スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

8/24 武尊山

 2012-12-28
武尊山(ほたかやま)2158m  100名山  群馬県みなかみ町  登り=4:00  下り=3:00
 昨晩は広い駐車場に一人だけで淋しかったが、早朝には一台停まっていた。真夜中に着いたものと思う?

★4:50 武尊神社前を通過  ★林道の奥は荒れて用を成していない  ★5:40 どちらのルートで登るか迷ったが2.2kmで、距離が短い剣ヶ峰コースを選ぶ
1IMG_6250.jpg 2IMG_6255.jpg 3IMG_6256_20121228190944.jpg

★最初は砂利の水平道  ★5:50 枝沢を渡る  ★樹林の歩きやすい道
4IMG_6257.jpg 5IMG_6258.jpg 6IMG_6259.jpg

★6:25 枝沢を行く  ★6:30 歩きやすい道も終わり、荒れた道になる  ★7:15 次は胸突き八丁の滑りやすい大石の急登(この道は下りに使いたくないと思う)
7IMG_6267.jpg 8IMG_6269.jpg 9IMG_6277.jpg

★7:20 本日、初めての展望(右方は中ノ岳)  ★道は緩くなってきたが、所々で段差がある  ★7:45 木の間から見えていた谷川岳がスッキリと見えるようになった
1IMG_6284.jpg 2IMG_6292_20121228192320.jpg 3IMG_6304.jpg

★段差の道は続く  ★8:05 やっと尾根に着いた  ★8:10 剣ヶ峰頂上は狭い(人が居てビックリする)
4IMG_6306_20121228192322.jpg 5IMG_6323.jpg 6IMG_6327.jpg

★8:40 展望写真を撮り終えて、休憩してから武尊山に向かう  ★剣ヶ峰から見た、なだらかな道もアップダウンが多い  ★9:55 頂上(地元の方達は武尊神社コースで無く、別ルートから登る人が多いらしい)
7IMG_6358.jpg 8IMG_6368.jpg 9IMG_6394.jpg

下山
★10:20 下山開始(剣ヶ峰)  ★10:40 鎖場、ハシゴ場が5ヶ所あった  ★11:45 避難小屋分岐(持参の地図は、この付近から左に分岐道が有るはずだが見当たらない)
1IMG_6396.jpg 2IMG_6398.jpg 3IMG_6400.jpg

★12:00 往ったり来たりして、この標識を見つけた(地図より大分、先だった)  ★13:00 元の分岐箇所にやっと帰ってきた。ヤレヤレ・・・・  ★13:40 車が増えている
4IMG_6403_20121228194703.jpg 5IMG_6404.jpg 6IMG_6406.jpg

剣ヶ峰展望
★南方面(皇海山・赤城山・富士山・玉原湖)
01IMG_6346 パノラマ写真

★赤城山・富士山     ★富士山
02IMG_6326.jpg 03IMG_6356.jpg

★西方面(玉原湖・苗場山・谷川岳・巻機山・中ノ岳)
04IMG_6330 パノラマ写真

★苗場山      ★谷川岳
05IMG_6322.jpg 06IMG_6342.jpg

★左巻機山・右中ノ岳     ★中ノ岳と後方に覗く越後駒ケ岳
07IMG_6311.jpg 08IMG_6343_20121228195716.jpg

★武尊山(左沖武尊・右前武尊)
09IMG_6334 パノラマ写真

武尊山展望
★至仏山~燧ケ岳
1IMG_6384.jpg

★前から笠ヶ岳・小至仏山・至仏山     ★会津駒ケ岳・燧ケ岳
2IMG_6386.jpg 3IMG_6393.jpg

★左日光白根山・右皇海山      ★日光白根山・男体山(頂上だけ)
4IMG_6376.jpg 5IMG_6392.jpg

★谷川岳(左から西黒尾根・トマの耳・オキの耳・一ノ倉岳)  ★剣ヶ峰(2020m)

6IMG_6397.jpg 7IMG_6388.jpg
スポンサーサイト
タグ :

8/23 洞元ノ滝・裏見ノ滝

 2012-12-26
洞元ノ滝    落差=7m   群馬県みなかみ町
            県道63号線沿いにあり地図にも載っている。

★14:30 橋の上より滝口     ★展望台より
1IMG_6209.jpg 2IMG_6201.jpg

★ロープを下って直近より上段の滝  ★近くに日本最大級ロックヒルの奈良俣(ならまた)ダムがある
3IMG_6216.jpg 4IMG_6206.jpg

裏見ノ滝    落差=50m    群馬県みなかみ町
             武尊山登山口の近くに、滝入り口がある。

★16:00 5分くらい下ると滝が見えてくる  ★展望台からは全体が見えない  ★滝の裏に道がある
1IMG_6235.jpg 2IMG_6237.jpg 3IMG_6242.jpg

★別ルートで滝の裏を見に行く  ★進入禁止になっている  ★自己責任で向かうが雨が降ってきた。岩陰で雨宿りするが、30分経っても止まないので撤退する

4IMG_6244.jpg 5IMG_6246.jpg 6IMG_6249.jpg
タグ :

8/23 至仏山

 2012-12-25
至仏山(2228m)   100名山   群馬県片品村   登り=2:30  下り=2:00
 至仏山は入山規制や交通規制があり、何時でも気軽に登れる山で無いので敬遠していた。
今回の旅では丁度、車で登山口まで行ける時期になったので登ることにした。


★4:50 朝焼けの鳩待峠を出発  ★最初は水平道  ★登山道は良く整備されている
1IMG_6063.jpg 2IMG_6067.jpg 3IMG_6069.jpg

★駐車料金で出来た木段だろうか?  ★5:30 朝日(右に日光白根山)  ★左の横道になり
4IMG_6073.jpg 5IMG_6078.jpg 6IMG_6081.jpg

★回り込んで進むと  ★5:45 展望所になる(尾瀬ヶ原に雲海が懸り、燧ケ岳が浮かんで良い景色)
★目指す頂上が見えてきた(手前は小至仏山で、頂上は右の奥)
7IMG_6086.jpg 8IMG_6089.jpg 9IMG_6099.jpg

★6:20 オヤマ田代  ★古い木道の横道  ★少し岩場登りがある
1IMG_6102.jpg 2IMG_6111.jpg 3IMG_6115_20121225212657.jpg

