9/29 工石山

 2010-09-29
★前から気になっていた鏡岩に挑戦  ★20mくらい上でリュックをデポして出発  ★右の斜面を登る
1IMG_3930.jpg 2IMG_3921.jpg 3IMG_3903.jpg
★直ぐ尾根に出て右へ  ★ゴツゴツの岩  ★先端部からの景色
4IMG_3904.jpg 5IMG_3905.jpg 6IMG_3911.jpg
★★★鏡岩はオーバーハングしているので殆ど見られない
7IMG_3914.jpg 8IMG_3915.jpg 9IMG_3916.jpg

本日の収穫
1IMG_3877.jpg 2IMG_3893.jpg 3IMG_3945.jpg

4IMG_3937.jpg 5IMG_3941.jpg 6IMG_3885.jpg
7IMG_3881.jpg 8IMG_3902.jpg 9IMG_3953.jpg




スポンサーサイト
タグ :

8/11 飯縄山

 2010-09-28
飯縄山(いいづなやま)1917m   200名山     登り=2:05   下り=1:50
 妙高山、黒姫山、戸隠山、飯縄山、斑尾山(まだらおやま)は、長野県北部(北信)の里より眺められる。
五つの山は「北信五岳」と呼ばれ、地元の人々に親しまれている。
 妙高は100名山、黒姫・戸隠・飯縄は200名山、斑尾は300名山に名を連ねており、近くに100名山の高妻山、火打山もあり、北信は凄い山域になっている。
 
 飯縄山は予定外の山だったが、登ったことのあるKさんに案内してもらうことにした。
登山道も良くて快適に登れて、尾根に出れば花も沢山咲いている。今日はダメだったが、素晴らしい展望らしいので機会があれば、もう一度登ってみたい山である。

★7:40 チビッ子忍者村を過ぎて少し行くと左に登山口がある  ★1:30か2:30分か迷う標識/2:30だった  ★急坂を少し登ると快適遊歩道になる
1IMG_4602.jpg 2IMG_4603.jpg 3IMG_4604.jpg
★★驚く程の道が続く  ★8:15 鳥居を潜る
4IMG_4607.jpg 5IMG_4609.jpg 6IMG_4610.jpg

★まだ広いが少し荒れてきた  ★8:45 山道らしくなってくる  ★ホツツジがいっぱい
1IMG_4612.jpg 2IMG_4622.jpg 3IMG_4624.jpg
★9:05 矢張り終盤は、こんな道になる  ★9:15 石道も少しで尾根に出てホットする  ★予想していなかった花畑で嬉しくなってくる
4IMG_4626.jpg 5IMG_4627.jpg 6IMG_4634.jpg

★★★快適な尾根道が続く
1IMG_4636.jpg 2IMG_4639.jpg 3IMG_4641.jpg
★9:50 鳥居の奥に祠がある  ★10:00 頂上  ★この山名板は優れもの/細かく沢山の山名が記されている
4IMG_4652.jpg 5IMG_4659.jpg 6IMG_4662.jpg

★富士山も見えるらしい  ★正面にアルプスが見られるみたいだが  ★残念ながら頂上も霞んでいる
1IMG_4665.jpg 2IMG_4669.jpg 3IMG_4674.jpg

下山
★11:10 頂上神社にお参り  ★ヤナギランは花穂が長いので、下は実、中は花、上は蕾と三段になっている  ★お花畑を楽しみながら、のんびり帰る
1IMG_4676.jpg 2IMG_4679.jpg 3IMG_4682.jpg
★私の手に大きなトンボが舞い降りてきた  ★獲物をムシャムシャと食べ始めたぞ  ★13:15 鏡池を案内してもらう
4IMG_4685.jpg 5IMG_4692.jpg 6IMG_4694.jpg

★★★戸隠山を鏡のように映し出す池なのだが、ガスが懸かり小雨も降って残念・・・・!!
7IMG_4697.jpg 8IMG_4703.jpg 9IMG_4706.jpg

お別れ会
 名残惜しいが、今夜でKさんとお別れです。明日の朝、伊豆に帰るので、ささやかなお別れ会です。
3日間もお世話になって、感謝の気持ちで一杯です。
戸隠山では思い出に残る経験をさしてもらったし、飯縄山も素晴らしい山だった。
1IMG_4709_20100928213152.jpg 2IMG_4710.jpg 3DSC05832.jpg
別館へ続く
タグ :

8/10 黒姫山

 2010-09-28
黒姫山(2053m)   200名山   大橋林道コース  登り=3:15  下り=2:50
★4:50 先ずは林道歩きから  ★★デジカメで紫色を撮るのは難しい/露出補正の仕方を習いながら写す
1IMG_4448.jpg 2IMG_4454.jpg 3IMG_4459_20100928092109.jpg
★カラマツ林が続く  ★5:40 登山道入口  ★登山道もカラマツ林
4IMG_4457_20100928092108.jpg 5IMG_4461.jpg 6IMG_4466.jpg

★6:15 十字路の分岐  ★7:00 「しなの木」の名札が掛けられている  ★7:10 背丈以上の笹道に入る
1IMG_4469_20100928092601.jpg 2IMG_4476.jpg 3IMG_4480.jpg
★7:40 そろそろ休憩したいが、良い場所がない  ★7:45 仕方なく松の根元で休憩  ★8:00 しらたま平/直ぐに展望休憩場所があったのに・・・・!
4IMG_4484.jpg 5IMG_4485.jpg 6IMG_4492.jpg

★★★雲上のスカイラインと登山地図に書かれている場所
1IMG_4501.jpg 2IMG_4504_20100928093145.jpg 3IMG_4506.jpg
★頂上が見えてきた  ★ホツツジが咲いている  ★8:50 頂上には祠がある
4IMG_4514.jpg 5IMG_4516.jpg 6IMG_4521.jpg

★10:55 ブナ林を下山中の私/歩き姿を、まだ見たことが無いのでKさんに撮ってもらう
★★帰りは、十字路の分岐を左折にて、古池と種池を見て帰る
1IMG_4536.jpg 2IMG_4541.jpg 3IMG_4546.jpg
●車に帰り着くなり、滝のような雨が降ってきて助かった。
 黒姫山は良い山らしいが、天気がイマイチで展望も得られず残念だった。

別館へ続く





タグ :

8/9 戸隠山

 2010-09-27
戸隠山(1904m)   200名山・花100名山     登り=3:15   下り=3:25
 ネットを見ると「この山の断崖絶壁と、その高度感は北アルプスにも決して引けをとらない。侮ってはいけない山である。転落事故も多数おきている」と書かれている。
 見所も多くて魅力的な山なので登ってみたいけれど、一人では不安で怖くて、とても無理だと思った。
去年の夏、東北で知り合って、秋に石鎚山へ一緒に登った、伊豆のKさんに相談した。Kさんは、登ったことがあるそうで、一緒に登ってもよいと、快く引き受けてくれた。
 経験者が一緒だと勇気百倍で、登れるような気持ちになってきた。今日はいよいよ、その決行日だ。

★6:27 車中泊した戸隠キャンプ場の駐車場に私の車をデポして、奥社の駐車場に向かう  
★6:37 先ずは参道歩きから  ★6:55 随神門
1IMG_4242.jpg 2IMG_4246.jpg 3IMG_4253.jpg
★樹齢400年以上の杉並木が素晴らしい  ★★7:15 戸隠神社 奥社
4IMG_4255.jpg 5IMG_4261.jpg 6IMG_4262.jpg

★★★社殿には絵馬などが沢山、奉納されている
1IMG_4264.jpg 2IMG_4265.jpg 3IMG_4266.jpg
★奥社の隣りに戸隠神社 九頭龍社もある  ★4人グループの若者。それにしても服装が皆、バラバラ/左からチェック帽、黒帽、青シャツ、タオルさんと名付けよう  ★7:25 少し行くと、いきなりの急坂
4IMG_4267.jpg 5IMG_4268.jpg 6IMG_4270.jpg

