6/24~7/12 長野の温泉

 2011-09-30
6/24 御牧乃湯  浅間山  道の駅みまき併設
★玄関  ★暖簾  ★有料ロッカー
01IMG_4132.jpg 02IMG_4133.jpg 03IMG_4134.jpg
★内風呂  ★洗い場  ★水風呂
04IMG_4135.jpg 05IMG_4136.jpg 06IMG_4137.jpg

6/25 紅葉館  湯ノ丸山  群馬県嬬恋村(旧鹿沢温泉)
★明治2年創業  ★日本秘湯を守る会  ★階段を下りる
07IMG_4139.jpg 08IMG_4140.jpg 09IMG_4142.jpg
★源泉掛け流し(自然重力)  ★壁のレリーフが神秘的  ★うたせ湯
10IMG_4145.jpg 11IMG_4146.jpg 12IMG_4148.jpg

2/26 黒姫アルティホテル  黒姫高原
★玄関  ★脱衣  ★内風呂
01IMG_4149.jpg 02IMG_4152.jpg 03IMG_4154.jpg
★内風呂  ★洗い場  ★黒姫山が真正面
04IMG_4155.jpg 05IMG_4156.jpg 06IMG_4158.jpg

6/30 ぽかぽかランド美麻の湯  虫倉山  大野市
★道の駅に併設  ★内風呂・寝湯  ★洗い場
07IMG_4167.jpg 08IMG_4172.jpg 09IMG_4173.jpg
★ジャグジー風呂  ★サウナ・水風呂  ★露天風呂
10IMG_4174.jpg 11IMG_4175.jpg 12IMG_4176.jpg

7/1 深山の湯  道の駅おたり併設
★ここで料金を払う  ★下足入れ  ★脱衣洗面
01IMG_4178.jpg 02IMG_4180.jpg 03IMG_4183.jpg
★内風呂  ★★内風呂(熱湯)
04IMG_4184.jpg 05IMG_4187.jpg 06IMG_4188.jpg

★寝湯・ぬる湯・水風呂  ★★露天風呂
07IMG_4190.jpg 08IMG_4191.jpg 09IMG_4193.jpg

7/3 天神の湯  白馬村
★ハイランドホテル  ★入り口  ★内風呂
01IMG_4195.jpg 02IMG_4197.jpg 03IMG_4200.jpg
★洗い場  ★サウナ  ★展望露天風呂
04IMG_4201.jpg 05IMG_4202.jpg 06IMG_4204.jpg

7/4 十郎の湯  白馬村
★玄関  ★内風呂  ★半露天風呂
07IMG_4206.jpg 08IMG_4210.jpg 09IMG_4211.jpg

7/5 みみずくの湯  白馬村
★外観  ★洗い場  ★内風呂
01IMG_4214.jpg 02IMG_4218.jpg 03IMG_4219.jpg
★洗い場  ★露天風呂  ★北アルプス展望
04IMG_4226.jpg 05IMG_4223.jpg 06IMG_4221.jpg

7/6 おびなたの湯  白馬岳  白馬村
★小さな建物  ★木橋  ★下足入れ(寸志の露天風呂を思い出した)
07IMG_4227.jpg 08IMG_4228.jpg 09IMG_4229.jpg
★★露天風呂。岩肌を流れ落ちている  ★手造りの洗い場
10IMG_4230.jpg 11IMG_4232.jpg 12IMG_4231.jpg

7/7 上原の湯  鍬ノ峰・爺ヶ岳・針ノ木岳  大町市
65才以上は250円で、安いので何回もお世話になった
01IMG_4233.jpg 02IMG_4234.jpg 03IMG_4235.jpg

04IMG_4236.jpg 05IMG_4237.jpg

7/10 やすらぎの湯  独鈷山  長和町(道の駅マルメロの駅ながと併設)
★車が沢山  ★暖簾  ★脱衣
1IMG_4238.jpg 2IMG_4241.jpg 3IMG_4243.jpg
★★内風呂  ★水風呂・ジェットシャワー
4IMG_4245.jpg 5IMG_4251.jpg 6IMG_4249_20110930143908.jpg

★うたせ湯  ★露天風呂  ★釜風呂
7IMG_4250.jpg 8IMG_4248.jpg 9IMG_4246.jpg

7/11 音無しの湯  車山  茅野市
★玄関  ★畳の廊下  ★内風呂
1IMG_4252.jpg 2IMG_4253.jpg 3IMG_4255.jpg
★洗い場  ★露天風呂  ★桶風呂
4IMG_4256.jpg 5IMG_4257_20110930144720.jpg 6IMG_4258.jpg

★桶風呂  ★★渓流テラス(アブが居ないと良いがなあ)
7IMG_4262.jpg 8IMG_4264.jpg 9IMG_4265.jpg

7/12 ホテル山幸閣  甲斐駒ケ岳  白樺湖畔
 埼玉のおじさんに割引券を貰ったので400円で入れた。
★玄関  ★脱衣  ★内風呂
1IMG_4275.jpg 2IMG_4268.jpg 3IMG_4269.jpg
★洗い場が沢山ある  ★露天風呂  ★大小の釜風呂
4IMG_4270.jpg 5IMG_4272.jpg 6IMG_4271.jpg
スポンサーサイト
タグ :

5/31~6/21 甲信方面の温泉

 2011-09-30
5/31 片倉館温泉  守屋山  長野県諏訪市
★温泉とは思えない建物  ★玄関ホール  ★コインロッカー50円は何と中途半端な
01IMG_3979.jpg 02IMG_3983.jpg 03IMG_3986.jpg
★コインロッカー  ★脱衣洗面  ★良い雰囲気
04IMG_3987.jpg 05IMG_3990.jpg 06IMG_3988.jpg

★大きな浴槽  ★彫刻がある洗い場  ★休憩所
07IMG_3992.jpg 08IMG_3993.jpg 09IMG_3996.jpg
温泉から少し歩くと、諏訪湖畔で公園になっている。景色を見ながら昼食
10IMG_4014.jpg 11IMG_3997.jpg 12IMG_4001.jpg

6/1 つたの湯  日向山  道の駅信州蔦木宿併設
★道の駅プロムナード  ★食事と温泉セットの天丼1200円注文  ★内風呂
01IMG_4021.jpg 02IMG_4020.jpg 03IMG_4017.jpg
★サウナと水風呂  ★露天風呂  ★天丼
04IMG_4018.jpg 05IMG_4019.jpg 06IMG_4022.jpg

6/4 大菩薩の湯  山梨県甲州市
★番所みたい  ★玄関  ★受付ロビー
07IMG_4023.jpg 08IMG_4024.jpg 09IMG_4026.jpg
★脱衣  ★浴室は大混雑
10IMG_4027.jpg 11IMG_4028.jpg

6/5 笛吹の湯  大菩薩嶺  山梨県山梨市
★玄関  ★入り口  ★脱衣洗面
01IMG_4030.jpg 02IMG_4031.jpg 03IMG_4032.jpg
★内風呂・露天風呂
04IMG_4033.jpg

6/7 花かげの湯  乾徳山  山梨県山梨市
★玄関  ★受付  ★脱衣
05IMG_4034.jpg 06IMG_4035.jpg 07IMG_4037.jpg
★洗面  ★内風呂・露天風呂・サウナ
08IMG_4039.jpg 09IMG_4038.jpg

6/8 ゆ~ぷるにらさき  山梨県韮崎市
★凄い建物  ★下足箱も凄い数  ★脱衣ロッカーも
1IMG_4040_20110930070706.jpg 2IMG_4041.jpg 3IMG_4043.jpg
★内風呂  ★天井が高くて気持ち良い  ★内風呂は何種類もある
4IMG_4044.jpg 5IMG_4046_20110930070703.jpg 6IMG_4047.jpg

★サウナも高温と低温の2種類  ★露天風呂  ★水着があれば温泉プールも利用できる
7IMG_4048.jpg 8IMG_4049.jpg 9IMG_4050.jpg

6/9 増富ラジウム温泉  茅ヶ岳・金峰山  山梨県北杜市
★玄関  ★ロビー  ★貴重品ロッカー
1IMG_4053.jpg 2IMG_4055.jpg 3IMG_4056.jpg
★脱衣  ★浴室入り口  ★洗い場とサウナ
4IMG_4057.jpg 5IMG_4058.jpg 6IMG_4059.jpg

★★浴槽が多くて、どれに入って良いか分からない  ★半露天風呂
7IMG_4060.jpg 8IMG_4061.jpg 9IMG_4062.jpg

6/13 延命の湯  入笠山  道の駅こぶちざわ併設
★玄関  ★下足箱(番号を忘れると大変)  ★脱衣
01IMG_4064.jpg 02IMG_4065.jpg 03IMG_4067.jpg
★浴室  ★露天風呂
04IMG_4068.jpg 05IMG_4070_20110930072321.jpg

6/14 たかねの湯  横岳  山梨県北杜市(市営温泉)
★市内の人は300円なので満車  ★★浴室
06IMG_4071.jpg 07IMG_4074.jpg 08IMG_4075.jpg

6/15 アクアリゾート天女の湯  山梨県北杜市清里
★入り口  ★下足箱  ★脱衣
01IMG_4077.jpg 02IMG_4078.jpg 03IMG_4080.jpg
★洗面  ★洗い場  ★サウナ・水風呂
04IMG_4083.jpg 05IMG_4082.jpg 06IMG_4084.jpg

