8/29 天橋立

 2014-10-31
★道の駅舞鶴の漁鮮市場の刺身が超おいしい(¥500)これを買うために2時間待った(9時オープン)今夜の晩酌が楽しみ!!!  ★隣のスーパーで買った安いブドウは、何と四国の香川県産だった・・・
1IMG_1877.jpg 2IMG_1879.jpg

★★綺麗な若狭湾を眺めながら昼食。香川産のブドウは美味しかった
3IMG_1883.jpg 4IMG_1884.jpg

天橋立
周辺から見たことはあるが、本格的に観光するのは初めて。
★★駐車料金¥600、リフト¥800(割引券¥100利用)で、観光代も結構高い。日本三景なので仕方ないか
1IMG_1886.jpg 2IMG_1888.jpg

★天橋立が見えてきた  ★もうすく終点
3IMG_1897.jpg 4IMG_1899.jpg

★遊園地になっている  ★テレビで何度も見たことのある「股のぞき台」
5IMG_1900.jpg 6IMG_1901.jpg

★★長く見ていると、目が回る
7IMG_1903.jpg 8IMG_1905.jpg

★ズーム(左は智恩寺と駐車場)  ★奥の日陰に停めてきた
9IMG_1906.jpg 10IMG_1907.jpg

★★飛龍観回廊(延長250m、高さ8.5mで360度のパノラマ)
1IMG_1920.jpg 2IMG_1921.jpg

★景色は、あまり変わらない  ★もう来ないと思う。一回見れば十分
3IMG_1922.jpg 4IMG_1928.jpg

★廻旋橋  ★レンタサイクルもあるが
5IMG_1930.jpg 6IMG_1931_20141031122200328.jpg

★★時間はタップリとあるので歩く
7IMG_1933.jpg 8IMG_1935.jpg

★与謝蕪村の句碑  ★橋立明神
9IMG_1936.jpg 10IMG_1940.jpg

★★松に色々な名前が付けられている
11IMG_1942.jpg 12IMG_1945.jpg

★所々に標識もある  ★約40分で終点
13IMG_1946.jpg 14IMG_1947.jpg

帰り道
★★帰りは砂浜を歩いてみた(疲れたので、途中から松林の道へ)★★
1IMG_1956_20141031123132ef5.jpg 2IMG_1957_20141031123133b5c.jpg

3IMG_1959_201410311231342c2.jpg 4IMG_1961.jpg

★智恩寺山門  ★多宝塔
5IMG_1964.jpg 6IMG_1965.jpg

★★文殊堂
7IMG_1966.jpg 8IMG_1967.jpg

道の駅舟屋の里伊根
★★周囲5kmの湾に沿って230軒あまりの舟屋が建ち並ぶ(船のガレージを舟屋と呼んでいる)
1IMG_1974.jpg 2IMG_1976.jpg

★★道の駅展望台より

3IMG_1980.jpg 4IMG_1983.jpg
スポンサーサイト
タグ :

8/28 越前海岸他

 2014-10-30
★★鉾島
1IMG_1832_20141030173129128.jpg 2IMG_1833.jpg

★★神の足跡
3IMG_1837.jpg 4IMG_1836.jpg

★★潮吹岩
5IMG_1839.jpg 6IMG_1838.jpg

★★呼鳥門(こちょうもん)
7IMG_1844.jpg 8IMG_1847.jpg

★越前岬灯台   ★越前岬は何処か分からなかった
9IMG_1850.jpg 10IMG_1852.jpg

舞鶴若狭自動車道
7月に全線開通して北陸道に繋がった。
敦賀までの距離は、名神経由だと480.7km、舞鶴経由だと457.5kmで、少し近くなった。神戸、大阪、京都の都会を通らなくて良いので、北陸に往く時は利用したいと思う。

★★舗装が新しいので、路面に吸い付くように走って気持ちが良い
1IMG_1858_201410301741181ad.jpg 2IMG_1859_20141030174120eba.jpg

★★三方五湖PA

3IMG_1869.jpg 4IMG_1874.jpg
タグ :

8/28 東尋坊

 2014-10-30
★7:10 まだ朝が早いので、ロープが張られて車が停めれない  ★やっと無料のPを見つけた
1IMG_1786_20141030070717854.jpg 2IMG_1820.jpg

