11/24 星ヶ城山Ⅱ

 2010-12-01
下山
★10:17 団体さんが着いて賑やかになったので、そろそろ下山しようか  ★この木、何の木、気になる木/三笠山  
★遊歩道を行かなくても、真っ直ぐ道が付いている
1IMG_2655.jpg 2IMG_2657.jpg 3IMG_2658.jpg
★★真っ赤な紅葉  ★11:04 遊歩道入口
4IMG_2660_20101201203346.jpg 5IMG_2664.jpg 6IMG_2665_20101201203344.jpg

★デコボコの石畳で歩きにくい  ★松茸岩  ★鹿岩
1IMG_2666.jpg 2IMG_2671.jpg 3IMG_2674.jpg
★屋根が見える。民家だろうか?  ★石門を潜ると  ★11:45 素晴らしい紅葉が広がる/お寺だった
4IMG_2689.jpg 5IMG_2694.jpg 6IMG_2701.jpg

★正に、今がピーク  ★桜も咲いている  ★本堂へ
1IMG_2714.jpg 2IMG_2707.jpg 3IMG_2720_20101201204409.jpg
★階段の途中に不動明王  ★本堂は岩の中みたい  ★本堂入口より振り返る
4IMG_2722.jpg 5IMG_2725.jpg 6IMG_2740.jpg

★本堂/右側は岩肌が剥き出し  ★窓を開けると茅葺きの鐘楼が真下に  ★名残惜しいが石門洞を後にする
1IMG_2732.jpg 2IMG_2738.jpg 3IMG_2744.jpg
★参道の紅葉  ★幟岳  ★二見岩、螺貝岩と標識に書かれているが、よく分からない
4IMG_2748.jpg 5IMG_2751.jpg 6IMG_2758.jpg

★ものすごい急坂  ★12:26 県道の分岐点に戻ってきた  ★12:40 道路を歩いて紅雲亭駐車場へ
1IMG_2764.jpg 2IMG_2765.jpg 3IMG_2768.jpg
別館へ続く
スポンサーサイト
タグ :

11/24 星ヶ城山Ⅰ

 2010-11-30
 小豆島には一度行きたいと前々から思っていたが、フェリーで渡らないと行けないので、なかなか実行出来ないでいた。フェリー代も高くて、度々は行けない所なので1回で全てを見てみたいと思う。
 祭日(火曜日)に出発して、土曜日に帰ると高速割りも利用出来るし、4泊すれば殆ど見て回れるだろう。


23(火) 高知発10:00→高松港12:35~土庄港→土庄周辺観光→道の駅オリーブ公園泊
24(水) 星ヶ城山登山観光(東海岸他)→吉田温泉→道の駅大坂城残石公園泊
25(木) 北海岸沿線観光小豆島スカイライン・ブルーライン→道の駅オリーブ公園泊
26(金) 三都半島観光オリーブ公園観光→サン・オリーブ温泉→道の駅オリーブ公園泊
27(土) 天使の散歩道重岩→土庄港10:20~高松港→帰宅


星ヶ城山
星ヶ城山(816.6m)  四国百名山  香川県小豆島町   登り 1:40  下り 1:40
 寒霞渓は妙義山・耶馬渓と並んで日本の三渓に数えられている景勝地で、紅葉も綺麗な事で知られている。
紅雲亭の駐車場に車をデポして、表十二景遊歩道から星ヶ城山に登り、裏八景を下る定番コースとする。

★7:00 オリーブビーチからの朝日  ★7:15 紅雲亭分岐  ★分岐の左に池がある
1IMG_2493.jpg 2IMG_2500.jpg 3IMG_2503.jpg
★7:25 紅雲亭  ★★7:40 大型バスでツアー登山隊が着いたので慌てて出発
4IMG_2507.jpg 5IMG_2508_20101130112218.jpg 6IMG_2509.jpg

★錦屏風  ★まだ緑葉が残っている  ★標高が上がると落ち葉が目立つ
1IMG_2513_20101130112658.jpg 2IMG_2518.jpg 3IMG_2533.jpg
★落ち葉道になってきた  ★層雲壇  ★荷葉岳
4IMG_2536.jpg 5IMG_2545.jpg 6IMG_2549.jpg

