スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

5/27 アメガエリの滝

 2012-05-31
アメガエリの滝   2段の滝   落差≒20m   高知県土佐町
 アメガエリの滝は、高知では結構人気の観光地で、私も今までに5~6回来たことがある。
しかし、滝の撮影が目的で訪れるた事はなかった。


★今までで一番、水量が少ない気がする  ★11:45 この遊歩道を上がるのは初めて
1IMG_0720.jpg 2IMG_0722.jpg

★上段の滝が見えてきた  ★滝の上に降りられる所は無いみたいだが、下には降りられそう
3IMG_0724.jpg 4IMG_0730.jpg

★危険な事もなく滝に降りれた  ★下段の滝壺も見られる
5IMG_0732_20120531102525.jpg 6IMG_0738_20120531102524.jpg
写真館へ続く
スポンサーサイト
タグ :

5/27 中ノ川滝

 2012-05-30
中ノ川滝     落差=20m   高知県土佐町
 中ノ川滝は剣ノ滝の上流にある滝で、左岸から直接、流れ落ちている。
以前、剣ヶ岳登山の時に偶然見つけて感動した滝だが、今回は水量が少なくて、その時の面影はなかった。


★10:30 滝が見えてきた  ★10:35 キシツツジは終わっている(最後は道が崩れていた)
1IMG_0712.jpg 2IMG_0713.jpg

★★岩から滑り落ちて、チョット怪我をして滝下まで行ったのに、写真にならなかった
3DSC05349.jpg 4DSC05355.jpg

★左上は剣ヶ岳。新緑が慰めてくれた  ★白い花も綺麗
5IMG_0716.jpg 6IMG_0718.jpg
タグ :

5/27 剣ヤ滝

 2012-05-30
剣ヤ滝(つるぎやたき)   落差=7m   高知県土佐町
 剣ヤ滝は瀬戸川の右岸に流れ込む支流にある滝で、滝壺に蛇淵と言う名が付けられている。

★9:55 瀬戸川渓谷の吊橋を渡る  ★吊橋の袂に流れ込む、この支流に滝はある
1IMG_0683.jpg 2IMG_0685.jpg

★10:00 落差はあまり無いが、滝壺は大きい  ★岩を伝って対岸に渡れる
3IMG_0686.jpg 4IMG_0695.jpg
写真館へ続く
タグ :

5/27 にこ渕他

 2012-05-30
 にこ渕は何回か来ているが、早朝に来るのは初めて。滝壺が深緑色で、昼間と違った趣がある。
それに光量が少ないので、スローシャッター(20秒)が切れて、滝が綺麗に撮れる。
 今日は、滝が2条になって流れ落ちていた。


★6:40 今までは無かった標識が立っている  ★★何回来ても見飽きない滝。何時までも眺めていたい
1IMG_0632_20120530083355.jpg 2IMG_0647.jpg 3IMG_0643.jpg

★8:20 東滝展望台より。東滝で探索したい事があったが、水量が少ないので又の機会にした
4IMG_0657_20120530083728.jpg

★東滝への林道脇に山名板が設けられていた  ★アンテナの立つ黒森山と鳥形山。左に鷹羽ヶ森、蟠蛇ヶ森、葉山の風車、五在所山、小式ヶ台も見える  ★林道沿いの広場でコーヒー休憩していて、イタドリを発見
5IMG_0663_20120530084833.jpg 6IMG_0665_20120530084832.jpg 7IMG_0674.jpg
写真館へ続く
タグ :

5/26 高樽の滝

 2012-05-29
 高樽の滝は、道の駅633美の里の情報コーナーに置いてある「いのナビ」に載っているし、駐車場の案内板にも書かれているので、行く気になった。

★駐車場の案内板  ★ホタルブクロが早くも咲いている  ★案内図の場所と思われる琴平神社の周辺を探すが、滝への入口らしき所がない
1IMG_0627.jpg 2IMG_0614.jpg 3IMG_0623.jpg

★地元の方に出会ったので聞くと、この橋から見えるらしい  ★滝と言える程のものではない。山道をクネクネと走ってきたのにショック  ★道の駅633美の里は、外灯が明る過ぎるし、国道が直ぐ側なので車中泊には不適
4IMG_0617.jpg 5IMG_0615 パノラマ写真 6DSC05309.jpg
タグ :

5/26 しゃくぜんの滝

 2012-05-29
しゃくぜんの滝    落差=15m   高知県いの町中追   時間=7分
アプローチ:国道194号から県道292号に入り中追渓谷まで行く。ここまでは標識もあり1.5車線道路で楽勝。
       中追渓谷からは1車線の舗装林道になり、左右に分岐林道が現れるが、道なりに直進する。
       急坂のヘアピンカーブを折り返しながら上がると、T字路に行き当るので右折すると地蔵群がある。
       ここまで国道から8.2km。地蔵群から約600mの右側に滝入り口がある。

 しゃくぜんの滝は随分前から見たいと思っていたが、ネットで調べても、詳しい行き方が載っていない。
勿論、一般の地図には記されていないので行くのは無理と諦めていた。国土地理院の地図を拡大して探すと滝のマークが書かれていたので、これだと確信した。はっきりした位置が分かったので、行ける気がした。


★9:45 勝賀瀬川と県道292号線  ★9:55 中追渓谷  ★凄い擁護壁の下に林道がある
01IMG_0523.jpg 02IMG_0535.jpg 03IMG_0536.jpg

★少し広い林道  ★10:05 小滝を発見  ★上に立派な神社がある
04IMG_0537.jpg 05IMG_0538.jpg 06IMG_0541.jpg

★岩屋にお地蔵さんが沢山  ★10:17 林道で洗い物をしている  ★段々と狭い道になってきた
07IMG_0542.jpg 08IMG_0547.jpg 09IMG_0548.jpg

★10:30 T字路のお地蔵群  ★11:00 地蔵群に着いて楽勝かと思ったが、国土調査のテープが沢山あって、どれが滝入口か分からない。結局、林道終点の民家まで行って、詳しい場所を教えてもらった(600mの距離に30分も掛かってしまった)  ★杉林の急坂を下る
10IMG_0549.jpg 11IMG_0551.jpg 12IMG_0553.jpg