★★垂直の岩壁が見えだして、いよいよかと思う  ★ここは、左のトラバース道でホットする
1IMG_4290.jpg 2IMG_4292.jpg 3IMG_4295.jpg
★★五十間長屋は良い休憩場所  ★五十間長屋に続く岩壁
4IMG_4297.jpg 5IMG_4302.jpg 6IMG_4303.jpg

★帰りは、この尾根を歩くのだろうか  ★8:50 百間長屋  ★百間長屋の先端部
1IMG_4309.jpg 2IMG_4314.jpg 3IMG_4323.jpg
★9:05 いよいよ鎖場が現れた  ★9:10 この鎖は足の踏み場が無い。私は鎖を右に振って登る  
★9:17 これは鎖が無くても登れる
4IMG_4327.jpg 5IMG_4332.jpg 6IMG_4334.jpg

★9:20 垂直だが短い鎖  ★鏡池が見えている  ★絶壁にも花はしっかりと咲いている
1IMG_4336.jpg 2IMG_4338.jpg 3IMG_4340.jpg
★9:34 踏み場があるので楽勝  ★9:41 最大の難関、蟻の塔です/青シャツさんが何か考え込んでいる  
★どうする?青シャツさん
4IMG_4344.jpg 5IMG_4346.jpg 6IMG_4347.jpg

★タオルさんは平気で進んでいる  ★9:43 青シャツさんが頑張っている  ★9:45 若者を見守るKさん
1IMG_4348_20100927110147.jpg 2IMG_4349.jpg 3IMG_4351.jpg
★9:49 ここで青シャツさんが引き返してくる/最前方の方が、右の巻き道はダメと指示を送ってくれる 
★★9:54 意を決して再挑戦する青シャツさん/横を見ないで、足元と手先だけを見てガンバレと声を掛ける
4IMG_4352.jpg 5IMG_4355.jpg 6IMG_4357.jpg

★普通の坂道は私の方が強いが、鎖場や岩場になると俄然生々としてくるKさん/とっくに渡り終えて、ニコニコ顔で待っててくれた  ★10:05 最後の鎖場  ★10:07 どうにか八方睨に辿り着いた/緊張して疲れたが満足感でいっぱい
1IMG_4361.jpg 2IMG_4363.jpg 3IMG_4365.jpg
★後方が指示をくれた方  ★頂上標識は山名板の中  
★青シャツさんも笑顔に戻って良かった/登り着いた10人が、皆んな仲間になったみたいで和気あいあいになる
4IMG_4366.jpg 5IMG_4371.jpg 6IMG_4373.jpg

★★八方が見られる好展望所だが今日は近くだけ  ★10:50 しばらく休憩したので下山にかかる
1IMG_4374.jpg 2IMG_4378_20100927113753.jpg 3IMG_4383.jpg
★蟻の塔にもお別れです  ★11:00 ここが戸隠山の頂上  ★右は絶壁なので気を付けて
4IMG_4386.jpg 5IMG_4393.jpg 6IMG_4401.jpg

★★★スリル満点の道が続く
1IMG_4406.jpg 2IMG_4407.jpg 3IMG_4413.jpg
★★写真では、この高度感は出ないよなあ、と話ながら撮る  
★そんな危ない所で荷物の整理をしなくても良いのにと声を掛ける私/笑って答えるKさん
4IMG_4414.jpg 5IMG_4416.jpg 6IMG_4419.jpg

★12:00 奥社が真下に見える  ★13:00 一不動避難小屋  ★沢のような道を下る
1IMG_4424.jpg 2IMG_4432.jpg 3IMG_4436.jpg
★★高妻山への登山道だが、あまり登りたくないなあ  ★14:25 牧場入口に到着/ヤレヤレ、少々疲れてしまった
4IMG_4439_20100927114750.jpg 5IMG_4440.jpg 6IMG_4442.jpg
別館へ続く
タグ :

8/8 野尻湖・苗名の滝・戸隠

 2010-09-26
 今回の旅も序盤が終わり、長野県の北端までやってきた。
明日から中盤に差し掛かるが、山も段々と厳しくなってくる。今日は休養も兼ねて、のんびりと観光する事にした。


野尻湖
★4:35 道の駅しなの/日曜日なので車中泊の車でいっぱい  
★5:15 野尻湖・黒姫山サンセットポイント  ★木が邪魔で、イマイチの景色
1IMG_4138.jpg 2IMG_4139.jpg 3IMG_4142_20100926113232.jpg
★湖の東端はひっそりとしている  ★引き返して湖畔道路に向かう  ★7~8月は一方通行みたい
4IMG_4151.jpg 5IMG_4156.jpg 6IMG_4160.jpg

★湖畔道路は湖面近くを走る  ★琵琶島(弁天島)  ★8:00 黒姫山はまだ、全身を現さない
7IMG_4165.jpg 8IMG_4168.jpg 9IMG_4174.jpg

苗名の滝
★9:00 滝の入口にスキーのストックがいっぱい置かれている  ★吊り橋より  ★吊り橋を渡って階段を上がってきた
1IMG_4176.jpg 2IMG_4178.jpg 3IMG_4181.jpg
★吊り橋と滝が見えてきた  ★展望台からはチョット遠いので、岩を伝って近づく  
★10:00 散策は丁度1時間だった/レストランなどがあり、賑わっている
4IMG_4184.jpg 5IMG_4187.jpg 6IMG_4220.jpg

戸隠へ
★黒姫山登山口/これから登る山の登山口や車中泊場所を確認する  ★戸隠神社中社  ★三本杉
1IMG_4229.jpg 2IMG_4231.jpg 3IMG_4240.jpg
★参道階段より俯瞰  ★中社  
★15:30 明日から一緒に登山してくれる、伊豆のKさんとの待ち合わせ場所の神告げ温泉に到着
4IMG_4239_20100926114821.jpg 5IMG_4235.jpg 6IMG_3266.jpg
別館へ続く


タグ :

8/7 四十八池→大沼池

 2010-09-25
 志賀高原の最終日は「大蛇伝説を秘めた大沼池&池めぐりコース」
志賀高原を代表するトレッキングコースと観光案内所に書かれている。四十八もの池があるのだろうか?

★6:25 車中泊場所から歩いて行けるので便利  ★リフトが見えてきた  ★6:45 渋池に朝霧が少し立っている
1IMG_4034.jpg 2IMG_4042.jpg 3IMG_4045.jpg
★綺麗な遊歩道  ★志賀山に向かうが、笹が被さっているので中止  ★7:35 湿原が見える
4IMG_4049.jpg 5IMG_4053.jpg 6IMG_4055.jpg

★四十八の池では無く、池塘の数だったのでガックリ  ★キンコウカは昨年の東北では咲いていなかったが、今回は終わりかけ。何時か黄色の絨毯を見てみたい・・・  ★大沼池への道は、最初は平坦で良い道だが
1IMG_4059.jpg 2IMG_4077.jpg 3IMG_4081.jpg
★階段をドンドン下っていく  ★相当、下った所で綺麗なコバルトブルーか見えてきた  ★8:45 大蛇神社に立ち寄る
4IMG_4082.jpg 5IMG_4085_20100925192726.jpg 6IMG_4108.jpg

★9:00 湖畔に到着/残念ながらコバルトブルーでは無い  ★反対側の遊歩道を散策する  ★完全には見られないが、木の切れ間から、ある程度見られて満足
1IMG_4112.jpg 2IMG_4117.jpg 3IMG_4122.jpg
※簡単に考えて出発したが、相当時間が掛かって(2:40分)一山を登った感じがする。
別館へ続く





タグ :

8/5 前山リフト駅の夕焼け

 2010-09-25
 3日間泊まった前山リフト駅の駐車場は、標高が1700mなので涼しい。
歩いて行ける場所に、寸志で入れる野天風呂があり、あまり人に知られていないので空いている。
笠ヶ岳や横手山も望めて、景色もマアマア。残念なのは近くにお店が無いこと。

★18:17 手前が駐車場、後方は笠ヶ岳  ★イスも置かれているので、一盃やりながら夕日がみられる
★18:36 笠ヶ岳の方に沈まないのがチョット残念
1IMG_3810.jpg 2IMG_4016.jpg 3IMG_3816.jpg