★烏帽子岳  ★8:20 スカイラインに出る  ★直ぐに展望台がある
1IMG_2554.jpg 2IMG_2558_20101130113140.jpg 3IMG_2559.jpg
★スカイライン沿いの遊歩道尾根  ★寒霞渓山頂広場  ★8:30 頂上展望台
4IMG_2561.jpg 5IMG_2575.jpg 6IMG_2576.jpg

★★汗は殆ど掻かなかったが、荷物になるのでビールを飲む  ★観光客が来だした
1IMG_2587.jpg 2IMG_2589.jpg 3IMG_2591_20101130113631.jpg
★ロープウェイ頂上駅  ★頂上駅のテラス  ★カメラマンの横に割り込んで撮影
4IMG_2594_20101130113630.jpg 5IMG_2595_20101130113629.jpg 6IMG_2596.jpg

★★8:55 少し離れた瀬戸内海展望台に、観光客はあまり来ない  ★9:10 三笠山登山口
1IMG_2607.jpg 2IMG_2618.jpg 3IMG_2625.jpg
★広い遊歩道  ★鳥居  ★三笠山三角点
4IMG_2626.jpg 5IMG_2628.jpg 6IMG_2630.jpg

★寒霞渓山頂でゆっくりしたのでツアー登山隊に追い越されていた  ★★星ヶ城山西峰
1IMG_2632_20101130114601.jpg 2IMG_2644.jpg 3IMG_2645.jpg
★西峰から下る ★★10:05 星ヶ城山頂上(東峰)/瀬戸内海の最高峰だが、木に囲まれて展望は良くない
4IMG_2648_20101130114556.jpg 5IMG_2651.jpg 6IMG_2652.jpg
別館へ続く
タグ :

2/2 天霧山

 2009-02-04
天霧山(あまぎりさん)382m・弥谷山(381.5m)     香川県善通寺市   
登り=天霧山 0:50→弥谷山 0:10(弥谷越えより)    計 1:00


 天霧山は我拝師山に登った時から気になっていた山で、国道からも採掘で山肌が大きく削られて痛々しい姿を見ていた。城跡もあるらしくて何時か登ってみたいと思っていた。
先日、71番札所弥谷寺を訪れた時に偶然、案内板や標識を見て登りたかったが、時間が無かったので諦めた。
今日は地図もコピーしてきたので安心して登れる。

★★弥谷寺参道入口の案内板  ★お寺の一番上にある標識
1IMG_1407.jpg 2IMG_1408.jpg 3IMG_1412.jpg
★へんろ道なので石塔や石仏が多い  ★一部に石道はあるが他は歩きやすい  ★20分少々で弥谷越え
4IMG_1416.jpg 5IMG_1419.jpg 6IMG_1430.jpg

★ここからは鉄塔巡視路  ★隠砦跡は帰りに寄ることにする  ★鉄塔より多度津の街
1IMG_1437.jpg 2IMG_1443.jpg 3IMG_1447.jpg
★直進はトラバース道の北方尾根。右の尾根に上がる  ★犬返しの険  ★急坂だが石があるので滑らない
4IMG_1452.jpg 5IMG_1453.jpg 6IMG_1456.jpg

★標高382mの天霧城本丸跡(物見台)  ★二の丸跡  ★三の丸跡
1IMG_1461.jpg 2IMG_1465.jpg 3IMG_1467.jpg
★三角点(360.4m)のある北東端の方形郭  ★南が少し切り開かれて大麻山、我拝師山が見られる  ★少し降りると採掘された垂直の岩肌が見える
4IMG_1473.jpg 5IMG_1479.jpg 6IMG_1484.jpg