★滝が木の間から見えてきた  ★岩屋に祠が祀られている  ★最初は直瀑で
1IMG_0556_20120529090752.jpg 2IMG_0557.jpg 3IMG_0561.jpg

★進んで行くとカーブした滝になってくる  ★最奥からは下段の滝が見える  ★下に降りて撮影開始。上方は木に覆われて、日がほとんど射し込まない
4IMG_0562.jpg 5IMG_0572_20120529090748.jpg 6IMG_0581.jpg

★★回りは岩壁に囲まれて、狭い円筒の底に居るようで、異空間の感じがする。滝の音が響いてカメラのシャッター音も聞こえないくらい  ★入口に3段テープを巻いて滝見を終了した(林道より下なので、車からは見難いかも)
7IMG_0582.jpg 8IMG_0597.jpg 9IMG_0608.jpg 
写真では、この滝の雰囲気を現すことは出来ないが、こんな滝は他には無いと思う。一見の価値あり。
別館へ続く
タグ :

5/20 面白の滝

 2012-05-25
 折角、埼玉のHATAさんを案内したのに、八ヶ滝は水量が少なくて全然ダメで、翠波高原にも花が何も無い。
救いは、翠波峰からの展望が良かった事。石鎚山系、赤石山系、法皇山脈などが望めたので説明をする。
これから小豆島に向かうHATAさんを見送って、大森山を眺めながらコーヒータイムにした。
 まだ、時間が早いので、今から帰宅することもないので、目的だった面白の滝に引き返す事にした。

★八ヶ滝  ★翠波峰より四国中央市と香川県方面
1IMG_0437.jpg 2IMG_0438.jpg

面白の滝
面白の滝(つらじろのたき)  落差=30m  愛媛県四国中央市   時間=3~4分
 ナビをセットしようとしたが、滝に行く林道が少ししか表示されない。仕方がないので表示終点にセットする。

★9:25 車は滝のある川からドンドン右に行って不安になったが、目的の橋に着いた  ★橋を過ぎると、立派な標識があったので一安心。ここまで何も標識は無かった  ★石仏が迎えてくれる
01IMG_0441.jpg 02IMG_0443.jpg 03IMG_0446.jpg

★ここにも石仏がある  ★苔生した岩  ★赤テープと石仏を頼りに進んできたが、ここで途切れる(後で分かったことだが、津根ミニお四国用の物で、滝用のテープではなかった)
04IMG_0449.jpg 05IMG_0450.jpg 06IMG_0453.jpg

★9:55 引き返して、急斜面の木を掴んで、何とか谷に下りることが出来た(これが面白の滝だった)  ★左岸に渡渉して、右岸の滝に折り返すが、ここで進めなくなった  ★仕方なく写真を少し撮って、元に戻る
07IMG_0458.jpg 08IMG_0461.jpg 09IMG_0466.jpg

★あきらめて帰っていると、簡単に滝壺に下りる所があった  ★先程、この下まで来ていた  ★やっと撮影タイムに入ることができた・・・・(右端より滝壺を写す)
10IMG_0468.jpg 11IMG_0485.jpg 12IMG_0487.jpg

帰り道
★10:30 この道を直進してしまった。滝は大石の前を左に下りる  ★滝口に行ける  ★滝壺が少し見えているが、途中の流れは見られない
1IMG_0500.jpg 2IMG_0502.jpg 3IMG_0505.jpg

★奥に行くと橋が見える(車に戻って昼食にする。滝壺から林道の入口まで4分しか掛からなかった。)  ★林道は未舗装だが、急勾配のカーブなどはコンクリート舗装になって快適な道。初めての林道は緊張するが、2回目ともなるとノンビリと走れる  ★前方は高速道路。滝の駐車場からここまで、4.3km
4IMG_0503_20120525112304.jpg 5IMG_0512.jpg 6IMG_0515.jpg
写真館へ続く
タグ :

5/19 瑞応寺他

 2012-05-23
 魔戸の滝から帰って、山根公園の駐車場でビールを飲みながら昼食を摂る。
まだ、時間が早いので付近の観光地を訪れる事にした。


★14:00 瑞応寺  ★緑青色の屋根が綺麗  ★白砂の庭が良く整えられて素晴らしい
1IMG_0407.jpg 2IMG_0410.jpg 3IMG_0415.jpg

★14:30 広瀬公園  ★芝生に咲いていた花は何?  ★池もある。駐車場でコーヒーを入れて、のんびりする
4IMG_0420.jpg 5IMG_0422.jpg 6IMG_0426.jpg

★16:10 夕食の買い物をして道の駅マントビアに着くと前の駐車場は満車。奥の駐車場もほぼ埋まっている
★売り物のシャクナゲが綺麗  ★マントピア温泉は高齢者(65才以上)が500円となっている。大人は800円なので、凄く得をした気がする。シャンプー付きで広々としているので、のんびりできる。
7IMG_0430.jpg 8IMG_0431.jpg 9IMG_0434.jpg
 夕食も終わりに近ずいた頃、魔戸の滝で出会った所沢ナンバーの方がビールとつまみを持って来てくれた。
駐車場も空いてきたので、隣に車を移動して話しをする。名刺を渡されて埼玉県のHATAさんという事が分かった。趣味が山と滝で、私とピッタリ同じなので、話題が次から次と出て話が尽きない。
 明日は、まだ行っていない2つの滝に行く予定だったが、そんな事はどうでも良い。
折角、埼玉から四国に来てくれたのだから、何処か案内しなければと思った。
去年の4月に行って感動した八ヶ滝に案内することにした。HATAさんもOKと言うことで眠りについた。
タグ :

5/19 魔戸の滝

 2012-05-23
魔戸の滝(まどのたき)   落差=40m   愛媛県新居浜市   往き=0:55  帰り=0:50
 「魔戸の滝」とは、何と摩訶不思議な名前だろう。全国にも同名の滝は無いだろう?
魔戸の滝は、随分前から林道の上部法面が大崩落を起こし、通行止めになっている。 
強行突破して行く人も居るようだが、現地を見てから判断することにする。 
 もし危険な場合に、他のルートは無いかネットで調べた。
尾根に上がって高巻きをして行けそうなレポートがあったので、地図をコピーして持って行く。


