12/30 登山ガイド5in御在所山

 2013-12-30
御在所山(1079m) 標高差=670m  登り=3:00  下り=1:30  走行距離=77km
 石鎚山の紅葉を見せたくて計画していたが、天気が悪くて中止。その後、幾度が計画したが、天候や都合が合わずに登山ガイドを実行できなかった。現役で働いている人は、山に登るのも難しい。
 暮れも押し迫って、久しぶりの登山ガイドとなった。


★9:05 登り始めの植林帯は、まだ雪も少ない  ★林道出会いは雪景色
1IMG_6573_2013123022120767a.jpg 2IMG_6576.jpg

★10:00 鳥居の下でコーヒータイムをして、再出発  ★10:50 展望所で休憩して、尻見坂に挑みます
3IMG_6577.jpg 4IMG_6581_20131230221212a86.jpg

★悪戦苦闘中。ガンバレ!!!  ★11:20 四国八十八ヶ寺の石仏を見て、急階段を登る
5IMG_6582.jpg 6IMG_6585.jpg

★神社が見えて、頂上はもう直ぐですよ  ★神社に到着
7IMG_6592.jpg 8IMG_6595.jpg

★★11:50 展望所着。雲が懸かって、剣山系の素晴らしい景色を見せてあげられなくて残念!
1IMG_6596.jpg 2IMG_6597.jpg

★14:50 大荒の滝を案内します  ★氷結した滝を見せたかったが全然していない・・・・
3IMG_6598_20131230222302354.jpg 3IMG_6604.jpg
今日は、しんどい思いをさせた割には、展望も悪くて今一だった。山が嫌いにならなければ良いが・・・・
スポンサーサイト
タグ :

10/31 長部田床海路

 2013-12-29
長部田床海路(なかべたしょうかいろ) 海に消える道  宇土市住吉町
 潮が満ちてくる時は、海の方から海水がどんどん流れ込んできて、道は完全に海の中に消える。
何のための道か、ネットで調べたが分からない?


★住吉海岸公園の駐車場に車を停めて  
★海を見ると干潟の中に電柱が立っている(本当は普賢岳を見たかったのだが、全然見えません)
1IMG_3756.jpg 2IMG_3757.jpg

★沖に向かってコンクリート道が延びている  ★海人発見。話を聞こうかと思ったが近寄れない
3IMG_3758.jpg 4IMG_3765.jpg

★結構な速さで潮が流れて来る  ★早く戻らないと大変!!
5IMG_3763.jpg 6IMG_3766.jpg

島原湾に沈む夕日を眺めながら、鶏刺で晩酌と思っていたが、道の駅宇土マリーナはロケーションが悪い

7IMG_3780.jpg 8IMG_3779.jpg
タグ :

10/31 阿蘇神社

 2013-12-28
 2日間の温泉療養でも、山に登れそうにないので、先に天草方面の観光に向かう。

★10:20 日本三大楼門  ★高さは21mと書かれている
1IMG_3739.jpg 2IMG_3753.jpg

★★社殿
3IMG_3742.jpg 4IMG_3745.jpg

★★境内は回りを一周できる

5IMG_3744.jpg 6IMG_3749.jpg
タグ :

10/30 長湯温泉で湯治2日目

 2013-12-26
 今日も足の痛みは取れず、温泉に浸かり療養に専念します。
  (3ヶ所の温泉に入って600円と安い。九州は温泉天国!!)