★尾根に向かう木段  ★6:45 小至仏山  ★岩場に咲く花
4IMG_6117.jpg 5IMG_6121.jpg 6IMG_6124.jpg

★7:35 お花畑は続く  ★7:40 頂上  ★燧ケ岳が近い
7IMG_6141.jpg 8IMG_6143.jpg 9IMG_6144.jpg

散策
登り専用登山道を少し下って散策に行くことにした。

★高天原に木段が続いている  ★尾瀬ヶ原を見て散策終了  ★8:25 頂上に向かって登り返す
1IMG_6170.jpg 2IMG_6171.jpg 3IMG_6179.jpg

展望&花
★雲海の尾瀬ヶ原     ★会津駒ケ岳(左奥)と燧ケ岳
1IMG_6092_20121225213527.jpg 2IMG_6090.jpg

★中央日光白根山      ★男体山(左奥)・日光白根山
3IMG_6113.jpg 4IMG_6163.jpg

★前から小至仏山・笠ヶ岳・武尊山  ★尾瀬ヶ原
5IMG_6151.jpg 6IMG_6176.jpg

お花畑

7IMG_6140.jpg 8IMG_6185.jpg
タグ :

8/22 吹割の滝

 2012-12-24
吹割の滝   100名瀑  落差=7m  幅=30m   群馬県沼田市  一周≒1:00
 流れによって浸食されたV字谷に懸り、そこに向かって三方から河川が流れ落ち、その姿から東洋のナイアガラと呼ばれている。近くには高さ8m、幅6mの鱒飛の滝がある。

★11:00 鱒飛の滝  ★鱒飛の滝の滝口  ★対岸の岸壁
1IMG_6013_20121224154946.jpg 2IMG_6011.jpg 3IMG_6015.jpg

★エメラルドグリーンの水が綺麗  ★滝の回りには白線が引かれているので近寄れない(折角、長靴を履いてきたのに残念・・・)  ★浮島橋
4IMG_6018_20121224154950.jpg 5IMG_6026.jpg 6IMG_6037.jpg

★対岸の遊歩道より全景  ★遊歩道は相当上部に造られているので遠くて展望はイマイチ  ★12:10 橋の袂の無料駐車場に帰ってきた
7IMG_6046.jpg 8IMG_6056.jpg 9IMG_6058.jpg

吹割の滝
 白線の外側に行けるが、観光客が多かったので自粛した。
ネットに載っているようなアングルから写真が撮れなくて残念だった。


1IMG_6024_20121224155925.jpg 2IMG_6033.jpg

3IMG_6035.jpg 4IMG_6047.jpg
滝見物も終わり、二日分の食材を仕入れて、今夜の泊地の鳩待峠に向かう(鳩待峠は至仏山の登山口)

鳩待峠
★登山口の直ぐ前に停めれてラッキー  ★駐車料金3500円は超高い(宿で素泊まりが出来そう)

1IMG_6061_20121224155944.jpg 2IMG_6062.jpg
タグ :

8/22 砂川大滝

 2012-12-24
砂川大滝   落差=30m   群馬県沼田市   往き=0:27  帰り=0:10
 赤城山北麓の赤城川に懸る滝で、地図には載っていないがネットで見つけた。

★8:25 林道の路肩にデポして、手摺付の階段を降りる  ★川に出ると下流側にテープがあった
★滝が有りそうにないのでUターンする
1IMG_5973.jpg 2IMG_5975_20121224091225.jpg 3IMG_5977_20121224091226.jpg

★上流側にもテープ  ★沢を歩く
4IMG_5978.jpg 5IMG_5980.jpg

★滝が見えてきた  ★8:52 滝前に到着
6IMG_5982.jpg 7IMG_5983.jpg

帰り
★9:20 左岸を歩き  ★陸に上がると道があった  ★9:25 舗装林道に出て少し歩くと車が見えた
1IMG_6001.jpg 2IMG_6002.jpg 3IMG_6004_20121224091835.jpg
 滝散策の鉄則は上流に向かう事は分かっているが、今回のようにテープがあると、ついついその方向にいってしまう(下流に向かうと滝の上に出て、滝は見られない・・・・)

正面より
1IMG_4313.jpg 2IMG_4315.jpg

3IMG_4316_20121224092230.jpg 4IMG_4319.jpg

左サイドより

5IMG_5987.jpg 6IMG_5991.jpg

7IMG_5993.jpg 8IMG_5997.jpg
タグ :

8/21.22 丸沼&道の駅白沢

 2012-12-23
★★★15:10 日光白根山の登山を終えて丸沼見物
01IMG_5967.jpg 02IMG_5964.jpg 03IMG_5963.jpg 
今夜は至仏山登山口の鳩待峠で車中泊の予定だったが、食材を求めて道の駅白沢まで来てしまった。

8/22 道の駅白沢
★5:40 近くで車中泊をしていた軽四仲間の御夫婦とお話し  ★後方は2段になっている
04IMG_5972.jpg 05IMG_5971.jpg

★サイドは大きなケースが2個     ★車内の上段にはケースが整然と並び、食事用のテーブルが差し込むようになっている(色々と工夫されて、快適な旅が出来そう。今後の参考になった)

06IMG_5970.jpg 07IMG_5969.jpg
タグ :

8/21 日光白根山

 2012-12-23
日光白根山(2578m)  100名山  群馬県片品村  登り=2:45(休憩含)  下り=2:50(実働)
 関東地方の最高峰で国内では、これより北や東に日光白根山より高い山はない。
この山に多く自生することから名付けられたシラネアオイも現在では、ほとんど見ることはできなくなり、自然環境の変化が進んでいる。


★5:15 男体山の夜明け前  ★6:00 登山口P(今年から有料)  ★6:10 お花畑を通って山道へ
1IMG_5789.jpg 2IMG_5792.jpg 3IMG_5794.jpg

★★駐車場有料効果で整備されて歩きやすい  ★7:40 弥陀ヶ池
4IMG_5797.jpg 5IMG_5800.jpg 6IMG_5814.jpg

★山の全容が見える  ★7:45 五色沼との分岐を右にとって頂上に向かう  ★8:00 展望が開ける
7IMG_5822.jpg 9IMG_5827.jpg 9IMG_5835.jpg

★五色沼も見えてきた  ★★岩の急坂を頑張って登る
1IMG_5838.jpg 2IMG_5842_20121223100003.jpg 3IMG_5845.jpg