★内風呂  ★露天風呂
07IMG_4081.jpg 08IMG_4086.jpg

6/18 滝見の湯  甲武信ヶ岳  長野県南相木村
★玄関  ★洗面脱衣  ★サウナ
01IMG_4087.jpg 02IMG_4090.jpg 03IMG_4091.jpg
★内風呂  ★露天風呂  ★うたせ湯・洗い場
04IMG_4092.jpg 05IMG_4093.jpg 06IMG_4095.jpg

6/20 権現の湯  長野県立科町(町営
★玄関  ★ロビー  ★貴重品ロッカー
07IMG_4096.jpg 08IMG_4097.jpg 09IMG_4100.jpg
★脱衣  ★展望風呂  ★露天風呂
10IMG_4101.jpg 11IMG_4102.jpg 12IMG_4103.jpg

6/21 荒船の湯  荒船山  群馬県下仁田町
★玄関  ★下足箱  ★有料ロッカー
01IMG_4106.jpg 02IMG_4107.jpg 03IMG_4109.jpg
★脱衣洗面  ★内風呂  ★気泡風呂
04IMG_4116.jpg 05IMG_4110.jpg 06IMG_4111.jpg

★サウナ  ★★露天風呂
07IMG_4115.jpg 08IMG_4113.jpg 09IMG_4114.jpg

6/22 みょうぎの湯  妙義山  群馬県妙義町
★玄関  ★内風呂  ★洗い場
10IMG_4117.jpg 11IMG_4131.jpg 12IMG_4127.jpg
★露天風呂  ★ロビー  ★テラス
13IMG_4128.jpg 14IMG_4120.jpg 15IMG_4121.jpg
タグ :

8/7 石鎚山

 2011-09-29
8/6 前日
 蒜山ICを早朝に発ったので、今日、石鎚に登って家に帰れると思ったが、四国は雨だった。
★17:30 土小屋での車内温度は23℃  ★駐車場には誰も居ない  ★石鎚山は雲の中だが瀬戸内海は見える
1IMG_3255.jpg 2IMG_3256.jpg 3IMG_3257_20110929142100.jpg

8/7 石鎚山
 朝2時に目覚ましをセットして、星が出ていれば早朝登山して、ご来光を拝むことにする。
★4:40 瀬戸内海方面  ★5:00 朝焼けと石鎚  ★瀬戸内海の島が良く見える
01IMG_3274.jpg 02IMG_3292.jpg 03IMG_3307.jpg
★5:10 朝焼け  ★5:15 石鎚と雲海  ★5:30 日の出はダメだった
04IMG_3314.jpg 05IMG_3320.jpg 06IMG_3334.jpg

★朝のお勉め  ★北壁  ★岩壁に咲くユリ
07IMG_3351.jpg 08IMG_3354.jpg 09IMG_3365.jpg
★好きな景色  ★10:15 スカイラインの展望台より石鎚山  ★御来光の滝は水量が多い
10IMG_3371.jpg 11IMG_3392.jpg 12IMG_3381.jpg

お花
1PICT3848.jpg 2PICT3870.jpg 3PICT3879.jpg
タグ :

8/5 大山寺

 2011-09-29
 今日は高速道路休日50%割引待ちで、中蒜山にでも登ろうかと思っていたが、しんどくなったので止める。
23℃と涼しい大山山麓でのんびりと休養することにした。大山は3回目だが、大山寺にまだお参りをしたことがないので、散歩がてら出掛けることにした。

★夏休みなので子供連れの登山者が多い  ★大山寺入り口  ★手水鉢
01IMG_3225.jpg 02IMG_3232.jpg 03IMG_3234.jpg

★山門  ★★仁王様
04IMG_3233.jpg 05IMG_3235.jpg 06IMG_3236.jpg

★お寺には、階段は付き物  ★鐘楼  ★本堂
07IMG_3238.jpg 08IMG_3242.jpg 09IMG_3243.jpg

★車でゴロゴロしている人が、私の他にも2人居る  ★移動開始。今日の大山は頂上付近はガスっている
★大山山麓道路をドライブしながら、今夜の泊地「道の駅風の家」に向かっています
10IMG_3249.jpg 11IMG_3250.jpg 12IMG_3253.jpg
タグ :

8/4 三鈷峰

 2011-09-28
三鈷峰(さんこほう)1516m   鳥取県大山町    登り=3:00
 大分昔に、大山ユートピアのお花畑の写真を見て、一度行ってみたいと思っていた。山並みをバックにクガイソウとシモツケソウが咲き乱れて綺麗だった。
去年も信州山旅の帰りに行く積りだったけど、地図も持ってなかったし、早朝だったので分岐を見過ごして、弥山に登ってしまった。今日は、そのリベンジでもある

★5:55 この方向からの大山は初めて  ★6:50 下山(しもやま)駐車場にデポして出発。去年、工事中だった歩道境界フェンスが完成している  ★7:20 奥宮に参拝
01IMG_2963.jpg 02IMG_2965.jpg 03IMG_2973.jpg
★7:30 分岐:今日は明るいし、地図も持っているので大丈夫  
★8:10 急坂を登って下宝珠越  ★尾根に出ればルンルン歩きと思ったけど、登り坂
04IMG_2975.jpg 05IMG_2983.jpg 06IMG_2985.jpg

★狭い道で、木が覆い歩きにくい  ★8:50 中宝珠越  ★ロープ場
07IMG_2988.jpg 08IMG_3000.jpg 09IMG_3001.jpg
★続いてロープ場  ★★9:10 最初の展望所。眺望を楽しみながらビールタイム(北壁から美保湾の180度展望)
10IMG_3012.jpg 11IMG_3020.jpg 12IMG_3027.jpg

★9:30 彼方にユートピア小屋が見える  ★9:50 岩場  ★無事に通過して振り返る
01IMG_3044.jpg 02IMG_3051.jpg 03IMG_3056.jpg
★★9:55 上宝珠越(砂すべり入り口)北壁が迫る  ★左は三鈷峰への尾根
04IMG_3062.jpg 05IMG_3063.jpg 06IMG_3069.jpg

★木のトンネル  ★トンネルを抜ければ  ★ユートピア小屋が正面だった
07IMG_3073.jpg 08IMG_3075.jpg 09IMG_3076.jpg
★ロープ場を下り  ★木を乗り越えて  ★10:20 尾根の三鈷峰分岐に到着
10IMG_3077.jpg 11IMG_3080.jpg 12IMG_3085.jpg

★三鈷峰への道は狭くて、木が引っ掛かり歩きにくい  ★10:30 小ピークを越える  ★左は切れ落ちている
1IMG_3089_20110928202951.jpg 2IMG_3092.jpg 3IMG_3094_20110928202950.jpg
★柱状節理の岩肌  ★10:35 頂上は360度の展望  ★ヘリコプターが偵察飛行?
4IMG_3099.jpg 5IMG_3102.jpg 6IMG_3116.jpg

三鈷峰から縦走路へ
★11:00 小ピークを越えてお花畑へ向かう  ★★登山道の両側はお花畑(ギボウシは終盤を迎えている)
01IMG_3124.jpg 02IMG_3126.jpg 03IMG_3149.jpg
★ユートピア避難小屋にザックをデポして縦走路へ  ★★お花畑は続く
04IMG_3151.jpg 05IMG_3155.jpg 06IMG_3157.jpg

★象ヶ鼻への坂道  ★三鈷峰と象ヶ鼻を振り返る  ★縦走路を進む
07IMG_3163.jpg 08IMG_3167.jpg 09IMG_3166.jpg
★ここは怖かった  ★道は段々と狭くなる  
★11:50 登り坂になった所で、下山時に滑りそうな気がして、撤退する事にした(画像は下山方向)
10IMG_3168.jpg 11IMG_3178.jpg 12IMG_3180.jpg

下山
★11:55 表面は小石なので、下り坂では滑りそう ★登りで怖かった場所は右に迂回路があった 
★13:22 砂すべりへは、ロープを使って急坂を下る
1IMG_3184.jpg 2IMG_3210.jpg 3IMG_3213_20110928205530.jpg
★13:24 これが砂すべりか  ★13:25 砂が深いので滑るというよりか、ズルズルと下がって行く感じ
★13:27 もう、あまり滑らなくなってしまった
4IMG_3214.jpg 5IMG_3215_20110928205529.jpg 6IMG_3216.jpg
あとがき
 弥山への夏道は楽々道なので、その積りで気軽に出掛けたが、結構厳しい道で疲れてしまった。
下山してからは、温泉に入って、「道の駅風の家」に移動する予定だった。
 ビールを飲んで少し休む積りだったのに、ぐっすり寝込んでしまい、目が覚めると6時になっていてビックリする。
旅の途中には、こんな事はなかったのに、緊張の糸が切れたみたい。
移動するのも面倒なので、ここで泊ることにした。
 夕食の食料は買っていなかったので、有り合わせの質素な夕食となった。

別館へ続く
タグ :

9/27 牧野植物園

 2011-09-27
00IMG_1693.jpg
遅ればせながら彼岸花

★ショウキズイセン(初)                           ★スズムシバナ
01IMG_1606.jpg 02IMG_1625.jpg
★★ゲンノショウコ
03IMG_1665.jpg 04IMG_1675.jpg
★ツリガネニンジン                                 ★ハギ
05IMG_1671.jpg 06IMG_1632.jpg
タグ :