★地図(ネットより拝借)  ★8:00 林道沿いにあった綺麗な滝  ★崩落現場に着くと工事中だった
01img_970629_28548992_0.jpg 02IMG_0257.jpg 03IMG_0270.jpg

★高巻きをする入り口が分からない  ★8:57 現場監督さんに聞くと、わざわざ入口まで案内してくれた(崩落現場から300mくらい手前だった)  ★9:09 踏み跡、テープがあり簡単に尾根に上がれた
04IMG_0268.jpg 05IMG_0273.jpg 06IMG_0279.jpg

★9:10 直ぐに538.9m三角点  ★格好良い山が右に見える  ★鉄塔より、山の続きが見える
07IMG_0280.jpg 08IMG_0282.jpg 09IMG_0286.jpg

★9:16 崩落地点  ★凄いことになっている  ★9:20 地図の③地点で左の作業道へ
10IMG_0288.jpg 11IMG_0289.jpg 12IMG_0290.jpg

★9:30 メイン林道に出て左へ  ★荒れた林道を下る  ★途中でコンクリートの立派な林道になったと思ったら突然、前方の道が無くなって慌てる。暫らく考えたが、ここまで来たのだから強行突破することにした
01IMG_0293.jpg 02IMG_0295.jpg 03IMG_0297.jpg

★直ぐに滝への林道に合流  ★9:48 何とか滝の入口に着いてホットする。ここまで来たら、もうしめたもの(安心してタバコが吸える)  ★遊歩道を滝に向かう
04IMG_0299.jpg 05IMG_0303.jpg 06IMG_0313.jpg

★10:00 滝に到着。凄い滝!  ★左方より  ★下方より
07IMG_0336.jpg 08IMG_0342.jpg 09IMG_0357.jpg
 滝の回りは飛沫が舞って、少し霧が懸ったようになっている。
見た目ではハッキリとしているが、写真に撮るとぼんやりとなる。
 中央から左方には飛沫が飛んでくるので、ビューポイントで、三脚をセットしての撮影が出来なかった。
滝に1時間20分も居たのに、納得のいく写真が撮れなくて残念。紅葉の時期に又、来たい。


★林道脇の花を探しながら帰る(サクラソウ)  ★初めての花  ★12:35 無事に帰ってきた
10IMG_0384.jpg 11IMG_0394.jpg 12IMG_0403.jpg
 車に戻って帰り支度をしていると、現場監督さんが一人の男性を連れてやってきた。
滝に行く道を教えてやって欲しいと言われたので、ルートと注意点、それと車中泊の場所などを教えてあげた。
 車のナンバーを見ると所沢になっている。遠い関東から遥々とやってきたものだと驚く。
長靴スタイルで出発して行ったので、相当な滝マニアだと思った。

写真館へ続く
タグ :

5/18 パナス温泉

 2012-05-22
新居浜パナス(PANAS)温泉   愛媛県新居浜市    評価:☓
 料金が550円でマアマアと思って入ったが、シャンプー(ボディ・ヘアー)が無くてガックリ。300円以下だと、置いて無い所が多いが、この値段では初めて。それに、設備が色々と多すぎて狭苦しい・・・・

★南国ムードの玄関  ★大浴槽(色はタイルの色)  ★屋外に歩行浴、桧、陶器風呂
1IMG_0237.jpg 2IMG_0240.jpg 3IMG_0242.jpg

★それと円形風呂、ミストサウナ  ★室内に大浴槽、水風呂、ジェット、赤外線サウナがあり、浴槽と水風呂が隣り合わせで、それは良かった(浴槽と水風呂を交互に5回入るのが、私の入浴法なので・・・・)  ★喫煙コーナーは落ち着ける場所
4IMG_0244.jpg 5IMG_0245.jpg 6IMG_0247.jpg

★17:50 道の駅マントピア別子の、お気に入り駐車スペースが開いていた。緑に囲まれた良い車中泊場所  ★銚子の滝入り口のスーパーは惣菜が安い  ★19:00 外灯の明かりが灯りました
7IMG_0248.jpg 8IMG_0252.jpg 9IMG_0253.jpg
タグ :

5/18 銚子の滝

 2012-05-22
銚子の滝   落差=30m   愛媛県新居浜市   時間=30分(内林道歩き15分)
 銚子の滝は方々にあるが、ここの滝はどんなだろう?
のんびりムードで車を走らせていると、林道が車で完全に塞がれている。
昼休みをしていた工事関係の方に聞くと、歩いてなら通行できると言うので、良かった。


★通行止めの手前に車を停める(国道11号線より3.8km地点)  ★12:55 工事現場(下方では護岸工事をしている)  ★こんな場所が2ヶ所ある
01IMG_0234.jpg 02IMG_0170.jpg 03IMG_0173.jpg

★13:08 滝入口駐車場に到着  ★遊歩道が整備されている  ★小さな滑滝
04IMG_0177.jpg 05IMG_0183.jpg 06IMG_0185.jpg

★覆い被さる岩壁  ★この滝ではないよなあ  ★天空に登るような鉄骨階段
07IMG_0191.jpg 08IMG_0192.jpg 09IMG_0193.jpg

★13:22 これが銚子の滝だ!  ★右方は、ほぼ滝の真横まで行ける  ★左方も行けそうだが、今日は長靴スタイルでないので止める
10IMG_0195.jpg 11IMG_0226.jpg 12IMG_0230.jpg
滑滝と直瀑が重なっている部分があり、こんな滝は初めて見た。水量も多くて素晴らしい滝。
別館へ続く
タグ :

5/18 裏寒風道(トンネル口コース)

 2012-05-21
ミニ旅        走行距離=320km   ガソリン=25L(¥3700)   12.8km/L 
屋久島で壊れたコンデジの修理が出来たので(¥7500が保証期間内で無料)試写を兼ねてミニ旅に出掛ける。

17(木) 自宅発12:00                   木の香温泉      道の駅木の香泊
18(金) 裏寒風道・銚子の滝(新居浜市)       パナス温泉      道の駅マントピア別子
19(土) 魔戸の滝・瑞応寺・広瀬公園         マントピアの温泉   道の駅マントピア別子
20(日) 八ヶ滝(四国中央市)・翠波峰・面白の滝                帰宅