★8:30 沼、池が3つも見える  ★最後の登りか?  ★8:35 尾根に出た
4IMG_5851.jpg 5IMG_5856.jpg 6IMG_5864_20121223100027.jpg

★8:45 頂上標識かと思ったが、違った  ★下って登り返す  ★8:50 頂上(狭いが360度の大展望)
7IMG_5872.jpg 8IMG_5875.jpg 9IMG_5880.jpg

下山
★男体山を見ながら下山開始  ★五色沼が綺麗  ★道を外して遠回りしたが頂上全景が見られた
1IMG_5909.jpg 2IMG_5911.jpg 3IMG_5914.jpg

★お花畑もある  ★10:20 避難小屋手前の広場で休憩  ★10:55 五色沼
4IMG_5929.jpg 5IMG_5933.jpg 6IMG_5945.jpg

★頂上は見る方向によって姿を変える  ★11:20 弥陀ヶ池  ★12:50 料金所で1000円支払う
7IMG_5941.jpg 8IMG_5954.jpg 9IMG_5959.jpg

展望・景色・花
 頂上は岩場なので完全な360度のパノラマ展望がある。
昨日(男体山)ほどの好天でないので、遠くの山が霞んでいたが富士山も見えたので良い方かも。


★左から太郎山・女峰山・大真名子山・志津乗越・男体山・中禅寺湖・半月山
01IMG_5890 パノラマ写真

★南方面パノラマ(富士山~武尊山)
02IMG_5883 パノラマ写真

★富士山     ★武尊山
03IMG_5899.jpg 04IMG_5862.jpg

★燧ケ岳・会津駒ケ岳・丸沼・菅沼・弥陀ヶ池の絶景     ★五色沼
05IMG_5850.jpg 06IMG_5916.jpg

★★五色沼
07IMG_5912.jpg 08IMG_5947.jpg

★オダマキ     ★早くもトリカブトが咲いてる

09IMG_5924.jpg 10IMG_5926.jpg
そんなに時間も掛からずに、素晴らしい展望が望めて、池や沼、湖が5つも見られて良い山だった。
タグ :

8/20 竜頭滝と湯滝

 2012-12-22
★★13:50 竜頭滝は柵があり観光客も多いので中に入れない  ★土産物店の前から見るだけ
1IMG_5738_20121222160929.jpg 2IMG_5742.jpg 3IMG_5750.jpg

★14:40 湯滝への道路は有料なので上から階段を降りる  ★★展望台より
4IMG_5760.jpg 5IMG_5765.jpg 6IMG_5766.jpg

★展望台と下流  ★泊地の三本松駐車場より男体山  ★食料が無くなったのでレストランで夕食

7IMG_5768.jpg 8IMG_5784.jpg 9IMG_5779.jpg
【あとがき】
 中禅寺湖周辺には土産物店やレストランは沢山あるが、食料や野菜、氷を売っているコンビニ等が全然無い。
観光地や登れる山も沢山あるが、車中泊での旅をしている者にとって、あまり長居はできない。
タグ :

8/20 男体山

 2012-12-22
男体山(2484m)  100名山   栃木県日光市  登り=1:40  下り=1:30
 男体山の山名は女峰山との対で付けられたものと考えられる。男体山と女峰山は間に大真名子山、小真名子山という二つの子を抱え、また北西には太郎山を擁し、火山一家を成している。

★7:18 志津峠登山口を出発  ★7:20 林道を少し歩いて山道へ  ★石仏などが並んでいる
1IMG_5620.jpg 2IMG_5621.jpg 3IMG_5626.jpg

★7:30 一合目  ★7:35 早くも二合目  ★7:40 三合目
4IMG_5629.jpg 5IMG_5631.jpg 6IMG_5633.jpg

★8:10 六合目(合目の基準が分からない)  ★登山道は荒れ放題で歩きにくい  ★8:20 大崩落地
7IMG_5634.jpg 8IMG_5635.jpg 9IMG_5637.jpg

★戦場ヶ原と湯ノ湖が見える  ★建物が見えてきた  ★9:00 頂上(三角点)
1IMG_5658.jpg 2IMG_5663.jpg 3IMG_5672.jpg

★中禅寺湖と中央奥に富士山が見えてきた  ★二荒大神像(こちらの方が頂上の雰囲気がする)
★9:10 太郎神社は少し下る(中禅寺湖の眺めは、ここが良い)

4IMG_5673.jpg 5IMG_5676.jpg 6IMG_5690.jpg

展望
 五竜岳に登って以降、6山(白砂、浅間隠、榛名、赤城、赤薙、半月山)も展望が得られなかった。展望に飢えていたので、今日は富士山まで見られて幸せ!!

中禅寺湖~戦場ヶ原の大パノラマ
01IMG_5683 パノラマ写真

左に半月山スカイラインと半月山・中央に社山
02IMG_5693 パノラマ写真

左より日光白根山・燧ケ岳・太郎山・真名子山・女峰山
03IMG_5664 パノラマ写真

★日光白根山     ★燧ケ岳・太郎山
04IMG_5730.jpg 05IMG_5653.jpg

★燧ケ岳     ★左より小真名子、大真名子、帝釈、女峰山
06IMG_5692.jpg 07IMG_5657_20121222144118.jpg

★富士山と中禅寺湖     ★富士山

08IMG_5711.jpg 09IMG_5710.jpg
タグ :

8/20 明智平

 2012-12-22
 昨日、茶ノ木平から行くのを中止したので、今日は反対側の明智平ロープウェイ駅からリベンジ

★5:09駐車場よりの日の出 ★男体山は見る方向で形が変わる ★5:15登山口に鎖が張られている
1IMG_5590.jpg 2IMG_5591.jpg 3IMG_5593.jpg

★危険個所もない綺麗な道なのに何故通行禁止(ロープウェイ会社の陰謀?)
★上の駅が見えてきた  ★5:40 展望台
4IMG_5595_20121222082809.jpg 5IMG_5596.jpg 6IMG_5598.jpg

見たかった中禅寺湖・華厳の滝・男体山パノラマ

7IMG_5603 パノラマ写真

8IMG_5599.jpg 9IMG_5608.jpg 10IMG_5606.jpg
タグ :

12/20 国見山

 2012-12-21
国見山(1409m)  徳島  登り=1:15  下り=1:00(尾根散策含む)
 林道には雪がなくて、上の登山口まで車で行けた。
山にも雪が少なかったので、霧氷はダメかと思ったが、今までで一番の霧氷が見られた。


