1/28 67番大興寺・70番本山寺

 2009-01-31
第67番札所 大興寺
★仁王門     ★★仁王像
1DSC00637.jpg 2DSC00638.jpg 3DSC00639.jpg
★参道     ★樹齢1200年を超える大樹     ★鐘楼堂
4DSC00656.jpg 5DSC00644.jpg 6DSC00647.jpg

★本堂と大師堂     ★天台大師堂     ★7日間ロウソクを燃やし続けて祈願する「七日燈明」
7DSC00650.jpg 8DSC00651.jpg 9DSC00653.jpg


第70番札所 本山寺
★仁王門     ★国宝の本堂     ★五重塔
1DSC00619.jpg 2DSC00622.jpg 3DSC00625.jpg
★大師堂     ★十王堂     ★県の文化財、鎮守堂
4DSC00626.jpg 5DSC00630.jpg 6DSC00634.jpg
スポンサーサイト
タグ :

1/28 71番弥谷寺・74番甲山寺

 2009-01-30
第71番札所 弥谷寺
 弥谷寺は岩壁に張り付くように建つ死者のための霊場。参道には五輪塔や石仏、古い墓が並び、独特な雰囲気で、チョット不気味な感じがする。
★本堂まで約530余の階段を登る    ★仁王門     ★右仁王像
1DSC00553.jpg 2DSC00556.jpg 3DSC00557.jpg
★左仁王像     ★大きな金剛挙菩薩像     ★108段の直進階段
4DSC00558.jpg 5DSC00563.jpg 6DSC00567.jpg

★更に階段を登って大師堂へ     ★大師堂内を奥に進むと「獅子の岩屋」    ★大師堂を後にして薄暗い階段を行く
1DSC00569.jpg 2DSC00573.jpg 3DSC00579.jpg
★岩壁に沢山の磨崖仏   ★しかし、殆ど風化して中央の阿弥陀仏が分かる程度   ★本堂は岩壁に、はまり込んでいる
4DSC00584.jpg 5DSC00593.jpg 6DSC00589.jpg


第74番札所 甲山寺
★真新しい山門     ★本堂
1DSC00539.jpg 2DSC00540.jpg
★大師堂     ★毘沙門天堂     ★岩窟の毘沙門天
3DSC00541.jpg 4DSC00543.jpg 5DSC00546.jpg
タグ :

1/28 75番善通寺

 2009-01-30
第75番札所 善通寺
 弘法大師誕生の地ということで、境内は凄く広い。境内の中央に車道が通り、東院と西院に分かれている。
建物の配置を把握するのに時間が掛かった。


東 院
★南大門     ★案内図     ★五重の塔
1DSC00498.jpg 2DSC00538.jpg 3DSC00529.jpg
★木口の白色がアクセントになり美しい     ★金堂(本堂)    ★堂内の拝観は自由
4DSC00535.jpg 5DSC00503.jpg 6DSC00511.jpg

★★★グルリと一周できる
7DSC00508.jpg 8DSC00509.jpg 9DSC00510.jpg

西 院
★★御影堂(大師堂)
1DSC00521.jpg 2DSC00517.jpg
★御影の池     ★謂われのある、御影の松(枯れ木)     ★仁王門
3DSC00519.jpg 4DSC00522.jpg 5DSC00512.jpg
タグ :

1/28 大麻山

 2009-01-29
大麻山(616.3m)    四国百名山    香川県琴平町
コース&タイム
登り=琴平公園駐車場→0:30本宮→0:30奥社→0:30龍王社→0:10大麻山→0.05展望台  計1:45
下り=1:15


 金刀比羅宮までは随分昔に行った事はあるが殆ど記憶に残っていない。
金刀比羅宮まで785段、そこから奥社まで583段で、合計1368段の石段を登らないといけないらしい。石段の幅と高さが丁度良くて歩きやすので、全然苦にならなかった。
 石段を下るのが嫌だったので、裏参道を帰りたかったが分岐場所が分からず、同じ表参道となってしまった。心配した膝も全然痛くならず、快適に下山できた。

★苦労したやっと見つけた無料駐車場  ★金丸座が直ぐ近くだった  ★参道入口まで250m
1IMG_1035.jpg 2IMG_1040.jpg 3IMG_1044.jpg
★立派な山門を潜って行く  ★水平な参道もある  ★大きな旭社
4IMG_1052.jpg 5IMG_1061.jpg 6IMG_1068.jpg

