

諦めかけていた頃にやっと見付けた
1IMG_5517_20151228140725cc8.jpg 2IMG_5516_20151228140727356.jpg

3IMG_5547.jpg 4IMG_5541_2015122814072943e.jpg

5IMG_5544.jpg 6IMG_5549_20151228140742218.jpg

下山
帰りは左側の登尾ルートを下る
1IMG_5566.jpg 2IMG_5567.jpg

★みつえ森林組合の家  ★2階が展望台になっている
3IMG_5578.jpg 4IMG_5582.jpg

★林道出会い  ★避難小屋(トイレ有り)
5IMG_5586.jpg 6IMG_5588_20151228141036353.jpg

★登りで見た橋に到着  ★12:20 車が少し増えている
7IMG_5594.jpg 8IMG_5596.jpg
タグ :

9/10 御在所岳

 2015-12-24
御在所岳(1212m)  200名山  標高差=660m  距離=4km  登り=2:10  下り=1:50
 御在所岳は、鈴鹿山脈のほぼ中央に位置する秀峰で、変化に富んだ山容と、そこの聳える
岩峰群は自然の宝庫である。


★6:10 台風18号の影響で2日間待機して、やっと登れるようになった  ★樋状の凄い道から始まる
1IMG_5254.jpg 2IMG_5257_20151224113936ab8.jpg

★★年月をかけて踏み段になっている
3IMG_5259.jpg 4IMG_5262.jpg

★白い鉄塔はロープウェイの支柱  ★砂岩の道は
5IMG_5263.jpg 6IMG_5264.jpg

★まだまだ続く  ★6:50 4合目(800m)
7IMG_5265.jpg 8IMG_5274.jpg

★★あばれ岩は近くにあるので全景が納まらない
9IMG_5275.jpg 10IMG_5277_20151224114000437.jpg

★狭い道を登ると  ★7:00 5合目(850m)
1IMG_5280_201512241145396b6.jpg 2IMG_5282_20151224114541e37.jpg

★★岩場の道になってきた
3IMG_5283.jpg 4IMG_5284.jpg

★★地蔵石
5IMG_5287.jpg 6IMG_5288.jpg

★岩場を過ぎると真砂土の道  ★滑りそうな傾斜道は慎重に
7IMG_5289_201512241146014c8.jpg 8IMG_5290_201512241146027ab.jpg

★岩のピークが見える  ★7:10 6合目
9IMG_5291.jpg 10IMG_5292_20151224124407575.jpg
 

★★クサリ場を下りる
1IMG_5293_20151224115153a16.jpg 2IMG_5295.jpg

★岩場を見上げる  ★7合目 7:25
3IMG_5297.jpg 4IMG_5300_20151224115157c06.jpg

★★あの岩峰が頂上?
5IMG_5301.jpg 6IMG_5302.jpg

★後方は伊勢湾方面展望  ★超急坂が始まる
7IMG_5305 パノラマ写真 8IMG_5316_20151224115216685.jpg

★岩場を這い上がると  ★7:45 8合目(1100m)
9IMG_5317_2015122411521898f.jpg 10IMG_5318_2015122411521961f.jpg

★右は絶壁になっている  ★8:00 富士見岩に到着
1IMG_5322_201512241200462ce.jpg 2IMG_5326.jpg

★登ってきた岩尾根  ★その先には湯の山温泉
3IMG_5334.jpg 4IMG_5335.jpg

★湯の山温泉から菰野の町並  ★四日市方面
5IMG_5338.jpg 6IMG_5336_2015122412010995e.jpg

★伊勢湾に浮かぶ船が見える  ★ロープウェイの経路に大黒岩がある
7IMG_5339.jpg 8IMG_5332.jpg

★頂上へ向かう  ★賑やかな標識(ロープウェイのりばが左右にある?)
9IMG_5351.jpg 10IMG_5353.jpg

★★舗装道路からスキー場へ下りる
1IMG_5357_20151224120819198.jpg 2IMG_5359_20151224120821aec.jpg

★★スキー場の中を登る
3IMG_5361_20151224120822b6a.jpg 4IMG_5364.jpg

★一等三角点(1210m)  ★最高点はまだ先
5IMG_5367.jpg 6IMG_5370_201512241208424da.jpg

★8:45 頂上(1212m)  ★望湖台(鈴鹿山脈が一望できて、琵琶湖も見えるのだが・・・・・)
7IMG_5372_20151224120844c09.jpg 8IMG_5373_201512241208453fc.jpg