★7:40 ロケーションの悪い所で日の出を迎える  ★8:00 出発(青い空、白い雲海と雪が良い感じ)
★雪が少ない(長靴のスパイクがガリガリと音をたてる

1IMG_5043.jpg 2IMG_4764.jpg 3IMG_4767_20121221142800.jpg

★8:20 防火帯入口  ★★8:25 早くも霧氷が現れる(積雪量と霧氷は関係ないみたい)
4IMG_4772.jpg 5IMG_4776.jpg 6IMG_4787_20121221142819.jpg

★8:45 横道の霧氷はあまり成長していない  ★★しかし尾根に少し上がると霧氷の嵐(帰りに散策)

7IMG_4815.jpg 8IMG_4818.jpg 9IMG_4819.jpg

★★霧氷のトンネルを行く  ★小屋が綺麗になっている
1IMG_4823.jpg 2IMG_4850.jpg 3IMG_4869.jpg

★抜け落ちそうだった床も張り替えられている  ★★9:15 頂上は全面、白の世界で展望なし
4IMG_4870.jpg 5IMG_4871.jpg 6IMG_4872.jpg

★おぼろ太陽が覗き ★9:45 少し青空がみえた ★10:00 寒いので小屋に戻り昼食を摂って待機
7IMG_4885.jpg 8IMG_4888.jpg 9IMG_4891.jpg

下 山
★11:00 頂上にもう一度行ったが晴れそうにないので諦める  ★初めての登山者に出会う
★尾根に上がり散策開始(雪が浅いので楽々と歩ける)
1IMG_4892.jpg 2IMG_4893.jpg 3IMG_4895.jpg

★12:00 雪が融けている  ★日が射してポカポカ陽気でビールが飲める!

4IMG_4901.jpg 5IMG_4904.jpg
写真館へ続く
タグ :

8/18~20 中禅寺湖

 2012-12-19
★8/18 18:40 今日は夕焼なし    ★8/18 20:00 ホテル街の夜景
01IMG_5348.jpg 02IMG_5349.jpg

★8/19 5:30 笠を被った男体山     ★8/19 18:00 夕焼
03IMG_5358.jpg 04IMG_5564.jpg

★夕日     ★18:05 夕日を眺めながら焼酎タイム 
05IMG_5569.jpg 06IMG_5575.jpg

★18:10 トンボが遊びに来てくれた     ★18:20 男体山は夕焼せず
07IMG_5579.jpg 08IMG_5584.jpg

★8/20 4:50 男体山の頂上が初めて見える  ★中禅寺湖にお別れ

09IMG_5587.jpg 10IMG_5588.jpg
タグ :

8/19 華厳の滝

 2012-12-19
華厳の滝   日本三大名瀑   落差=93m

★14:35 一番手前の駐車場(200円)に停める  ★駐車場の人に教えてもらった無料展望台へ
★全景が見えなくて今一
1IMG_5507.jpg 2IMG_5509_20121219085756.jpg 3IMG_5510.jpg

★エレベーターに乗る事にする  ★14:50 エレベーターは満員  ★地下トンネル
4IMG_5516.jpg 5IMG_5519.jpg 6IMG_5520.jpg

★水量が多いのは良いが展望台まで水煙が飛んでくる  ★三脚にカメラをセットすると水滴が付く
★15:20 その内に西日が射してきて、逆光になって撮影条件は最悪
7IMG_5526.jpg 8IMG_5527.jpg 9IMG_5538.jpg

★右の大岩壁  ★岩壁に咲く、ピンクの花  ★隣に変わった滝があった

1IMG_5539.jpg 2IMG_5541.jpg 3IMG_5529.jpg
写真館へ続く
タグ :

8/19  半月山

 2012-12-18
半月山(1753m)  栃木100名山   日光市   登り=2:35  下り=1:40
       コース:歌ヶ浜駐車場~茶ノ木平~半月山~半月峠~狸窪~歌ヶ浜駐車場
 半月山は車で行けば20分で登れる山だが、茶ノ木平から明智平に行って男体山、中禅寺湖、華厳の滝の絶景を見たいので、下から歩くことにした。

★湖畔道路を歩いて登山口に向かう  ★6:05 登山口  ★整備されて歩きやすい
1IMG_5360.jpg 2IMG_5362_20121218171511.jpg 3IMG_5365.jpg

★こんなに綺麗な光芒を見るのは初めて  ★6:55 茶ノ木平展望所  
★目的の明智平への登山道は笹に覆われて歩きにくそうなので中止する
4IMG_5382.jpg 5IMG_5388_20121218171515.jpg 6IMG_5397_20121218171531.jpg

★★★茶ノ木平は気持ちの良い所

7IMG_5400.jpg 8IMG_5399.jpg 9IMG_5401.jpg

★7:40 展望台があった  ★ここで初めて中禅寺湖が見えた  ★スカイラインに下り立つ
1IMG_5410.jpg 2IMG_5414.jpg 3IMG_5415.jpg

★登山道は笹が深いので道路を歩く  ★第一駐車場から男体山を望む  ★ハイキングコースが沢山ある
4IMG_5419.jpg 5IMG_5423.jpg 6IMG_5424.jpg

★★駐車場から登山道に復帰。ダケカンバが綺麗  ★初めての登山者に出会う
7IMG_5427.jpg 8IMG_5429.jpg 9IMG_5432.jpg

★8:55 頂上は展望なくてガッカリ  ★少し下ると展望台があった  ★ここからの展望は良い
1IMG_5445.jpg 2IMG_5454.jpg 3IMG_5460.jpg

★山名板に富士山と書かれているが、見えるのだろうか  ★下山中  ★9:45 半月峠
4IMG_5467.jpg 5IMG_5472.jpg 6IMG_5474.jpg

★10:30 樹林帯を下って湖畔へ  ★湖畔道路からは木が邪魔で湖はあまり見えない  
★11:15 歌ヶ浜駐車場は満車で、沢山の人で賑わっていた(キャンピングバスもまだ停まっている)

7IMG_5485.jpg 8IMG_5495.jpg 9IMG_5501.jpg
写真館へ続く
タグ :

8/18 いろは坂~中禅寺湖

 2012-12-18
 東照宮の観光を終え、スーパーで買い物をして、日光温泉浴場に浸かって泊地の中禅寺湖畔に向かう。

★16:50 いろは坂はカーブが多くて大変だと思ったが、2車線でのんびり走れる
★5カーブは「ほ」(カーブにいろは・・・の名が付いている  ★17:00 展望所(1173m)
01IMG_6882.jpg 02IMG_6885.jpg 03IMG_5328.jpg