★本殿はどの方向から見ても同じ形らしい  ★厳かな神殿  ★若い人も結構多い
1IMG_1081.jpg 2IMG_1082.jpg 3IMG_1097.jpg
★★金比羅さんは海上安全の神様なので専用の絵馬堂が有る  ★朱色が綺麗な白峰神社
4IMG_1089.jpg 5IMG_1086.jpg 6IMG_1105.jpg

★奥社  ★★岩壁に天狗様
1IMG_1116.jpg 2IMG_1125.jpg 3IMG_1124.jpg
★奥社の少し手前に大麻山への標識がある  ★左の龍王社へ進む。直進は葵の滝へ  ★残雪の道
4IMG_1127.jpg 5IMG_1133.jpg 6IMG_1137.jpg

★唯一、登山気分が味わえる登り坂  ★龍王社は池に囲まれている  ★広くて気持ちの良い道
1IMG_1140.jpg 2IMG_1141.jpg 3IMG_1153.jpg
★桜の並木道  ★道路の横にポツンと大麻山三角点。アンテナや木に囲まれて展望は無い  ★少し下ると展望台
4IMG_1155.jpg 5IMG_1159.jpg 6IMG_1162.jpg

展 望
1展望台1のコピー

2展望台2のコピー

3IMG_1180のコピー 4IMG_1174のコピー

見たかった我拝師山は、木が邪魔をしてスッキリと見られない。
北の道を大分、下ってやっと展望場所を見つけた。

5北展望のコピー

6IMG_1187のコピー

帰り道
★龍王社からドンドン下る。少々不安になった頃にトラバース道の標識に辿り着いてホットする  ★水平なトラバース道  ★葵の滝は殆ど水は落ちていない
1IMG_1200.jpg 2IMG_1203.jpg 3IMG_1205.jpg
タグ :

1/25 野鳥

 2009-01-26
1DSC00397.jpg 2DSC00398.jpg

1DSC00402.jpg 2DSC00417.jpg

1DSC00435.jpg 2DSC00496.jpg

連写3コマ/秒 (連写をすると、メモリーが瞬く間に減る)
1DSC00491.jpg 2DSC00494.jpg 3DSC00495.jpg
タグ :

1/23 牧野植物園

 2009-01-24
デジ一練習中
1DSC00227.jpg 2DSC00229.jpg

別館へ続きます
タグ :

1/20 国見山Ⅴ

 2009-01-22
コース&タイム(大歩危コース)
登り=徳善バス停→0:15有宮神社(奥)→1:35カタクリ山(1114m峰)→1:30頂上  計3:20
下り=頂上→0:55カタクリ山→1:00有宮神社→0:10バス停   計2:05


 大歩危コースは県道のバス停から、標高差≒1160mをほぼ真っ直ぐに直登するルート。
今日の目的はどれくらいの時間で登れるかという事と、スパイク長靴を背負って行って、雪が出てきた所で登山靴と履き替えて登る実験をする事。

★県道の路肩に車をデポしてバス停の横から出発  ★地図の点線道は健在  ★民家への進入道路を3回横断する
1IMG_0860.jpg 2IMG_0862.jpg 3IMG_0865.jpg
★地図に載っている林道の少し上に有宮神社(地図の神社マークの位置は間違っている)  ★階段を登ると奥の院?  
★右の社から登山道が始まる
4IMG_0869.jpg 5IMG_0872.jpg 6IMG_0873.jpg

★登山道はハッキリしている。多少雑木林も混じるが、殆どが植林帯  ★標高900m付近から残雪があり、登山靴をデポして長靴に履き替える  ★植林帯をやっと抜けて自然林になった。春には山野草の花が楽しめそうな雰囲気がある
1IMG_0879.jpg 2IMG_0886.jpg 3IMG_0892.jpg
★防火帯の様な広い道  ★雪が少し深くなってきた  ★別のルートから何度か来た、見覚えのあるカタクリ山に到着
4IMG_0895.jpg 5IMG_0906.jpg 6IMG_0907.jpg

★10cmくらいの雪なので、まだ快適  ★作業車用のレールに腰を下ろして休憩  ★平尾根に出た。雪で道が分からないので、テープを探しながら登る
1IMG_0910.jpg 2IMG_0915.jpg 3IMG_0918.jpg
★段々と雪が深くなってくる。雪が沈む所と、沈まない所の差が大きくて歩きにくい  ★やっと頂上が見えてきた  ★頂上は近いが、雪が深くなり大変
4IMG_0921.jpg 5IMG_0923.jpg 6IMG_0928.jpg