★★琵琶湖(ネットより拝借)
9望 10望2

下山
★9:20 偽頂上の岩峰  ★7合目展望所
1IMG_5379.jpg 2IMG_5381.jpg

★名古屋港が見えだした  ★10:00 運転を始めたロープウェイと鎌ヶ岳(1161m)
3IMG_5383_20151224121555e9d.jpg 4IMG_5389.jpg

★★岩場登り
5IMG_5388_20151224121559386.jpg 6IMG_5390.jpg

★なかなか良い景色  ★地蔵岩と菰野町
7IMG_5393.jpg 8IMG_5396.jpg

★★途中までは登れそう
9IMG_5398.jpg 10IMG_5400.jpg

★御在所岳として紹介されている(実は違う)  
★10:40 登る時に迷いそうなと思った場所で、矢張り迷って変な所に来た(不明瞭な道は、ここの一ヶ所だけ)
1IMG_5402_20151224122417fa6.jpg 2IMG_5408.jpg

★裏道への分岐?  ★砂岩の道
3IMG_5409.jpg 4IMG_5411.jpg

★滑らないので快適に下れる  ★11:10 あまり人に出会わなかったが、車が一杯??
5IMG_5414.jpg 6IMG_5418.jpg
面白い山だった。機会があれば展望の利く日に、もい一度登ってみたい。
タグ :

7/15 大台ケ原

 2015-10-22
日出ヶ岳(1695m)   100名山  周回距離=9km  累差=420m  周回=4:00(休憩他含む)
 今日は八経ヶ岳に登って、大台ケ原のPで車中泊の予定だったが、台風が接近しているのと連日登山で
疲れたので八経ヶ岳は、又の機会にしてパスすることにした。


★★5:30 みたらい渓谷
1IMG_0138.jpg 2IMG_0140.jpg

★渓谷入口を過ぎると国道は超狭くなる  ★右に見えてきた山は
3IMG_0141.jpg 4IMG_0144.jpg

★頂仙岳と思う  ★6:00 幾分道路は広くなった
5IMG_0143.jpg 6IMG_0146_2015102207341499e.jpg

★右に八経ヶ岳  ★左に行者還岳など大峰山脈
7IMG_0147.jpg 8IMG_0148.jpg

★★国道の路肩にロープが張られている(こんな事が許されるものだろうか?)
9IMG_0149.jpg 10IMG_0150.jpg

★6:10 右が八経ヶ岳登山口、左には広いPと管理プレハブ  ★行者還トンネル西口
1IMG_0151.jpg 2IMG_0152_201510220743089b4.jpg

★トンネル東口で登山の準備をしている人が居た  ★時間は掛かるが、こちらからも登れるらしい
3IMG_0154.jpg 4IMG_0156.jpg

★その方が出発していった  ★大台ケ原まで34.4km
5IMG_0155.jpg 6IMG_0158.jpg

★県道40号は、最初は狭いが途中から、広いハイウェイになる  ★右が八経ヶ岳で大峰山脈が一望できる
7IMG_0160.jpg 8IMG_0162スカイライン パノ