★いろは坂展望所より  ★明智平は閉まっている  ★17:10 中禅寺湖が見えてきた
04IMG_5329.jpg 05IMG_5330.jpg 06IMG_5336.jpg

★立木観音  ★男体山  ★17:30 歌ヶ浜駐車場(無料)で湖を眺めながら夕食タイム

07IMG_5337.jpg 08IMG_5340.jpg 09IMG_5344.jpg

★キャンピングバスの方に話し掛けられる。中を見たいと思っていたのでお願いすると招待してくれた
★19:00 隣で車中泊の親子を誘ってお邪魔する  ★テレビ、冷蔵庫、電子レンジ何でも揃っている
1IMG_5347.jpg 2IMG_5354_20121218094749.jpg 3IMG_5353.jpg

★後方は2段ベットになって8人寝られる  ★太陽パネルも付いている  
★栃木の芋焼酎をご馳走になる(名刺を戴いたが、某会社の取締役だった)
4IMG_5350.jpg 5IMG_5355.jpg 6IMG_5356.jpg
★20:00 中禅寺湖の夜景(今日は一日が長かったナア・・・・・)

7IMG_4281.jpg
タグ :

8/18 日光東照宮他

 2012-12-17
 東照宮は高校の修学旅行で来たことはあるが、全然記憶に残っていない。
世界遺産にもなっているし、今回の旅で楽しみにしていた観光地。社寺共通拝観券(1000円)だと日光二社一寺(輪王寺、東照宮、二荒山神社)を一通り参拝できるので、そのコースで巡ることにした。


★11:25 東照宮の駐車場に行ったが満車状態で車が全然進まないので日光駅前のスーパーに停めて歩く(2km)ことにした  ★11:35 神橋  ★東参道から入る
1IMG_5246.jpg 2IMG_5247.jpg 3IMG_5249_20121217214617.jpg

★風情のある参道  ★★輪王寺三仏堂は大規模改修工事中
4IMG_5251.jpg 5IMG_5253.jpg 6IMG_5255.jpg

★千手観音像  ★11:55 石鳥居  ★五重塔
7IMG_5256.jpg 8IMG_5260.jpg 9IMG_5261.jpg

★12:00 表門  ★仁王像  ★三神庫
1IMG_5264.jpg 2IMG_5265.jpg 3IMG_5267.jpg

★「見ざる・言わざる・聞かざる」の三猿  ★御水舎  ★陽明門
4IMG_5269_20121217215148.jpg 5IMG_5270.jpg 6IMG_5272.jpg

★唐門  ★12:40 神厩舎。東照宮観光終了(東照宮は人が多くて落ち着いて見られなかった・・・)
★12:50 二荒山神社に向かう
7IMG_5278.jpg 8IMG_5290.jpg 9IMG_5292.jpg

★二荒山神社  ★ただ今、雨宿り中  ★13:35 小降りになったので輪王寺へ(仁王門)
1IMG_5294.jpg 2IMG_5297.jpg 3IMG_5298.jpg

★★★二天門
4IMG_5300.jpg 5IMG_5305.jpg 6IMG_5306.jpg

★金閣殿  ★14:10 雨降る神橋  ★14:20 観光センターで雨宿り(竜頭滝のトウゴクミツバツツジ)

7IMG_5308.jpg 8IMG_5317.jpg 9IMG_5322.jpg
写真館へ続く
タグ :

8/18 マックラ滝

 2012-12-17
マックラ滝   直瀑   落差=30m   栃木県日光市
 ネットに霧降の滝隠れ三滝の内で一番素晴らしい滝と載っていた。

★玉簾ノ滝を上流に進む  ★林道を横断する  ★河原に出て小川の橋を渡ると標識がある
1IMG_5203.jpg 2IMG_5204.jpg 3IMG_5205.jpg

★★8:20 水量も多くて凄い滝で、しばらく見入ってしまった(50分も滝に居た)
4IMG_5207_20121217153222.jpg 5IMG_5208.jpg

★9:40 T字滝はパスして県道にでる  ★9:50 県道を5分足らず歩いて遊歩道に上がり駐車場へ

6IMG_5242.jpg 7IMG_5244.jpg
写真館へ続く
タグ :

8/18 玉簾ノ滝

 2012-12-17
玉簾ノ滝(たますだれ)  落差=6m  幅=20m   栃木県日光市
 霧降の滝の上流に隠れ三滝と呼ばれている玉簾ノ滝、マックラ滝、T字滝がある。

★★7:00 霧降の滝の奥に駐車場があり、遊歩道入口に案内板が立っている
01IMG_5168.jpg 02IMG_5169.jpg

★7:05 県道169号の横を通る  ★道は歩きやすい
03IMG_5173.jpg 04IMG_5174.jpg

★7:15 沢を渡る  ★7:18 丸太橋も渡る
05IMG_5176.jpg 06IMG_5180.jpg

★沢沿いの笹道  ★7:32 標識から沢に下りて行く
07IMG_5182.jpg 08IMG_5186.jpg

★★7:35 落差はあまり無いが、幅があり水量も多くて結構迫力のある

09IMG_5187.jpg 10IMG_5194.jpg
写真館へ続く
タグ :

8/18 霧降の滝

 2012-12-17
霧降の滝  日本100名瀑  上下二段の滝  上滝=25m 下滝=26m 全長=75m  栃木県日光市
 赤薙山から流れ出る霜降川が岩を駆け降りる名瀑で日光3名瀑のひとつ。

★5:40 滝入口  ★遊歩道の先に展望台
1IMG_5139.jpg 2IMG_5141.jpg

★赤薙山と上滝  ★木が邪魔でスッキリと見えない
3IMG_5147_20121217101100.jpg 4IMG_5149.jpg

★下滝  ★下滝の上部
5IMG_5153.jpg 6IMG_5158.jpg

★下滝の下部  ★滝壺への道はロープが懸り通行禁止
7IMG_5160.jpg 8IMG_5165.jpg

帰ってネットを見ると大迫力の滝壺。自己責任で行けば良かった・・・・(画像はネットより拝借)

9kirifurinotaki04_l.jpg
タグ :

8/17 女峰山(撤退)