★18:39       ★18:43
4IMG_3819.jpg 5IMG_3820_20100925094904.jpg

★18:47
6IMG_3826.jpg
6日の夕焼けは別館へ

タグ :

8/6 岩菅山

 2010-09-24
岩菅山(いわすげやま)2295m  200名山  登り=3:15  下り=2:40(高天ヶ原リフトまで)
 岩菅山はアライタ沢コースの方が簡単みたいだが、東館山の高山植物園も見たかったので、
高天ヶ原コースを選んだ。
 このコースは寺小屋山までは登って行くが、そこからノッキリまでの尾根道は、ピークに横道が無くて乗り越えて行くので結構しんどい。最後の方はバテバテ。帰りの事を考えると、余計にしんどい。

★5:40 登り口に着くも、今にも雨が降りそうな天気  ★6:10 雨の心配は無さそうなので出発  ★スキーゲレンデを登っていく
1IMG_3832_20100924185941.jpg 2IMG_3838_20100924185941.jpg 3IMG_3840_20100924185940.jpg
★★高天ヶ原夏山リフト終点に着く  ★植物園に向かいます
4IMG_3851.jpg 5IMG_3853.jpg 6IMG_3854_20100924185938.jpg

★★★東館山高山植物園(無料)
1IMG_3863.jpg 2IMG_3865.jpg 3IMG_3878.jpg
★植物園も終わり  ★道を間違えたみたい  ★左方のゲレンデにヤナギランの群生がある/しかし、長野県にはスキーゲレンデが一杯。何処に行ってもある
4IMG_3886.jpg 5IMG_3889.jpg 6IMG_3890.jpg

★★右折して寺小屋山ゲレンデを登る  ★7:35 ゲレンデの最上部に登山口がある
1IMG_3894.jpg 2IMG_3897.jpg 3IMG_3899.jpg
★早くもビールタイムにしてしまった  ★東館山ゴンドラリフトの山頂駅が見えている  ★ここから本格的な山道
4IMG_3900.jpg 5IMG_3901.jpg 6IMG_3902_20100924191021.jpg

★寺小屋山三角点は登山道の中  ★樹林帯の道  ★金山沢の頭
1IMG_3906.jpg 2IMG_3910_20100924191447.jpg 3IMG_3911.jpg
★赤石山への分岐になっている/高天ヶ原リフト駅より岩菅山まで5.4km  ★8:30 開けた快適な道になった/天気が良ければナア  ★斜面はお花畑
4IMG_3914.jpg 5IMG_3928.jpg 6IMG_3929.jpg

★★快適な道は続く  ★トンネル林
1IMG_3931.jpg 2IMG_3932.jpg 3IMG_3933.jpg
★最後のピークだろうか?? ★コレが最後の下り?  ★9:10 アライタ沢分岐のノッキリにやっと着いた
4IMG_3936.jpg 5IMG_3937.jpg 6IMG_3938_20100924192055.jpg

★しばらく休憩して頂上に向かう  ★岩場道になり、登りにくい  ★頂上が見えた
1IMG_3944.jpg 2IMG_3947.jpg 3IMG_3952.jpg
★10:00 頂上三角点  ★★片側は急峻
4IMG_3960.jpg 5IMG_3962.jpg 6IMG_3961.jpg

下山
★10:50 頂上が綺麗に見えだした  ★11:30 快適尾根道より頂上を望む  ★13:00 寺小屋山ゲレンデ/来るときは正面のゲレンデを登ってきたが、正解は左の作業道
1IMG_3981.jpg 2IMG_3982.jpg 3IMG_3985_20100924193811.jpg
★東館山ゴンドラリフトも動いている  ★13:55 帰りは高天ヶ原リフトに乗ってラクチン下山  ★車に到着
4IMG_3987.jpg 5IMG_3995.jpg 6IMG_4002.jpg
別館に植物園の花








タグ :

8/5 常布の滝

 2010-09-23
常布の滝(じょうふのたき)  落差35m  群馬県草津町   往き=1:25  帰り=1:15
 ネットに「これだけ素晴らしい滝を見てしまうと今後、どんな滝を見ても何の感動もしなくなってしまうのではないかと思えるほどの素晴らしい滝でした」と書かれていた。
こんな文章を見てしまうと、滝好きの私としては、行かない訳にはいかない。秘瀑中の秘瀑で大変らしいが、この滝を見るために一日をとってある。

 遊歩道入口には駐車場が無かったので、草津国際スキー場の駐車場に停めて歩くことにした。
隣りに駐車していた尾張小牧ナンバーの方に話し掛けられた。同じ軽四バンを改造しているので話が盛り上がる。

★★★★私の車より凄いことをしている。保温内張した冷蔵BOXの中に、昔にあったご飯の保温ジャーが置かれている。
夏でも氷が、なかなか融けないらしい。私にとって、氷は絶対必需品なので、大変参考になった
1IMG_3723.jpg 2IMG_3719.jpg 3IMG_3720.jpg 4IMG_3717_20100923115335.jpg
★極めつけはコレ/密閉されたステンレスタンクに、空気抜きと蛇口が取り付けられている  
★脱着ホースを付けると洗い物ができる  ★コップをぶら下げる事もできる/床は畳敷き
5IMG_3718.jpg 6IMG_3721.jpg 7IMG_3722.jpg

★7:40 駐車場を登山スタイルで出発  ★7:50 県道55号沿いの遊歩道入口  ★直ぐに木段
1IMG_3724.jpg 2IMG_3726.jpg 3IMG_3728.jpg
★案内図/滝は詳しく書かれていない  ★遊歩道にしては荒れている  ★綺麗な道になった
4IMG_3730.jpg 5IMG_3731.jpg 6IMG_3734.jpg

★蟻の塔渡り「通行注意」を見て緊張する  ★ガードパイプが有るが、だだの細尾根だった  ★遠くに滝が見える
1IMG_3735.jpg 2IMG_3737.jpg 3IMG_3739.jpg
★舗装道路に出る/そんなのは聞いてないよ  ★左は立入禁止  ★右に行くと舗装が切れて、山道になったのでホットする
4IMG_3741.jpg 5IMG_3743.jpg 6IMG_3745.jpg

★初めて滝の標識が現れた  ★展望所への標識だった/チョットしか見えない  ★8:50 引き返して先に進むと、やっと滝入口の看板/上級者コースと書かれ、ロープも張られている
1IMG_3747.jpg 2IMG_3749.jpg 3IMG_3752.jpg
★★クサリやロープ場もあり、アップダウンもするので、確かに厳しい道  ★9:15 滝は直ぐ近くなのに立入禁止の看板/そんなのないよ・・・?!
4IMG_3754.jpg 5IMG_3757.jpg 6IMG_3763.jpg

★少し考えたが、無視することにした  ★飛び石伝いに下りる  ★9:20 立入禁止にする程の事はないのに
1IMG_3764.jpg 2IMG_3769.jpg 3IMG_3774.jpg
別館へ続く







タグ :

8/5 草津温泉湯畑

 2010-09-22
★4:35 天狗山第一駐車場出発/観光客で混み合う前に見学しよう  ★川の至る所より湯煙が上がっている  ★駐車場より20分
1IMG_3664.jpg 2IMG_3669.jpg 3IMG_3670.jpg
★湧出口  ★★お湯が高温のため木の樋を通して冷ましている  
4IMG_3695.jpg 5IMG_3691.jpg 6IMG_3688.jpg

★★滝の様に流れ落ちている  ★無料の足湯に入っていこうか
1IMG_3687.jpg 2IMG_3683.jpg 3IMG_3698.jpg
★★★千代の湯/共同浴場が18ヶ所もあるらしい
4IMG_3699.jpg 5IMG_3700.jpg 6IMG_3701.jpg

★★★白旗の湯
7IMG_3704.jpg 8IMG_3709.jpg 9IMG_3707.jpg


タグ :