長生湯
★7:40 外観  ★入り口には回転ゲートがある
1IMG_7091.jpg 2IMG_7092.jpg

★温泉への入り方の説明 ¥200  ★ロッカーは10円
3IMG_7093_2013122607320699c.jpg 4IMG_7094.jpg

★★まだ、朝が早いので貸切風呂
5IMG_7095.jpg 6IMG_7098_2013122607322575f.jpg

千寿温泉
★11:50 外観  ★受付のおじいさんは昼寝中 ¥100
7IMG_7101.jpg 8IMG_7102.jpg

★脱衣所  ★浴槽は小さ目
9IMG_7103.jpg 10IMG_7105.jpg

国民宿舎直入荘
★14:00 外観  ★料金は300円
1IMG_7107.jpg 2IMG_7108.jpg

★流石に国民宿舎。脱衣、洗面所は広くて明るい  ★内湯は2槽
3IMG_7110.jpg 4IMG_7111.jpg

★洗い場は広くてシャンプーも備え付け  ★小さいが露天風呂もある

5IMG_7113.jpg 6IMG_7112.jpg

ネコ騒動in道の駅ながゆ温泉
 湯治では足の具合はあまり良くならないので、豊後牛を買ってきて栄養を付けることにした。

 道の駅で焼肉を始めると、匂いを嗅ぎつけた、駅に居付いているネコが寄ってきてニャーニャーと鳴きだした。最初の内は我慢していたが、回りをグルグル廻ってあまりにもうるさいので、車のボデーを叩いて追い払おうとした。
 それを見ていた地元の人が来て「お前も同じホームレスじゃあないか。脅したりして」と怒鳴られた。
蹴ったり、叩いたりしたのではない、ただ落ち着いて晩酌もできないので、追い払おうとしただけだと言うと、「それが嫌だったらホテルか旅館に泊まれ」と言われた。
頭にきて「車中泊がホームレスだったら、他の車中泊の人達にも言ってやれ」と言い返して喧嘩になった。

 折角、高い豊後牛を買ったのに、味もあまり分からず、腹が立って夜もあまり眠れなかった・・・・・
タグ :

10/29 長湯温泉で湯治

 2013-12-21
 昨日は右足が痛くて、びっこを引きながら下山した。
今日も痛みが治まらないので、長湯温泉に浸かって療養することにした。


★10:00 しず香温泉  ★料金は100円と安い
1IMG_7076.jpg 2IMG_7077.jpg

★更衣室  ★浴槽は広くて6人くらいは入れそう
3IMG_7078.jpg 4IMG_7080.jpg

★★長湯ダムの湖畔に車を停めて、コーヒーを飲んだりしてのんびりする
5IMG_3730.jpg 6IMG_3732.jpg

★14:20 ラムネ温泉は一番人気の温泉  ★脱衣室
1IMG_7083.jpg 2IMG_7085.jpg

★浴室への入口は、くぐり戸になっている  ★内湯は段々になり
3IMG_7086.jpg 4IMG_7087_201312210803130e2.jpg

★3段に流れ落ちている  ★外に出ると、本命のラムネ露天がある
ほとんどの人は内湯に入らずに、こちらに浸かった居る。隣の長崎の方が話し掛けてくれた。1時間くらい入ると効き目があるらしくて、天草の観光名所とかグルメスポットなどを教えてもらって、色々と話をした。

5IMG_7088.jpg 6IMG_7090.jpg

タグ :

10/28 鳴子山

 2013-12-20
鳴子山(1643m)   久住山系   登り=3:00
 くじゅう連山は久住山系と大船山系から成っており、名前の付いた山(ピーク)が20ほどある。
その全山に挑戦しているが、あと残すところ3山となった。鳴子山は久住山系の東の一番奥の山。
 今日は大曲登山口から、すがもり越経由で立中山と鳴子山に登り、法華院温泉に宿泊の予定だったが、昨日入った温泉で、久住山系の紅葉が素晴らしかったとの話を聞いたので、牧ノ戸から縦断して鳴子山に行くことにした。