★海蝕崖・海蝕洞  ★雄島
3IMG_1787_201410300707203c8.jpg 4IMG_1789.jpg

★展望所  ★展望所より
5IMG_1819.jpg 6IMG_1793.jpg

★東尋坊一番の見所(近くてパノラマが上手く繋がらない)
7IMG_1801 パノラマ写真

8IMG_1794.jpg 9IMG_1805.jpg

★下から見たかったが立入禁止  ★後ろの石畳を先端まで行く
1IMG_1806.jpg 2IMG_1808.jpg

★パノラマ
3IMG_1811 パノラマ写真

4IMG_1814.jpg 5IMG_1817.jpg

★★奥の展望所より
6IMG_1798_20141030071524fe7.jpg 7IMG_1800.jpg

雄島

1IMG_1822.jpg 2IMG_1829.jpg

3IMG_1824.jpg 4IMG_1827.jpg
タグ :

10/28 梶ヶ森

 2014-10-29
★6:27 何とか日の出前に着いた  ★霜が降りて、風も吹いて寒い!
1IMG_3076_20141029110906a36.jpg 2IMG_3085_201410291109088c9.jpg

★6:30 日の出  ★6:40
3IMG_3087_20141029110909b0e.jpg 4IMG_3099_2014102911091085b.jpg

★車に戻り、朝日を眺めながらコーヒータイム  ★太平洋は霞んでいる
5IMG_3105.jpg 1IMG_3106_20141029111127d6f.jpg

★服を着込んで、頂上で景色を楽しむ  ★祖谷、剣方面
2IMG_3110.jpg 3IMG_3111.jpg

★奥白髪山方面はハッキリ見えるが、石鎚は薄っすらと  ★手摺に付いた霜
4IMG_3114.jpg 5IMG_3115.jpg

★7:40 滝駐車場に引き返して、紅葉の散策に出発  ★滝の周辺の紅葉は、まだこれから
6IMG_3119.jpg 7IMG_3122.jpg

★滝上方はまだ緑も多いが、黄葉が殆どで赤色は少ない  
★天狗の鼻手前の展望岩より(紅葉は終わったのか、今年はダメなのか分からない)
8IMG_3132.jpg 9IMG_3156.jpg

★最後の希望を掛けて紅葉川に向かう  ★紅葉川の紅葉
1IMG_3157.jpg 2IMG_3183_20141029112253ad0.jpg

★落ち葉が一杯で、終盤を迎えていた  ★11:00 散策を終えて、駐車場展望台より

3IMG_3207_20141029112254b51.jpg 4IMG_3209.jpg
写真館へ続く
タグ :

8/27 能登金剛・巌門

 2014-10-27
 日本海の荒波で形づくられた岸壁が続き、能登随一の景勝地一帯である「能登金剛」。
その象徴ともいえる巌門(がんもん)は、圧巻の迫力。
                                    (ぶらり能登ガイドブックより)

★6:55 案内板を見て出発  ★幸せのがんもん橋
1IMG_1669.jpg 2IMG_1672_20141027052011b42.jpg

★テレビドラマで何度か見たことがある  ★橋の上より
3IMG_1675.jpg 4IMG_1674_20141027052013519.jpg

★千畳敷?  ★釣り人発見
5IMG_1676_20141027052015f62.jpg 6IMG_1677.jpg

★階段を下っていく  ★釣り人の所まで下りて来た
7IMG_1678.jpg 8IMG_1680.jpg

★コンクリートの遊歩道が付けられている  ★がんもん橋の下を通る
9IMG_1682.jpg 10IMG_1685.jpg

★洞窟があるみたい  ★暗い洞窟を怖々すすむと
1IMG_1688.jpg 2IMG_1689.jpg

★★凄い景色が広がっている
3IMG_1691.jpg 4IMG_1695_20141027052638f64.jpg

★木の階段を登る  ★洞窟は右の暗い穴
5IMG_1696.jpg 6IMG_1698.jpg

★キツネノカミソリと滝  ★展望台に登る
7IMG_1703_2014102705265715b.jpg 8IMG_1710.jpg

★海側は絶壁になっている   ★説明版
【鷹の巣岩】 高さ27mで岩肌に松が茂り、昔鷹の巣があったという
【碁盤島】 源義経主従が奥州へ下る際、この島でしばし碁を楽しんだと言う