帰り道
★空堀を通り北方尾根へ  ★古井戸は道沿いにあった  ★隠砦跡に行くと革靴の男性が居たので話しかけたが返事は返って来なかった。変な人!!
1IMG_1490.jpg 2IMG_1493.jpg 3IMG_1496.jpg
★弥谷越えを直進して巡視路を少し行くと左に弥谷山の標識  ★薄暗い雑木林の直登道を登る  ★弥谷山頂上は木に囲まれている
4IMG_1500.jpg 5IMG_1503.jpg 6IMG_1504.jpg
城跡は敷地も狭くて基礎石や石垣など何も残っていなくて、標識がないと分からない。本当にお城が建っていたのだろうか? 形跡があるのは空堀と井戸だけで期待した程では無くて残念・・・・・・!
タグ :

2/1 屋島

 2009-02-03
屋島(292.1m)    四国百名山     香川県高松市
コース&タイム
登り=車道終点→0:35南嶺三角点→1:05遊鶴停→0:30長崎ノ鼻   計2:10
帰り=1:15(県道歩き)


 屋島は小学校の修学旅行に来てから何十年振り。絶壁の展望台から皿の様な物を投げたのと、源平合戦のあった壇ノ浦の景色が記憶にチョット残っている。
低山ながら見所が多く、展望も素晴らしくて良いハイキングだった。

★急坂の車道を上がり路肩に車を停めて出発  ★標識に歩行者用道路と書かれている  ★弘法大師ゆかりの「加持水」
1IMG_1213.jpg 2IMG_1216_20090203174654.jpg 3IMG_1219.jpg
★コンクリート道  ★弘法大師ゆかりの「くわずの梨」  ★平石敷きの道
4IMG_1221.jpg 5IMG_1222.jpg 6IMG_1224.jpg

★階段を上がり  ★右の舗装道路行くと  ★左に赤テープがある
1IMG_1227.jpg 2IMG_1228.jpg 3IMG_1229.jpg
★林の中の道  ★高架水槽の奥に南嶺三角点(沢山あった赤テープは他の目的の物だった)  ★引き返して屋島寺の山門を潜る
4IMG_1231.jpg 5IMG_1233.jpg 6IMG_1244.jpg

★屋島寺を暫く散策して「獅子ノ霊巌」展望台へ  ★水族館からは賑やかな声が聞こえる  ★談古嶺展望台
1IMG_1273.jpg 2IMG_1296.jpg 3IMG_1297.jpg
★北嶺への遊歩道はアスファルト  ★千間堂跡  ★遊鶴亭展望台。ここからの展望は特に素晴らしい
4IMG_1310.jpg 5IMG_1313.jpg 6IMG_1319_20090203180343.jpg

★屋島尖端の長崎ノ鼻が眼下に見えている。引き返すか行くか迷う  ★★2人連れの男性が長崎ノ鼻に行くと言うので決断する。本日、始めての山歩き
1IMG_1340.jpg 2IMG_1341.jpg 3IMG_1342.jpg
★大分、下った所に立入禁止の札が掛かった洞窟  ★大きな洞窟が3つある  ★県道に下り立つ
4IMG_1345.jpg 5IMG_1346.jpg 6IMG_1359.jpg

★県道から砂利道路に分岐する。長崎ノ鼻が近づく  ★先行したお二人が見える  ★いよいよ尖端にやってきました
1IMG_1361.jpg 2IMG_1364.jpg 3IMG_1377.jpg
★こんな所に三角点。標高8.5mを実感する  ★屋島もここから見ると鋭鋒  ★記念写真を撮ったり撮られたり
4IMG_1373.jpg 5IMG_1368.jpg 6IMG_1370.jpg

展 望
獅子ノ霊巌よりのパノラマ
1獅子ノ霊巌

★女木島(鬼ヶ島)      ★屋島第一健康ランドが真下に見える
2IMG_1294.jpg 3IMG_1295_20090203183524.jpg

談古嶺よりのパノラマ
4談古嶺
★五剣山(85番札所 八栗寺も見えている)     ★庵治町(奥は小豆島)
5IMG_1307.jpg 6IMG_1308.jpg