8/4 芳ヶ平&湯釜

 2010-09-22
 草津白根山は登山としてはイマイチで消化不良だった。
駐車場料金がもったいないので、芳ヶ平湿原を散策することにした。

★10:00 出発は同じ駐車場より  ★直ぐにキレイな池が現れる  ★湯釜外輪山に沿った遊歩道
1IMG_3570.jpg 2IMG_3571.jpg 3IMG_3575.jpg
★火山ガス発生地域なので、立入禁止のロープが続く  ★芳ヶ平ヒュッテが見えてきた  ★芳ヶ平ヒュッテ
4IMG_3587_20100922185831.jpg 5IMG_3593.jpg 6IMG_3601.jpg

★11:10 遊歩道入口  ★木道が設けられている  ★キレイな地塘
1IMG_3602.jpg 2IMG_3605.jpg 3IMG_3606_20100922190213.jpg
★大きな地塘/しかし、花は全然咲いていない  ★★キレイな花が咲く時はあるのだろうか/実もあまり見られない
4IMG_3608.jpg 5IMG_3599.jpg 6IMG_3614.jpg

湯 釜
★湯釜は火山ガスのため、近くには行けない/外輪山展望所に登る  ★★綺麗な色の湯釜が見えてきましたよ
1IMG_3636.jpg 2IMG_3639_20100922190925.jpg 3IMG_3656.jpg

ガスが流れて、見えたり隠れたりする。色も刻々と変わる。それにしても綺麗な色。しばらく見とれていた
4IMG_3660.jpg

5IMG_3654.jpg 6IMG_3661.jpg



タグ :

8/4 草津白根山

 2010-09-22
草津白根山(2150m)     百名山    登り=1:15   下り=1:00
★6:10 ネット情報ではスキー場まで行けると書いてあったが、今はダメ  ★仕方がないので有料駐車場に停める  
★6:50 右に弓池を見ながら出発
1IMG_3468.jpg 2IMG_3470.jpg 3IMG_3472.jpg
★7:05 リフトはまだ動いていない  ★広い登山道  ★湯釜の外輪山が見える
4IMG_3484.jpg 5IMG_3490.jpg 6IMG_3491.jpg

★木の階段  ★7:20 リフト道と合流/歩いても15分  ★景色が急に広がる
1IMG_3492.jpg 2IMG_3493.jpg 3IMG_3497.jpg
★★右はコマクサの群生地  ★左には横手山が見える
4IMG_3498.jpg 5IMG_3502_20100922160233.jpg 6IMG_3507.jpg

★★★右を見ても、左を見てもコマクサが一杯
1IMG_3508.jpg 2IMG_3514_20100922160619.jpg 3IMG_3521.jpg
★★★小鳥がやってきた。何をするかと思えば、コマクサの花を食べだした/沢山あるからマア良いか
4IMG_3510.jpg 5IMG_3511.jpg 6IMG_3513.jpg

★7:55 鏡池分岐  ★少し下って平原へ  ★平原のコマクサはここだけ/ガレ場でないと育たない
1IMG_3530.jpg 2IMG_3531.jpg 3IMG_3534.jpg
★ハイマツの道を右に回り込むと  ★★コマクサ尾根となる
4IMG_3535.jpg 5IMG_3539.jpg 6IMG_3542.jpg

★まだまだコマクサは続く  ★8:10 目的地に到着  ★更に進むと頂上への分岐/今は立入禁止
1IMG_3543.jpg 2IMG_3545.jpg 3IMG_3553.jpg
★踏み跡はあるが、ハイマツに覆われている  ★2165mが頂上なのだが  
★万座温泉への道にもコマクサ/草津白根山はコマクサの山だった
4IMG_3552.jpg 5IMG_3557_20100922161407.jpg 6IMG_3554.jpg

ピークを過ぎて残念だったが、比較的キレイな花
1IMG_3544.jpg 2IMG_3564.jpg

3IMG_3522_20100922162532.jpg


 




タグ :

8/4 天空パノラマライン

 2010-09-22
 天空パノラマラインは私が付けた名前。日本国道最高地点(2172m)を通るR292号線は素晴らしい景色。
山に登らなくても、北アルプスなどの山が一杯見られる。

★岡山の I さんにお別れして出発  ★高度が上がってきた  ★横手山駐車場からの展望に満足して再スタート
1IMG_3413.jpg 2IMG_3434.jpg 3IMG_3445.jpg
★外はチョット寒い  ★★天空をドライブ中
4IMG_3446_20100922111744.jpg 5IMG_3447.jpg 6IMG_3448.jpg

★雲海が綺麗  ★日本国道最高地点  ★異様な景色が目に飛び込んできた/後で分かったが、湯釜外輪山
1IMG_3450.jpg 2IMG_3452.jpg 3IMG_3458.jpg
★天空ドライブは終わって下りに   ★★笠ヶ岳の回りの景色が変わっていく
4IMG_3462.jpg 5IMG_3466.jpg 6IMG_3467_20100922112202.jpg
別館へ続く
タグ :

8/3 笠ヶ岳(南志賀)

 2010-09-21
笠ヶ岳(2076m)   三百名山  高山村   登り=25分  下り=17分
 三百名山に名を連ねているが、30分足らずで登れるので、チョットどうかと思う。
★★山田牧場を過ぎると、県道66号線も狭くなる  ★パノラマコースより山田牧場を望む
1IMG_3345.jpg 2IMG_3351.jpg 3IMG_3353.jpg
★笠ヶ岳が姿を現す  ★10:20 峠の茶屋の前に駐車場がある  
★昼食を済まして出発準備をしていると、トレイルラン中の地元の方に話し掛けられる。車の改造や山の話で盛り上がる。
次はマイクロバスの運転手に話し掛けられて、なななか出発できない
4IMG_3357.jpg 5IMG_3358.jpg 6IMG_3361.jpg

★11:50 やっと出発できた  ★最初はなだらかな砂利道  ★次は丸太階段
1IMG_3362.jpg 2IMG_3364_20100921141451.jpg 3IMG_3366.jpg
★急な板階段になった  ★最後はぬかるんでいるが、一登りで頂上/生憎、展望は無し  
★12:40 雨が降り出したので、走り下りた
4IMG_3369.jpg 5IMG_3375.jpg 6IMG_3386.jpg

前山リフト駐車場
★★寸志で入れる野天風呂で一緒になった、岡山の I さんに車中泊できる場所を教えてもらう
★今夜は草津で泊まる予定だったので夕食の買い出しをしていなかった。ビールをご馳走になって、焼酎のオンザロック用の氷りも分けて戴いてお世話になりました/70才の I さんは、元高校の英語教師をなさっていた方
1IMG_3223.jpg 2IMG_3392.jpg 3IMG_3394_20100921143451.jpg
★綺麗な公衆トイレ  ★★下の方にはホテルが立ち並んで、適当に明るくて快適な車中泊場所
4IMG_3395.jpg 5IMG_3397.jpg 6IMG_3407.jpg



タグ :

8/3 雷滝へ

 2010-09-21
 県道66号線を志賀高原の方向にドライブ。途中で八滝、雷滝を見て笠ヶ岳に登る積もり。
沿線には秘湯が沢山あったので、又の機会に訪れたいと思った。

★★山田温泉にあるセンターの足湯はタオルも用意されている  ★下に公衆浴場の大湯がある/前に無料の足湯もがある
1IMG_3284.jpg 2IMG_3288_20100921113605.jpg 3IMG_3280.jpg
★★八滝は遠望しか出来ずにガッカリしたが、雷滝はどうだろう  ★大きな滝の音が聞こえてきた
4IMG_3295.jpg 5IMG_3296_20100921113603.jpg 6IMG_3299.jpg

★水量が多いので飛沫が舞い上がっている  ★別名「裏見の滝」  ★滝の裏を通って、展望台に下りる
1IMG_3301.jpg 2IMG_3303.jpg 3IMG_3337.jpg
★★岩が覆い被さっている  ★チョット洞窟の中に居るみたい
4IMG_3333.jpg 5IMG_3327.jpg 6IMG_3329_20100921114111.jpg
別館へ続く

タグ :

8/3 善光寺

 2010-09-21
★5:10 大勧進駐車場に停めて出発  ★三門へ  ★六地蔵
1IMG_3211_20100921092324.jpg 2IMG_3212.jpg 3IMG_3215.jpg
★★濡れ仏は、なんだか涙を流しているように見える  ★三門
4IMG_3258_20100921092323.jpg 5IMG_3259.jpg 6IMG_3217_20100921092321.jpg