9IMG_1713.jpg 10IMG_1714.jpg

★★碁盤島(怪獣が口を開けたみたいで、チョット不気味)
1IMG_1715.jpg 2IMG_1717.jpg

★★鷹の巣岩(これも、オバケが口を開けたようで不気味)
3IMG_1720_20141027053536041.jpg 4IMG_1721.jpg

★上の奥から歩いてきた  ★7:30 観光終わり(ガイドブックの通り能登一番の観光地と思う)

5IMG_1725.jpg 6IMG_1729_201410270535518dd.jpg
タグ :

10/25 工石山

 2014-10-26
 今日は大田口から梶ヶ森に登る積りで、家を出ようとしたら雨が降りたしたので中止。
暫らくすると雨も止んで、天気は回復の兆しがみえてきた。
折角、準備をしていたのに勿体ないと思い、工石山に登る事にする。県道は通行止めだが、地図を見ると高川から林道が通じている。もし、その道がダメだったらオーベルジュ経由で行くことにした。


★7:25 初めて走る林道は何時も緊張する  ★7:40 意外と簡単に見覚えのあるアンテナ塔に着いた
1IMG_2775.jpg 2IMG_2781.jpg

★ふるさと林道に着けば一安心(アンテナ広場で、朝焼けの土佐湾を眺めながらコーヒータイムにする)
★ふるさと林道の紅葉はもうチョット先
3IMG_2787.jpg 4IMG_2789.jpg

★8:35 何時もの所から出発  ★9:00 紅葉が現れ始める
5IMG_2809.jpg 6IMG_2820.jpg

★★白鷲岩
7IMG_2840.jpg 8IMG_2842_20141026050131c48.jpg

★★紅葉のトンネル
1IMG_2866_2014102605061697e.jpg 2IMG_2893.jpg

★★10:00 頂上展望台より
3IMG_2906_20141026050619523.jpg 4IMG_2907.jpg

★★シャクナゲ道の紅葉
5IMG_2946.jpg 6IMG_2957_20141026050635aa7.jpg

★★11:10 賽の河原がピークを迎えていて、丁度日が射してきて本日一番の紅葉を楽しむ!
1IMG_2965_20141026051135934.jpg 3IMG_2981.jpg

★今日の工石山は貸切かと思っていたら、団体さんが登ってきた(高速から土佐町経由で来たらしい)
★12:20 車が仲良く並んでいる。隣の車は、出会って少し話をした単独女性の車と思う(オーベルジュ経由で来たと言うので、高川林道の様子を教えてあげる)
8IMG_3022.jpg 10IMG_3042.jpg

高川林道  (帰りに撮影)
 家からの距離=ふるさと林道(5km)+高川林道(4.5km)+県道(15.5km)=25km

★ふるさと林道からの入口  ★竹林が綺麗な道路
1IMG_3046.jpg 2IMG_3059.jpg

★右下にツワブキの咲く神社を発見  ★高川集落
3IMG_3062.jpg 4IMG_3068_201410260520077aa.jpg

★カーブミラーも随所にあって安全  ★通行止め県道に出る
5IMG_3070.jpg 6IMG_3072.jpg
 何時でも簡単に行けて大好きな工石山に行けなくなって、ちょっとショックを受けていた。
これでアプローチが確保できたので嬉しい!!!
写真館へ続く
タグ :