8/3 福井~鳥取

 2011-09-26
 高速道路の休日1000円割引が無くなったので、出来るだけ一般道を通って帰ることにした。
泊地の道の駅パークイン丹生ヶ丘から越前海岸に出て、日本海側を南下する。敦賀を通り、小浜から舞鶴までは高速道路を利用。小浜から小浜西までは、高速道路が開通したばかりで、ピカピカ舗装道路で気持ち良かった。
それからは、所々で寄り道をしながら、のんびりと泊地の鳥取に向かう。
 今日の走行距離は300kmくらいだが、一般道は矢張り疲れて、これくらいが限度だった。


5:50 越前海岸 福井県南越前町
01IMG_2834.jpg 02IMG_2832.jpg 03IMG_2835.jpg

6:05 しおかぜライン 敦賀湾
★★高速道路みたいに快適  ★岩場にユリが咲いている
04IMG_2836.jpg 05IMG_2840.jpg 06IMG_2841.jpg

11:00 栗田湾 京都府宮津市
07IMG_2849.jpg 08IMG_2844.jpg 09IMG_2846.jpg

11:15  宮津湾
★★対岸は天橋立  ★大天橋
01IMG_2850.jpg 02IMG_2852.jpg 03IMG_2851.jpg
★ケーブルカー  ★★シーサイドドライブ(県道605号)
04IMG_2854.jpg 05IMG_2855.jpg 06IMG_2856.jpg

14:35 余部鉄橋 兵庫県香美町
07IMG_2866.jpg 08IMG_2869.jpg 09IMG_2872.jpg

15:15 但馬漁火ライン 兵庫県新温泉町
10IMG_2876.jpg 11IMG_2875.jpg 12IMG_2877.jpg

15:50 鳥取砂丘
★無料展望台へ  ★展望台より砂丘  ★展望台からリフトで下りられる
01IMG_2879.jpg 02IMG_2880.jpg 03IMG_2897.jpg
★★★この暑さの中で、皆さん偉い。超望遠で覗いて、行った気分に・・・・
04IMG_2893.jpg 05IMG_2902.jpg 06IMG_2905.jpg

16:45 道の駅神話の里白うさぎ 鳥取市
白兎神社
01IMG_2912.jpg 02IMG_2917.jpg 03IMG_2919.jpg
白兎海岸
04IMG_2923.jpg 05IMG_2931.jpg 06IMG_2925.jpg

★早い時刻より日陰になるので良い  ★情報センターは24時間オープン  ★高知県交通の観光バス
07IMG_2920.jpg 08IMG_2921.jpg 09IMG_2935.jpg
★漁火と町の明かり  ★漁火  ★町の明かり
10IMG_2954.jpg 11IMG_2948.jpg 12IMG_1272.jpg
タグ :

8/2 仏御前の滝

 2011-09-26
仏御前の滝(ほとけごぜん)   3段の滝  落差=100m   福井県大野市
 国道158号線を走っていて偶然見つけた滝。あまり期待していなかったが、素晴らしい滝だった。
滝撮影用のデジカメ(G12)が、2コマ撮った所で電池切れになって、後はコンデジ撮影となり残念。

★大きな看板が立っている  ★遥か彼方まで階段が続いている  ★やっと平らになった
1IMG_2791.jpg 2IMG_2793_20110926064437.jpg 3IMG_2796_20110926064436.jpg
★滝らしいものが見えてきた  ★遊歩道の展望台からは全体が見えない  
★靴を脱いで素足になり、沢を渡ると、天空から流れ落ちてくるような凄い滝が現れた
4IMG_2798_20110926064436.jpg 5IMG_2801.jpg 6IMG_1261.jpg
別館へ続く
タグ :

8/2 荒島岳

 2011-09-25
荒島岳(1524m)  100名山  福井県大野市   登り=3:05  下り=2:10
 日本百名山に選定されているため、福井県外から訪れる登山者も多い。山頂からは360度の展望が得られる。春先にはイワウチワ、カタクリ、シャクナゲなどの花が楽しめる。(ウィキペディアより)
★5:05 白山と思って沢山撮ったが、どうも経ヶ岳(1625m)みたい  ★朝焼けを待っていたがダメだった
★気を取り直して頂上に向かう
01IMG_2676.jpg 02IMG_2683.jpg 03IMG_2684.jpg
★5:20 ここから本格的な山道になる  ★ブナ林  ★トトロの木(標高約820m)
04IMG_2686.jpg 05IMG_2690.jpg 06IMG_2691.jpg

★白山ベンチ(935m)白山連峰のすばらしい展望だそうだが・・・  ★丸太階段  ★6:25 ビールタイム(山口のYさんから戴いた、アーモンドが美味しい)
07IMG_2696.jpg 08IMG_2700.jpg 09IMG_2704.jpg
★丸太の階段が多い  ★6:50 シャクナゲ平  ★ここからは下り坂になる
10IMG_2705.jpg 11IMG_2706.jpg 12IMG_2708.jpg

★チョット緊張する  ★クサリにロープが3本で凄い  ★展望が開けてくる。小荒島岳(1186m)
01IMG_2712.jpg 02IMG_2714.jpg 03IMG_2719.jpg
★大野市街?  ★難所を通過  ★前荒島(1415m)は越えたので、次は頂上か?
04IMG_2720.jpg 05IMG_2726.jpg 06IMG_2741.jpg

★急坂を登ると平坦道  ★中荒島だった  ★祠が見えるので、今度は頂上だろう
07IMG_2745.jpg 08IMG_2746.jpg 09IMG_2750.jpg
★8:00 頂上だった  ★一等三角点  ★残念ながら白山は望めません
10IMG_2764.jpg 11IMG_2753.jpg 12IMG_2763.jpg

下山
★9:00 今から登る人が結構多い  ★10:20 スキー場の道  ★リフト鉄塔が見える
1IMG_2777.jpg 2IMG_2780.jpg 3IMG_2783.jpg
★リフトのワイヤーも無いし蔦も絡まっている。廃業しているみたい  ★舗装の作業道を下る  
★10:50 下山。隣の車は6人のグループだった。右方に3台停まっている
4IMG_2784.jpg 5IMG_2785.jpg 6IMG_2787.jpg

頂上のお花畑
1IMG_2761.jpg 2IMG_2769.jpg

3IMG_2765.jpg 4IMG_2768.jpg

5IMG_2766.jpg 6IMG_2767.jpg
百名山にしては、少し物足りない気がする。もっと早い時期に登り、冠雪の白山を見ると良いかも。
タグ :

8/1 九頭竜湖

 2011-09-25
九頭竜湖は人工のダム湖だが、水の色が綺麗で、上流は湖岸も美しい。
1IMG_2651.jpg 2IMG_2655_20110925152005.jpg 3IMG_2660_20110925152004.jpg
別館へ続く
タグ :

8/1 阿弥陀ヶ滝

 2011-09-25
阿弥陀ヶ滝  日本の滝100選・裏見の滝十選  直瀑  落差=60m  岐阜県郡上市白鳥町
★13:10 ハートピア四季の駐車場にデポして出発  ★13:17 車で来れる見たい  ★綺麗な流れ
01IMG_2598.jpg 02IMG_2602.jpg 03IMG_2603.jpg
★案内板  ★★綺麗な遊歩道
04IMG_2605.jpg 05IMG_2606.jpg 06IMG_2607.jpg

★13:25 凄い滝  ★右の石畳を進むと  ★岩窟に行ける
07IMG_2612.jpg 08IMG_2613.jpg 09IMG_2618.jpg
★ここから先は、長靴とレインが無いと無理  ★左側も飛沫が凄くてこれ以上は行けない
★14:10 満足して戻る。(地元の方が、こんなに水量が多いのは、初めてだと言っていた)
10IMG_2624.jpg 11IMG_2644.jpg 12IMG_2646.jpg
別館へ続く
タグ :

8/1 霧ヶ滝

 2011-09-25
霧ヶ滝   落差=50m   岐阜県郡上市
霧ヶ滝は地図には載っていないがネットで見た。大日ヶ岳の登山口がある桧峠から3kmくらい下ったヘアピンカーブにある。水量が少ない時は、途中で霧になるらしいが、今日は幸いに、下まで流れ落ちていた。
1IMG_2589.jpg 2IMG_2593.jpg
別館へ続く
タグ :

8/1 大日ヶ岳:桧峠コース

 2011-09-25
大日ヶ岳(1709m)  100名山・新100名山  岐阜県郡上市   登り=2:30  下り=2:10
 今日も、あまり天気は良くないが、そんなに厳しい山でないので長靴スタイルで、雨を覚悟して登る。
★5:00 予報通り天気は良くないが、まだ雨は降っていない  ★桧峠は四叉路になっていて、右に広い駐車スペースがある  ★5:35 登山開始
01IMG_2497.jpg 02IMG_2499.jpg 03IMG_2501.jpg
★祠の先で道が消えた  ★引き返すと、道がテープで封鎖されていた  ★警告文が至る所に掲げられている
04IMG_2505.jpg 05IMG_2506.jpg 06IMG_2512.jpg

★★ゲレンデにワラビが一杯あるので、そのための警告か?  ★ゴンドラ塔が見えてきた
07IMG_2516.jpg 08IMG_2519.jpg 09IMG_2524.jpg
★6:35 ゴンドラ駅  ★雨が降りそうなので、早いがビールタイムにする  ★6:50 ここから山道になる
10IMG_2527.jpg 11IMG_2528.jpg 12IMG_2529.jpg