★★本堂  ★5:37 お朝事(おあさじ)の前後には、住職が本堂を往復する際、参道にひざまずいていると、頭を数珠で撫でてくれる「お数珠頂戴」の儀式が受けられる
1IMG_3219.jpg 2IMG_3220.jpg 3IMG_3239.jpg
★内陣で「お朝事」に参詣する  ★★6:43 「お朝事」が終わり、お戻りになる
4IMG_3245_20100921092850.jpg 5IMG_3253.jpg 6IMG_3254.jpg

★三門の方へ去って行かれた  ★外陣より内陣を見る/手前左はびんずる尊者  ★外陣の閻魔王
1IMG_3256.jpg 2IMG_3229.jpg 3IMG_3243.jpg
★お戒壇めぐりは、真っ暗な回廊を手探りで通る  ★★何時までも山登りができます様に・・・・
4IMG_3246.jpg 5IMG_3221.jpg 6IMG_3257.jpg

★鐘楼     ★経蔵     ★仲見世通り
1IMG_3230_20100921093938.jpg 2IMG_3236.jpg 3IMG_3213.jpg
★仁王門  ★釈迦堂の釈迦涅槃像は、いつもは見れない  ★7:10 駐車場着/頭もなでてもらったし、お守りも買ったので、これからの旅も安心!
4IMG_3263.jpg 5IMG_3269.jpg 6IMG_3275.jpg

 



タグ :

8/2 根子岳

 2010-09-20
根子岳(2127m)     花の百名山    登り=1:15(四阿山より)  下り=1:15
 四阿山をピストンする積もりだったが、キレイな笹原が見えたので、根子岳経由で下山する事にした。
花百名山なので花も見られるかも分からないし、それに時間的にも余り変わらないみたい。

★8:20 綺麗な階段を下りる  ★分岐を右にとって  ★8:30 森の中へ入っていく
1IMG_3065.jpg 2IMG_3067.jpg 3IMG_3068.jpg
★★ぬかるみで滑る急坂で大変だった  ★9:00 悪路をやっと脱出した
4IMG_3075.jpg 5IMG_3076.jpg 6IMG_3078.jpg

★9:05 鞍部は風が通り抜けて涼しいので休憩する  ★快適に登っていく  ★四阿山は、頂上をなかなか現さない
1IMG_3084.jpg 2IMG_3091_20100920173438.jpg 3IMG_3093_20100920173437.jpg
★第一の岩は  ★9:30 左を巻いて、第二の岩も  ★左を巻く
4IMG_3097.jpg 5IMG_3100.jpg 6IMG_3104.jpg

★第三の岩は右側から登る  ★第四の岩は  ★下って基部を通過
1IMG_3106.jpg 2IMG_3111.jpg 3IMG_3112.jpg
★★第5、6、7も基部を行く  ★9:50 岩場を脱出
4IMG_3113_20100920173841.jpg 5IMG_3114.jpg 6IMG_3115.jpg

★次は左側が崖の道/斜面は花畑  ★頂上が見えてきた  ★9:55 頂上到着
1IMG_3116.jpg 2IMG_3119.jpg 3IMG_3123.jpg
★★10:20 若者で一杯になってきた/少し話をした根子岳さん、ブログ見てくれていますか?  
★10:40 また、若者の団体が登ってきた
4IMG_3133.jpg 5IMG_3136.jpg 6IMG_3161.jpg

下山
★10:55 頂上で1時間ほど居たので、そろそろ下山しようか  ★マツムシソウ  ★ヤナギラン
1IMG_3164.jpg 2IMG_3166.jpg 3IMG_3182.jpg
★★★花の道が続く/流石、花の百名山
4IMG_3188.jpg 5IMG_3191.jpg 6IMG_3195.jpg

★シラカバ林に入ると花は無くなる  ★駐車場が見えてきた  ★12:20 下山
1IMG_3196.jpg 2IMG_3208_20100920175646.jpg 3IMG_3209.jpg

景色と花
★左のピークが中四阿で、その右は花畑尾根  ★頂上手前の景色/後方は四阿山
1IMG_3139.jpg 2IMG_3149.jpg
★1時間ねばって、やっと見られた四阿山
3IMG_3160.jpg

1IMG_3167_20100920180206.jpg 2IMG_3187.jpg 3IMG_3207.jpg
タグ :

8/2 四阿山

 2010-09-20
四阿山(あずまやさん)2354m     百名山     登り=2:50 
登山口駐車場は標高1600mで涼しいし、車中泊の車は、他に1台だけで静かだったので、グッスリと眠れた。
ライトを点けて4:15分に登山口を出発した。

★4:45 デジカメ撮影可能時刻  ★★シラカバ林(ダケカンバ?違いが良く分からない)
1IMG_2934.jpg 2IMG_2944.jpg 3IMG_2945.jpg
★レンゲツツジの群生が続く  ★北アルプスが望めるのだが  ★5:35 小四阿/ここでビールタイム
4IMG_2947.jpg 5IMG_2953.jpg 6IMG_2957.jpg

★シラカバ林は続く  ★林層が変わってきた  ★左に方向が変わると開けた尾根道
1IMG_2962.jpg 2IMG_2975_20100920132731.jpg 3IMG_2989.jpg
★★★お花畑/実際はもっとキレイ
4IMG_2991_20100920132730.jpg 5IMG_2992.jpg 6IMG_2993.jpg

★ガスで霞んできた  ★★お花畑は、まだ続く
1IMG_2999.jpg 2IMG_3001.jpg 3IMG_3002.jpg
★前方のピークは中四阿かな?  ★斜面も花畑  ★ピークは右を巻いて行く
4IMG_3005.jpg 5IMG_3006.jpg 6IMG_3007.jpg

★6:40 このピークが中四阿だった/登ったが標識は無い  ★下る  ★鞍部の左は急なガレ場
1IMG_3014.jpg 2IMG_3018.jpg 3IMG_3020.jpg
★笹道を登る  ★左に根子岳が見えてきた  ★花道
4IMG_3022.jpg 5IMG_3023_20100920133432.jpg 6IMG_3029.jpg

★石畳     ★ガレ場     ★草原
1IMG_3036.jpg 2IMG_3037.jpg 3IMG_3041.jpg
★平坦道     ★7:25 根子岳分岐     ★キレイな階段
4IMG_3042.jpg 5IMG_3043.jpg 6IMG_3044.jpg

★頂上はもう直ぐみたい  ★★7:40 祠
1IMG_3047.jpg 2IMG_3049_20100920134515.jpg 3IMG_3050_20100920134514.jpg
★祠が三つも有る  ★5分くらい下ると、三角点がある  ★引き返すと、祠群の隅の端にひっそりと山頂標識が立っていた/好展望の山だが今日は何も見えません
4IMG_3051.jpg 5IMG_3053_20100920134513.jpg 6IMG_3060.jpg

咲いていた花
1IMG_2965.jpg 2IMG_2969.jpg 3IMG_2971.jpg

4IMG_2979.jpg 5IMG_2988.jpg 6IMG_3046.jpg
タグ :

8/1 黒斑山

 2010-09-19
黒斑山(くろふやま)2405m    花の百名山     登り=1:55
 浅間山から見た岩峰がどんなか、近くに行って確かめたくて登ることにした。それと、黒斑山から見た浅間山の山容、出来れば浅間山から昇る日の出も見てみたいという、欲張りな登山だったが・・・・・・・・!
★5:00 やっと写真が撮れる様になった/3:55分に駐車場を出発して賽の河原でビール飲んで再出発
★5:12 この階段を上がった所で日の出を待つ  ★5:28 変な所から朝日が出てきた
1IMG_2770_20100919150028.jpg 2IMG_2776.jpg 3IMG_2789.jpg
★シェルター  ★5:35 槍ヶ鞘  ★5:39 朝日と浅間山
4IMG_2793.jpg 5IMG_2798.jpg 6IMG_2801.jpg