 2012-12-17
赤薙山(あかなぎやま)2010m   栃木県日光市   登り=1:50
 霧降高原スキー場のリフトは撤去され、観光地として整備中で建物は完成しているが立入禁止になっている。

★4:35 元スキー場内の木階段を登る(昨日、下山してきた方に、ゲートを開けて入れると教えてもらった)
★日光市街  ★延々と続く木段を振り返る
1IMG_5063.jpg 2IMG_5067.jpg 3IMG_5070.jpg

★網を潜って登山道に出る  ★5:00 キスゲ平(1601m)  ★登山道は整備されていない
4IMG_5073_20121217074113.jpg 5IMG_5084.jpg 6IMG_5085.jpg

★5:20 日の出  ★ツツジが多い  ★5:45 焼石金剛

7IMG_5087.jpg 8IMG_5094.jpg 9IMG_5095.jpg

★★この辺は快適な道  ★樹林帯に入ると荒れ放題の登山道となる
1IMG_5098.jpg 2IMG_5099.jpg 3IMG_5103.jpg

★6:15 赤薙山  ★中央が女峰山と思う  ★6:35 出発
4IMG_5105.jpg 5IMG_5107.jpg 6IMG_5112.jpg

★★細尾根で起伏が多い悪路になる  ★6:55 悪路は続くし、悪天候になってきたので撤退を決める
7IMG_5114.jpg 8IMG_5115.jpg 9IMG_5116.jpg

下山
★7:40 今にも雨が降りそうな天気  ★8:30 元スキー場横の道は悪路(遂に雨が降り出した)
★9:00 びしょ濡れになって下山

1IMG_5126.jpg 2IMG_5134.jpg 3IMG_5135.jpg
【あとがき】
 下山中に大雨になったので、引き返して良かった。
それにしても悪い道で、笹が覆う急坂道で滑るし、長靴の中もグショグショになり散々な目に会った。
 後日、地元の方に聞いたが「霧降高原から女峰山に登る人はあまりいない。一般コースは男体山志津コース登山口の志津乗越から林道経由である」とのこと。
タグ :

8/16 寂光滝他

 2012-12-16
寂光滝(じゃっこう)  7段の滝   落差=50m   栃木県日光市

★12:20 駐車場で雨が降り止むのを待って出掛ける  ★落差は50mも無いと思う?
1IMG_5035.jpg 2IMG_5039.jpg

★滝口  ★13:15 日光東照宮前の国道は渋滞中
3IMG_5043.jpg 4IMG_5050.jpg

★14:15 日光駅前スーパーPより(左から大真名子山・女峰山・赤薙山)  ★15:35 霧降高原より
5IMG_5052.jpg 6IMG_5056.jpg

★女峰山登山口駐車場内にはバスの停留所がある  ★18:45 丸山の夕焼け

7IMG_5059.jpg 8IMG_5060.jpg
タグ :

12/13 筒上山(鎖下まで)

 2012-12-14
筒上山(つつじょうさん)1859m  安居渓谷(安居林道)コース   高知県仁淀川町
     登り=林道1:30+登山道2:15=3:45   下り=登山道1:20+林道1:05=2:25
 筒上山には何回か登ったが、安居林道コースから登るのは初めて。
このコースから登って、雪景色の石鎚山を見たいと以前から思っていた。石鎚に雪がいっぱい積もり、安居林道には雪が少なくて、晴天の日を待っていた。
 今日は寒波が緩み、天気予報は久万高原町、仁淀川町ともに晴れマークでチャンス到来!


林道
★7:30 林道入口から3km地点にデポして出発(ガイド本「山と野原を歩く」に安居渓谷を過ぎ舗装が切れて5km走ると登山口があると載っていた。雪も現れ始めたので後2km、景色を楽しんで歩こうと思った)
★7:45 大滝入口  ★林道は雪道になってきた
1IMG_4586.jpg 2IMG_4590.jpg 3IMG_4591.jpg

★8:15 6km地点  ★筒上山を望遠で  ★8:55 8km地点でも登山口が無いので不安になる
4IMG_4606.jpg 5IMG_4625.jpg 6IMG_4628.jpg

★林道脇にツララが沢山  ★8:56 対岸にチョットした滝が見える  ★8:58 車が3台も停まっていてびっくりする(登山者の車だろうか、それとも林業、工事関係の人だろうか?)

7IMG_4629.jpg 8IMG_4634_20121214155239.jpg 9IMG_4637.jpg

登山道
★9:00 登山口標識(2kmの積りが5km余り歩いて、やっと着いた)  ★9:05 橋が見えてきた
★9:20 バナナ、タバコ休憩して再出発
1IMG_4638.jpg 2IMG_4645_20121215084449.jpg 3IMG_4646.jpg

★★登山道は良く整備されている  ★もう少し桟木を詰めてくれないと、足を踏み外しそう
4IMG_4655_20121215084452.jpg 5IMG_4665_20121215084453.jpg 6IMG_4666.jpg

★踏み跡がないと迷いそう  ★9:55 鉄橋  ★10:05 沢を渡る
7IMG_4671.jpg 8IMG_4674.jpg 9IMG_4677.jpg

★10:15 植林帯が終わり、やっと自然林になった  ★自然林になると雪が深くなる
★10:20 下山者2人に出会いラッセルのお礼を言う(信者さんで山泊したとか)
01IMG_4683.jpg 02IMG_4684.jpg 03IMG_4685.jpg

★女性の方も下山してきた  ★★長いZ道(4人が下ったので、壺足跡が崩れて滑るので登りにくい)
04IMG_4686.jpg 05IMG_4695.jpg 06IMG_4699.jpg

★11:20 やっと手箱越の大岩が見えてきた  ★峠を越すと雪が深くなった  ★石垣の間を進むと
07IMG_4700.jpg 08IMG_4704.jpg 09IMG_4705.jpg
11:25 パット視界が広がり別天地になる。たったネ!!!