5/17
★13:40 吊橋より冠山と平家平       ★14:00 道の駅木の香着
1IMG_0002.jpg 2IMG_0005.jpg

裏寒風道   登り=1:45(西尾根合流展望所まで)  下り=1:50(支尾根~表寒風道~トンネル口)
 去年の11月26日に登る積りだったが、前々日に降った季節外れの雪が心配だったので、一般道から寒風山に登ってしまった。
 本日の目的は、そのリベンジと、西尾根にあったアケボノツツジ大木の花を見ること。


★5:25 出発  ★5:30 涸れ沢を横切って左にトラバース  ★直ぐに尾根に取付く
01IMG_0006.jpg 02IMG_0009.jpg 03IMG_0010.jpg

★5:45 第一ロープ場  ★6:15 左の脇道に入って岩壁を見る  ★6:25 ガスが濃くなっれきて、近くのミツバツツジも霧に霞む
04IMG_0015.jpg 05IMG_0022.jpg 06IMG_0028.jpg

★6:26 松の木展望台?(景色が見えないので?)  ★6:40 ガレ場の展望台?  ★6:50 標識
07IMG_0032.jpg 08IMG_0039.jpg 09IMG_0043.jpg

★7:05 ガレ場のお花畑?  ★7:07 登山道の意味が不明  ★7:20 見覚えのある西尾根合流展望台
10IMG_0048.jpg 11IMG_0049.jpg 12IMG_0054.jpg

★第一アケボノ発見  ★第二アケボノ  ★第三アケボノ(見たかった大木)
01IMG_0056.jpg 02IMG_0063.jpg 03IMG_0081.jpg

★7:35 西尾根展望台で休憩(風が強くて寒い)  ★★7:55 撮影タイム。霧の中にピンクの花が浮かび、この世のものと思えぬ美しさ・・・・・・(帰って、パソコンに落として画像を見ると今一でガッカリ。こういう気象条件だとコンデジでは無理だろうなあ。写真展で、霧の中の素晴らしい作品を見るが、機材と腕前が違うのだろう)
04IMG_0085.jpg 05IMG_0091.jpg 06IMG_0105.jpg

★大木の右下のアケボノ  ★8:20 支尾根に登る  ★まだツボミが覆い(アケボノを見ながら軽食タイム)
07IMG_0092.jpg 08IMG_0118.jpg 09IMG_0120.jpg

★8:45 支尾根基部のアケボノ  ★9:30 緑の中に浮かぶ駐車場  ★10:25 トンネルを通って帰る
10IMG_0128.jpg 11IMG_0164.jpg 12IMG_0167.jpg
写真館へ続く
タグ :

温泉in屋久島2012

 2012-05-14
3/28  日の出温泉(鹿児島)
★感じの良い玄関  ★缶の中に200円入れて階段を下りる  ★ツツジ咲く入口
1IMG_4511.jpg 2IMG_4513.jpg 3IMG_4514.jpg

★同じような履物が3つ。間違われそう  ★★浴槽がぬる目と熱目があって、いい湯・・・・
4IMG_4516.jpg 5IMG_4517.jpg 6IMG_4518.jpg

3/31  屋久島グリーンホテル
★安房の県道沿いにあるホテル  ★浴室入口  ★脱衣所
1IMG_4521_20120514223300.jpg 2IMG_4522.jpg 3IMG_4523.jpg

★洗面  ★洗い場  ★屋久島で1000円以下で(630円)入れる所はこのホテルだけ。残念なのは温泉で無いこと
4IMG_4524.jpg 5IMG_4525.jpg 6IMG_4526.jpg

4/3  尾之間温泉
★玄関  ★朝は7時から入れる  ★脱衣場
1IMG_4692.jpg 2IMG_4693.jpg 3IMG_4696.jpg

★広い浴槽で、完全掛け流し  ★洗い場の湯水は出が悪い。後日に来た時は、浴槽の縁で皆が洗っていたので、私もそうする。(夕方になると、凄く混む)
4IMG_4694_20120514224255.jpg 5IMG_4695_20120514224254.jpg

4/6  平内海中温泉
★駐車場は狭い  ★温泉が見えてきた  ★広い湯船が3つある。左は上段から流れ落ちるので、ぬる目
1IMG_5125.jpg 2IMG_5112.jpg 3IMG_5133.jpg

★中央は底や壁から湯が出ている(熱目)  ★下段も方々から湯が出ている(丁度良い)  ★下方から全景
4IMG_5114.jpg 5IMG_5116.jpg 6IMG_5118.jpg

★チョット目の保養も  ★下段に海水が入ってきた  ★海中に水没した(翌朝に撮影)
7IMG_5120.jpg 8IMG_5136_20120514225903.jpg 9IMG_5152.jpg

4/10  ゆのこのゆ
★綺麗な建物  ★休憩所  ★五右衛門風呂(底が熱かった)
1IMG_5637.jpg 2IMG_5643.jpg 3IMG_5640_20120514230421.jpg

★小さな浴槽  ★洗い場  ★400円は高い。一人だったから良いようなものの、狭くて窮屈
4IMG_5641_20120514230420.jpg 5IMG_5642.jpg 6IMG_5644.jpg

4/11  楠川温泉
★急坂を下る  ★入口  ★休憩所
1IMG_5704_20120514230923.jpg 2IMG_5705_20120514230922.jpg 3IMG_5706.jpg

★脱衣場  ★細長い浴槽  ★洗い場(2回目に入った時は5人だったので窮屈・・・・)
4IMG_5707.jpg 5IMG_5708.jpg 6IMG_5709.jpg
タグ :

4/21 帰宅

 2012-05-14
★5:40 濃霧の中を運転して、到着した天狗高原駐車場
雨だけだったら新緑のセラピーロードを歩く積りだったが、強風と寒さで諦める
1IMG_3492_20120514200019.jpg

★★★下るにしたがって、雨も小降りになって風も止んできた
2IMG_6672_20120514200201.jpg 3IMG_6677.jpg 4IMG_6678.jpg

★高知から屋久島を往復した食材

5IMG_3498_20120514200302.jpg
タグ :

4/20 暁嵐の滝他

 2012-05-14
 暁嵐の滝(ぎょうらん)は昨日、千葉県の方に教えてもらった滝。
予定外だが、滝壺が綺麗な滝だと言っていたし、少し回り道をすれば行けるので寄る事にした。