★6:15 牧ノ戸登山口を出発  ★木階段より駐車場方面を見る
1IMG_3563.jpg 2IMG_3566.jpg

★三俣山と紅葉  ★霜柱が白く輝いている
3IMG_3575_201312200539462aa.jpg 4IMG_3584.jpg

★三俣山と奥に由布岳  ★御池と中岳
5IMG_3591.jpg 6IMG_3593.jpg

★天狗ヶ城が池に映りこんで良い景色  ★御池の上部に湿原がある
7IMG_3601.jpg 8IMG_3604.jpg

★8:40 池ノ小屋  ★稲星山に向かって下りて行く
9IMG_3605.jpg 10IMG_3609.jpg

★8:50 稲星山の正面に着いたが道が分からない。登ったり下ったりウロウロして探す
★9:25 やっと道を見つけた(直進していれば、直ぐに見つかったと思う・・・)
1IMG_3612.jpg 2IMG_3615.jpg

★白口岳が大きくなる  ★道は狭いがハッキリとしている
3IMG_3616.jpg 4IMG_3618.jpg

★9:35 白口岳と稲星山の分岐に到着  ★鳴子山方向に進むが藪になったので引き返す
5IMG_3621.jpg 6IMG_3622.jpg

★9:40 展望台登山口への分岐は右なので間違いない  ★藪を過ぎるとハッキリした道があった
7IMG_3623.jpg 8IMG_3625.jpg

★祖母・傾山系が見えてきた  ★前方が岩山になっている
9IMG_3626.jpg 10IMG_3627.jpg

★大船山と片ヶ池が素晴らしい眺め  ★片ヶ池は神秘的
1IMG_3629.jpg 2IMG_3630.jpg

★どれが鳴子山だろう?  ★岩道に突入する
3IMG_3632.jpg 4IMG_3633.jpg

★岩の間をすり抜けて  ★道がハッキリと見えている。下って登り返えすみたい
5IMG_3635_20131220060200245.jpg 6IMG_3642.jpg

★振り返ると大分、下ったのが分かる  ★10:10 何とか辿り着いた頂上
7IMG_3647.jpg 8IMG_3672.jpg

★まだ紅葉がキレイ  ★道は、まだ先に続いている
9IMG_3665.jpg 10IMG_3669.jpg
                     
頂上パノラマ
左から稲星山・中岳・白口岳・三俣山
1IMG_3652 パノラマ写真

坊ガツル・立中山・平治岳・大船山
2IMG_3657 パノラマ写真

久住高原・後方左祖母、傾山系・右阿蘇山
3IMG_3659 パノラマ写真

下山
★11:10 私と同じく、くじゅう連山に挑んでいる北九州市の方も登ってきて、色々話していると1時間も経っていた  ★帰りは余裕ができたので、岩に登って写真を撮ったりする
1IMG_3671.jpg 2IMG_3688.jpg

★右の岩塔は以前に登った展望コースから見えていた  ★11:55 往きには気付かなかった標識
3IMG_3687.jpg 4IMG_3692.jpg

★空池の尾根に寄り道する。左から扇ヶ鼻・肥前ヶ城・星生山
★左から星生崎・星生山・硫黄山。手前は御池への登山道
5IMG_3700_20131220065753fda.jpg 6IMG_3705.jpg

★星生山西面の紅葉  ★扇ヶ鼻方面の紅葉
7IMG_3711.jpg 8IMG_3725.jpg

★沓掛山  ★沓掛山の岩場は渋滞中。普段ならイライラするところだが、今日は右足が痛くて丁度良い

9IMG_3724.jpg 10IMG_3726.jpg
タグ :