★大台ケ原Pを散策・ビジターセンター  ★大きなトイレ
9IMG_0169.jpg 10IMG_0174_2015102207433483a.jpg

★8:55 登山口を出発  ★平坦な道が続く
1IMG_0178.jpg 2IMG_0183.jpg

★根まで鹿除けネットが張られている  ★緩やかな登り
3IMG_0184.jpg 4IMG_0189.jpg

★9:25 海が見える展望台  ★雲で何も見えません
5IMG_0190_20151022075150dbf.jpg 6IMG_0191.jpg

★★まだ7月だち言うのに紅葉)  
7IMG_0193.jpg 8IMG_0195.jpg

★後方ピークの建物は何だろう?  ★であった方に聞くと、そのピークが日出ヶ岳だった
9IMG_0197.jpg 10IMG_0201.jpg

★9:40 日出ヶ岳の登り口に引き返す(往復30分のロス)  ★白骨木
1IMG_0202.jpg 2IMG_0204.jpg

★★建物は展望台だった  
3IMG_0205.jpg 4IMG_0220_2015102207594082f.jpg

★富士山も見えるらしいが  ★山のピークは雲に隠れています
5IMG_0208.jpg 6IMG_0006 パノラマ写真

★10:20 下って引き返す(後方は展望台)  ★10:25 本日のメインである、正木原の立ち枯れ木
7IMG_0224.jpg 8IMG_0231.jpg


9IMG_0232.jpg 10IMG_0233.jpg

★ここが一番のビューポイント  ★木道はまだまだ続く
1IMG_0237_20151022080652061.jpg 2IMG_0241.jpg

★★11:05 牛石ヶ原
3IMG_0265.jpg 4IMG_0264.jpg

★11:10 大蛇嵓分岐  ★鉄骨橋を渡ると
5IMG_0266.jpg 6IMG_0270.jpg

★11:17 到着  ★最先端
7IMG_0276.jpg 8IMG_0277.jpg

★最先端からのパノラマ  ★中央は滑りそうだったので、左のクサリを掴んで下りて来た
9IMG_0019 パノラマ写真 10IMG_0280.jpg

★分岐に戻って、急坂を下ります  ★緩やかになった所で、名古屋のご夫婦と出合い、話しながら下りる
1IMG_0291.jpg 2IMG_0294.jpg

★12:20 下り切った所に吊橋がある  ★急階段を少し登ると
3IMG_0297.jpg 4IMG_0300_20151022081608210.jpg

★平坦道  ★なだらかな道を登って
5IMG_0304.jpg 6IMG_0308.jpg

★水平道になると  ★大駐車場に出る(車中泊に最適な場所だが、泊まれないのは残念!)
7IMG_0310.jpg 8IMG_0311.jpg

★★道の駅杉の湯川上(台風11号が迫っています)。杉の湯温泉は休みで入れず

9IMG_0320.jpg 10IMG_0321.jpg
タグ :

7/14 山上ヶ岳

 2015-10-19
山上ヶ岳(1719m)  300名山  奈良県天川村   登り=3:00  下り≒2:30
 100名山の大峰山で検索すると、山上ヶ岳が多くヒットして不思議に思う。
大峰山(大峯山)は奈良県の南部にある山。現在では広義に大峰山脈を、狭義には山上ヶ岳を言う。
100名山は近畿地方の最高峰(1915m)の八経ヶ岳(八乾山、または仏経ヶ岳)である。
何か、ややこしい事になっている。山上ヶ岳は面白そうな山だったので、登ることにした。


★5:05 母公堂  ★5:20 一般道はP料金が1000円掛かるので、五番関トンネル口から登る
1IMG_9938.jpg 2IMG_9939.jpg

★★6:00 登山口を出発
3IMG_9942.jpg 4IMG_9945.jpg

★ロープ場  ★6:20 五番関
5IMG_9947.jpg 6IMG_9949.jpg

★女人結界門  ★門から直ぐに2手に分かれる(左は巻道、右は尾根道)
7IMG_9953.jpg 8IMG_9954.jpg

★★尾根道を登る
9IMG_9955.jpg 10IMG_9957.jpg

★小天井ヶ岳に登る  ★下って平坦道になると
1IMG_9958.jpg 2IMG_9960.jpg

★★6:45 程なくして、巻道と合流する
3IMG_9961_20151019132057669.jpg 4IMG_9965.jpg

★「大阪京橋総講中」とある?  ★よく歩かれている大峯奥駆道
5IMG_9966.jpg 6IMG_9967.jpg


7IMG_9969.jpg 8IMG_9970.jpg


9IMG_9971.jpg 10IMG_9973.jpg

★★気持ちの良い道
1IMG_9974.jpg 2IMG_9976.jpg

★初めての展望  ★大天井ヶ岳の奥に金剛山と葛城山が見える
3IMG_9978.jpg 4IMG_9981_201510191326323af.jpg

★ロープ場  ★クサリ場
5IMG_9983.jpg 6IMG_9986_20151019132648cde.jpg

★難所を過ぎると水平道に  ★標識が全然ないので不安だったが
7IMG_9987.jpg 8IMG_9990.jpg

★7:50 一般道に合流してホットする(洞川茶屋)  ★更に道が良くなった
9IMG_9995.jpg 10IMG_9998.jpg

★★8:35 陀羅助茶屋(後方に鐘掛岩が見える)
1IMG_0002_20151019133812b36.jpg 2IMG_0004.jpg

★8:40 ひだりの行者道へ  ★長い階段登り
3IMG_0005.jpg 4IMG_0006.jpg

★クサリ場  ★岩場登り
5IMG_0008.jpg 6IMG_0010.jpg

★★9:00 鐘掛岩
7IMG_0015.jpg 8IMG_0018.jpg

★★右に巻き道がある
9IMG_0020.jpg 10IMG_0021.jpg

★9:04 簡単に上に立てる  ★好展望所
1IMG_0022_20151019135947340.jpg 2IMG_0023_201510191359481d4.jpg