8/26.27 能登半島・外浦の旅

 2014-10-24
①白米千枚田
1IMG_1569 パノラマ写真

②輪島朝市通り
2IMG_1578.jpg 3IMG_1579_20141024132149c95.jpg

③ゾウゾウ鼻展望台
4IMG_1584.jpg 5IMG_1587.jpg

④桶滝(おけだき)
6IMG_1597_20141024132208627.jpg 7IMG_1591.jpg

⑤間垣の里(まがき)
  厳しい冬の海風から家屋を守る能登特有の垣根
8IMG_1601.jpg 9IMG_1611.jpg

⑥男女滝(なめだき)
1IMG_1614_201410241328154d7.jpg 2IMG_1615.jpg

⑦ヤセの断崖
3IMG_1631.jpg 4IMG_1630.jpg

5IMG_1628.jpg 6IMG_1629.jpg

⑧道の駅とぎ海街道&世界一長いベンチ(460.9m)
1IMG_1650.jpg 2IMG_1662.jpg

3IMG_1634.jpg 4IMG_1635.jpg

5IMG_1653.jpg 6IMG_1659.jpg

⑨機具岩(はたごいわ)
7IMG_1665 パノラマ写真

⑩旧福浦灯台
8IMG_1732.jpg 9IMG_1735.jpg

⑪氣多大社(けたたいしゃ)
  女性に大人気のパワースポット!
1IMG_1746.jpg 2IMG_1750.jpg

⑫千里浜なぎさドライブウェイ(ちりはま)

3IMG_1757.jpg 4IMG_1752.jpg

5IMG_1754.jpg 6IMG_1756.jpg

7IMG_1759.jpg 8IMG_1760.jpg
タグ :

8/25.26 能登半島・最果てへの旅

 2014-10-23
①ボラ待ちやぐら(中居湾)
1IMG_1460.jpg 2IMG_1456_20141023115922b28.jpg

②鹿波パーク
 天候に恵まれれば、海上にそそり立つ立山連峰も見られる。
3IMG_1467_20141023115924f5b.jpg 4IMG_1466.jpg

③恋路海岸
5IMG_1476.jpg 6IMG_1478.jpg

7IMG_1479.jpg 8IMG_1483.jpg

④見附島(軍艦島)
1IMG_1488.jpg 2IMG_1490_20141023120517aab.jpg

3IMG_1491.jpg 4IMG_1493.jpg

⑤スカイバード&ランプの宿
5IMG_1517.jpg 6IMG_1502.jpg

7IMG_1503.jpg 8IMG_1501.jpg

⑥禄剛崎灯台(ろっこうざき)
1IMG_1520_20141023120910df1.jpg 2IMG_1543.jpg

3IMG_1528.jpg 4IMG_1536.jpg

5IMG_1529.jpg 6IMG_1537.jpg

7IMG_1541.jpg 8IMG_1544.jpg

⑦木ノ浦海岸
1IMG_8690.jpg 2IMG_8693.jpg

⑧垂水の滝
3IMG_1546_201410231210559c7.jpg 4IMG_1556.jpg

⑨窓岩

5IMG_1560.jpg 6IMG_1562.jpg
タグ :

8/23.24.25 能登半島・富山湾岸&能登島の旅

 2014-10-23
①海王丸パーク
1IMG_1347.jpg 2IMG_1349.jpg

②義経岩
3IMG_1360.jpg 4IMG_1367.jpg

5IMG_1369.jpg 6IMG_1370_20141023080209053.jpg

③道の駅ひみ番屋街
7IMG_1374.jpg 8IMG_1376.jpg

9IMG_1378.jpg 10IMG_1383.jpg

④道の駅能登食祭市場
1IMG_1394.jpg 2IMG_1393_201410230805062ba.jpg

3IMG_1398.jpg 4IMG_1405.jpg

⑤和倉温泉
5IMG_7235.jpg 6IMG_7239.jpg

⑥能登島大橋
7IMG_1407.jpg 8IMG_1416.jpg

⑦道の駅のとじま

ふくらぎ(体長32~40cmのブリの子)
9IMG_1426.jpg 10IMG_1424.jpg

⑧ツインブリッジのと
1IMG_1432_2014102308110737f.jpg 2IMG_1436.jpg

⑨道の駅なかじまロマン峠
3IMG_1438.jpg 4IMG_1439.jpg

⑩能登島を望むシーサイドライン(国道249号)
5IMG_1444.jpg 6IMG_1443_20141023081126de8.jpg

⑪能登大仏

7IMG_1446.jpg 8IMG_1447.jpg
タグ :

8/22 ヒスイ峡→道の駅親不知ビアパーク

 2014-10-22
【ヒスイ峡】
★9:40 明星山(1189m)北アルプス最北端  ★林道の前に岩壁が迫ってくる
1IMG_1207.jpg 2IMG_1210.jpg