★5:42 中コース分岐/登って来たのは表コース  ★5:50 トーミの頭  ★5:50 日の出に22分の遅れ/浅間山頂上からの朝日だったのに残念
1IMG_2810.jpg 2IMG_2832.jpg 3IMG_2822.jpg
★★★トーミの頭は好展望所なのだが、ガスで近くの景色しか見られない
4IMG_2824.jpg 5IMG_2831.jpg 6IMG_2830.jpg

★気を取り直して頂上に向かう  ★浅間山を映すモニターカメラ/映像はホテルのロビーで見られる  
★6:30 頂上/頂上を通過してJバンドから浅間山に向かう人が結構居た
1IMG_2837.jpg 2IMG_2839.jpg 3IMG_2842.jpg

下山
★賽の河原のコマクサ  ★駐車場は満車  ★クガイソウの群れる蝶
4IMG_2868.jpg 5IMG_2884.jpg 6IMG_2887.jpg

四阿山登山口へ
 今夜は道の駅で泊まる予定だったが、頂上で昨日四阿山に登ったという人に出会って「登山口には綺麗なトイレもあり、手前にはコンビニもあって快適に車中泊できる」と、聞いたので変更して向かうことにした。
★16:50 菅平高原はスポーツ合宿の学生で溢れている  ★事務所で入場料を支払う  ★直線道路を奥へ
1IMG_2902.jpg 2IMG_2904.jpg 3IMG_2905.jpg
★一番奥の駐車場に停める  ★登山口を確認  ★8月の初日も暮れていく
4IMG_2906.jpg 5IMG_2910.jpg 6IMG_2917.jpg
タグ :

7/31 浅間山

 2010-09-18
浅間山(前掛山)2524m    百名山・花の百名山     登り=3:20
 浅間山は平成18年9月から火口近く(500m)の前掛山まで登れるようになった。
それ以前は第一外輪山の黒斑山までしか登れなかったらしい。(第二外輪山は前掛山で、第三外輪山は火口縁)
 現在も盛んに、噴煙を吹き上げている活火山ので、興味津々。

★5時前なのに駐車場は既に満車状態  ★5:15 出発  ★作業道をしばらく歩く
1IMG_2447.jpg 2IMG_2450.jpg 3IMG_2453.jpg
★長い杖を持っているのは信者さんだろうか  ★5:45 一ノ鳥居  ★直ぐに丸太橋
4IMG_2459.jpg 5IMG_2460.jpg 6IMG_2461.jpg

★沢沿いの道は気持ち良い  ★6:00 不動滝はイマイチ  ★6:05 二ノ鳥居
1IMG_2464.jpg 2IMG_2466_20100918135704.jpg 3IMG_2472.jpg
★凄い岩峰が左上に迫ってくる  ★右下は大庭園  ★歩きやすい道
4IMG_2478.jpg 5IMG_2481.jpg 6IMG_2489.jpg

★右には牙山もそそり立っている  ★ツリガネニンジンがいっぱい咲いている  ★7:00 火山を感じる道
1IMG_2496_20100918140210.jpg 2IMG_2497_20100918140209.jpg 3IMG_2500.jpg
★赤い岩肌が濡れて綺麗  ★7:05 火山館  ★岩峰を眺めながらビールタイム
4IMG_2502.jpg 5IMG_2506.jpg 6IMG_2508.jpg

★7:15 神社にお参りして再出発  ★チョットした花畑  ★7:25 草すべり分岐/超急坂の登山道が見える
1IMG_2510.jpg 2IMG_2517.jpg 3IMG_2519.jpg
★気持ちの良い道が続く  ★7:40 Jバンド分岐  ★浅間山が姿を現した
4IMG_2522_20100918140830.jpg 5IMG_2524.jpg 6IMG_2527.jpg

★なだらかな山  ★7:50 森林限界  ★7:55 若い一人の女性が下山してきたのでビックリ/聞くと、昨夜の11時から登ったらしい。その後、12時から登ったと言う、親子にも出会った。
1IMG_2534_20100918142512.jpg 2IMG_2539.jpg 3IMG_2543.jpg
★第一外輪山の右端  ★ガスが沸いてきた  ★登山道にもガスが迫ってきた
4IMG_2546.jpg 5IMG_2550_20100918142508.jpg 6IMG_2553.jpg

★8:40 立入禁止の看板に着く頃にはガスも取れてラッキー  ★シェルターと前掛山  ★シェルター
1IMG_2561.jpg 2IMG_2565_20100918143000.jpg 3IMG_2567_20100918142959.jpg
★頂上まで、もう少し  ★9:10 頂上  ★火口がなんとかカメラに納まった
4IMG_2572.jpg 5IMG_2578.jpg 6IMG_2592.jpg

下山
★9:40 遠望が利かないので、食事を摂って下山開始  ★★前掛山から見ていると、沢山の人が火口に登っていた
1IMG_2603.jpg 2IMG_2610.jpg 3IMG_2613_20100918143852.jpg
★禁止看板より15分で火口着  ★前掛山から、光る物が見えていたが、ソーラーパネルだった  ★測定器やカメラの電源みたい
4IMG_2614.jpg 5IMG_2620.jpg 6IMG_2623.jpg

★★★火口が段々と見えてきた。続きの画像は別館にアップ/小諸市の空撮映像はこちら 
1IMG_2626.jpg 2IMG_2627.jpg 3IMG_2630.jpg
★火口壁から前掛山   ★★急坂も終わり、後はのんびりと下るだけ
4IMG_2645_20100918144627.jpg 5IMG_2654_20100918144627.jpg 6IMG_2665.jpg

★休憩した沢で偶然、レンゲショウマの蕾を発見。付近を散策すると咲いていて超嬉しかった  ★最後がこんな道だと、本当に楽  ★14:50 楽しかった登山も終了/見る物も一杯あって、ホントに良い山。これで遠望が利けば、なお最高
【金峰山の後ろに富士山、その隣りに八ヶ岳連峰、その右に木曽駒ヶ岳、御嶽山、乗鞍岳、さらに右に北アルプスが端から端まで、さらに右には妙高の山並み、目前に四阿山、白根山など、そうそうたるメンバーらしい】
1IMG_2697_20100918150104.jpg 2IMG_2751.jpg 3IMG_2752.jpg
別館へ続く
タグ :

7/30 高峰山

 2010-09-16
高峰山(2106m)    花の百名山   登り=0:45
 今日は浅間山に登る積もりだったが、早朝に雨が降りだしたので中止した。
花の百名山で簡単に登れる高峰山に花を見に行ったのだが・・・・・!

★8:35 車坂峠から少し行くと登山口の標識がある  ★10分くらい登ると尾根歩きになってきた  ★分岐標識を左へ
1IMG_2376.jpg 2IMG_2381.jpg 3IMG_2389.jpg
★分岐からは快適な道  ★大岩の右を通過  ★余りにもあっけなく頂上に着いてしまった
4IMG_2392.jpg 5IMG_2393_20100916215053.jpg 6IMG_2399.jpg

★9:20 頂上標識は左の少し高い所にある  ★下山は直進して温泉口へ  ★本日、初めての展望
1IMG_2400.jpg 2IMG_2420.jpg 3IMG_2425.jpg
★10:45 下山口の手前にヤナギランの群生地があった  ★下界は暑いので、ビール飲んで昼寝して、花の散策などして時間を潰す  ★16:05 そろそろ良い時刻になってきたので道の駅に向かう
4IMG_2426.jpg 5IMG_2445.jpg 6IMG_2446.jpg

★★★時季は悪いにしても、山には殆ど花は無かった/花百名山は間違いではないだろうか????
1IMG_2411_20100916220535.jpg 2IMG_2412.jpg 3IMG_2418.jpg
★★★林道沿いの方が、はるかに花が多い
4IMG_2438.jpg 5IMG_2442_20100916220532.jpg 6IMG_2444.jpg
タグ :