遊鶴亭よりの大パノラマ
7遊鶴亭1のコピー

同上パノラマアップ1
8遊鶴亭2のコピー

同上パノラマアップ2
9遊鶴亭3のコピー

★小豆島が近くに見える     ★小豆島へのフェリーだと思う
99IMG_1332.jpg 99IMG_1356.jpg

車中泊場所
 今夜のお泊まりは「道の駅香南楽湯」。温泉、軽食コーナー、レストラン、おみやげショップを備え、駐車場100台の大きな道の駅。
温泉はサウナから露天風呂など7種類の湯がある。50分以内だと200円安くなり500円。47分でギリギリだった。実質、温泉に入ったのは40分足らずで忙しい。

1IMG_1397.jpg 2IMG_1398.jpg 4IMG_1402.jpg
タグ :

1/28 大麻山

 2009-01-29
大麻山(616.3m)    四国百名山    香川県琴平町
コース&タイム
登り=琴平公園駐車場→0:30本宮→0:30奥社→0:30龍王社→0:10大麻山→0.05展望台  計1:45
下り=1:15


 金刀比羅宮までは随分昔に行った事はあるが殆ど記憶に残っていない。
金刀比羅宮まで785段、そこから奥社まで583段で、合計1368段の石段を登らないといけないらしい。石段の幅と高さが丁度良くて歩きやすので、全然苦にならなかった。
 石段を下るのが嫌だったので、裏参道を帰りたかったが分岐場所が分からず、同じ表参道となってしまった。心配した膝も全然痛くならず、快適に下山できた。

★苦労したやっと見つけた無料駐車場  ★金丸座が直ぐ近くだった  ★参道入口まで250m
1IMG_1035.jpg 2IMG_1040.jpg 3IMG_1044.jpg
★立派な山門を潜って行く  ★水平な参道もある  ★大きな旭社
4IMG_1052.jpg 5IMG_1061.jpg 6IMG_1068.jpg

★本殿はどの方向から見ても同じ形らしい  ★厳かな神殿  ★若い人も結構多い
1IMG_1081.jpg 2IMG_1082.jpg 3IMG_1097.jpg
★★金比羅さんは海上安全の神様なので専用の絵馬堂が有る  ★朱色が綺麗な白峰神社
4IMG_1089.jpg 5IMG_1086.jpg 6IMG_1105.jpg

★奥社  ★★岩壁に天狗様
1IMG_1116.jpg 2IMG_1125.jpg 3IMG_1124.jpg
★奥社の少し手前に大麻山への標識がある  ★左の龍王社へ進む。直進は葵の滝へ  ★残雪の道
4IMG_1127.jpg 5IMG_1133.jpg 6IMG_1137.jpg

★唯一、登山気分が味わえる登り坂  ★龍王社は池に囲まれている  ★広くて気持ちの良い道
1IMG_1140.jpg 2IMG_1141.jpg 3IMG_1153.jpg
★桜の並木道  ★道路の横にポツンと大麻山三角点。アンテナや木に囲まれて展望は無い  ★少し下ると展望台
4IMG_1155.jpg 5IMG_1159.jpg 6IMG_1162.jpg

展 望
1展望台1のコピー

2展望台2のコピー

3IMG_1180のコピー 4IMG_1174のコピー

見たかった我拝師山は、木が邪魔をしてスッキリと見られない。
北の道を大分、下ってやっと展望場所を見つけた。

5北展望のコピー

6IMG_1187のコピー

帰り道
★龍王社からドンドン下る。少々不安になった頃にトラバース道の標識に辿り着いてホットする  ★水平なトラバース道  ★葵の滝は殆ど水は落ちていない
1IMG_1200.jpg 2IMG_1203.jpg 3IMG_1205.jpg
タグ :

7/24 紫雲出山他

 2008-08-19
紫雲出山(352.4m)     四国百名山    香川県荘内半島
 箱峠から登って、北海道山旅の20山目を目指したが、道路標識の誘惑に負けて展望駐車場まで、車で行ってしまった。頂上まで10分ではカウントできないよね・・・・・!