★案内板  ★高波の池
3IMG_1221_2014102218363255b.jpg 4IMG_1228.jpg

★★高波の池
5IMG_1226.jpg 6IMG_1227.jpg

★この景色を見たかったのだ!スバラシイ  
★明星山に登る積りだったが、良い車中泊場所がないので中止(夜は寂しそう・・・・・)
7IMG_1233.jpg 8IMG_1230.jpg

★ヒスイ峡  ★中央の岩がヒスイらしいが・・・・
9IMG_1237.jpg 10IMG_1241.jpg

【国道8号線】
凄い所を走る国道
IMG_1244.jpg IMG_1245.jpg

IMG_1247_20141022184239ba7.jpg IMG_1274.jpg

【道の駅親不知ビアパーク】
★施設は高速道路の下にある変わった駅  ★そこに駐車スペースもあるので雨が降っても快適
1IMG_1273_20141022184501ed3.jpg 2IMG_1271_201410221845022c0.jpg

★★前は直ぐに日本海
3IMG_1270.jpg 4IMG_1277.jpg

★★チョット変わった道の駅
5IMG_1250.jpg 6IMG_1255.jpg

【ヒスイについてお勉強】
磨かないと普通の石で、素人には分からない。
1IMG_1269.jpg 2IMG_1256.jpg

3IMG_1257.jpg 4IMG_1265_201410221848009ff.jpg

5IMG_1261.jpg 6IMG_1262.jpg

7IMG_1251.jpg 8IMG_1252.jpg

【日本海に沈む夕陽】
★芋焼酎を飲みながら夕日見物  ★能登半島も見えている

1IMG_8631_20141022185042283.jpg 2IMG_8632_20141022185043789.jpg


3IMG_8647.jpg 4IMG_8656.jpg

5IMG_8663_20141022185046cdf.jpg 6IMG_8669.jpg
タグ :

8/21 白馬八方

 2014-10-22
★5:20 白馬三山の朝焼け   ★熱気球
1IMG_1116_20141022130101377.jpg 2IMG_1122_201410221301024f2.jpg

★6:50 花を眺めながらコーヒータイム  ★第二郷の湯
3IMG_1125.jpg 4IMG_1127_20141022130126ce8.jpg

★★諏訪神社★★
5IMG_1131_201410221301280ca.jpg 6IMG_1134.jpg

7IMG_1138.jpg 8IMG_1139.jpg

★駐車料金1日600円
9IMG_1146.jpg 10IMG_1151.jpg

★★八方ゴンドラ駅
1IMG_1152.jpg 2IMG_1153.jpg

★ビランジに似た花が道端に咲いていた  ★縄文時代の竪穴住居跡
3IMG_1156.jpg 4IMG_1160.jpg

★8:40 八方第3駐車場(ゴンドラ駅に1番近い)  ★手形入浴完了
5IMG_1169.jpg 6IMG_1171.jpg

★★19:45 白馬三山がこんなにハッキリ見えることは滅多にない

7IMG_8617 パノラマ写真

8IMG_8619_201410221308115e9.jpg
タグ :

8/20 白馬雪渓

 2014-10-21
【前日】  8/19


★5:30 黒菱の朝  ★リフト乗り場
1IMG_0955.jpg 2IMG_0961_2014102110132651b.jpg

★八方山荘まで片道600円(歩くと1時間掛かるので価値はあると思う。しかし出発が遅くなるので利用できない)
★6:00 黒菱林道は何回も通るが、こんなのは初めて
3IMG_0962_201410211017456d9.jpg 3IMG_0963_201410211017466bd.jpg

★★ヘリポート横の路肩で待機
4IMG_0964.jpg 5IMG_0966_201410211017486ef.jpg

★飛び立つ時に砂利が当たるかもしれない、と言われたのでバックする(2台はヘリ会社の車)
★6:10 たいした待ち時間では無かったが、土産物をいっぱい置いて行った
6IMG_0967.jpg 7IMG_0968.jpg