★★これからは国有林となる  ★しかし、ウイングヒルズの表示がある
01IMG_2532.jpg 02IMG_2534.jpg 03IMG_2537.jpg
★7:30 水後山は通過点  ★雨に濡れるツリガネニンジン  
★7:55 鎌ヶ峰は、頂上よりも展望が良いらしいが霧と雨で、強い風まで吹いている。しばらく休んで下山を始める
04IMG_2542.jpg 05IMG_2546.jpg 06IMG_2549.jpg

★少し下りた所で雨が止んだので引き返して頂上へ  ★シモツケソウのピンクが綺麗  ★8:45 大日ヶ岳頂上
07IMG_2551.jpg 08IMG_2552.jpg 09IMG_2554.jpg
★三角点  ★大日如来  ★他にも方位展望盤など沢山置かれている
10IMG_2555.jpg 11IMG_2560.jpg 12IMG_2561.jpg

下山 
★シモツケと花畑  ★こんな天気なのにゴンドラが動いている  ★ゲレンデに咲くトラノオ
1IMG_2567.jpg 2IMG_2579_20110925090943.jpg 3IMG_2580.jpg
★★ここのゲレンデはアップダウンが多くカーブもあり、距離も長い。スキーは出来ないけれど滑れば楽しそう
★11:20 下山:登山口は雨が降っていない
4IMG_2582_20110925090942.jpg 5IMG_2586.jpg 6IMG_2587_20110925090940.jpg
タグ :

7/31 天気待ちin道の駅白鳥

 2011-09-25
道の駅白鳥
高知の方に声を掛けられて、それも家が近くだったので、懐かしかった。その方のバッテリー装置は凄い
01IMG_2433.jpg 02IMG_2434.jpg 03IMG_2436.jpg

駅の側には、鵜飼で有名な清流長良川が流れている。今夜、お店で出すアユを釣っている名古屋のご夫婦
04IMG_2443.jpg 05IMG_2441.jpg 06IMG_2439.jpg

★芝生広場やテニス場などが併設されている  ★柳並木の散歩道  ★お庭の花
07IMG_2446.jpg 08IMG_2449.jpg 09IMG_2450.jpg
★ノウゼンカズラ  ★★まだ、アジサイが綺麗に咲いている
10IMG_2452.jpg 11IMG_2456.jpg 12IMG_2457.jpg

白山長瀧寺
 長瀧寺は、道の駅にあった観光パンフレットで知った。尋ねると、直ぐ近くだったので行ってみる。
★国道沿いに広い駐車場と綺麗なトイレがある  ★★参道
01IMG_2477.jpg 02IMG_2478.jpg 03IMG_2476.jpg
★境内  ★★ハスの花が綺麗に咲いている
04IMG_2474.jpg 05IMG_2462.jpg 06IMG_2464.jpg

★★長瀧寺大講堂  ★素晴らしい仏像がいっぱいで、見とれてしまった
07IMG_2465.jpg 08IMG_2466.jpg 09IMG_2467.jpg

夏祭り
車で休んでいると、コーンが置かれて花台のセットまで始まった。今夜、駐車場で夏祭りをするらしい。
10IMG_2480.jpg 11IMG_1225.jpg 12IMG_2496.jpg

タグ :

7/30 白山:平瀬コース

 2011-09-24
白山(2702m)   100名山・花100山  岐阜県白川村平瀬  登り=3:40(室堂まで) 下り=3:10
 白山へは別当出合いから登る予定だったが、剱岳登山の時にTさんに、東からのコースを教えてもらった。
車の移動ルート的にも都合が良いので変更する。地図は持っていないが、一本道で心配ないらしい。
 天気予報は曇りマークだが、この先も晴れマークは出ていないので、決行することにした。

★3:40 ライトを点けて登山中  ★4:50 白水湖が見えている  ★5:00 ほぼ中間点
01IMG_2214.jpg 02IMG_2221.jpg 03IMG_2229.jpg
★花が段々と多くなる  ★大倉山避難小屋  ★5:30 中は凄くキレイ
04IMG_2234.jpg 05IMG_2248.jpg 06IMG_2249.jpg

★花の道  ★6:30 カンクラ雪渓は見えない  ★これから危険地帯
07IMG_2269.jpg 08IMG_2270.jpg 09IMG_2272.jpg
★これがカンクラ雪渓だろうか?  ★ハイマツ帯になる  ★ヨツバシオガマが強風にゆれている
10IMG_2289.jpg 11IMG_2295.jpg 12IMG_2296.jpg

★霧が濃くなってきた  ★7:10 展望歩道分岐  ★7:25 建物も全体が見えないのでウロウロする
1IMG_2297_20110924141303.jpg 2IMG_2301.jpg 3IMG_2310.jpg
★休憩所に辿り着いた  ★ホテル並みのフロントがある  ★なんと郵便局まである
4IMG_2312.jpg 5IMG_2319.jpg 6IMG_2322.jpg

下山
★霧、雨、強風のため、頂上は諦める  ★8:20 下山道を地図で確認する  ★白山奥宮祈祷殿
1IMG_2331.jpg 2IMG_2338.jpg 3IMG_2333.jpg
★目的のクロユリ散策  ★8:35 少し霧が薄くなってくる  
★12:19 下山:デジカメ時刻との誤差は約2分。新しく買った腕時計が傷だらけ(剱岳登山で付いたもの)
4IMG_2351.jpg 5IMG_2360.jpg 6IMG_2432.jpg
 下山中に前向きに転倒してしまって、膝を石に思い切りぶっつけてしまった。
もうダメかと思ったが、何とか立てて歩けたので、胸を撫で下ろした。
 傘を差しての下山は、あまり良くないので、考え直さないといけないと思う。

別館へ続く
タグ :

7/29 白水の滝

 2011-09-24
白水の滝  落差=72m  幅=8m  白山国立公園大白川エリア
★案内図  ★180mの下り坂  ★東屋
1IMG_2179.jpg 2IMG_2181.jpg 3IMG_2183.jpg
★展望台  ★★近づけないのが残念
4IMG_2184.jpg 5IMG_2187.jpg 6IMG_2186.jpg
別館へ続く
タグ :

7/29 白川郷~白水湖

 2011-09-23
 天気の回復が期待でそうにないので、今回は薬師岳の登山は諦める。観光しながら次の目的の山、白山を目指すことにした。薬師岳は去年も登る予定だったが止めてしまった。私には縁のない山だろうか?

桂 湖  5:15
01IMG_2148.jpg 02IMG_2150.jpg 03IMG_2153.jpg

白川郷
★6:20 道の駅白川郷  ★★7:40 合掌造り民家園
04IMG_2155.jpg 05IMG_2173.jpg 06IMG_2160.jpg
★★せせらぎ橋  ★せせらぎ橋よりの景色
07IMG_2162.jpg 08IMG_2165.jpg 09IMG_2167.jpg

★合掌集落入り口  ★★萩町合掌造り集落
10IMG_2169.jpg 11IMG_2174.jpg 12IMG_2175.jpg

白山平瀬登山口   14:25
01IMG_2200.jpg 02IMG_2203.jpg 03IMG_2201.jpg

白水湖
04IMG_2209.jpg 05IMG_2211.jpg

06IMG_2208.jpg 07IMG_2207.jpg
  明日天気☀になーれ
タグ :

7/28 五箇山周辺

 2011-09-23
 昨晩は雷が鳴り凄い雨だった。北から寒気が南下して、それに南からの湿った暖かい空気が吹き込んで、梅雨前線のような状態らしい。天気予報を見ても傘マークが続いている。
次は薬師岳に登る予定なので、能登半島を観光して天気待ちをしようかとも考えたが、夏の海辺は湿度と気温が高くて、夜は眠れたものではない。そんな事で又、山の方にに向かうことにした。


道の駅なめりかわ
★6:00 日本海:前方は能登半島  ★立山方面は雲の中  ★なめかわで無く「なめりかわ」と読むのだった
01IMG_2066.jpg 02IMG_2069.jpg 03IMG_2070.jpg

東海北陸自動車道 城端SA
★コンビニが併設されている  ★駐車場の一角にオートキャンプ場の様な場所があり車中泊に良さそう
★歩いて行ける所に桜ヶ池温泉(600円)もある
04IMG_2073.jpg 05IMG_2076.jpg 06IMG_2079.jpg

五箇山
国指定重要文化財 岩瀬家
07IMG_2082.jpg 08IMG_2086.jpg

菅沼合掌造り集落
09IMG_2090.jpg 10IMG_2092.jpg 11IMG_2095.jpg

パノラマ富山発見ルート
梨谷大橋の眺め
01IMG_2098.jpg 02IMG_2099.jpg 03IMG_2103.jpg
散居村の眺め
04IMG_2104.jpg 05IMG_2105.jpg 06IMG_2108.jpg

瑞泉寺
★案内板  ★★参道
07IMG_2116.jpg 08IMG_2120.jpg 09IMG_2123.jpg
★境内入り口  ★★大門(山門)
10IMG_2124.jpg 11IMG_2125.jpg 12IMG_2126.jpg

★★★本堂(畳の数450畳は全国で4番目)
1IMG_2131.jpg 2IMG_2132.jpg 3IMG_2136.jpg
★太子堂  ★鐘楼堂(彫刻が素晴らしい)    ★庄川(ふれあい温泉センターゆ~楽より)
4IMG_2138.jpg 5IMG_2139.jpg 6IMG_2140.jpg
タグ :