★6:20 佐伯湾  ★6:40 暁嵐公園案内図  ★公園の中にある瀧三柱神社
1IMG_6573.jpg 2IMG_6580_20120514142854.jpg 3IMG_6585.jpg

★神社の天井画  ★暁嵐の滝は近くに行けないので今一  ★7:35 展望台
4IMG_6591.jpg 5IMG_6596.jpg 6IMG_6620.jpg

★8:30 臼杵石仏を見に行くも、雨のために中止  ★10:45 佐賀関港にやってきました  ★12:40 佐田岬半島の風車公園で昼食
7IMG_6628.jpg 8IMG_6638.jpg 9IMG_6650.jpg
写真館へ続く
タグ :

5/13 梶ヶ森

 2012-05-13
梶ヶ森(1400m)  高知県   登り=1:15(龍王の滝駐車場より)
 梶ヶ森には、もっと早く登りたかったが、もう花は終わっているだろうナア?
国見山では、終わりかけのイチリンソウしか見られなくて、今年は諦めていた。
しかし、思いがけず今日、ピークの花が20輪ほど咲いていてくれて幸せ・・・・・
 ミツバツツジは殆ど終わっていたが、こんなに多いとは知らなかった。


★7:35 田植えの準備が整っている  ★8:30 新緑が気持ち良い。山はいいなあ  ★イチリンソウを発見したが、まだ目覚めていない。帰りに期待しよう
1IMG_6723.jpg 2IMG_6724.jpg 3IMG_6728.jpg

★9:10 咲き残りのミツバツツジを眺めながらビールタイム  ★12:00 イチリンソウが綺麗に咲いていた  ★本日の収穫(頂上下で採ったので、リュックが重かった)
4IMG_6736.jpg 5IMG_6768.jpg 6IMG_6783.jpg
写真館へ続く
タグ :

4/19 観音滝

 2012-05-12
観音滝   落差=77m  大分県佐伯市   登り=1:20   下り=1:00
 昨日は10時間近く歩いたので、今日は休養して明日、観音滝と木山内岳に登る予定だったが、明日からずっと天気が悪いみたいなので、観音滝だけに行く事にした。今日も午後から天気が崩れるみたい。

★6:50 林道脇の花  ★7:15 入口(駐車場に車が一台停まっていたが何処にいったのだろう)
★3年前は崩落して通行止めになったいた場所
01IMG_6488.jpg 02IMG_6493.jpg 03IMG_6495.jpg

★下は綺麗な甌穴  ★渓谷沿いの遊歩道を行く  ★対岸に渡る
04IMG_6497.jpg 05IMG_6498.jpg 06IMG_6514.jpg

★山道になる  ★前方で何かが動いている。人間だった  ★8:30 色々と話をしながら滝に辿り着いた
07IMG_6516.jpg 08IMG_6521.jpg 09IMG_6530.jpg

★落差は十分だが水量が少ない  ★一緒に撮影タイム  ★彼は左サイドから狙う
10IMG_6532.jpg 11IMG_6542.jpg 12IMG_6545.jpg

★★私は少し上で撮影中  ★彼は滝マニアで、凄く詳しい。滝の話をしながら駐車場まで帰った
1IMG_6546_20120512195809.jpg 2IMG_6547_20120512195808.jpg 3IMG_6550_20120512195807.jpg
あとがき(千葉県袖ケ浦の方の話) 
 彼は、57才の現役の方。
高校の時は山岳部だったが、最近は山には全然登らずに滝ばかりにいっている。理由を聞くと、山は時間が掛かるが滝は短い時間で、十分に自然が味わえる。
 日本に名前の付いている滝は一万以上あって、その内の3000くらいの滝に行ったらしい。
四国の滝の事も良く知っていて、にこ渕の事とか、魔戸の滝に行く林道が崩落しているとか、何でも知っている。
屋久島は、今年の6月に初めて行くと言うので、これだけは、私が色々と教えてあげた。

写真館へ続く
タグ :

4/18 鹿納山

 2012-05-11
鹿納山(かのうやま)1567m  九州百名山  宮崎県日之影町  登り=5:10  下り=4:10
 鹿納山は鹿納坊主とも呼ばれ、何処からでも目立つ岩峰の山。一度は登りたいと、ずっと前から思っていた。
宮崎県側から登ると2時間で登れるが、林道のアプローチが長くて、帰宅ルート(国道10号)から往復すると車の走行距離が相当長くなる。時間は掛かるが、大分県の夏木山登山口から登ることにした。


★4:00 夏木山登山口を出発  ★5:50 夏木山の下で日の出を迎える  ★6:00 夏木山
01IMG_6325.jpg 02IMG_6338.jpg 03IMG_6345.jpg

★目指す鹿納山に朝日が当たっている  ★7:45 五葉岳  ★下って、お姫山へ登り返す(左大崩山)
04IMG_6349.jpg 05IMG_6361.jpg 06IMG_6373.jpg

★8:10 お姫山  ★ロープを下って、お姫山を振り返る  ★平坦で楽しい尾根道を歩く
07IMG_6392.jpg 08IMG_6401.jpg 09IMG_6408.jpg

★8:30 ブナの三叉路  ★鹿納の野へ下って登りかえす  ★9:00 鹿納の野
10IMG_6412.jpg 11IMG_6415.jpg 12IMG_6420.jpg

★奥が鹿納山(手前を岩峰が塞いでいるが、どんなルートで登るのだろう・・・  ★先ずは、右に下る 
★左折して巻き道に入る
01IMG_6433.jpg 02IMG_6434.jpg 03IMG_6439.jpg

★見上げれば岩陵が覆い被さる  ★ロープを登って、右に延びた岩陵を乗り越える  ★乗り越えた岩陵の先(下山時に、乗り越える場所が分からずにウロウロした場所※要注意。マークが欲しい所)
04IMG_6440.jpg 05IMG_6442.jpg 06IMG_6443.jpg

★大分、近ずいてきた  ★この沢山のテープは何の意味?  ★松の生えた岩峰
07IMG_6446.jpg 08IMG_6447.jpg 09IMG_6450.jpg