10/27 風連鍾乳洞

 2013-12-18
 国道10号線を通る度に、一度は見てみたいと思っていたが、まだ実現していない。
今回の旅では、どうしても見たくて最初に行く事にした。


6:30 水平線から昇る太陽を見るのは久し振り(佐賀白浜海岸)
1IMG_3528.jpg 2IMG_3532_201312181914133ca.jpg

3IMG_3533.jpg 4IMG_3535_201312181914165f8.jpg

★12:20 日曜日だというのに、ひっそりとしている  ★日本一の鍾乳洞が全国に幾つもある
5IMG_3538.jpg 6IMG_3540.jpg

★12:40 全長500mでは、短い感じ  ★大きな水音が聞こえたら、滝だった
7IMG_6244.jpg 8IMG_6246.jpg

★奥の方から流れ出している  ★振り返ると、天井から鍾乳石がぶら下がっている
9IMG_6247.jpg 10IMG_6249.jpg

★ここは、少し屈んで通過  ★何とも言えない色の鍾乳石
1IMG_3547.jpg 2IMG_3551_20131218192159244.jpg

★★壁は一面の鍾乳石で覆われている
3IMG_6254_20131218192200bcc.jpg 4IMG_6256.jpg

★★アップで
5IMG_6258_20131218192203bea.jpg 6IMG_6264.jpg

★★最奥の広場は見事な鍾乳洞
1IMG_6267.jpg 2IMG_6269.jpg

★散策路はまだ上に続いている  ★上下から石筍が延びている
3IMG_6287.jpg 4IMG_6271.jpg

★広場の上部より  ★最上部より見下ろす
5IMG_6277.jpg 6IMG_6279.jpg

★★見事な造形美(これは日本一かも)
7IMG_6283.jpg 8IMG_3557.jpg

★13:20 車が少し増えている  ★17:00 今夜は、バモスでの車中泊600回目。記念して、チョット豪華?な料理で、お祝いをする(道の駅ながゆ温泉にて)

9IMG_3560.jpg IMG_3562.jpg
タグ :

温泉in2013夏旅

 2013-12-11
7/8 滝見の湯  長野  南木曽岳
★13:10 入口  ★休憩室
1IMG_7021.jpg 2IMG_7022.jpg

★内湯  ★露天風呂(滝は砂防ダムでガッカリ・・・)
3IMG_7023.jpg 4IMG_7024.jpg

7/13 おんぽいの湯  岐阜  高樽の滝・付知峡
★14:40 玄関  ★浴室へ
1IMG_7027.jpg 2IMG_7028.jpg

★一通り揃った大きな温泉  ★洗い場
3IMG_7029.jpg 4IMG_7030.jpg

7/15 ひめしゃがの湯  岐阜  厳立峡・根尾の滝
★16:30 広い駐車場  ★内湯(浴槽がいくつもある)
1IMG_7031.jpg 2IMG_7032.jpg

★露天風呂  ★源泉風呂
3IMG_7033.jpg 4IMG_7034_201312110928167d0.jpg

7/19 しみずの湯  岐阜  川上岳
★15:40 大きな建物  ★玄関
1IMG_7041.jpg 2IMG_7043.jpg

★温泉入口  ★内湯
3IMG_7044.jpg 4IMG_7045.jpg

9/13 湯ったり館  岐阜  小秀山
★17:10 道の駅金山の直ぐ前にある  ★内湯
1IMG_7059.jpg 2IMG_7061.jpg

★浴室内の階段を上がって  ★2階のサウナ室、水風呂へ

3IMG_7063.jpg 4IMG_7066.jpg
タグ :

9/15 淡路島

 2013-12-07
 何時もは、瀬戸大橋経由で石鎚山に登って、旅の無事のお礼参りをしてから帰っている。しかし今回は、台風接近中で天気が悪いので、淡路島経由で徳島道から直接、家に帰る事にした。

★7:30 初めての明石海峡大橋   ★3車線なので、のんびり走れる
1IMG_3084_20131207142909184.jpg 2IMG_3085_20131207142911617.jpg

★淡路SAは日曜なので混雑している  ★店内
3IMG_3087_201312071429124a2.jpg 4IMG_3089.jpg

★★明石海峡大橋
5IMG_3097.jpg 6IMG_3098.jpg

★★展望テラス
7IMG_3112.jpg 8IMG_3109.jpg

★神戸市街  ★鳴門大橋(四国も天気が悪い)

9IMG_3092.jpg 10IMG_3114.jpg
タグ :