7/27 中山

 2011-09-23
7/26 前日
 目が覚めて体を動かすと、方々の筋肉が痛い。歩くのも大変で、特に階段の上り下りが辛い。
今日は休養日に当てているので朝食を摂って、のんびりとくつろぐ。
少し身体が動くようになったので明日、登る予定の猫又山への林道を調べに行くことにした。

★小窓尾根のマッチ箱が見える  ★左の未舗装林道へ  ★今朝も雨が降ったので水たまりがある
01IMG_1935.jpg 02IMG_1938.jpg 03IMG_1941.jpg
★ゲートは閉まっているが鍵は掛かっていない  ★コンクリート舗装になった  ★走行に支障は無いみたい
04IMG_1943.jpg 05IMG_1947.jpg 06IMG_1948.jpg
 帰ってくると、山口のYさんが炊飯棟にロープを張って、洗濯物を沢山干してある。
Yさんは車で来ているが、車中泊をせずにテントを一昨日から張って寝泊りしている。
 コーヒーを入れてくれると言うので戴くことにした。コーヒーを飲みながら色々と話をする。
雪渓でガスに阻まれて撤退した話をすると、そんな時に役立つナビがあると教えてくれる。
それはソニーのポータブルナビNV-U37で、車から持ってきて実演してくれた。
国土地理院の等高線の入った地図上で自分の位置が分かる、優れものだった。
これを持っていれば、栂池コースも楽勝だったのにと思う。
 Yさんには、他にも学ぶ点があった。テントを張っていて、時々雨が降るので始末に困るとだろう思っていたが、あわてず騒がずで、頃合いを見計らって乾かしてきちんと収納した。
干していた洗濯物も取り込んで、荷物をまとめて次の目的地に向かって去っていった。別れる時にアーモンドまで戴いてしまった。とても美味しかった。剱岳にもう一度、別山尾根から登ると言っていたがどうだったかなあ?


7/27 今日
 猫又山(2373m)に登るべく、登山口に向かう。猫又山からは剱岳と白馬岳を近くから見られる。
★5:20 ゲートから2.2kmで登山口駐車場に着く(狭いが殆ど舗装林道)
★情報では堰堤をハシゴで越えるとあったが、無くて石垣の横を登る  ★堰堤を乗り越えた
01IMG_1950.jpg 02IMG_1952.jpg 03IMG_1953.jpg
★登山道は草木が覆い、雨模様で登る道ではないので中止  ★吊橋があったみたい  ★この橋にはヒヤヒヤした
04IMG_1955.jpg 05IMG_1959.jpg 06IMG_1960.jpg

中山(1255m)  登り=1:00  下り=1:10(林道歩き20分を含む)
 昨日、馬場島荘の奥さんに、3時間足らずで一周できて展望も良いと聞いていたので登ることにした。
★7:10 登山口に車が停まっている  ★登山口にある地図  ★広い登山道で良く整備されている
01IMG_1962.jpg 02IMG_1963.jpg 03IMG_1965.jpg
★杉の巨木が多い  ★一直線の早月尾根の奥に剱岳  ★大杉の門
04IMG_1966.jpg 05IMG_1969.jpg 06IMG_1980.jpg

★8:20 あっけなく頂上  ★小窓尾根の展望図が置かれている  ★小窓尾根(肝心の小窓が分からない)
07IMG_2010.jpg 08IMG_1982.jpg 09IMG_1994.jpg
★剱岳が雲に隠れてしまい残念  ★左から猫又山・ブナクラ峠・赤谷山  ★大日岳
10IMG_1984.jpg 11IMG_1987.jpg 12IMG_2005.jpg

下山
★下山は反対側へ。道はチョット悪い  ★★しかし、ヤマアジサイが多くて、今が見頃で綺麗
01IMG_2016.jpg 02IMG_2021.jpg 03IMG_2032.jpg
★花の中に小さな花が咲いている。初めて見た  ★雨を受けて生き生きとしている  ★ギザギザの花
04IMG_2026.jpg 05IMG_2035.jpg 06IMG_2039.jpg

★沢を何回か渡る  ★河原が見えてきた  ★河原まで車道が延びている
07IMG_2040.jpg 08IMG_2044.jpg 09IMG_2047.jpg
★林道歩き  ★駐車場に戻ってきた  ★10:00 今日で3日目だがクーラーのビールがまだ冷えていて最高!
10IMG_2048.jpg 11IMG_2053.jpg 12IMG_2056.jpg

馬場島荘の山菜そばが美味しいとネットで見たので注文する。
そばは、あまり好きではないが、これは絶品で超美味しい。一度ご賞味あれ!

1IMG_2058.jpg 2IMG_2059.jpg
★クーラーの中の食料がキレイに無くなった  ★12:40 山口のYさんに習って、馬場島荘の洗濯機(100円)で洗って干してみました(これから、お昼寝をします)
3IMG_2064.jpg 4IMG_2065_20110923105227.jpg
 洗濯物が乾いたので収納しました。食べる物も無くなったので3日間居た馬場島にもお別れです。涼しくて、緑も多くてのんびりと過ごせた。(携帯電話が圏外で、通じないのがチョット残念)
今まで、山ばかりだったので、海が見たくなったので、今から日本海に向かいます。
タグ :

7/25 剱岳:早月尾根コース

 2011-09-22
剱岳(2999m)  100名山  富山県上市町    登り=6:30   下り=5:20
 今日、早月尾根を日帰りしたのは全部で4人。その内では、私が一番早く(2:30)出発する。
Yさん:山口県の50才の方(3:00出発) 物静かな方だが、登山に関して非常に詳しい。
Tさん:富山県の59才の方(3:30出発) 某大企業の自転車選手を早期退職し、現在は夜警をしている。
                          登山を始めて間もないのに、早月尾根を日帰りとは、チョット無謀。
Sさん:埼玉県の39才の方(3:30出発) チョット小太りだが、にこやかで話しやすい。


★4:20 月も星も出て、足取りも軽くなる  ★4:35 1400m  ★4:55 200mを20分はチョット飛ばし過ぎ
01IMG_1712.jpg 02IMG_1716.jpg 03IMG_1719.jpg
★5:00 空が明るくなる(毛勝三山)Yさんに抜かれる  ★右には大日連山が見える  
★下方には馬場島荘(川に囲まれて、ホントに島の様にになっている)
04IMG_1725.jpg 05IMG_1730.jpg 06IMG_1741.jpg

★5:45 小窓尾根に朝日が昇ってきた  ★5:45 1920.7m標柱?  ★6:05 2000m
07IMG_1743.jpg 08IMG_1746.jpg 09IMG_1752.jpg
★池の小道は良い感じ(Tさんに抜かれる) ★6:50 展望広場  ★剱岳へは、ピークを2つ越えるみたい
10IMG_1753.jpg 11IMG_1766.jpg 12IMG_1763.jpg

★7:00 宿泊の予約をしているので、明日用の荷物を預かってもらう。Tさんは2Lの水を買う(選手の経験から凄く水を飲むらしい)  ★少し休んで出発  ★風雪に耐えたダケカンバが頑張っている
01IMG_1769.jpg 02IMG_1772.jpg 03IMG_1778.jpg
★7:25 2400m(後600mか) ★緩やかな道になると足が休まる  ★ピークが2つ待っている
04IMG_1780.jpg 05IMG_1782.jpg 06IMG_1783.jpg

★岩峰が凄い迫力(小窓尾根と剱尾根が重なっている) ★急坂が見えている  ★雪解けの道
07IMG_1788.jpg 08IMG_1791.jpg 09IMG_1792.jpg
★石ゴロ道  ★8:00 2600m(後400m) ★ここは広場になっている(Tさんと話しをしながら休憩する)
10IMG_1796.jpg 11IMG_1801.jpg 12IMG_1800.jpg

★この小窓尾根を登る人が居るが凄い  ★少しの雪道  ★8:30 良い感じの道
01IMG_1809.jpg 02IMG_1810.jpg 03IMG_1820.jpg
★★★早月尾根一番の「天空花道」
04IMG_1825.jpg 05IMG_1827.jpg 06IMG_1840.jpg

★楽しかった道も終わりみたい  ★9:05 2800m(いよいよ後200m)最後の標識なので立派な石造りになっている。標高200m毎の標識はホントに助かる(他の山もこんなにしてくれないかなあ) ★剱岳は逆光
07IMG_1845.jpg 08IMG_1847.jpg 09IMG_1846.jpg
★岩とハイマツの道  ★岩場を登っている人の声が聞こえる  ★まだ、普通の道みたい
10IMG_1848.jpg 11IMG_1849.jpg 12IMG_1851.jpg

★岩と雪に囲まれた花園が素晴らしい  ★コブを2つ越えるみたい  ★岩に丸印があるので、そろそろ岩場かな
01IMG_1852.jpg 02IMG_1855.jpg 03IMG_1857.jpg
★9:30 大きな印があるので岩場の玄関? ★★鎖場に突入。足場も広くてしっかりしているので平気
04IMG_1858.jpg 05IMG_1859.jpg 06IMG_1860.jpg

★左は絶壁なので見ないように  ★何人か下りてくる  ★鎖とペンキ印があるのでガスが出ても大丈夫
07IMG_1861.jpg 08IMG_1865.jpg 09IMG_1866.jpg
★9:45 鎖は続く  ★9:50 帰りに迷わないように覚えておかないと  ★正式な標識は字が消えている
10IMG_1867.jpg 11IMG_1868.jpg 12IMG_1873.jpg