★やっと基部に取付く  ★9:55 岩だらけの頂上(岩峰だから当然か)  ★10:30 展望写真を撮って、昼食を終えて下山開始(天気は最高だが、帰りの事を考えると、そんなにのんびりは、できない)
10IMG_6453.jpg 11IMG_6454.jpg 12IMG_6468.jpg

★この岩陵の下をトラバースする  ★今年初のアケボノツツジ  ★15:20 無事に帰ってきた
1IMG_6470.jpg 2IMG_6481.jpg 3IMG_6484_20120511203319.jpg
あとがき 
 夏木山~五葉岳は、以前(2009.5.11)に登った時は快適な道だったが、今時は、まだ歩かれていなくて落葉で道が分からなくなっている。標識はほとんど無くてテープもまばらなので、緊張の連続で疲れた。
五葉岳から先も、今年に入ってまだ歩かれていないようで、道が踏み固まっていなくてボコボコして歩きにくい。
 鹿納の野から鹿納山の間は、元々歩く人は少ないルートのようで、岩場のトラバース部分で分かりにくい所がある。特に天気が悪い時は止めた方が良いと思う。

別館へ続く
タグ :

4/17 冠岳

 2012-05-09
冠岳(438m)   宮崎県日向市東郷町   登り=1:05(日の丸台まで)  下り=1:00
 山と渓谷社の分県登山ガイドに「町を見下ろす展望と山桜が美しい山」と紹介されている。

★6:45 冠橋を渡る  ★7:15 立派な登山口標識  ★初級者コースへ進む
01IMG_6202.jpg 02IMG_6207.jpg 03IMG_6208.jpg

★7:20 非常に親切な標識  ★初級者にはチョット危ない横道  ★コルの分岐
04IMG_6213.jpg 05IMG_6217.jpg 06IMG_6226.jpg

★8:05 頂上は展望が無い  ★千畳岩から雲海を見て尾根に引き返す  ★ツツジが綺麗
07IMG_6232.jpg 08IMG_6237.jpg 09IMG_6240.jpg

★日の丸台へ右折  ★8:25 日の丸台  ★低山ながら素晴らしい展望
10IMG_6241.jpg 11IMG_6251.jpg 12IMG_6266.jpg

★★北峰コースは快適な展望ルート(登りもこちらにすれば良かった)  ★9:50 下山
1IMG_6292_20120509154321.jpg 2IMG_6301.jpg 3IMG_6314.jpg
別館へ続く
タグ :

4/16 青島~高鍋湿原

 2012-05-09
★★6:00 青島へ     ★9:10 西都原古墳群
01IMG_3346.jpg 02IMG_3352.jpg 03IMG_6132.jpg

★★鬼の窟(おにのいわや)古墳     ★展望台
04IMG_6140.jpg 05IMG_6143.jpg 06IMG_6151.jpg

★11:20 偶然通り掛かったシバザクラ祭り    ★★12:10 やっと行き着いた高鍋湿原
07IMG_6158.jpg 08IMG_6169.jpg 09IMG_6170.jpg
写真館へ続く
タグ :

4/15 都井岬~道の駅フェニックス

 2012-05-08
都井岬~日南フェニックスロード~道の駅なんごう~鵜戸神社~鬼の洗濯板~堀切峠~道の駅フェニックス

★6:20 駒止の門(早朝のため門番がいないので、右のゲートを開けて入る)  ★あちこちに馬が居る
★6:50 都井岬灯台(開門は9時からで有料)
01IMG_5934.jpg 02IMG_5960.jpg 03IMG_5968.jpg

★7:40 御崎神社入口  ★7:45 ソテツ自生地  ★8:10 南灯台
04IMG_5970.jpg 05IMG_5979.jpg 06IMG_6000.jpg

★9:35 道の駅なんごう  ★遊歩道や展望デッキがある  ★10:40 上部の駐車場でカレーを作って昼食
07IMG_6033.jpg 08IMG_6039.jpg 09IMG_6043.jpg

★11:50 鵜戸神社への道路より  ★12:10 鵜戸神社へ向かう  ★安産の神様なので若い女性が多い
10IMG_6051.jpg 11IMG_6057.jpg 12IMG_6071.jpg

★14:20 鬼の洗濯板  ★15:00 堀切峠の遊歩道を歩く  ★15:20 道の駅フェニックス展望台
1IMG_6095.jpg 2IMG_6101.jpg 3IMG_6102_20120508162105.jpg

★後ろの山手に遊歩道がある  ★16:50 ただ今、夕食中  ★18:20 東向きなので夕日はダメ
4IMG_6115.jpg 5IMG_6116.jpg 6IMG_6119.jpg
都井岬&日南フェニックスロード写真館へ続く
鵜戸神社写真館へ続く
タグ :

4/14 たるみず駅&鹿屋航空基地史料館

 2012-05-07
 道の駅たるみずは7周年で、今日は大創業祭が行われるらしい。
温泉にも入りたいので昼まで居る事にした。


★6:30 足湯前の広場を水で洗っている。聞くと、火山灰を流しているとか  ★火山灰は白い灰かと思っていたが、黒い砂状だった。これを洗い流すのは大変  ★左の橋は平成20年に完成した牛根大橋
01IMG_5892.jpg 02IMG_5895.jpg 03IMG_5896.jpg

★芋ケンピでなくてかりんとうなんだ・・・  ★九州では鶏の刺身が良く売られている。四国では見かけない  ★タンカンを買ったが屋久島の物ほど美味しくない
04IMG_5900.jpg 05IMG_5901.jpg 06IMG_5902.jpg

★温泉から出るとお祭りが始まっていて、焼肉を戴いた  ★今日の昼食は無料の焼肉と、物産館で買ったお惣菜、初物のビワ、それとビール  ★サツキ街道が延々と続く
07IMG_5904.jpg 08IMG_5909.jpg 09IMG_5913.jpg

★13:20 鹿屋航空基地史料館  ★ロビー  ★屋外には、役目を終えた飛行機が展示されている
10IMG_5916.jpg 11IMG_5919.jpg 12IMG_5930.jpg
写真館へ続く
タグ :