★雪と悪戦苦闘  ★体力の限界かと思った所で踏み跡が出現して助かった(途中まで下りて来て、頂上に引き返したみたい)  ★頂上到着
1IMG_0930.jpg 2IMG_0931.jpg 3IMG_1004.jpg

展 望
 霧氷は融けて全然ないが展望が素晴らしい。風も無く暖かくて最高の天気。景色を見ながら昼食を摂って、1時間くらい頂上に居た。
1剣山系のコピー

2IMG_0996のコピー

3IMG_0997のコピー

4IMG_0941のコピー


1梶ヶ森のコピー

2IMG_0955のコピー 3IMG_0987のコピー


1石鎚山系のコピー

2IMG_0960のコピー

3IMG_0977のコピー 4IMG_0989のコピー
※明石山は赤石山の間違い。

帰り道
★雪が日差しで緩み、下りは体重が多く掛かるので浅い踏み跡もズボッと腰まで入る所がある  
★無事下山のお礼参りをする  ★今年、初の福寿草(万葉植物園にて)
1IMG_1007.jpg 2IMG_1017.jpg 3IMG_1026.jpg
タグ :

1/18 みかど温泉

 2009-01-19
 高速の美馬ICで降りて、香川県の方に8kmほど行くと、県境に近い山の中に「道の駅ことなみ・エピアみかど」あり、その施設内に「みかど温泉」があります
1IMG_0857.jpg 2IMG_0859.jpg 3IMG_0851.jpg

 レストランや売店があり、休憩室も広くてゆったりとした施設。温泉は少し白く濁って、浸ると直ぐに肌がスベスベになる。サウナ、ジャグジー、水風呂とあるが露天風呂が無いのが残念・・・・。
4IMG_0852.jpg 5IMG_0853.jpg 6IMG_0854.jpg
タグ :

1/17 牧野植物園

 2009-01-17
1DSC00174.jpg

別館へ続きます。
タグ :

1/14 国見山Ⅳ

 2009-01-15
コース&タイム
登り=県道登山口→0:35林道登山口→1:00上の登山口→1:15防火帯終点→0:50頂上 計3:40
下り=頂上→0:50上の登山口→0:30林道登山口→0:30県道登山口  計1:50


林道登山口から上の登山口までの積雪は10~20cm。それから頂上までは25~40cmで、これ以上深くなると、私の体力、装備では無理だと思う。トレースを外すと、太股くらいまで入り込み脱出するのに大変だった。
★県道は綺麗に除雪されている  ★登山口への林道はヤバそう  ★下見をしておいた県道登山口を出発
1IMG_0499.jpg 2IMG_0500.jpg 3IMG_0502.jpg
★今日の天気は良いかナア  ★林道横断  ★笹が雪に埋もれて歩きやすい
4IMG_0505.jpg 5IMG_0508.jpg 6IMG_0512.jpg

★屋根に積もった雪、雲海、雪山の良い景色  ★林道歩き  ★ショートカットの林道を行く。登山者の踏み跡だと思ったら民家までだった。残念・・・・! 民家の人に、頂上は1mの雪だと脅かされた
1IMG_0513.jpg 2IMG_0516.jpg 3IMG_0522.jpg
★林道登山口  ★前回より大分雪が深い  ★尾根道に合流
4IMG_0529.jpg 5IMG_0536.jpg 6IMG_0539.jpg

★尾根の雑木林  ★上の登山口駐車場  ★階段は雪に埋もれている
1IMG_0562.jpg 2IMG_0577.jpg 3IMG_0580.jpg
★大分深くなってきた  ★植林帯から雑木林へ  ★アセビの木が雪の重みで道を塞いでいる。雪が深くて迂回出来ないので、ストックで叩く。雪が落ちて枝が跳ね上がり面白い。何ヶ所もあり疲れてきた。
4IMG_0598.jpg 5IMG_0601.jpg 6IMG_0603.jpg

★何度も撤退しようかと思ったが、こんな機会はもう無いかも知れないと思い頑張る。何とか防火帯に出た  ★障害物は無いが急坂があるので体力勝負。ラッセルは出来ないので壺足。足を上げるのが大変だったが、どうにか防火帯をクリアー  ★下手に潜ると頭から雪を被ることになる(何度か被った)
1IMG_0613.jpg 2IMG_0626.jpg 3IMG_0630.jpg
★細尾根を行く  ★雪のトンネル  ★雪の斜面
4IMG_0637.jpg 5IMG_0697.jpg 6IMG_0710.jpg