★★最後の登り  ★10:00 頂上(証拠写真を撮ってもらう)
01IMG_1877.jpg 02IMG_1881.jpg 03IMG_1886.jpg
★頂上は岩だらけで、周りは絶壁  ★三角点  ★何処から登ってきたか知らないが、沢山の人。ツアーのおばちゃん達が到着し、キャーキャー言って五月蠅くなったので退散する。チョット他人の事も考えて欲しい
04IMG_1889.jpg 05IMG_1890.jpg 06IMG_1894.jpg

★Sさんと一緒に分岐点まで戻り食事にする(10:50 下山開始する) ★★11:00 ライチョウが見送ってくれる
07IMG_1895.jpg 08IMG_1897.jpg 09IMG_1900.jpg
★★★夫婦のライチョウだろうか?
10IMG_1914.jpg 11IMG_1918.jpg 12IMG_1919.jpg
 
 ヘッピリ腰でヨタヨタと下っているTさんに追いつく。足腰は鍛えているので登りはめっぽう強いが、下りは全然ダメで、腰が引けて怖々降りているのが分かる。恰好が可笑しかったので、笑ってしまった。
ロープ場での下り方や、急坂で手を使って下りる方法などを教えてやりながら、小屋まで帰り着いた。
 今日、下山できそうなので預けていた荷物を取りに行って、お礼にビールを2本買う。
遅ればせながらTさんと乾杯をして、無事の登頂を祝う。
その内にSさんも着いて、小屋泊まりの方と4人が山談義に盛り上がる。
先にTさんが下山開始して、少し遅れて私も出発、Sさんはもう少し休憩するらしい。
 2000m付近から小雨が降り出したのでザックカバーを着けて傘をさす。
1800mから遠くで雷が鳴りだして、少し大降りの雨になってきたのでレインを着用する。
段々と雨が酷くなり、道には滝のように水が流れ出して、足の置き場が見えなくなって大変なことになってきた。
 片手にストック、もう一方は傘差しのスタイルのため、急坂で手が使えないので下りるのに時間が掛かる。
私の事を心配して、TさんとYさんが杉の大木の下で雨宿りをしながら待っていてくれた。
それからは、山の事とか生き方の話などをしながら楽しく下る。
Sさんは大丈夫だろうかと話していると、平気な顔で追いついてきた。結局、帰り着いたのは、4人が一緒だった。
 大変な道のりの山なので、こんなに親しくなって助け合いながらの登山が出来たものと思う。

後記 
 頂上展望が無くて残念だったが、その後一週間は天気が悪かったので、登頂できてラッキーだった。
下りは、夕立に合わなければ4時間30分くらいで帰り着いたと思う。
登りはアップダウンがほとんど無い直登なので、標高差の割にはしんどくなかった。
鎖場は一ヶ所だけ、寸切りボルトに足を掛けないといけない場所があり緊張したが、他は楽勝。

別館へ続く
タグ :

7/24 白馬村~馬場島へ

 2011-09-20
 唐松岳に登れなくなり、白馬村にも用が無くなったので日本海に向けて北上すること決める。
剱岳の登山口がある馬場島までは130kmくらいなので、そんなに急ぐことはない。道の駅周辺をのんびりと朝の散歩をしていると、白馬岳方面の山並みが見えている。急いで車に戻り、ビューポイントの白馬大橋に行く。去年、今年と白馬村には何日間も居たが、まだ白馬岳を見たことが無い。

★6:55 白馬岳に雲が懸り始めて、少し遅かった  ★この尾根を歩きたかったのになあ・・・・
01IMG_1648.jpg 02IMG_1667.jpg
★★何時か、歩ける日がくるだろうか?
03IMG_1671.jpg 04IMG_1670.jpg

★★★8:00 近くにジャンプ競技場があったので見学する
05IMG_1679.jpg 06IMG_1681.jpg 07IMG_1683.jpg

★14:45 馬場島への道路は部分的に1車線はあるが、ほぼ2車線の快適道路  
★いよいよ剱岳の雰囲気になってきた  ★14:55 馬場島荘前の駐車場は日曜日なので満車状態
01IMG_1687.jpg 02IMG_1689.jpg 03IMG_1691.jpg
★駐車場の横に巨大な石がある  ★車中泊はキャンプ場の施設を利用できる  ★登山口にも車を停めれる
04IMG_1692.jpg 05IMG_1693.jpg 06IMG_1697.jpg

★★★登山口には色々な碑が立って賑やか
07IMG_1698.jpg 08IMG_1702.jpg 09IMG_1701.jpg
★★早月尾根から登る剱岳は、沢山の人に愛されているんだなあと思う
★16:40 下山してきた方が、車に着くなり倒れてしまった。心配していると起き上がったのでホットする。
矢張り厳しいコースだなあと思って、その方に聞くと、4時30分に出発して日帰りしたらしい。(約12時間)
それなら、もっと早く出発すれば、私も日帰り出来るかもしれないと、勇気が湧いてきた。
10IMG_1703.jpg 11IMG_1704.jpg 12IMG_1706.jpg
タグ :

7/23 白馬五竜高山植物園

 2011-09-19
 標高1515mのアルプス平は、冬はスキー場として知られ、夏は高山植物園として親しまれている。
五竜テレキャビンに乗ってアクセスし、五竜岳から白馬岳までの北アルプスが間近に迫ります。5haの広大なスペースには、200種、100万株の高山植物が花を咲かせ、自然に近い形で親しむことが出来ます。

★7:20 通常は8時からだが今日(土)は6:30からの運行  ★7:30 知っていれば、もっと早く来たのに・・
★早く来ていても、深い霧だったようなので、まあ良いか!
01IMG_1463.jpg 02IMG_1470.jpg 03IMG_1473.jpg
★霧の中のヤナギランが幻想的 ★エーデルワイスも水滴の花を咲かしている ★コマクサはピークを過ぎる
04IMG_1481.jpg 05IMG_1506.jpg 06IMG_1522.jpg

★ニッコウキスゲも終わりかけ  ★シモツケソウはこれから  ★8:40 地蔵ケルン
07IMG_1524.jpg 08IMG_1526.jpg 09IMG_1549.jpg
★五竜岳まで6時間か。遠いなあ  ★目的のタカネセンブリは、思っていたよりか小さかった。雑草の中に、やっと見つけた  ★9:00 チョット早いがタカネセンブリにカンパーイ
10IMG_1551.jpg 11IMG_1558.jpg 12IMG_1567.jpg

★10:00 タカネセンブリと1時間近くも居た。小遠見山まで75分。楽勝で往復できるが天気が良くないので止める
★アルプス平自然遊歩道へ  ★クガイソウはこれから
1IMG_1609.jpg 2IMG_1610.jpg 3IMG_1613.jpg
★地蔵の沼  ★コマクサは人気者 ★11:10 今頃になって晴れてきた。同乗した従業員の方と色々と話をする。明日は黒菱林道から唐松岳に登る予定だと言うと、通行止めになっているらしい。ガックリとくる・・・ 
4IMG_1622.jpg 5IMG_1627.jpg 6IMG_1647.jpg

咲いていた花 
01IMG_1475.jpg 03IMG_1554.jpg 03IMG_1639.jpg

04IMG_1476.jpg 05IMG_1478.jpg 06IMG_1505_20110919181622.jpg

07IMG_1508.jpg 08IMG_1512.jpg 09IMG_1517.jpg

10IMG_1553.jpg 11IMG_1612.jpg 12IMG_1634.jpg
 村役場で再確認すると、矢張り崩落のため通行禁止で、まだ復旧の目途は立っていないらしい。
これで、林道の通行止めは3ヶ所目。この前の地震の影響だろうか?

別館へ続く
タグ :

7/22 針ノ木岳

 2011-09-18
針ノ木岳(2821m)  200名山・花100名山  長野県大町市    登り=4:20  下り=3:05
 日本三大雪渓の1つ、針ノ木雪渓を登って山頂に立つと、立山や剱岳の眺望が素晴らしい。
大雪渓の周囲は、夏は素敵な花畑になる(ガイド本より)
 針ノ木岳に登る、第一の目的は黒部ダムと、今までに登った山からはスッキリトした山容が見えない薬師岳を近くから見る事。3日間待機して、やっと登れるようになったが、果たして目的は果たせるだろうか。

★4:35 出発  ★道路を行く(針ノ木岳の頂上は雲の中)  ★右方の稜線はきれいに見えているのに・・・
01IMG_1269.jpg 02IMG_1271.jpg 03IMG_1277.jpg
★5:45 快適な道  ★沢を渡る  ★水平道が続く
04IMG_1286.jpg 05IMG_1288.jpg 06IMG_1290.jpg

★6:00 大沢小屋  ★対岸に綺麗な滝  ★6:20 雪渓沿いの道になってきた
07IMG_1291.jpg 08IMG_1297.jpg 09IMG_1302.jpg
★★6:25 雪渓と花を見ながらビールタイム  ★6:40 出発
10IMG_1304.jpg 11IMG_1306.jpg 12IMG_1313.jpg

★6:55 いよいよ雪渓登り。アイゼンを付ける  ★前方を4人歩いている  ★ガスで前の人達が見えなくなった
01IMG_1323.jpg 02IMG_1324.jpg 03IMG_1330.jpg
★後方から来ていた2人も見えない。紅ガラの印も無くなり取り付きの方向が分からなくなった。2人を待つが現れない。下ったり、登ったりして取り付きを探す  ★登山を諦めて、下っていたら霧の中に人を発見
★8:45 同行さしてもらって、なんとか取り付きに着く。ヤレヤレ・・・
04IMG_1337.jpg 05IMG_1338.jpg 06IMG_1340.jpg