★駐車場からも展望が良い  ★アジサイの咲く舗装道路を行く  ★頂上展望台
1IMG_2245.jpg 2IMG_2250.jpg 3IMG_2257.jpg

展望

1西のコピー

2北のコピー

3東のコピー

★讃岐三崎灯台と三崎神社  ★箱崎  ★丸山島と大浜海水浴場
1IMG_2265.jpg 2IMG_2290_20080819102301.jpg 3IMG_2269.jpg

琴弾公園

1IMG_2337_20080819102438.jpg 2IMG_2335.jpg 3IMG_2344.jpg
タグ :

4/29 中蓮寺峰

 2008-04-30
中蓮寺峰(ちゅうれんじほう)755.9m   花の山(高知新聞社)   香川県三豊市
 
 カタクリの花が一杯咲くという、鋸山へ5月に行く予定をしていたが、ガソリンが値上がりしそうなので、駆け込み登山。カタクリは早い時刻には、開かないと思うので、先ずは中蓮寺峰へ登ってから鋸山に行く事にした。


★高速道路が2車線になって、まだ新しいので気持ちが良い(下りは工事中で1車線のまま。しかし対向車が来ないので、緊張しなくてよい)   ★中蓮寺峰を望む(左は香川用水記念公園の建物)   ★森林基幹道沿いの登山口
1IMG_4209.jpg 2IMG_4212.jpg 3IMG_4214.jpg

★頂上まで2.7kmの道のり   ★★林道歩きが約30分。四駆だと相当上まで行けそう
1IMG_4217.jpg 2IMG_4219.jpg 3IMG_4238.jpg 
★車止めから本格的な登山道が始まる   ★もみじ橋のベンチで休憩   ★下を見るとイタドリが伸び放題。県外の人は食べる習慣が無いらしい。高知の人間としては、採らないと気が済まない
4IMG_4239.jpg 5IMG_4240.jpg 6IMG_4247.jpg

★★★もみじ橋からは延々と階段が続く
1IMG_4248.jpg 2IMG_4249.jpg 3IMG_4256.jpg
★頂上手前は自然林で大木もある    ★広い休憩所に到着。約1時間だった   ★三角点を探して広場をウロウロしたが無い。東の一段高い山の中にひっそりと有った
4IMG_4262.jpg 5IMG_4265.jpg 6IMG_4274.jpg

★若狭峰からの林道が休憩所まで来ている   ★阿讃縦走コース標識   ★林道より南を望む
1IMG_4285.jpg 2IMG_4288.jpg 3IMG_4287.jpg

下山してから逆瀬池に寄る
★中蓮寺峰が見られる   ★大坂からうどんを食べに来たという、若者4人グループがルアーフィッシングをしていた   
★ここにもイタドリが沢山
1IMG_4348.jpg 2IMG_4340.jpg 3IMG_4349.jpg
タグ :

大滝山

 2007-05-01
07/04/28 大滝山(946m)  香川県塩江
九州遠征の予行演習を兼ねて2泊3日(車中泊)の山行に昨日納車されたホンダのバモスに乗って出発。
大滝山は昨年の2月に登る積もりで登山口まで来たが間伐作業のため入山禁止で断念。

県道沿いの標識から川の飛び石を渡り山道に入る。登山道はジグザグに付けられているので程良い坂道で歩きやすい。新緑や赤松の林などを見ながら登ると尾根の大生峠に出た。
IMG_4757.jpg IMG_4768.jpg IMG_4774.jpg

尾根道は多少の坂はあるがほぼ平坦でハイキング気でのんびり歩きが出来る。山頂とされている三角点(943.3m)のある「城ガ丸」は展望はないが雰囲気の良い所。東屋やベンチが設けられて休憩場所に最適。標高の高い本当(?)の山頂は杉林の中で殺風景。
IMG_4779.jpg IMG_4780.jpg IMG_4790.jpg

東に進むと右手に西照神社が見えてくる。立派な造りの神社で中の天井一面に絵馬が描かれている。ここまで車で来られるので参拝者も結構訪れていた。南の階段を下ると大瀧寺があるがチョット寂れた感じ。
IMG_4796.jpg PICT5249.jpg IMG_4806.jpg