10IMG_4706.jpg

頂上へ
★11:45 休憩所で昼食を摂って頂上に向かう  ★踏み跡はあるが、それでも雪が深いので大変
★何とか上の鳥居に着いた。雪が無ければ5分足らずだが15分も掛かった
1IMG_4717_20121215093755.jpg 2IMG_4718.jpg 3IMG_4719.jpg

★鎖は登れそうだが、鎖をクリアーしてもその先も踏み跡が無いので、私には無理と思い頂上は諦める(林道歩きに1時間タイムオーバーしていなかったら挑戦したかも・・・)  ★手箱山方面
★休憩所でコーヒーを飲みながら信者の方と、色々話をする(これから一週間の山籠もりをするらしい)

4IMG_4721.jpg 5IMG_4724_20121215093800.jpg 6IMG_4731.jpg

下山
★12:40 下山開始  ★★滑りながら下るので、早いこと早いこと
1IMG_4732_20121215100619.jpg 2IMG_4739.jpg 3IMG_4740.jpg

★13:30 沢沿いの道まで早、下りて来た ★14:05 登山口。雪道の登りは大変だが、下りは楽しい
★15:10 愛車が見えた。県道の時間規制(16:00~16:10)に間に合うように、少し走ったので早く着いた

4IMG_4748.jpg 5IMG_4752.jpg 6IMG_4760.jpg
【あとがき】
 雪道のトレースが無かったら、手箱越まで辿り着けなかったと思う。大峰宗覚心寺の信者さん達に感謝!
前回の登山から2週間経っている。これだけ日が空くと、身体が元に戻って方々の筋肉が痛い。
一週間に一度くらい登れば痛くならないかもしれない・・・・

別館へ続く
タグ :

8/16 裏見滝(日光)

 2012-12-12
裏見滝   落差=20m   栃木県日光市
 裏見滝は大谷川の支流である荒沢川にある。
かつては、滝の裏側に設けた道からも姿を見られたので、この名が付けられた。1902年(明治23年)に滝上部の岩が崩壊して裏から見る事ができなくなった。滝の裏には不動明王像が現在もある。
 華厳の滝、霧降の滝とともに日光三名瀑の1つである。  <ウィキペディアより>


★10:05 出発  ★遊歩道が整備されている
01IMG_5000.jpg 02IMG_5002.jpg

★滝が見えてきました  ★メインの滝も良いが、岩壁の方々から吹きでる流れも素晴らしい
03IMG_5006.jpg 04IMG_5007.jpg

★左にも綺麗な滝がある  ★水も透明感があって清々しい
05IMG_5008.jpg 06IMG_5013.jpg

★水量も多くて迫力満点  ★展望台の上の岩場に上がると虹が出ていた
07IMG_5018.jpg 08IMG_5024.jpg

★二つの滝のビュースポット  ★岩場を更に登って撮影
09IMG_5026.jpg 10IMG_5030.jpg
あまり期待していない滝だったが、素晴らしい滝で感動してしまった!!!!!
写真館へ続く
タグ :

8/16 草木不動滝

 2012-12-12
草木不動滝   落差=20m   群馬県みどり市
 東町座間の柱戸川に落ちる滝。県道沢入桐生線から遊歩道を30m下がった展望台から、滝を正面に見る事ができます。  <みどり市観光ガイドより>


★案内板  ★7:35 駐車場を出発
01IMG_4996.jpg 02IMG_4962.jpg

★★直ぐに滝が見えてくる
03IMG_4963.jpg 04IMG_4965.jpg

★キツネノカミソリがお出迎え  ★展望台
05IMG_4966_20121212143826.jpg 06IMG_4967_20121212143845.jpg

★★木が邪魔でスッキリ見えない
07IMG_4204.jpg 08IMG_4203.jpg

★滝壺  ★光芒
09IMG_4986.jpg 10IMG_4984.jpg
タグ :

8/16 小中大滝

 2012-12-11
小中大滝(こなかおおたき)  落差=96m   群馬県みどり市
 小中大滝は壮大なスケールを誇る滝です。
階段式つり橋「けさかけ橋」は、最大傾斜44%でちょっとスリルがあります。大滝を見るためには、この吊橋を渡らなくてはなりません。転ばないように気お付けて渡ってください。≪みどり市観光ガイドより≫


★5:25 整備された駐車場にデポして出発  ★山道を登ります
01IMG_4919.jpg 02IMG_4920.jpg

★程なくトンネルを潜る  ★大傾斜のけさかけ橋
03IMG_4921.jpg 04IMG_4922.jpg
★★こんな吊橋を誰が考えだしたのだろう。凄い!!!
05IMG_4953.jpg 06IMG_4952.jpg

★★第一展望台
07IMG_4928.jpg 08IMG_4929.jpg

★第二展望台(これから撮影ポイントを探して撮影開始)
09IMG_4936.jpg 10IMG_4938.jpg
凄い滝だが、全景が見られないのが残念・・・・・
写真館へ続く
タグ :

8/15 赤城山(黒檜山)

 2012-12-11
黒檜山(くろびやま)1828m   100名山   群馬県前橋市   登り=1:05
 赤城山という山は無くて、大沼周辺の山の総称で、その最高峰が黒檜山である。


★5:00 道の駅で朝の散歩(展望台)  ★オランダ型風車
1IMG_4861.jpg 2IMG_4862.jpg

★6:40 大沼に着くも、山を雲が覆い登山意欲が萎える  ★赤城神社は出島に建っている
3IMG_4865.jpg 4IMG_4866.jpg

6:50 天候待ちで、赤城神社を見学に行く
5IMG_4869.jpg 6IMG_4871.jpg 7IMG_4872.jpg

★8:25 天気はあまり良くなりそうにないので、仕方なく出発  ★大岩の歩きにくい急坂道
1IMG_4877.jpg 2IMG_4882_20121211141621.jpg
★歩きやすい道はチョットだけ  ★殆どがこんな道
3IMG_4884.jpg 4IMG_4885.jpg
★9:40 頂上  ★9:55 頂上でしばらく話をして、北の展望所に向かう
5IMG_4889.jpg 6IMG_4892.jpg
★ガスで展望はなし  ★見えるのは大沼が少しだけ
7IMG_4893.jpg 8IMG_4898_20121211141646.jpg
天気が良ければ、こんな感じ(ネットより拝借)百名山の内の45座が展望できるらしい・・・
9赤城山
景色
★★大沼  ★小沼
1IMG_4907.jpg 2IMG_4913.jpg 3IMG_4917.jpg
タグ :

8/14 赤城南麓滝巡りⅡ(乙女の滝他)

 2012-12-10
乙女の滝  ふきだす水しぶきが優美な滝
 大きな岩の間を水が流れ込み、水が空中へ向けて跳ねている珍しい滝。
その姿は渓谷の中にひときわ目立ちます。  (パンフレットより