9/14 犬山城

 2013-12-06
 以前から行きたい所にリストアップしていたが、なかなか機会が無かった。
今回の旅では、丁度、帰り道になったので立ち寄ることにした。


★★木曽川の側にそそり立ち、ロケーションが良い
1IMG_2989_20131206130047465.jpg 2IMG_2995.jpg

★9:40 トイレ横の路肩に停めて出発  ★早くも彼岸花が咲いている
3IMG_2996.jpg 4IMG_2999.jpg

★お堀の横の遊歩道を行く  ★入口が、神社入口と一緒になっている。こんなのは珍しい
5IMG_3001.jpg 6IMG_3004.jpg

★神社にお参り  ★石畳の道を上がる  
7IMG_3006.jpg 8IMG_3008.jpg

★★国宝犬山城
9IMG_3015.jpg 10IMG_3016.jpg

★城内へ(大梁にノミの跡がある)  ★最上階(高蘭の間)
1IMG_3052.jpg 2IMG_3045_20131206131312879.jpg

★廻縁があり、外に出られる  ★城内を見下ろす
3IMG_3041_20131206131313c0f.jpg 4IMG_3024.jpg

★木曽川の上流方向  ★下流
5IMG_3030.jpg 6IMG_3025 パノラマ写真

★★お城の入場券で、からくり展示館と
7IMG_3064.jpg 8IMG_3070.jpg

★史料館が見られる  ★11:40 車に帰り昼食を摂ったら、長旅も終わった(475kmで意外と近い!)
9IMG_3058.jpg 10IMG_3076.jpg

★★多賀SAで車中泊の予定だったが、手前の伊吹PAで良い場所を見つけた。
  早い時刻から日陰になりトイレも近い。それにアイドリングの音がうるさい大型車が遠い。

1IMG_3081_20131206132637136.jpg 2IMG_3080.jpg
タグ :

9/13 小秀山

 2013-12-04
小秀山(1982m) 200名山  岐阜県中津川市  登り=4:20(二の谷コース) 下り=3:00
 7月14日に登山口まできたが、天気が良くなかったので中止した。
小秀山は登山道沿いに滝が幾つもあり、ネットには「花と滝とスリリングなコースで、何度来ても楽しめる」と載っていた。是非、登りたい山だったので、再度やってきた。


★6:00 二の谷コースを登り、三の谷を下山する  ★乙女渓谷を登って行く
1IMG_2805.jpg 2IMG_2807.jpg

★綺麗で頑丈な木道が整備されている  ★ねじれ滝
3IMG_2809.jpg 4IMG_2817_2013120408482816e.jpg

★6:30 和合の滝  ★滝壺
5IMG_2822.jpg 6IMG_2824.jpg

★6:50 避難小屋  ★7:30 夫婦滝(男滝)女滝は遊歩道からは見えない
7IMG_2828.jpg 8IMG_2842.jpg

★滝口  ★男滝80mと書かれているが、そんなに無いみたい?
9IMG_2850.jpg 10IMG_2853.jpg

★7:50 子滝の前の橋を渡る  ★子滝の左岸を高巻して
1IMG_2863_201312040856544c8.jpg 2IMG_2867.jpg

★沢に下りる  ★対岸に渡り沢歩き
3IMG_2870_201312040856589b9.jpg 4IMG_2873.jpg

★8:10 孫滝(熊出没の注意書き。こんな所で出てきたら逃げ場がない!) ★子滝より立派な滝
5IMG_2878.jpg 6IMG_2880.jpg

★孫滝を過ぎると道はワイルドになる  ★8:20 鎧岩(よろいいわ)一周りお回りくださいの文字
7IMG_2889.jpg 8IMG_2891.jpg

★左の崖道を回る  ★9:10 次はカモシカ渡り
9IMG_2893.jpg 10IMG_2900.jpg

★垂直の岩壁登り  ★細い岩尾根だが、木が生えて高度感は全然ない
1IMG_2902_20131204090917a61.jpg 2IMG_2903.jpg

★9:20 兜岩眺望標識  ★9:40 三の谷分岐にやっと着いた(大変なサバイバルコースだった)
3IMG_2906_20131204090921e8d.jpg 4IMG_2915.jpg

