スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

3月の花模様

 2014-03-31
1  10(月)  牧野植物園  オキナグサ
2  16(日)  牧野植物園  ユキワリイチゲ
3  17(月)  県中東部花巡り  ユキワリイチゲ
4  23(日)  工石山    バイカオウレン
5  25(火)  牧野植物園  ニリンソウ・シラネアオイ
6  28(金)  鷹羽ヶ森   メンツツジ
7  31(月)  上久喜    花桃


3/31(月) 上久喜の花桃      走行距離=49km(片道)
 去年、見に行く積りで計画していたが、凄く早く満開になって(3/28)見逃してしっまた。
今年は絶対に見たいと思い、ネットをチェックしていたが、確実な情報が無いので早目に見に行く事にした。


★8:10 国道から左折して狭い道に入り上久喜に向かう(広い路肩に停めて一服する)  ★8:23 上久喜に到着したみたい  ★8:27 先ず、車で状況を偵察に行く(広島と香川の車が停まり撮影中)
1IMG_5534_20140401121155e67.jpg 2IMG_5541_20140401121157192.jpg 3IMG_5545.jpg

★8:55 ビューポイントを探す(最高所より)チョット逆光気味  ★民家の露地を通り(奥さんに出会って少し話をする。現在、6分咲きで4月5日頃には満開になるだろうと言っていた)  ★9:05 谷まで下りる
4IMG_7470.jpg 5IMG_7473.jpg 6DSC08763.jpg

9:15 メインの花桃を散策に行く
7IMG_7481.jpg 8IMG_7479.jpg 9IMG_7487.jpg

★9:25 一番高い所に到着(景色を眺めながらタバコ休憩)  
★★9:40 花桃の林の中を下る(全身が桃色に染まりそうな感じ)
10IMG_7488.jpg 11MG_5563.jpg 12IMG_5567.jpg

★9:50 途中の民家まで下りて来た  ★車道に出て  ★9:55 車に戻ってきた
13IMG_5566.jpg 14IMG_5570.jpg 15IMG_5571.jpg
 桃源郷とは、正にこれと言う感じがする。こんな素晴らしい景色が見られて幸せ!!!お世話をして下さっている方達に感謝感謝・・・。6分咲きと言っていたが、上部の日当たりの良い所は満開と思う。
別館へ続

 

3/28 鷹羽ヶ森のメンツツジ
 オンツツジに対して、女性的だからメンツツジという名が付いたらしい。
別名、フジツツジとも言うが、どう見ても藤色には見えない(私にはピンク色に見える)


1IMG_5517.jpg 2IMG_5522.jpg

3IMG_5519.jpg 4IMG_5525.jpg

5IMG_5529.jpg 6IMG_5530.jpg
まだ、つぼみの木も結構あった。



3/25 牧野植物園
 現在、五台山花絵巻【五ノ巻】が開催(3/21~5/25)されている

園内は春爛漫
1DSC08647.jpg 2DSC08656.jpg 3DSC08681.jpg

新設された水辺観察路より
4DSC08676.jpg 5DSC08674.jpg 6DSC08672.jpg

ニリンソウが一杯咲いている
1DSC08696.jpg 2DSC08705.jpg

まさかのシラネアオイにびっくり!!
3DSC08714.jpg 4DSC08716.jpg

☆ハルリンドウ     ☆キクザキイチゲ     ☆気の早いヒカゲツツジが一輪

5DSC08704.jpg 6SC08728.jpg 7DSC08684.jpg


3/23 工石山のバイカオウレン

1IMG_5464_201403231803134e8.jpg 2IMG_5477.jpg
 今年の工石山は積雪量が多かったので、まだだろうと思っていたが例年通りの日に開花。
米粒の様な蕾が多いが、登山道脇で雪にも負けずに8輪ほど咲いていてくれた。



3/17 県中東部花巡り    晴れ  最高気温=18℃
      金剛寺とユキワリイチゲ自生地を3ヶ所巡ります。
コース時刻=工石山青少年の家P(コーヒータイム)8:20~8:50道の駅さめうら~9:05金剛寺
         ~10:15M所10:35~昼食~12:00O所13:40~14:20T所(軽食)15:10