★やっと避難小屋が見えてきた  ★頂上への急坂  ★頂上。天気は今日も又、イマイチ・・・・・
1IMG_0714.jpg 2IMG_0723.jpg 3IMG_0735.jpg

下 山
★坂道は壺足の跡なので、前回の様に滑って下りられない  ★上の登山口に除雪車がやってきた。林道工事用車両のために除雪しているらしい  ★風が吹くと枝に付いた雪が舞ってくる
1IMG_0808.jpg 2IMG_0838.jpg 3IMG_0840.jpg
★長靴に雪が付いて段々、重くなってくる  ★林道は除雪されていた  ★県道沿いの雪も大分融けている
4IMG_0841.jpg 5IMG_0843.jpg 6IMG_0847.jpg

展 望
今日も頂上からの展望はダメだった・・・・・・・!!!!
1IMG_0775のコピー

2IMG_0817のコピー

3IMG_0819のコピー

4IMG_0828のコピー

5IMG_0830のコピー

霧氷&雪
霧氷に雪が積もっているみたい。
1IMG_0667.jpg

別館へ続きます
タグ :

1/11 デジタル一眼

 2009-01-11
 カミさんに始めてボーナスを貰ったので、前から欲しかったデジタル一眼レフカメラをやっと買った。
SONYα300:液晶を見ながら撮影できるライブビュー機能が付いて、チルト式なので小さな花を撮る時に便利だと思い決めた。それと、昔に使っていたミノルタ用レンズも使用できる。


1PICT3203.jpg 2PICT3208.jpg

試 写
★マクロレンズ100mm    ★★ズームレンズ28~300mm
1DSC00020.jpg 2DSC00034.jpg 3DSC00060.jpg
★★★マクロレンズ100mm
4DSC00024.jpg 5DSC00061.jpg 6DSC00068.jpg
タグ :

1/6 国見山Ⅲ

 2009-01-07
コース&タイム
登り=後山峠手前登山口→0:15 後山峠登山道合流→0:25 上の登山口→0:40 防火帯終点→0:25 頂上       計1:45
下り=1:10 (雪がクッションになって楽しい下山。急坂は滑りながら下りられるので早い)


 今年の登り始めも国見山。天気予報の晴天を選んで登っているのだが、3度目の正直ならず今日も展望はダメだった。ガスも出て、その内に粉雪まで舞いだした。
積雪は20~40cmくらいだが、登山道は踏み跡が付いて、アイスバーンの上に5~10cmの新雪が積もり、快適な雪道歩きが出来て良かった。

★林道の上部は雪があるが車には支障なし  ★後山峠は道路を外れると積雪があるので手前の登山口から出発  
★後山峠登山道に合流
1IMG_0369.jpg 2IMG_0374.jpg 3IMG_0376.jpg
★踏み跡がキレイに付いている  ★上の登山口(林道は工事用車両が通行しているので轍が付いて雪は少ない)  
★快適な雪道。暮れから正月に掛けて、沢山の人が登ったみたい
4IMG_0380.jpg 5IMG_0386.jpg 6IMG_0393.jpg

★広い防火帯は足跡が入り乱れている。皆さん、新雪歩きを楽しんだみたい  ★★横道(雪は前回より遥かに多いが、霧氷は少な目)
1IMG_0402.jpg 2IMG_0423.jpg 3IMG_0431.jpg
★寒々とした頂上  ★霧氷見物に寄り道。尾根は膝上くらいの雪で歩くのは大変  ★何枚か撮したが曇り空だと冴えない
4IMG_0440.jpg 5IMG_0477.jpg 6IMG_0460.jpg
タグ :

1/4 皿ヶ峰(高見山)

 2009-01-04
冠雪の中津明神山
1IMG_0335_20090104150029.jpg

山火事
2日の夕刻に発生した山火事は約7時間半後に26ヘクタールを焼いて鎮火した。
★頂上     ★頂上より南西方面
1IMG_0333.jpg 2IMG_0338.jpg
★南ピークより頂上を望む。普段は雑草に隠れている墓が沢山見える。雑草に隠れてうっとうしいので無縁仏が時々山火事を起こすのだろうか・・・・・?   ★南の林道より
3IMG_0363.jpg 4IMG_0351.jpg
タグ :

1/1 初日の出

 2009-01-01
IMG_0290のコピー
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