6/22 花散歩

 2008-06-22
 今朝は大雨の予報なのに花曇りの天気。早速、花を求めて散歩にお出掛け。

1IMG_7070.jpg 2IMG_7137.jpg

 北海道山旅のために、しばらくブログを休みます。6月29日に出発して、7月24日に帰ってくる予定です。

3IMG_7093.jpg 4IMG_7069.jpg

花が別館にあります。
スポンサーサイト
タグ :

6/18 牧野植物園

 2008-06-19
 美術館へ高知県写真家協会展を見に行って、植物園へ。
多分、夏椿が満開を迎えている頃だと思う。


★写真の良さがイマイチ分からなかった   ★庭園にネムの花が咲いて夏模様   
★ヤマモモは熟れているがチョットすっばい
1IMG_7065.jpg 2IMG_7067.jpg 3IMG_7068.jpg

シャラの3兄弟 
★5/23 桃シャラ   ★6/7 ヒメシャラ   ★6/18 夏椿    花は段々と大きくなっていくが、形はそっくり
1PICT1597.jpg 2PICT1706.jpg 3PICT2127.jpg

写真は別館へ続きます。
タグ :

6/16 野市のアジサイ

 2008-06-17
★アジサイ街道入口。左の道路は県道234号で戸板島橋へ   ★街道の終点   ★終点付近よりの全景

1IMG_6999.jpg 2IMG_7042.jpg 3IMG_7046.jpg

アジサイ見物が終わり、物部川河口の堤防へ行って飛行機の撮影に初めて挑戦。
着陸3回と離陸を1回ねばってみたが、持っているデジカメでは無理ということが分かった。


★太平洋上空から着陸態勢に入ります   ★上空に接近してきました   ★離陸します。後方は工石山

1PICT2035.jpg 2IMG_7055.jpg 3IMG_7060.jpg

アジサイの花が別館にあります。
タグ :

6/14 梶ヶ森ナベワリ

 2008-06-15
散策コース:定福寺→林道豊永ルート登山口→龍王の滝→定福寺奥の院→左ルート登山道→山荘梶ヶ森→二人の丘(龍王の滝まで45分・二人の丘まで2:05分)
二人の丘→御影堂の大岩上→ゴロゴロ八丁→登山口→ふるさと林道太田口大杉線ドライブ→ゆとりすとパーク


 今日の目的は「二人の丘」の文殊菩薩巡りと、ふるさと林道太田口大杉線のドライブ。

アプローチ散策
★★乳イチョウ(いつも素通りしている町道の側にあった)   ★お堂の左にはカゴの木の大木があった
1IMG_6806.jpg 2IMG_6800.jpg 3IMG_6807.jpg
★少し町道を上がると弘法大師堂の標識が目に入った   ★参道からの景色   ★お堂があるたけだった
4IMG_6810.jpg 5IMG_6811.jpg 6IMG_6813.jpg

登山
★林道登山口標識   ★荒れた登山道を登る   ★心配したが、綺麗な登山道が現れてホットする
1IMG_6822.jpg 2IMG_6826.jpg 3IMG_6832.jpg
★水平な快適道が続きルンルン気分で歩く   ★本流に掛かる吊り橋が現れる   ★吊り橋よりみかえりの滝
4IMG_6833.jpg 5IMG_6838.jpg 6IMG_6968.jpg
★本流を渡ってから右の坂道へ   ★沢音を聞きながら歩く。途中に滝駐車場への分岐が2ヶ所ある   
★龍王の滝まで45分だった
7IMG_6841.jpg 8IMG_6846.jpg 9IMG_6847.jpg

★滝上のお気に入りの場所でビールタイム。極楽極楽!   ★緑が濃くなってきた登山道   ★定福寺奥の院下から左の登山道へ
1IMG_6849.jpg 2IMG_6877.jpg 3IMG_6883.jpg
★階段を上がった所に車があってビックリ   ★町道の手前の標識に従って登山道に上がる   ★あまり歩かれていないみたいで荒れ気味
4IMG_6886.jpg 5IMG_6889.jpg 6IMG_6892.jpg

★綺麗なメインの登山道に合流して、緑のトンネルを抜けると山荘に着いた   ★山荘前を横切って天文台横の登山道へ   ★二人の丘展望台
1IMG_6902.jpg 2IMG_6907.jpg 3IMG_6909.jpg
★展望は360度あるが、頂上に比べるとイマイチ。どうしてこんな所に展望台を作ったのか意味不明?   ★文殊菩薩は展望台下方の岩場にあった   ★梶ヶ森七佛霊場巡りが終わったので、最後にお顔のアップ写真
4IMG_6922.jpg 5IMG_6926.jpg 6IMG_6937.jpg
★正面が御影堂のある大岩   ★★大岩の上部。目が眩みそう
7IMG_6952.jpg 8IMG_6957.jpg 9IMG_6959.jpg