★休憩する場所も無かったので、ここで大休止  ★10:20 兜岩(かぶといわ)が近ずく
5IMG_2917.jpg 6IMG_2923.jpg

★左を巻いて行く  ★兜の形はしていない!?
7IMG_2927.jpg 8IMG_2929.jpg

★頂上まで、まだ1.99kmもある  ★10:30 第一高原(名古屋ドーム、伊吹山などが見えるらしい)
9IMG_2930.jpg 10IMG_2933.jpg

★10:40 第二高原(ただの笹原)  ★10:55 第三高原
1IMG_2939_20131204092336c5c.jpg 2IMG_2945.jpg

★やっと頂上小屋が見えた(兜岩からは、アップダウンしながら延々と奥に歩いてきた) ★避難小屋
3IMG_2943_20131204092339ff8.jpg 4IMG_2948.jpg

★大岩を回り込むと  ★11:12 直ぐに頂上(東京からの5人グループの方達が食事中)

5IMG_2949.jpg 6IMG_2950.jpg

下山
★11:30 景色も見えないので昼食を摂って下山開始  ★12:30 兜岩通過中
1IMG_2957.jpg 2IMG_2958.jpg

★12:50 分岐を三の谷コースへ  ★整備されて歩きやすい
3IMG_2960.jpg 4IMG_2964.jpg

★しかし、展望も、何も見る物が無いので退屈  ★14:30 林道登山口
5IMG_2971.jpg 6IMG_2976.jpg

★林道には、アケボノソウが沢山咲いている  ★15:00 無事下山
7IMG_2979.jpg 8IMG_2980.jpg
【あとがき】
 夫婦滝は道路地図にも載っているので、期待していたが滝壺まで行けないので今一。(女滝も見えない)
下山した三の谷コースは、谷の近くは全然通らなくてガッカリ。
 白山や御嶽山などの展望が良いらしいが、見られなかったので山の良さが分からなかった。
タグ :

9/12 奥飛騨→下呂温泉

 2013-12-02
 昨日は高山観光をして、ビジネスホテルに泊まり、夜の高山をHYさんと楽しむ積りだった。
連日登山が堪えたのか、起きると筋肉痛で、階段を上がるのがやっとで、休養することにした。


幸乃湯   下呂温泉
★入浴料金は350円  ★内風呂
1IMG_7048.jpg 2IMG_7054_201312021335539cb.jpg

★凄い勢いの打たせ湯  ★露天風呂
3IMG_7058.jpg 4IMG_7056.jpg

下呂温泉
★夜の温泉街を散策  ★無料の足湯が何ヵ所もある
5IMG_6203.jpg 6IMG_6201.jpg

★下呂大橋  ★河原の露天風呂が見える
7IMG_6205.jpg 8IMG_6207_20131202133621b5b.jpg

★私も河原に下りて行く  ★前は昼間だったので熱かったが、今日は丁度の温度

9IMG_6212.jpg 10IMG_6215.jpg
【後書き】
 今日は荒神の湯・平湯の湯と下呂温泉で幸乃湯・河原露天風呂に入った。早朝の湯、朝湯、昼湯、夕湯と4ヶ所もの温泉に入ったのは初めての事。
 平湯の湯で愛知県の遊山さんにバッタリ会った。遊山さんとは6年前(2007.7.28)に三嶺で出会って以来のブログ友達。こんな所で再会するなんて、日本は狭い・・・・
私と同じ軽四で車中泊の旅をしているので、色々と参考にさしてもらっている。
この「平湯の湯」も遊山さんのブログで知った。温泉に浸かりながら旅のことなど、積もる話しをした。
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