★山上ヶ岳の隣にある大日山、稲村ヶ岳の山容  ★9:10 平成新道に合流
3IMG_0024.jpg 4IMG_0028_20151019135951ea3.jpg

★★西の覗岩への登り
5IMG_0030_20151019135952fc0.jpg 6IMG_0033_20151019140014e9d.jpg

★西の覗  ★修験者がロープに吊るされて、修行をするのをテレビで見た事がある
7IMG_0034.jpg 8IMG_0035.jpg

★鷲ノ巣岩が隣にある  ★石段の道
9IMG_0037.jpg 10IMG_0039.jpg

★石段の道が続く  ★9:30 宿坊
1IMG_0040_20151019141017348.jpg 2IMG_0041_20151019141019121.jpg

★山門  ★大峯山寺
3IMG_0043.jpg 4IMG_0046.jpg

★大きなお寺  ★平坦な笹原に出た
5IMG_0048.jpg 6IMG_0049.jpg

★ここが頂上?(花は全然なし)  ★左方が高いので行ってみる
7IMG_0050.jpg 8IMG_0051.jpg

★9:45 湧出岩?  ★一等三角点があった

9IMG_0053.jpg 10IMG_0055.jpg

下山
★9:50 頂上のお花畑(笹原)  ★雲が懸る八経ヶ岳
1IMG_0057.jpg 2IMG_0062.jpg

★笹原の先端に、消えかかった日本岩への標識がある  ★展望が良い
3IMG_0066.jpg 4IMG_0067.jpg

★山名板もある(北西は大阪方面で金剛山、葛城山、二上山、吉野、東に大台ヶ原)
★10:10 八経ヶ岳方面は、スッキリと見る事ができなかった
5IMG_0068.jpg 6IMG_0074.jpg

頂上笹原からのパノラマ
7IMG_0058 パノラマ写真

同ズーム
8IMG_0065.jpg

日本岩からのパノラマ
9IMG_0075 日本岩パノラマ

★★同ズーム
10IMG_0080.jpg 11IMG_0082_201510191438487b9.jpg

★10:25 西の覗岩を散策(西の覗岩・鷲ノ巣岩)  ★高度感のある写真は撮れない(縦パノラマ)
1IMG_0087.jpg 2IMG_0090 パノラマ写真

★変わった木段の道  ★11:05 洞辻茶屋(左が一般道で直進は五番関を経由して吉野まで続く)
3IMG_0097_20151019144215a01.jpg 4IMG_0101.jpg

★★山上ヶ岳の山容(登る時は、分からなかった)
5IMG_0103.jpg 6IMG_0104.jpg

★★12:00 今宿後は少し右に入った所
7IMG_0105.jpg 8IMG_0106.jpg

★12:15 鍋冠行者堂(大阪京橋総講中だった)  ★12:20 尾根道と巻道の分岐
9IMG_0108.jpg 10IMG_0112_201510191442380d7.jpg

★最初は良い道だが、段々と悪くなって行く
1IMG_0114.jpg 2IMG_0116.jpg


3IMG_0117.jpg 4IMG_0118_20151019145207cd9.jpg

                                           ★12:40 五番関
5IMG_0119.jpg 6IMG_0120.jpg


17:00 洞川温泉(どろかわ)の入口に、良い車中泊場所があった(観音峯山の登山口)

7IMG_0126_20151019145239e26.jpg 8IMG_0129.jpg
 見所が沢山あって、最高に楽しい山だった。
タグ :