7/29 湯ノ丸高原他

 2010-09-16
 信州に来て10日目になるが、初めての雨降り。

百体観音石造町石
 東御市の新張から旧鹿沢温泉までの12kmの間、安全に温泉に到ることを願って、観音像をたて、湯治にかよう人々の道しるべにしたもの。
★★★第一番 如意輪観音
1IMG_2215.jpg 2IMG_2217.jpg 3IMG_2216.jpg
★★★第五十番 馬頭観音
4IMG_2221_20100916165839.jpg 5IMG_2223.jpg 6IMG_2225.jpg

★第八十番 十一面観音(湯ノ丸高原駐車場)  ★★第百番 千手観音(鹿沢温泉)
1IMG_2235.jpg 2IMG_2241.jpg 3IMG_2243.jpg
★鹿沢温泉は千年以上の歴史があり、昔は栄えたらしい  ★★ピンクのコマクサはよく見るが、紅色と白は初めて
4IMG_2254.jpg 5IMG_2257.jpg 6IMG_2246.jpg

池の平湿原
★雨が降っているのに、車が結構多い  ★長靴と傘のスタイルで出発  ★先ずはクルマユリがお出迎え
1IMG_2272.jpg 2IMG_2274.jpg 3IMG_2276_20100916171015.jpg
★池も霞んでいる  ★アヤメの群生も有るみたいだが  ★ワレモコウ
4IMG_2281.jpg 5IMG_2322.jpg 6IMG_2288.jpg

★ツリガネニンジン  ★オダマキ  ★マツムシソウ
1IMG_2328.jpg 2IMG_2318.jpg 3IMG_2289_20100916171310.jpg
★コマクサ園へは坂道を上がる  ★★コマクサは頑丈な檻の中
4IMG_2297.jpg 5IMG_2304.jpg 6IMG_2310.jpg
キレイだった高峰高原は別館へ
タグ :

7/28 美ヶ原

 2010-09-16
美ヶ原(2034m)     百名山    往き=1:15    帰り=1:00
 美ヶ原は百名山にしては珍しい、登らない山。名山で無くて名高原だと話は分かるのだが!
今日は霞んで遠くが見られなかったが、のんびりとアルプスを眺めながら歩くと良いかも・・・・!?

★★★7:25 ビーナスラインドライブ/この前は土曜日で車が多かったが、今日はのんびり走れる
1IMG_2094.jpg 2IMG_2101.jpg 3IMG_2121.jpg
★ビーナスラインからの展望
4IMG_2108.jpg 5IMG_2127.jpg 6IMG_2128.jpg

★9:05 美ヶ原着/異様な所に来てしまった  ★10:05 山本小屋を出発  ★フウロが群生している
1IMG_2130.jpg 2IMG_2135.jpg 3IMG_2141.jpg
★美しの塔   ★牛よりか、馬の方が風景に合う   ★頂上が近づく
4IMG_2147.jpg 5IMG_2148.jpg 6IMG_2151.jpg

★バスが通るので雰囲気が台無し  ★王ヶ頭ホテルとアンテナ群  ★10:55 頂上は小学生に占領されている
1IMG_2152.jpg 2IMG_2154.jpg 3IMG_2160.jpg
★王ヶ鼻に向かう   ★★チョットしたお花畑がある
4IMG_2162.jpg 5IMG_2167.jpg 6IMG_2183.jpg

★11:30 王ヶ鼻    ★石仏群    ★南面は切り立っている
1IMG_2185.jpg 2IMG_2189.jpg 3IMG_2195.jpg
★王ヶ頭も結構、切り立っている  ★13:05 山本小屋のミソラーメンはイマイチ  ★黒百合は家でも育つのだろうか
4IMG_2198_20100916120635.jpg 5IMG_2213.jpg 6IMG_2214.jpg

咲いていた花
1IMG_2165.jpg 2IMG_2171.jpg 3IMG_2182.jpg

4IMG_2200.jpg 5IMG_2202.jpg 6IMG_2203_20100916120956.jpg

7IMG_2204.jpg 8IMG_2205.jpg 9IMG_2206.jpg
タグ :

7/25~28 白樺湖

 2010-09-16
 4日間、車中泊した白樺湖畔は快適な所。
標高が1400mくらいなので、暑くもなく寒くもなくて、丁度の気温。
入口にローソンがあり、R152号線を10kmくらい下ると、セブンイレブンと新しくて大きなAコープもある。
温泉も幾つかあり、日の出と夕日も見られて、湖畔の散歩もできる。


25日/夕焼け
1IMG_1733.jpg 2IMG_1732.jpg

3IMG_1728.jpg 4IMG_1730.jpg

27日/朝日
1IMG_1956.jpg 2IMG_1957.jpg

28日/朝焼け
1IMG_2085_20100916094536.jpg 2IMG_2088.jpg

天然水
1IMG_1719.jpg 2IMG_1720.jpg
湖畔の花
3IMG_2089.jpg 4IMG_2087.jpg
タグ :

7/27 北横岳

 2010-09-15
北横岳(2480m)    登り=1:00(ロープウェイ山頂駅より)
 ピラタス蓼科ロープウェイを利用すると、山麓駅(1771m)から山頂駅(2237m)まで一気に標高差466mを登ってくれる。それから、頂上まで243mは自分の足で登ります。
今日で蓼科、八ヶ岳方面は最終日なので、のんびりと過ごす積もり。

★道路脇で大きな看板を発見/高山植物の宝庫 花の展望台と書いてある  
★★展望もイマイチだし、花は花壇に少し咲いているだけでガッカリ
1IMG_1961.jpg 2IMG_1967.jpg 3IMG_1972_20100915213944.jpg
★道路沿いで綺麗な岩清水が流れている  
★★ロープウェイはもう少しで出るみたいだが、雲行きが悪いので様子を見ることにする
4IMG_1977.jpg 5IMG_1982.jpg 6IMG_1989.jpg

★★★登山道を散策したり、コーヒーを飲んだりして時間を潰す  
1IMG_1985.jpg 2IMG_1986.jpg 3IMG_1987.jpg
★★★天気が良くなりそうなので、10時のロープウェイに乗る
4IMG_1990.jpg 5IMG_1992.jpg 6IMG_2002.jpg

★★★すっかり観光気分で坪庭を散策する
1IMG_2006.jpg 2IMG_2011.jpg 3IMG_2012.jpg
★所々に休憩所もある  ★花に期待していたが、写したのはこの一輪だけ  ★整備された綺麗な遊歩道から登山道へ
4IMG_2013.jpg 5IMG_2005_20100915214830.jpg 6IMG_2016.jpg

★橋を渡ると  ★★本格的な山道になる
1IMG_2017.jpg 2IMG_2018.jpg 3IMG_2020.jpg
★革靴ではチョットしんどいかも  ★A級コースの三ツ岳への分岐  ★ヒュッテ前を通過
4IMG_2023.jpg 5IMG_2024.jpg 6IMG_2026_20100915215355.jpg

★北横岳南峰  ★水平道を10分ほどで  ★11:20 北峰頂上
1IMG_2029.jpg 2IMG_2034.jpg 3IMG_2035_20100915215851.jpg
★頂上が三叉路になっている/風が強いので休憩場所を求めて進む  ★★展望休憩所を発見/食事をして1時間ほど、のんびり過ごす
4IMG_2036.jpg 5IMG_2043.jpg 6IMG_2039.jpg

帰路
★縞枯れ/全体が枯れず、縞状に枯れて世代交代をするらしい  ★時間がたっぷりあるので縞枯山荘へ/リンゴジュースを飲んだがイマイチ  ★山荘の奥へ散策に
1IMG_2065.jpg 2IMG_2070.jpg 3IMG_2072.jpg
★雨池峠/雨池山への登山道を少し登ったが、花は無かった  ★山頂駅の2階で写真展を見学/眺望の丘で撮影
★14:40 ロープウェイの乗客になりました
4IMG_2073.jpg 5IMG_2076.jpg 6IMG_2080.jpg
別館へ続く



タグ :

7/26 天狗岳(北八ヶ岳)

 2010-09-15
天狗岳(2645.8m)    二百名山    登り=3:00    下り=2:40
 天狗岳は変化に富んだ山で、展望も良さそうなので登ることにした。
それに唐沢鉱泉の源泉地と光苔も見たかったし、温泉にも入ってみたかった。
温泉はイマイチだったが、他は想像通りで良かった。