ふるさと林道太田口大杉線
★豊永ルート登山口は町道分岐から2.1km   ★林道沿いには結構、民家が多い   ★山並みも見えて快適道路
1IMG_6825.jpg 2IMG_6981.jpg 3IMG_6982.jpg
★棚田の風景が素晴らしい   ★ここで林道は終わり町道になる。右は国道32号へ、左へ行けばゆとりすとパーク   
★閑散としたゆとりすとパーク。梶ヶ森の町道分岐から18.4km
4IMG_6984.jpg 5IMG_6987.jpg 6IMG_6996.jpg

出会った花が別館にあります。



タグ :

6/10 加茂川親水公園

 2008-06-12
加茂川親水公園    土佐市高岡町丙
 

9日の朝刊に「アジサイ満開」と掲載されていた。知らない場所だったので探索に行ってみる。
ほとんどが真っ白と書かれていたので、あまり期待していなかったが、素晴らしい。
純白のアジサイが、これくらい集まると荘厳な感じで、心を洗われる様な気がする。
アジサイの間を小川が流れて、ロケーションも最高!!


★★県道沿いに標識と案内図が設けられている   ★堤防道路を南に行って高速道路を潜る(画面の左奥が親水公園)

1IMG_6702.jpg 2IMG_6700.jpg 3IMG_6696.jpg

アジサイの花は別館にあります。
タグ :

6/10 あじさい街道&蓮池公園

 2008-06-11
あじさい街道     春野町

車からは何回か見た事はあるが、本格的に歩いて散策するのは始めて。
休憩所の少し西に駐車場が設けられている。
休憩所はチョットした公園風になっており、トイレや東屋が整備されて、くつろげる。


1IMG_6638.jpg 2IMG_6634.jpg 3IMG_6606.jpg

蓮池公園   土佐市高岡

以前に木道が新しくなったと、新聞に載っていたので見学に行く。
蓮の花は期待してなかったが、種類の違う花(八重茶碗蓮)が何輪か咲いていたのでラッキー!!

1PICT1919.jpg 2IMG_6667.jpg 3IMG_6665.jpg

別館に花の写真があります。
タグ :

6/7 牧野植物園

 2008-06-08
 行列が出来ていたので何事かと思ったら、講演があるのだった。

1PICT1840.jpg 2PICT1847.jpg

前回、来てから3日しか経っていないのに又、やって来ました。
名前が分からなかったシタキソウは、珍しい花でジャスミンに似ていて、甘い香りもするらしい。
それを確かめたかったのと、沢山の蕾が付いていたヒメシャラの花を見てみたかった。別館へ
タグ :

6/6 花散策

 2008-06-07
シライトソウが花盛り
PICT1780.jpg

シライトソウ以外の野草は咲いてなくて、ウツギの花もそろそろ終わりかけ。別館へ
タグ :

6/4 牧野植物園

 2008-06-05
 スッキリとしない天気が続きます。梅雨だから仕方ないか!
梅雨に早く入ったので、色々と予定が狂ってしまう。北海道への山旅をもっと早く計画していれば良かったナア。
今日は曇り空で、花の撮影にはもってこいの空模様。そう言う事で、弁当を作って植物園へお出掛け。


1PICT1700.jpg

アジサイは少ないが、そろそろ見頃になったきた。ヤマアジサイはもうピークを越している。
2PICT1757.jpg 3PICT1752.jpg

花曇りとは、よく言ったもので写真の発色が良く、実物と同じに撮れていた。別館へ
タグ :

6/1 工石&三辻山

 2008-06-02
コースタイム:林道入口の路肩に車をデポ→工石山登山口→サイの河原→頂上→横道→北の頂→杖塚(北回り)
→ドロマイト採掘場跡→三辻山登山口→樫山峠分岐→三辻山頂上→デポ地    
周回時間(のんびり歩いて4時間20分)

 梅雨の一時の晴れ間、こんな時は工石山に限る。そんな思いの方達に、12人に出会った。

★杖塚への道。朝露を含んで緑が水々しい   ★南廻りの道は緑のトンネル   ★サイの河原はロープやらテープがいっぱい張られて、雰囲気が台無い
1IMG_6426.jpg 2IMG_6434.jpg 3IMG_6443.jpg
★北の頂でビールタイム   ★車が無かったので、今日はお休みかと思っていたら、矢張り登って来られた90才の方   ★話をする間もなく、とんぼ返りで下山していった。Gパンを履いて、背筋も真っ直ぐで90才とは、とても思えない
4IMG_6489.jpg 5IMG_6511.jpg 6IMG_6512.jpg

★杖塚の少し下からドロマイト採掘場跡へ   ★三辻山の自然林は青々と茂り薄暗い   ★三辻山頂上
1IMG_6540.jpg 2IMG_6558.jpg 3IMG_6572.jpg

山野草の花は少ないが、木に咲く花は多い。
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