★12:20 滝入り口の標識  ★公園内の遊歩道を行く
1IMG_4803.jpg 2IMG_4806_20121210152026.jpg
★12:25 林道へ上がります  ★12:45 砂防ダムの工事中で迂回路へ
3IMG_4807.jpg 4IMG_4812_20121210152028.jpg
★植林帯を高巻する  ★沢に下りて少し行くと、前方に梯子が見えてきた
5IMG_4814_20121210152030.jpg 6IMG_4818.jpg
★★12:55 乙女の滝(何が乙女か意味不明?)
7IMG_4823.jpg 8IMG_4824.jpg

大猿の滝  縞模様の崖を流れ落ちる流麗な滝
 大猿川の上流にある高さ10mの滝。流れ落ちる崖には縞模様の地層が何本も入って美しい滝です。

★13:00 乙女の滝を出発  ★道が分からなくなったので沢を行く  ★滝が見えてきた
1IMG_4825.jpg 2IMG_4826.jpg 3IMG_4832.jpg
★★13:20 大猿の滝(落差はまあまあだが、迫力がなくて今一)
4IMG_4834.jpg 5IMG_4836.jpg

旭の滝  神秘的な雰囲気が魅力の滝
 大猿川の中流にある高さ8mの滝。滝の注ぎ口のまわりが岩盤でおおわれているため、神秘的な雰囲気をかもし出しています。深く青みがかった滝壺に白い流れがとうとうと注ぎ込まれます。

★19:40 林道を何回も往復して、やっと見つけた標識  ★落差は3mくらいと思うが?ガッカリ・・・
1IMG_4859.jpg 2IMG_4853.jpg

道の駅ぐりーんふらわー牧場・大胡にて
19:40 前橋市の夜景
1IMG_4188.jpg
オランダ型風車

2IMG_4189.jpg


タグ :

8/14 赤城南麓滝巡りⅠ(不動大滝)

 2012-12-09
不動大滝(滝沢の不動滝)  落差=32m   群馬県前橋市  往き=1:05  還り=0:40
 赤城南麓の山あいに落ちる個性あふれる数々の滝。雄大な滝、流麗な滝、優美な滝・・・・。
表情豊かな滝をめぐる山歩きです。
 不動大滝は赤城山で一番大きな滝。ごう音を響かせて落ちるさまは迫力満点。(パンフレットより)


★6:00 三夜沢赤城神社  ★8:15 前不動駐車場(雨が止むのを、車の中で待っております)
01IMG_4727.jpg 02IMG_4731.jpg

★★8:45 雨が止んで、やっと出発
03IMG_4734.jpg 04IMG_4735.jpg

★8:55 前不動尊  ★延命猿水
05IMG_4737.jpg 06IMG_4739.jpg

★忠治第一の見張岩  ★9:20 瀧澤不動尊
07IMG_4742.jpg 08IMG_4747.jpg

★9:25 滝までに4ヶ所の渡渉点がある  ★第二の見張岩
09IMG_4752.jpg 10IMG_4756.jpg

★第一渡渉点   ★第二渡渉点
01IMG_4758.jpg 02IMG_4759.jpg
★左岸を行く  ★落ちたら大変!
03IMG_4760.jpg 04IMG_4762.jpg
★★今年もイワタバコを見る事ができて良かった
05IMG_4763.jpg 06IMG_4764.jpg
★忠治の岩屋は帰りに寄るつもり  ★第三渡渉点
07IMG_4765.jpg 08IMG_4766.jpg
★第四渡渉点  ★9:50 何回も撤退しょうかと思ったが、なんとか滝に辿り着けた
09IMG_4769.jpg 10IMG_4770.jpg
不動大滝
パノラマ
00IMG_4776 パノラマ写真
滝口
1IMG_4781.jpg
昨夜来の雨で大水量の滝
2IMG_4775.jpg
帰り
★★国定忠治の岩屋は立入禁止で見れなくて残念!  ★10:45 駐車場に戻って昼食とする
1IMG_4792.jpg 2IMG_4793.jpg 3IMG_4801.jpg
タグ :

8/13 水澤観音

 2012-12-08
 群馬県伊香保町にある水澤観世音(水澤寺)は、水澤観音の名で親しまれている。
大駐車場(400台)に車がいっぱいで、沢山の人達で賑わっていた。


釈迦堂
★特別無料拝観中だった   ★釈迦三尊像
01IMG_4691.jpg 02IMG_4687.jpg

★黄金の仏像が並んで荘厳
03IMG_4689.jpg

★★十一面千手観世音菩薩
04IMG_4685.jpg 05IMG_4690.jpg

本堂(観音堂)
01IMG_4711.jpg 02IMG_4701.jpg

03IMG_4702.jpg 04IMG_4705.jpg

★★天井画
05IMG_4707.jpg 06IMG_4708.jpg

六角二重塔(開運六地蔵)
07IMG_4696.jpg

★屋根の九輪(相輪)   ★左に3回まわすと願いが叶う
08IMG_4699.jpg 09IMG_4698.jpg

仁王門
1IMG_4712.jpg

仁王像
2IMG_4713.jpg 3IMG_4714.jpg

階段があり2階に上がれる
4IMG_4715.jpg 5IMG_4719.jpg

6IMG_4717.jpg 7IMG_4716.jpg
タグ :

8/13 船尾滝

 2012-12-07
船尾滝    落差=72m    群馬県吉田町   登り=0:25
 大岩壁の中央からレーザー光のような一条の水が落下する。
途中から、岩の割れ目から出る水が加わり姿を変える素晴らしい滝。一見の価値がある。


★県道153号線の分岐標識  ★9:40 駐車場にデポして出発  ★9:55 林道の左に入口がある
01IMG_4647.jpg 02IMG_4651.jpg 03IMG_4654.jpg

★橋を渡る  ★変わった吊橋が見える  ★吊橋より船尾滝を望む
04IMG_4656.jpg 05IMG_4659.jpg 06IMG_4661.jpg

★吊橋を渡った左に注意書き。自己責任で行く  ★2ヶ所、道が崩落しているが、そんなに危なくない
★最後の方は沢歩きになる
07IMG_4662.jpg 08IMG_4663.jpg 09IMG_4665.jpg

★滝の近くまでやってきた  ★落差があるので迫力満点  ★滝の直下まで行ける
10IMG_4677.jpg 11IMG_4666.jpg 12IMG_4674.jpg
写真館へ続く
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。