★簡易トイレの手前に広い駐車場があるが、今日は1台も停まっていない  ★唐沢鉱泉  ★右折して
1IMG_1737.jpg 2IMG_1739.jpg 3IMG_1741.jpg
★しゃくなげ橋を渡る  ★5:15 薄暗い森に入っていく  ★苔むして湿気が多い
4IMG_1743.jpg 5IMG_1746.jpg 6IMG_1752.jpg

★石道もあるが、全体的には歩きやすい  ★6:10 尾根に出る  ★広い尾根道
1IMG_1754_20100915143603.jpg 2IMG_1755.jpg 3IMG_1758_20100915143602.jpg
★中央アルプスや  ★赤岳が見えてくると  ★7:15 第一展望台/景色を見ながらビールタイム
4IMG_1759.jpg 5IMG_1760.jpg 6IMG_1780.jpg

★朝露に濡れながら進む   ★★しかしこんな道は大好き
1IMG_1789.jpg 2IMG_1790.jpg 3IMG_1792_20100915143926.jpg
★8:05 第二展望所/前方は目指す西天狗岳  ★岩にペンキマークが一杯見える  ★勾配も緩くなってきた
4IMG_1826.jpg 5IMG_1829.jpg 6IMG_1830.jpg

★9:10 頂上/東天狗岳から登ってきた御夫婦が、凄い風だったと言っていたので、早いが食事にする  
★これが東天狗岳  ★ホシガラス
1IMG_1837.jpg 2IMG_1841.jpg 3IMG_1859.jpg
★下って登り返す  ★★9:55 聞いた通り強風が吹き荒れている
4IMG_1864.jpg 5IMG_1865.jpg 6IMG_1869.jpg

★風が強いので通過する  ★左は切り立っている  ★ここまで来て、道違いに気付く/赤岳への縦走路だった
1IMG_1874.jpg 2IMG_1876.jpg 3IMG_1881.jpg
★10:20 私が向かうのは中山峠/25分のロス  ★天狗岩に向けて進む  ★天狗岩は左を巻いて下る
4IMG_1885.jpg 5IMG_1886.jpg 6IMG_1887_20100915145241.jpg

★★なかなか良い眺め  ★分岐は御夫婦に教えてもらった中山峠へ  
1IMG_1888.jpg 2IMG_1889.jpg 3IMG_1891.jpg
★10:55 岩道を行く  ★歩きやすくなった  ★11:10 中山峠
4IMG_1896.jpg 5IMG_1897.jpg 6IMG_1900.jpg

★中山峠は十字路/御夫婦は「みどり池」コースからと言っていた  ★11:25 黒百合ヒュッテ/何故だかビールは飲まなかった  ★11:40 超、歩きにくい道
1IMG_1902.jpg 2IMG_1905.jpg 3IMG_1908.jpg
★12:00 まだまだ続く  ★13:10 幾分、歩きやすくなった  ★13:40 この橋を渡れば、作業道を歩いて唐沢鉱泉までは直ぐ
4IMG_1911.jpg 5IMG_1916.jpg 6IMG_1931.jpg
別館へ続く
タグ :

7/25 蓼科山

 2010-09-14
蓼科山(2530m)    百名山    登り=1:50   下り=1:25
 蓼科山は八ヶ岳連峰の北の外れにある独立峰。
登ったコースは密生した樹林帯の中のゴロゴロ石道で、展望もないし花も無くて見る物は何も無い。
今日は天気が良くて、頂上での展望が楽しめたので良かったが・・・・・・・。
下山すると大型バスが停まっていたので、聞くと双子山から双子池の周回コースに行ったらしい。
他の人も、こちらから下りてきたので、人気があるみた。

★4:50 朝焼け  ★車が多いと思ったら、今日は日曜日だった  ★5:25 支度をして出発
1IMG_1568.jpg 2IMG_1580.jpg 3IMG_1582.jpg
★山小屋の前を通って  ★登山道に入って行く  ★浮いたゴロゴロ石道が段々と急になっていく
4IMG_1583.jpg 5IMG_1586.jpg 6IMG_1589.jpg

★6:10 水平道になってもゴロゴロ石道  ★頂上が見えてきた  ★6:30 少し歩き易くなった
1IMG_1590.jpg 2IMG_1593.jpg 3IMG_1600_20100914151031.jpg
★丸い大きな山容  ★6:55 蓼科山荘  ★山荘から少し上がると大岩の急坂
4IMG_1603.jpg 5IMG_1605.jpg 6IMG_1610.jpg

★後方に浅間山や  ★北アルプスの北端が見えてきた  ★左に回り込むと
1IMG_1612.jpg 2IMG_1620.jpg 3IMG_1622.jpg
★八ヶ岳連峰も見えてくる  ★程なく山頂ヒュッテ  ★頂上標識が見えてきた
4IMG_1623.jpg 5IMG_1624.jpg 6IMG_1626.jpg

★7:35 頂上/360度の展望でどの山から見るか迷ってしまう  ★前方に人が見える  ★展望台の上に
1IMG_1627.jpg 2IMG_1642.jpg 3IMG_1701.jpg
★山名板があった/食事をして1時間余り、大展望を楽しんだ  ★三角点から外周を歩いて来たが、帰りは真ん中を行く/ペンキマークもあって歩きやすかった  ★中央に祠がある
4IMG_1669_20100914151912.jpg 5IMG_1702.jpg 6IMG_1703.jpg
別館へ続く
タグ :

7/24 白樺湖

 2010-09-13
 白樺湖畔の温泉(すずらんの湯)に入って「霧の駅」まで引き返して、車中泊する積もりだったが、湖畔に良い車中泊場所がありラッキーだった。
★★ビーナスラインより白樺湖と蓼科山
1IMG_1537.jpg 2IMG_1538.jpg
★★★白樺湖も奥の方に行けば静か
3IMG_1539.jpg 4IMG_1540.jpg 5IMG_1543.jpg

★湖の中にある噴水  ★カヌーを楽しむ人  ★絵を描いている人でのんびりとしている
1IMG_1544.jpg 2IMG_1545.jpg 3IMG_1546.jpg
★女性の好きそうなお店も並んでいる  ★木道の遊歩道もある  ★夕暮れが迫ってきました
4IMG_1548.jpg 5IMG_1552_20100913185654.jpg 6IMG_1555_20100913185653.jpg

★★★白樺湖の夕景
1IMG_1560.jpg 2IMG_1558.jpg 3IMG_1562.jpg
タグ :

7/24 八島ヶ原湿原

 2010-09-13
 車山の散策が終わって、八島ヶ原湿原へ向かう。
★8:00 今日は土曜日なので混雑を心配したが、まだ早い時間なので駐車場も空いている  ★凄い花の数  ★ベニバナシャクヤクは一度は見たい花/近ければ花期に来たいのに・・・・
1IMG_1428_20100913180416.jpg 2IMG_1430.jpg 3IMG_1439.jpg
湿原の全景
全景
★木道が敷かれている  ★★池塘や池もある
4IMG_1453.jpg 5IMG_1464_20100913180755.jpg 6IMG_1473.jpg

★★右の遊歩道にヤナギランの群生地がある/まだ早かった  ★駐車場に戻ると満車になっていた/後方の山は鷲ヶ峰(1798m)で諏訪湖が一望できるらしい
1IMG_1497.jpg 2IMG_1499_20100913181251.jpg 3IMG_1483_20100913181250.jpg
★★★「池のくるみ」と呼ばれている踊場湿原(おどりば)はイマイチ
4IMG_1520.jpg 5IMG_1524.jpg 6IMG_1530.jpg
別館へ続く

タグ :

9/13 牧野植物園

 2010-09-13
 久し振りの植物園は、入園者が殆ど居なくてひっそりとしていた。
☆☆オミナエシ
1DSC05736.jpg 2DSC05752.jpg

☆ヒメノボタン     ☆ヒメハッカ
3DSC05771.jpg 4DSC05778.jpg

☆オニバス      ☆
5DSC05799.jpg 6DSC05788.jpg

☆☆温室にて
7DSC05801.jpg 8DSC05803.jpg
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