金剛寺
★キクザキイチゲ     ★?
1DSC08366.jpg 2DSC08372.jpg
 他にはアワコバイモ、トサコバイモ、イワヤツデ、ショウジョウバカマ、ハルトラノオが咲いていた。ミズバショウは蕾、ユキワリイチゲは閉じていた。バイカオウレンとセリバオウレンは終盤。

ユキワリイチゲ自生地
M所  (ピーク)
3DSC08393.jpg 4DSC08395.jpg
 手入れをされていたので、前回の時より花が増えた気がする。ショウジョウバカマも沢山咲いていた。

O所  (少しピークを過ぎる)
5DSC08463.jpg 6DSC08510.jpg
 着いた時は閉じていたのでパスしようかと思ったが、次の場所に行ってもダメだろうから待つ事にした。
1:30分待ってやっと開いてくれた。日射しが無くても咲いている花がある(気温が一番関係するかも?)


T所  (一寸ピークを過ぎる)
7DSC08610.jpg 8DSC08545.jpg
 手入れされていないので、荒れた場所に咲いていた。今までに見たことのない凄く濃いピンクの花が数輪あった。この場所は日射しは全然ないのに開いていた(矢張り気温が一番、影響するみたい)
写真館へ続く


3/16 牧野植物園
★一番遅い場所がほぼ満開なので  ★他の場所は終わったということ?

1IMG_7424.jpg 2IMG_7420.jpg

3DSC08344.jpg 4DSC08333.jpg

5DSC08348.jpg


3/10 牧野植物園
オキナグサ
1DSC08297.jpg

★トサコバイモ     ★ルリイチゲ

2DSC08304.jpg 3DSC08310.jpg
 寒波が来ているので、北の山は雪が降っているみたい。
ユキワリイチゲは閉じたまま。日射しはあっても気温が低いためか、それとも終わったのか分からない?
スポンサーサイト
タグ :

3/11 登山ガイド8 国見山

 2014-03-14
登り=1:30  下り=0:35(避難小屋より)  参加者=Nさん夫婦
今日は工石山に行く積りで準備していたが、夕方、Nさんから電話があり、急遽国見山に変更する。

★綺麗に除雪されていて、上の登山口まで行けた  ★9:20 上の登山口を出発
1IMG_7354.jpg 2IMG_7356.jpg

★植林帯を抜けて自然林へ  ★10:05 これから防火帯を登ります
3IMG_7358.jpg 4IMG_7359.jpg

★早くも霧氷が現れる  ★逆光に輝いてキレイ
5IMG_7360.jpg 6IMG_7362.jpg

★雪は深くも無く、浅くも無くて歩きやすい  ★10:40 尾根取付き
7IMG_7365.jpg 8IMG_7369.jpg

★青空に映える素晴らしい霧氷を確信していたのに、尾根には全然なくてガックリ・・・
★これは綺麗だが、残念ながら雪が積もったもの
9IMG_7371.jpg 10IMG_7379.jpg

★左の斜面に少しだけ霧氷が付いていた  ★11:30 頂上到着
1IMG_7385.jpg 2IMG_7391.jpg

中津山~牛ノ背パノラマ(少し霞んでいるが、マアマアの展望)
3IMG_7392 パノラマ写真

★池田湖と高速道路の橋が見える  ★11:55 避難小屋で昼食タイムとする
4IMG_7396_201403140644403a5.jpg 5IMG_7398.jpg

下山
★12:30 下山開始  ★13:05 無事下山(剣山もクッキリと見えだした)
1IMG_7399.jpg 2IMG_7403.jpg

帰路
★14:40 初めて訪れた場所のユキワリイチゲ(閉じていて、蕾か終わったのか分からない?)
★夢来里(むらざと)に、何か花が咲いていないかなあ・・・・
3IMG_7404_20140314065035be2.jpg 4IMG_7408_20140314065037b86.jpg

★山里の風景を見ながら歩く  ★15:10 終盤の福寿草しか咲いていなかった(4月中頃が良いらしい)
5IMG_7409_20140314065038632.jpg 6IMG_7410_20140314065053fab.jpg
【あとがき】
 昨日は寒波が来ていて、山は雪模様だった。今日の祖谷方面は快晴の予報で、青空をバックに素晴らしい霧氷を見せてあげられると思っていたが残念だった。
 私としては不満だったが、ご夫婦が喜んでくれたので、まあ良いか・・・・
タグ :