4/13  屋久島~鹿児島

 2012-05-07
 フェリーの予約は明日だが、天気も悪いしやる事も無くなったので、今日のフェリーに変更した。
午前中は屋久島空港まで、のんびりとドライブして過ごす。
 出港が30分遅れて、到着は1時間30分も遅れてしまった。今夜の泊地の道の駅たるみずまで、雨が降る暗い国道を必死で運転して、9時頃にやっと着いた。夕食の食材は宮之浦で買っていたので良かった。


★ふれあいパーク屋久島  ★屋久島空港  ★12:40 お迎えのフェリーが入港してきた
1IMG_5845.jpg 2IMG_5850.jpg 3IMG_5854.jpg

★13:35 出航時刻は過ぎているのにまだ乗船できない。コンテナの出し入れに時間が掛かり、トラックはバックで乗船する。こんなフェリーは初めて見た   ★★5日間泊まった松林公園下の岸壁駐車場
4IMG_5860.jpg 5IMG_5863.jpg 6IMG_5864.jpg

★桜島フェリー  ★鹿児島港  ★18:45 桜島フェリーに乗船。フェリーを乗り継いだのは初めて
7IMG_5884.jpg 8IMG_5889.jpg 9IMG_5890.jpg
タグ :

5/6 県中東部花巡り

 2012-05-06
金剛寺~帰全山公園~国見山~万葉植物園
 花巡りに行ったのだが、本命の国見山のカタクリが終わっていてガッカリ・・・・・
去年は5月6日に満開だったのに一輪も残っていなかった。
イチリンソウ、ニリンソウ、ヤマシャクヤクも全て終わっていた。  


金剛寺
1DSC05081.jpg

★帰全山公園      ★国見山
2DSC05103.jpg 3DSC05130.jpg
写真館へ続く
タグ :

4/12 縄文杉

 2012-05-05
縄文杉(白谷雲水峡コース)    登り=4:05   下り=3:50
 縄文杉は安房周辺に居る時に、荒川登山口から登る積りだったが、白谷雲水峡から行っても、そんなに時間は変わらない、と言う話を聞いたので変更した。
 シャトルバスに乗る必要がないので、時間の制約も無いしバス代(¥1700)も助かる。
それに、下山してから冷えたビールが飲めるので一石三鳥になる。即、決定した。


★5:15 宮之浦の夜景  ★6:45 辻峠(入口を5:20分に出発)  ★石畳の道が続く
01DSC04987.jpg 02IMG_5714.jpg 03IMG_5717.jpg

★歩きやすい道で良かった  ★7:15 トロッコ道に合流  ★トロッコ道を行く
04IMG_5720.jpg 05IMG_5721.jpg 06IMG_5723.jpg

★山桜は葉桜になっている  ★沢の音は聞こえているが、殆ど見えない  ★8:30 トロッコ道終点
07IMG_5746.jpg 08IMG_5747.jpg 09IMG_5748.jpg

★山道を登る  ★8:45 ウイルソン株  ★中に祠がある
10IMG_5754.jpg 11IMG_5759.jpg 12IMG_5760.jpg

★木道が整備されて歩きやすい  ★9:30 大王杉  ★9:35 夫婦杉
01IMG_5773.jpg 02IMG_5777.jpg 03IMG_5782.jpg

★門を潜る  ★縄文杉の展望デッキが見えてきた  ★10:00 縄文杉は思っていたより元気で良かった
04IMG_5784.jpg 05IMG_5785.jpg 06IMG_5803.jpg

★10:05 人が多いので落ち着いて見られない  ★10:10 サバの頭  ★12:45 楠川分かれ
07IMG_5807.jpg 08IMG_5808.jpg 09IMG_5819.jpg

★岩屋(往きでは気付かなかった)  ★13:35 辻峠  ★13:50 太鼓岩より安房川(前より遠望できた)
10IMG_5820.jpg 11IMG_5821.jpg 12IMG_5829.jpg

★中央が足を引っ掛けて転倒した根  ★もののけの森(15:05 入口着)  ★今日も丸高水産でゲット
1IMG_5834_20120505135936.jpg 2IMG_5836.jpg 3IMG_5842.jpg
別館へ続く
タグ :

4/10 宮之浦観光

 2012-05-04
★5:45 宮之浦川の夜明け    ★7:05 益救神社  
01IMG_3311.jpg 02IMG_5495.jpg

★7:30 火之上山緑地     ★8:50 屋久島総合自然公園
03IMG_5500.jpg 04IMG_5523.jpg

★★★14:20 海楽園キャンプ場
「屋久島の事をネットで調べていて行き当ったホームページで、死の旅に出て、最後は沖縄で切腹するという壮絶なもので、ショックを受けた」
このキャンプ場は、その方が長期間キャンプを張っていた所
05IMG_5651.jpg 06IMG_5653.jpg 07IMG_5654.jpg

★★15:35 楠川港
08IMG_5660.jpg 09IMG_5663.jpg

★15:45 屋久島大社     ★初めて見る花
10IMG_5666.jpg 11IMG_5680.jpg

★★天然の鯛がこんなに沢山で安い。全部食べれるだろうか?
12IMG_5650.jpg 13IMG_5649.jpg

★18:25 豪華客船が出港して行く。屋久島滞在は10時間だった
14DSC04971.jpg 15DSC04974.jpg
宮之浦観光の追加画像はこちら
自然公園の追加画像はこちら
タグ :

4/9 屋久島半周ドライブ

 2012-05-04
 昨日は疲れ果てて早く寝てしまったので、早朝(AM2:00)に目が覚めてしまった。
塩見表を見ると、まだ平内海中温泉に入れそうなで、急いで車を走らした。
 温泉に着くと月夜で良い感じ。誰も居ないと思っていたが、隅の方で女性の声がしてビックリする。
地元の方みたいで、少し話をする。
その内に帰ったので、一人温泉にのんびりと浸かり、昨日の花山歩道登山の疲れを癒した。極楽極楽・・・・


★6:30 仲間のガジュマル  ★7:10 4月6日に上部林道から挑戦したが見れなかった、お谷ヶ滝に小揚子橋の左岸から再挑戦する
01IMG_5339.jpg 02IMG_5347.jpg