咲いていた花

峠までの中程にチョットしたホウチャクソウの群落がある。尾根道で、この前より花数が多いハルリンドウを一株だけ見つけた。神社が近づくとスミレが大群生している。
01IMG_4764.jpg 02PICT5242.jpg 03IMG_4803.jpg

西照神社境内に薄淡いピンクの桜が綺麗だった。白い花やスミレが咲いてお花畑になっている。バイカオウレンかと思い身を入れて撮影しなかった白い花は始めて見るニリンソウだった。家で図鑑を見て気が付いた。葉の形が全然違う。現地で気付かなかったのが心残り。
04PICT5251.jpg IMG_4797.jpg PICT5256.jpg

タグ :

飯野山

 2007-02-23
07/02/19 飯野山(讃岐富士) 422m 香川県丸亀、坂出市、飯山町
まだ時間があるので札所巡りをするか飯野山に登るか迷いながら車を走らせる。結局、車は飯野山に向かっていた。善通寺ICを通り過ぎて県道18号線へ右折すると飯野山までは一直線。土器川を過ぎた辺りから富士山の形をした山が迫って、これから登るのかと思うとワクワクする。登山口の標識に従って左の林道を進むと右に飯神社が見えた。路肩に駐車して登山口を探していると運良く男性が階段を下りてきた。尋ねるとここから登れるらしい。社務所の広場にデポして出発。神社の境内を通り山道に入る。
IMG_3100.jpg IMG_3101.jpg

T字路に出たが標識が無い。有名な山なのにおかしいと思いながら左に行くと山上まで45分と書かれた標識があった。どうも正式なコースで無かったみたい。それからは軽四なら走れそうな広い道。入口には車止めが設けられている。緩やかな道を行くと坂出からの道と合流して右に折り返す。
IMG_3017.jpg IMG_3019.jpg

ここからは山腹を螺旋状に360度回りながら登る。相変わらず広くて緩やかな道が続く。6合目は南の展望が開けている。
IMG_3032.jpg IMG_3033.jpg

道が平坦になってくると広い頂上に出る。薬師堂の回りには観音堂や石仏がある。新百名山に選ばれており碑も設置されている。ベンチもありくつろげる所だが生憎、木に囲まれて展望は無い。
IMG_3053.jpg IMG_3055.jpg

展望は5、6、8合目と頂上下の展望台から得られる。パノラマは6合目展望所が一番良いみたい。
20070223170812.jpg

20070223170826.jpg

讃岐富士と呼ばれている飯野山は、登るより下から眺める方が良いかなあと思ったりする。

その他の写真は別館へ
タグ :

我拝師山

 2007-02-22
07/02/19   我拝師山(がはいしさん) 481m  香川県善通寺市
出釈迦寺の遙拝所から見上げると、遥か彼方に目指す奥の院が見えている。ミカン畑の作業道を行き、車道を横断すると石灯籠が沢山並ぶ奥の院への入口がある。
IMG_2901.jpg IMG_2902.jpg

急勾配のコンクリート道路で道沿いには石灯籠や石仏がずっと並んでいる。車で上がるには通行料が必要。専用道路入口から35分で山門に着いた。
IMG_2906.jpg IMG_2916.jpg

真新しい真っ白な塀の参道を上がると正面に奥の院がある。右の狭くて薄暗い通路を進むと、岩場への登り口があった。
IMG_2924.jpg IMG_2932.jpg

心を引き締めて鎖場に挑戦。鎖の無い場所は岩を掴みながら身体を引き上げる。高度がドンドン上がっていくのが実感できる。左右が切れ落ちているのでスリルがかなりある。
IMG_2934.jpg IMG_2935.jpg

何とか岩場をクリアーすると普通の山道になってホット一息。平坦な道になると頂上に出る。切り開かれて広々とした頂上の中央に三角点と標識がある。明るくて気持ちは良いが落葉樹に囲まれて展望は無い。
IMG_2945.jpg IMG_2949.jpg

展望は岩場から南→西→北方面が望める。残念ながら霞が懸かって遠くの景色はボンヤリとしている。
IMG_2922.jpg

20070222150413.jpg

その他の写真は別館へ
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