3/3 猿越山

 2014-03-05
猿越山(1436m) 高知県仁淀川町
 登り=林道登山口(1:00)カラ池山(1:10)猿越山=2:10  下り=1:50  走行距離=135km
 
猿越山は地図には載っていない山で、中津明神山カラ池コースの途中にある山。
尾根上の小ピークだが、回りは全面の笹で、遮る物が何もない360度の展望が得られる素晴らしい所。
 秋に来たことはあるが、一度冬景色を見てみたいと思っていた。
遠くから中津明神山を注意して見ていたが、雪が多くて、とても登れそうになかった。
3日前、三辻山から見ると雪が一気に減っていた。登るのは「今でしょう」という事で出掛ける事にした。

★8:25 大規模林道登山口を出発(標識も無く、駐車スペースも無いので林道脇に停める)
★植林帯を登って沢を渡る(色とりどりのテープが一杯ある) ★廃屋の前を通過
1IMG_5321_20140305092406a23.jpg 2IMG_5324.jpg 3IMG_5327.jpg

★植林帯を抜けて自然林へ ★8:55 道が消えてウロウロしたが、雪に埋まっていた
★9:00 右に登ると雑誌山へ行く(初めての標識)
4IMG_5332.jpg 5IMG_5336_201403050924144c6.jpg 6IMG_5339.jpg

★直進すると、直ぐに中津明神山の標識がある  ★少し登ると展望が開けてカラ池山が見えてくる
7IMG_5341_201403050931382d9.jpg 8IMG_5345.jpg

★9:15 いよいよ本格的な雪が現れる  ★雪は固く締まって、全然沈み込まないので良かった!
9IMG_5355.jpg 10IMG_5356.jpg

★★雪の無い所で、土佐湾を眺めながらビールタイム(風も無く暖かい)
1IMG_5358_201403050940116ed.jpg 2IMG_5359.jpg

★長靴のスパイクが良く効いて、気持ち良く歩ける(こんな雪道は初めて)
★カラ池山を過ぎると雪は無くなった  ★カラ池山から下って行く
3IMG_5361_20140305094649671.jpg 4IMG_5368_20140305094651358.jpg 5IMG_5369_201403050946532c3.jpg

★1つ目のピーク  ★2つ目のピークに向かう  ★3つ目のピーク
6IMG_5370.jpg 7IMG_5372.jpg 8IMG_5373.jpg

★目指す猿越山が見えてきました(何と、右の斜面に霧氷) ★全然予想していなかった霧氷に足が早まる
9IMG_7252.jpg 10IMG_7253.jpg

★このコース一番の急坂を登る  ★雪が緩んできてズルズルと滑る  ★霧氷は着氷が少なくイマイチ
1IMG_5381_20140305095840861.jpg 2IMG_5382_20140305095842a18.jpg 3IMG_5384.jpg

★10:55 急坂を登り切った  ★本格的な霧氷が現れてラッキー
4IMG_5391.jpg 5IMG_5392.jpg

霧氷を纏った中津明神山が素晴らしい景色で見とれてしまった
6IMG_5398.jpg

霧氷の向こうに大川嶺も見える
7IMG_5401.jpg

★11:00 猿越山に到着  ★360度の展望を見ながら昼食タイム

8IMG_5402.jpg 9IMG_7314.jpg

下山
11:45 素晴らしい景色を何時までも見ていたかったが、それもならず下山開始
1IMG_5413.jpg

12:55 カラ池山から雪道を下ります(正面は雑誌山)
2IMG_5424.jpg

遂に石鎚山は見られなかった
3IMG_7340.jpg

筒上・手箱山もスッキリと見えない
4IMG_7335_20140305120802806.jpg

★雪が緩んできて、時に落ち込むので油断大敵  ★13:50 無事下山
5IMG_5426.jpg 6IMG_5427.jpg
【あとがき】
 雪があってカラ池山までしか行けないだろうと思っていたので、猿越山まで行けてラッキーだった。
石鎚山系の雪景色を見たかったが、残念! しかし、中津明神山の霧氷が見られて良かった。
別館へ続く
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。