★アイゼンを外してガレ場を登る  ★腐れ雪渓の上方を怖々渡る  ★異様な雰囲気になってきた
07IMG_1341.jpg 08IMG_1345.jpg 09IMG_1354.jpg
★稜線が見えた  ★氷の階段が滑りそうでヒヤヒヤする  ★9:40 小屋に辿り着く(雪渓で助けてもらった方)
10IMG_1355.jpg 11IMG_1357.jpg 12IMG_1358.jpg

★少しの間、蓮華岳方面が見えた  ★10:00 しばらく休んで出発  ★テント場
01IMG_1366.jpg 02IMG_1368.jpg 03IMG_1369.jpg
★霧の横道を行く  ★落石がありそうな場所なので足早に通過する  ★チョットした岩場を越える
04IMG_1381.jpg 05IMG_1386.jpg 06IMG_1388.jpg

★10:40 頂上?  ★違った。先にピークが見える  ★10:50 頂上は結構広い
07IMG_1398.jpg 08IMG_1399.jpg 09IMG_1403.jpg
★三角点  ★頂上には全部で6人(昼食にする)  ★景色が全然見えないので花の散策をする
10IMG_1405.jpg 11IMG_1406.jpg 12IMG_1408.jpg

★★砂浴びをしているライチョウ:体をくねらしたり、バタバタしたり色々している
1IMG_1414.jpg 2IMG_1415.jpg
★★砂浴びが終わりスッキリとした顔をしている
3IMG_1433.jpg 4IMG_1435_20110918153431.jpg

下山
★11:40 霧が晴れる気配もないので下山する  ★快調に雪渓を下りる  ★13:35登りと違う場所に着地した
5IMG_1439.jpg 6IMG_1443.jpg 7IMG_1444.jpg
目的は果たせなかったが、今日の場合は頂上に立てただけでも、良しとする。機会があればリベンジしたい・・・
別館へ続く
タグ :

7/21 針ノ木岳待機in扇沢

 2011-09-17
 昨日は終日、雨が降り続いたので、車の中でゴロゴロしていた。やっと天気予報から傘マークが消えた。
道の駅からは星も少し見えていたので、今日は登れるだろうと思い、登山口の扇沢に向かう。

★5:20 登山の準備は出来たが雨が降っている  ★6:00 雨の中を第一便が出発する
★7時まで待ったが雨が止まないので、今日の登山は中止にする(黒部ダムは晴れているみたい)
01IMG_1163.jpg 02IMG_1164.jpg 03IMG_1166.jpg
★8:30 総合案内センターでビデオなどを見る  ★★10:40 雨が止んだので登山道の調査する
04IMG_1173.jpg 05IMG_1180.jpg 06IMG_1181.jpg

★★★登山道は道路を何回も横断する
07IMG_1183.jpg 08IMG_1186.jpg 09IMG_1187.jpg
★ショートカットの道はあまり良くない  ★11:05 ここから本格的な登山道  ★良い道なので安心して引き返す
10IMG_1188.jpg 11IMG_1191.jpg 12IMG_1192.jpg

★★★11:35 帰りは道路にする。快適に歩けて時間も変わらない(登山道が悪い訳が分かった)
01IMG_1194.jpg 02IMG_1216.jpg 03IMG_1220.jpg
★5段目の駐車場  ★スノージェット  ★14:00 爺ヶ岳の登山口もひっそりしている
04IMG_1227.jpg 05IMG_1228.jpg 06IMG_1229.jpg

★橋のたもとのシモツケソウ  ★クガイソウは咲き始め  ★もう少しで食べれそう
07IMG_1233.jpg 08IMG_1234.jpg 09IMG_1238.jpg
★★★トロリーバス乗り場。ツアーの方達は、これから黒部ダムを見て明日は立山に登ると言っていた
10IMG_1242.jpg 11IMG_1244.jpg 12IMG_1249.jpg

★これは何山だろう  ★準備をしていなかったので今夜は質素な夕食。土産物屋で買った、おやきとわさび入りちくわは、値段が高いのに美味しくない  ★針ノ木岳方面の稜線がチラット見えた
1IMG_1254.jpg 2IMG_1257.jpg 3IMG_1260.jpg
★18:45 散歩しているとオカリナの音が聞こえたので行ってみる  ★少し離れた所で演奏を聞かしてもらう
★19:05 奥さんは何か食べて、ご主人はまだオカリナを吹いている
4IMG_1262.jpg 5IMG_1265.jpg 6IMG_1268.jpg
 別館へ続く                      明日天気にナアーレ!!!
タグ :

7/19 針ノ木岳待機in安曇野

 2011-09-17
 台風6号の影響で天気が悪いので「道の駅安曇野松川」で待機中。
雨はそんなにひどくないので、湿原と滝などを散策して、温泉でのんびりすることにした。

★10:20 唐花見湿原  ★★良く整備されているが
1IMG_1138.jpg 2IMG_1141_20110917112601.jpg 3IMG_1142.jpg
★★★草ばかりで花はチョットだけでガッカリ・・・・
4IMG_1144.jpg 5IMG_1153.jpg 6IMG_1146.jpg

★12:20 八坂の大滝は凄い岩壁     ★しかし、水はチョロチョロしか流れていない
7IMG_1161.jpg 8IMG_1160.jpg
タグ :

7/18 霧ヶ峰Ⅲ

 2011-09-17
00IMG_1179.jpg
4:30 白樺湖:目が覚めると外が真っ赤で、飛び起きて撮影に行く。素晴らしい朝焼けにウットリする・・・・

★6:05 ビーナスラインより南アルプスと入笠山(手前) ★6:25 早朝なのに車が一杯
01IMG_1096.jpg 02IMG_1102.jpg

★思い思いに皆さんがニッコウキスゲを楽しんでいる  ★6:45 帰ってくると駐車場は満車状態
03IMG_1103.jpg 04IMG_1128.jpg

★ビーナスラインより南アルプス   ★中央アルプス
05IMG_1129.jpg 06IMG_1130.jpg
 霧ヶ峰はホントに良い所。
緑の草原、素晴らしい展望、花も楽しめて旅の疲れを癒してくれる。今回の山旅でも何度も訪れた。

別館へ続く
タグ :

7/17 赤岳

 2011-09-16
赤岳(2899m)   100名山   長野県茅野市    登り=4:00
 赤岳は八ヶ岳連峰の最高峰で、山名は山肌が赤褐色であることに由来する。
山頂は南峰と北峰に分かれており、南峰に一等三角点と神社がある。北峰には赤岳山荘がある。
日本百名山を目的として八ヶ岳に登るものは、この赤岳を目指す者が多い。(ウィキペディアより)


前日
 林道は情報通り悪路のデコボコ道で、車が大きく揺れて荷崩れしそう。
それに、中央が盛り上がって腹を擦らないか、ヒヤヒヤしながら運転する。
歩いている人も結構多いが、アブが飛び交ってタオルで振り払っているが、これも大変そう。

★18:10 駐車場にもアブが多くてドアーを閉めて夕食を摂った  ★駐車場は満車で変に傾いた所に停めらされ
★19:05 管理人に「身体が捻じれて今夜は眠れそうにない」と言って、場所を変えてもらった(1泊2日で2000円)
1IMG_0906.jpg 2IMG_0907.jpg 3IMG_0915.jpg
★登山道入り口  ★赤岳山荘  ★寝床も水平になったし、今夜はグッスリ眠れそう
4IMG_0912.jpg 5IMG_0908.jpg 6IMG_0919.jpg

当日
★4:15 お月さんが輝いている  ★4:40 写真が撮れるようになった(流木を乗り越えて) ★綺麗な苔
01IMG_0923.jpg 02IMG_0925.jpg 03IMG_0928.jpg
★★河原状の道から樹林に入って行く  ★5:10 稜線が見えてきた
04IMG_0931.jpg 05IMG_0932.jpg 06IMG_0938.jpg

★本当に山肌が赤い  ★5:15 行者小屋。テントもいっぱい、人もいっぱい  ★人が多いので休憩せずに通過
07IMG_0941.jpg 08IMG_0943.jpg 09IMG_0946.jpg
★今までは比較的ゆるやかだったが、その分きつくなる  ★石段  ★次は鉄の連続階段
10IMG_0955.jpg 11IMG_0959.jpg 12IMG_0960.jpg

★左に岩峰  ★右に赤岳が見える  ★鎖場の次は鉄階段 
01IMG_0972.jpg 02IMG_0974.jpg 03IMG_0976.jpg
★見た目ほど怖くはない  ★鎖場が続く  ★行者小屋が真下に見えている
04IMG_0977.jpg 05IMG_0978.jpg 06IMG_0980.jpg

★急坂だが良く整備されている  ★★もうすぐ稜線みたい
07IMG_0984.jpg 08IMG_0987.jpg 09IMG_0991.jpg
★6:35 お地蔵さんは思っていたより大きい ★富士山が下から見えて綺麗 ★登る人、下る人が居て、人それぞれ
10IMG_0995.jpg 11IMG_1000.jpg 12IMG_1006.jpg