★小揚子川が綺麗  ★7:25 又もや、行く手を阻まれて撤退する
03IMG_5351.jpg 04IMG_5348.jpg

★バス回転広場より  ★9:30 西部林道へ進行
05IMG_5353.jpg 06IMG_5354.jpg

★10:30 屋久島灯台      ★10:55 永田へ
07IMG_5373.jpg 08IMG_5391.jpg

★12:05 横川渓谷      ★12:40 永田前浜
09IMG_5399.jpg 10IMG_5409.jpg

★★12:50 永田いなか浜
11IMG_5423.jpg 12IMG_5424.jpg

★13:10 大浦の湯      ★13:35 布引の滝
1IMG_5428.jpg 2IMG_5439.jpg

★14:10 一湊灯台      ★14:40 矢筈神社
3IMG_5451.jpg 4IMG_5468.jpg
西部林道周辺ドライブへ続く
矢筈岬追加写真へ続く
タグ :

4/8 永田岳(花山歩道)撤退

 2012-05-02
鹿之沢小屋(1550m)    登り=林道1:35+登山道4:35=6:10   
                  下り=登山道3:50+林道0:30(車同乗)=4:20

 花山歩道は屋久島の西部、大川の滝上付近から、鹿之沢小屋に至る道で「原生自然環境保全地域」に指定され、屋久島の中でも最も原生に近い姿を見る事ができる。
ネットで、この文章を見て、一度歩いてみたい気持ちになってきた。出来れば永田岳にも登りたい。
 今回の屋久島への旅で、一番の難関コースに挑戦する日がやってきた。
悩む所は林道の状態がハッキリしない事。車で行くか、歩くか決めかねて、現地に来て情報を集める事にした。
神奈川のご夫婦は、今回そのコースを登る積りだったが、レンタカー会社に大川林道走行はダメと言われ断念。
蛇之口滝の登山道で出会った地元の方は、タクシーは行ってくれない。ゆっくり歩いても1:30分で行ける。
ということで、歩く事にした。(私の車でもゆっくり走れば行けそうだった。八ヶ岳の赤岳への林道より良い) 


★4:20 県道を出発(前日撮影)  ★6:00 歩道入口到着  
★6:15 休憩して出発(県道5.6km  永田岳10.3km)永田岳までは結構遠い
01IMG_5176.jpg 02IMG_5218.jpg 03IMG_5221.jpg

★6:30 横道から尾根に出る  ★6:45 快適な尾根道  ★7:20 ガレ場の横道
04IMG_5223.jpg 05IMG_5227.jpg 06IMG_5233.jpg

★7:30 大木が現れ始める  ★7:40 世界自然遺産登録地域に入る  ★8:10 屋久杉が多くなる
07IMG_5235.jpg 08IMG_5237.jpg 09IMG_5248.jpg

★8:45着 大竜杉で休憩 発9:00 予定では花山広場まで2:00だが手前の大竜杉まで2:30も掛かっている
★9:15 花山広場(そんなに広くなくて今一)  ★9:55 しんどい道が続く
10IMG_5256.jpg 11IMG_5263.jpg 12IMG_5269.jpg

★10:25 大岩展望台は広い岩で解放感がありのんびりできる(前は切れ落ちているが、遠望は良くない)
★10:55 永田岳が初めて見える  ★11:10 ローソク岩の先端も見えた
01IMG_5274.jpg 02IMG_5283.jpg 03IMG_5286.jpg

★11:20 これは何山か分からない  ★沢を渡る  ★やっと小屋が見えた
04IMG_5288.jpg 05IMG_5291.jpg 06IMG_5293_20120502142110.jpg

★11:23 鹿之沢小屋は小さな建物。永田岳はタイムアップで諦めて、昼食にする
★永田歩道入口はシャクナゲが一杯  ★11:55 永田岳への登山道を左に見て、下山開始
07IMG_5294.jpg 08IMG_5299.jpg 09IMG_5300.jpg

★数本の木が絡まっている  ★原生の森より、こんな森の方が好き  ★13:55 花山広場
10IMG_5319.jpg 11IMG_5320.jpg 12IMG_5321.jpg

★16:10 林道に下山。
今からだと栗生のSマートの閉店(18:00)に間に合うかもしれない(何時も無料の氷をもらっている)
★★16:40 急ぎ足で林道を歩いていると、車が停まって「乗りませんか」と天の声が聞こえた。本当にうれしかった。
車の中で色々と話をしていると、親子で同じ林業の仕事に就いていることが分かって驚いた。
綺麗で活発な素敵な方だった。あの節は本当にありがとうございました。
1IMG_5327_20120502144316.jpg 2IMG_5334.jpg 3IMG_5331.jpg

 花山歩道は、明るい間はテープを追いかければ心配ないが、暗くなってライトの光だけではテープが分からないので遭難するかも分からない。直線の道は殆ど無くて、右に左に行かなくてはいけないし、アップダウンもある。
踏み跡も所々で途切れる場所もあって気が抜けない。


★今夜は乗合バスの回転広場で泊る  ★★ここは夕日を見るビューポイントで昨日も来たが風が強くて止めた。今日は風は無いが、海に沈む前に靄の中に消えた(右方は口永良部島)
4IMG_5336.jpg 5IMG_3291_20120502144312.jpg 6IMG_3292.jpg
写真館へ続く
タグ :

4/7 大川の滝

 2012-05-01
大川の滝(おおこのたき)   落差88m   日本の滝100選
 屋久島で最大級の高さと水量を誇り、高さ88mから流れる光景は大迫力とガイド本に書かれている。

★この橋の袂に狭い駐車場がある  ★遊歩道を少し歩くと滝が見えてくる
1IMG_3258.jpg 2IMG_5177.jpg

★滝の下流の流れ  ★斜めに落ちる滝(屋久島には直瀑は少ない)
3IMG_3259.jpg 4IMG_5178.jpg

★栗生のSマートで一升瓶(¥1810)を買ったのでグッスリ飲める
★今夜は滝の駐車場で車中泊なので、薄暗く(PM7:00)なって撮影に行く。幻想的でなかなか良いかも
5IMG_5209_20120501163110.jpg 6DSC04963.jpg
写真館へ続く
タグ :

4/7  湯川の滝&栗生海岸

 2012-05-01
★湯川(ユーゴ)の滝は沢登りでないと行けない  ★栗生海岸は素晴らしい景色が見られる
01IMG_5160.jpg 02IMG_5170.jpg
別館へ続く
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。