7/13 葛城山

 2015-10-17
葛城山(959m)  300名山  距離=2.5km  標高差=440m  登り=1:15  下り=1:05

★水越峠(Pは無いので路肩に駐車する)  ★6:25 登山口
1IMG_9822.jpg 2IMG_9823.jpg

★心配していたが整備された綺麗な道で良かった  ★石階段
3IMG_9829.jpg 4IMG_9832.jpg

★急坂  ★6:50 水平道
5IMG_9836.jpg 6IMG_9841.jpg

★7:00 ベンチがあったので休憩  ★ダイヤモンドトレールとは何(トレイルランのコースの名称?)
7IMG_9844.jpg 8IMG_9846.jpg

★7:30 左折すると頂上へ  ★直進するとパラグライダーの基地があり好展望所(奈良盆地)
9IMG_9855.jpg 10IMG_9857 パノラマ写真

★一旦下って  ★登り返すとツツジの木が多くなる
1IMG_9862.jpg 2IMG_9863.jpg

★★ツツジの大群生でビックリ(知らなかった)  
3IMG_9868.jpg 4IMG_9865.jpg

★一目百万本のツツジで山が赤く染まる(ネットより拝借)
5t120519_122338 6t23.jpg

★★左側の展望が良くなってきた  
7IMG_9870_201510170634164cc.jpg 8IMG_9871.jpg

★国民宿舎かつらぎ高原ロッジの前を通って  ★左にアジサイをみて
9IMG_9875.jpg 10IMG_9877.jpg

★正面に向くと頂上が見えてくる  ★7:50 頂上(360°パノラマで素晴らしい)
1IMG_9878_20151017064502baf.jpg 2IMG_9879.jpg

★少し下った所にロープウェイ駅があり  ★前は展望休憩所になっている(木陰でビールタイム!)
3IMG_9885 4IMG_9886

頂上に戻って撮影開始(金剛山~大阪平野)
5IMG_9893 パノラマ写真

奈良方面
6IMG_9900 パノラマ写真

★大阪湾がなんとか見えた  ★大阪のビル群をズーム
7IMG_9907.jpg 8IMG_9914_20151017064550adb.jpg

★更にズーム  ★奈良盆地
9IMG_9916.jpg 10IMG_9910.jpg

下山
★★8:40 十分に展望を楽しんで下山開始
1IMG_9919.jpg 2IMG_9920.jpg

★何の鐘だろう(鳴らしてみる)  ★右のコースに寄り道(正面に金剛山が大きく見える)
3IMG_9922.jpg 4IMG_9923.jpg

★ツツジが咲く頃は凄い人だろうなあ  ★9:15 ベンチで休憩(丁度中間地点にある)
5IMG_9924.jpg 6IMG_9928.jpg

★カタクリも咲くみたい  ★9:55 下山
7IMG_9929.jpg 8IMG_9931.jpg

★今夜の車中泊は山の中の道の駅吉野路黒滝  ★下市温泉が休みで入れなかったので、側の川で水浴

9IMG_9935.jpg 10IMG_9937.jpg
タグ :

7/12 金剛山

 2015-10-15
金剛山(1125m)  200名山   奈良県御所市   登り=1:40  下り=1:20

★Pは有料(600円)  ★8:05 登山口からいきなりの急な階段
1IMG_9759.jpg 2IMG_9761.jpg

★千早城跡コースを登る  ★千早神社の参道になっているみたい
3IMG_9762.jpg 4IMG_9763.jpg

★8:20 千早城跡   ★展望が少しある
5IMG_9766.jpg 6IMG_9769.jpg

★8:30 千早神社  ★8:40 本道に合流
7IMG_9771.jpg 8IMG_9775.jpg

★★整備された緩い階段が続く
9IMG_9777.jpg 10IMG_9778.jpg

★8:50 町石石仏  ★千早本道の標識
1IMG_9779.jpg 2IMG_9780.jpg

★9:15 のろし台跡で休憩  ★9:55 八合目
3IMG_9783.jpg 4IMG_9786.jpg

★10:05 九合目  ★水平道になってきた
5IMG_9788_20151015085942373.jpg 6IMG_9790.jpg

★国見城跡  ★10:10 ここが金剛山の頂上になっている
7IMG_9793.jpg 8IMG_9794.jpg

★展望は今一  ★少し登るとパノラマが望める(大阪平野を一望。大阪湾は霞んでハッキリと見えない)
9IMG_9795.jpg 10IMG_9799 パノラマ写真

下山
★10:45 下山開始  ★登拝者の名板(一万回以上の人が6人も居る)
1IMG_9805_2015101509075977e.jpg 2IMG_9806_20151015090800082.jpg

★3kmの下り  ★整備され過ぎた感のある登山道
3IMG_9807.jpg 4IMG_9809_20151015090803d39.jpg

★12:00 千早城跡コース分岐  ★沢山の方が登って来る
5IMG_9810.jpg 6IMG_9812.jpg

★12:10 林道  ★自動の駐車場もある
7IMG_9815.jpg 8IMG_9817.jpg

★12:20 Pまで帰ってきた  ★頂上から見た塔が、かなんのイオンPから見えた(何だろう?)
9IMG_9819.jpg 10IMG_9821_20151015090823f10.jpg
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。