★★頂上手前の鎖場は、クサリが無くても登れる  ★7:10 頂上には若者が多い
1IMG_1008.jpg 2IMG_1012.jpg 3IMG_1015_20110916100325.jpg
★立派な神社が建っている  ★頂上は狭くて満員状態  ★混雑を避けて北峰で昼食など摂ってくつろぐ
4IMG_1016.jpg 5IMG_1040_20110916100323.jpg 6IMG_1042.jpg

下山
★8:25 下山中。頂上を振り返る  ★展望荘のベンチで少し休憩  ★8:45 地蔵尾根分岐
1IMG_1069.jpg 2IMG_1074.jpg 3IMG_1079.jpg
★もう来ることは無いと思う。サヨウナラ、お元気で!  ★チョット渋滞気味  ★9:30 行者小屋。赤岳は山ガールや山ボーイが沢山居て、山爺さんはあまり目立たない(ビールを飲む積りだったが、人が多くて中止する)
4IMG_1080.jpg 5IMG_1084.jpg 6IMG_1086.jpg

白樺湖
★今回の旅でも何泊もして、お世話になった白樺湖に、今夜でお別れ  ★普段は空いている駐車場も、連休の中日なので車中泊がいっぱい  ★今回は良い夕焼けに一度もお目に掛かれなかった(来年に取っておこうか・・・)
7IMG_1087.jpg 8IMG_1173.jpg 9IMG_1174.jpg
別館へ続く
タグ :

7/15 甲斐駒ケ岳

 2011-09-14
甲斐駒ケ岳(2967m)  100名山  長野県伊那市    登り=3:35  下り=2:35
<北沢峠より南アルプスの貴公子に登る> 白い花崗岩に輝く三角錐の甲斐駒ケ岳は、多くの人達を引き付ける。山頂に立つと、南アルプス中、最高の展望が開ける。
★2:20 可愛いテルテル坊主  ★3:50 仙水小屋は朝食の準備中。ご主人と少しだけ話が出来た。「夏の山は早や立ち一番」と言ってくれる  ★4:10 仙水峠が白々と明けてきた
01IMG_0678.jpg 02IMG_0679.jpg 03IMG_0683.jpg
★仙水峠より摩利支天と頂上  ★4:55 日の出  ★5:15 太陽より奥に大分登ったので二度目の日の出を迎える
04IMG_0692.jpg 05IMG_0709.jpg 06IMG_0720.jpg

★富士山みたい?  ★雲一つ無い快晴にウキウキ  ★仙丈ヶ岳の、昨日登った登山道がハッキリと分かる
07IMG_0736.jpg 08IMG_0739.jpg 09IMG_0746.jpg
★頂上が近づいてきた  ★★6:05 駒津峰は好展望所で全アルプスが見渡せる
10IMG_0748.jpg 11IMG_0752.jpg 12IMG_0765.jpg

★6:15 シャクナゲを見ながら頂上へ向かう  ★岩場歩き  ★頂上方面は真逆光で写真が撮れない
01IMG_0767.jpg 02IMG_0769.jpg 03IMG_0772.jpg
★大分下らないといけないみたい  ★六方岩?  ★6:35 コルに着く
04IMG_0773.jpg 05IMG_0776.jpg 06IMG_0778.jpg

★直登と巻き道の分岐  ★砂の道になってきた  ★ここは、岩に上がって通過
07IMG_0779.jpg 08IMG_0785.jpg 09IMG_0786.jpg
★急だとズルズル滑る  ★★6:50 登ってきた白砂の道を眺めながらテラスで休憩
10IMG_0788.jpg 11IMG_0793.jpg 12IMG_0794.jpg

★一列に小石が並んで不思議  ★7:05 摩利支天分岐  ★左折してトラバース道へ
01IMG_0795.jpg 02IMG_0796.jpg 03IMG_0800.jpg
★足を滑らすと大変。ロープがあるが緊張する  ★摩利支天の真上に来た  ★頂上には剣などが見える
04IMG_0802.jpg 05IMG_0804.jpg 06IMG_0805.jpg

★尾根下の道を登る  ★ここには、少し大きな石が並んでいる  ★尾根が近ずくと、緩やかになる
07IMG_0809.jpg 08IMG_0814.jpg 09IMG_0819.jpg
★頂上の祠が見えてきました  ★★7:35 頂上には石仏などが沢山
10IMG_0822.jpg 11IMG_0824.jpg 12IMG_0838.jpg

★お地蔵さんが岩陰にあってビックリ  ★一等三角点  ★8:50 頂上が賑やかになってきた
1IMG_0845_20110914220903.jpg 2IMG_0850.jpg 3IMG_0879.jpg

下山
★9:00 富士山にも雲がかかってきたので、そろそろ下山しようか(頂上滞在1:25分)
★神社にチョット寄り道  ★神社より頂上を望む
4IMG_0883.jpg 5IMG_0884_20110914221359.jpg 6IMG_0886_20110914221358.jpg
★9:20 富士山も遂に雲に隠れてしまった  ★登る時には逆光で撮れなかった頂上
★11:00 双児山まで下りてきた。それから、樹林帯の悪路をひたすら下って、やっと北沢峠に戻った(12:10)
7IMG_0889.jpg 8IMG_0896.jpg 9IMG_0901.jpg
あとがき
 昨日は、あまり展望が得られなかったが、今日は快晴で、最高の展望が見られてラッキーだった。
登るのは、そんなに苦にならなかったが、バス乗車や山小屋泊などに神経を使い、少々疲れてしまった。
明日から3連休に入るので、凄い混雑になると思う。山小屋は予約でいっぱいだと言っていた。

別館へ続く
タグ :

7/14 仙丈ケ岳

 2011-09-13
仙丈ケ岳(3033m)  100名山  長野県伊那市    登り=2:50  下り=2:30
 仙丈ケ岳は高山植物の非常に豊富な山として知られている。男性的な山容の甲斐駒ケ岳に比べて女性的ななだらかな山容から「南アルプスの女王」とも称されることがある。(ウイキペディアより)
 仙丈ケ岳や甲斐駒ケ岳に登るには1時間くらいバスに乗って、山小屋に泊まらないといけない。
バスやロープウェイ利用の場合は始発が遅いので、早朝登山のマイペース登山が出来ないのでチョット辛い。

★5:50 バスの始発が8時なので、まだ大分時間がある。車中泊は早く寝るので、どうしても朝は早く起きる
★★道の駅の周辺を散歩して、時間を潰す
01IMG_0512.jpg 02IMG_0514.jpg 03IMG_0516.jpg
★9:05 登山口を出発(バスは50分だった) ★9:15 1合目  ★9:30 2合目
04IMG_0520.jpg 05IMG_0522.jpg 06IMG_0523.jpg

★9:50 3合目  ★北岳が見えてきた  ★10:00 4合目
07IMG_0525.jpg 08IMG_0526.jpg 09IMG_0530.jpg
★横道になる  ★10:25 5合目(大滝頭)  ★石ゴロの尾根道
10IMG_0531.jpg 11IMG_0533.jpg 12IMG_0534.jpg

★北岳が近づく  ★ハイマツ帯を登る  ★11:00 小仙丈ケ岳
01IMG_0541.jpg 02IMG_0553.jpg 03IMG_0567.jpg
★正面に北岳と間ノ岳が大きい。甲斐駒ケ岳は見えない  ★カールの上に道が伸びている  ★ライチョウだ
04IMG_0569.jpg 05IMG_0570.jpg 06IMG_0571.jpg

★★しばらく先導してくれる  ★なだらかな尾根道を行く
07IMG_0574.jpg 08IMG_0575.jpg 09IMG_0577.jpg
★カールには花は咲いていないみたい  ★反対側斜面に移る  ★お花畑が広がる
10IMG_0583.jpg 11IMG_0591.jpg 12IMG_0594.jpg

★頂上が近づく  ★12:05 頂上  ★三角点。残念ながら展望悪し
1IMG_0597_20110913082401.jpg 2IMG_0600.jpg 3IMG_0601_20110913082400.jpg

下山
★12:30 食事を終えて下山開始(他に男性1人の静かな頂上だった) ★頂上を振り返る  ★仙丈小屋
01IMG_0614.jpg 02IMG_0616.jpg 03IMG_0622.jpg
★12:45 小屋はひっそりしている  ★13:25 馬ノ背ヒュッテの手前はお花畑  ★13:45 沢を渡る
04IMG_0627.jpg 05IMG_0649.jpg 06IMG_0653.jpg

★登山道に流れ落ちる滝は珍しい  ★下山時の登り坂はしんどい  ★14:10 5合目に合流
07IMG_0657.jpg 08IMG_0660.jpg 09IMG_0661.jpg
★15:40 山小屋デビューでチョット緊張気味  ★★17:00 ご飯とみそ汁はお代わり自由です
10IMG_0675.jpg 11IMG_0677.jpg 12IMG_0676.jpg
あとがき
仙丈ケ岳だけだったら3時のバスに間にあっていた。最終便は4時なので、楽勝で日帰りできるみたい。
山小屋は、皆んな山好きな人ばかりなので、話が弾む。次から次えと話が出て、全然退屈しなかった。
汗を掻いた身体で風呂に入れないのが辛い。入浴用の薄手のタオルを持ってきていたので、濡らしたタオルで全身を拭くと、幾分快適になった。

別館へ続く
タグ :

7/13 杖突峠

 2011-09-12
★100円展望台 ★隣の茶屋は無料 ★感じの良い女性のマスターは、注文しなくても心良く展望を楽しましてくれる
1IMG_0497.jpg 2IMG_0511.jpg 3IMG_0499.jpg
別館へ続く
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