★★第5駐車場
1IMG_0988.jpg 2IMG_0987.jpg

★スキー場   ★白馬三山
3IMG_0982_20141021102703395.jpg 4IMG_0991.jpg

★白馬雪渓   ★18:45 ジャンプ場
5IMG_0993.jpg 6IMG_0999_20141021102449394.jpg


【白馬雪渓】
 今日の目的は白馬雪渓をスパイク長靴で歩けるか試す事と、花の散策。
★6:40 白馬岳登山口駐車場  ★天気はあまり良くないが車は結構停まっている
1IMG_1000_201410211032571df.jpg 2IMG_1001.jpg

★長靴を履いているので迂回しなくて良い  ★滝を眺めながら休憩
3IMG_1012.jpg 4IMG_1019.jpg

★平地は天気が良さそう  ★7:30 林道終点
5IMG_1021.jpg 6IMG_1022.jpg

★綺麗なヤマアジサイがいっぱい咲いている  ★木橋
7IMG_1027.jpg 8IMG_1028.jpg

★アザミと渓流  ★ガレ場の道
9IMG_1032.jpg 10IMG_1050.jpg

★白馬尻小屋が見えてきた  ★8:10
1IMG_1062.jpg 2IMG_1064.jpg

★休憩広場は閑散としている  ★前回はこの下まで雪渓があった
3IMG_1070_20141021104130bc7.jpg 4IMG_1065.jpg

★8:20 タバコ休憩をして出発  ★結構急な階段(雪渓歩きの方が楽だった)
5IMG_1074_20141021104133b48.jpg 6IMG_1080.jpg

★前回は、このケルンは殆ど雪に埋まっていた  ★白馬雪渓
7IMG_1082.jpg 8IMG_1083.jpg

★雪渓の末端  ★雪渓歩きの始まり
9IMG_1084.jpg 10IMG_1085.jpg

★ガスが流れてきた  ★段々と濃くなっていく(その後、殆ど見えなくなったので撤退)
1IMG_1086.jpg 2IMG_1087.jpg

★下りもスパイク長靴で楽勝  ★白馬駅前に好日山荘があったので、10日間着ても汗臭くないと教えてもらった、ドライレイヤー(L1)を買った。税込4860円と高い(その効力を試す登山予定が無いので、来年になるかも)
3IMG_1091.jpg 4IMG_1106_2014102110512353f.jpg

★駐車場よりのパノラマ
5IMG_1107 パノラマ写真

★左に五竜岳   ★右に白馬三山
6IMG_1112.jpg 7IMG_1113.jpg


【咲いていた花】
☆?(ソバナと葉が違う)      ☆タマガワホトトギス
1IMG_1017.jpg 2IMG_1031.jpg
☆                     ☆ツルニンジン
3IMG_1033.jpg 4IMG_1039.jpg

☆☆オトギリソウ
5IMG_1060_201410211103140af.jpg 6IMG_1061.jpg

☆☆ミソガワソウの白花は初めて
7IMG_1045.jpg 8IMG_1048.jpg

☆☆オオレイジンソウも初めて

9IMG_1075.jpg 10IMG_1077.jpg
タグ :

8/18 八方尾根

 2014-10-20
八方尾根(唐松山荘まで)   登り=5:40(花探し、撮影を含む)  下り=2:30(第3リフトまで)

 今回で八方尾根を登るのは4回目になる。
今までは第三ケルン(八方池)で日の出を迎えるために、ライトを点けて早朝の登山だった。
今日は花が目当てなので、明るくなってから出発する。


★5:00 黒菱を出発  ★上のゲートは撤去されている
1IMG_0679.jpg 2IMG_0681.jpg

★6:00 八方池山荘のヤナギランが今年も咲いている  ★花も濡れて寒そう
3IMG_0703.jpg 4IMG_0706.jpg

★新しい木道の工事中  ★木道沿いに花が咲いている
5IMG_0714.jpg 6IMG_0728_20141020110725d29.jpg

★次々に現れるので退屈しない  ★休憩しようかと思ったらトイレだった
7IMG_0731.jpg 8IMG_0759.jpg

★8:00 八方池  ★青空が見えてきたが、五竜岳は雲の中
9IMG_0808.jpg 10IMG_0833.jpg

★9:20 扇雪渓に下りて休憩する  ★唐松山荘
1IMG_0848.jpg 2IMG_0898_20141020111218643.jpg

★10:40 矢張り立山連峰は見えない   ★展望が無いので頂上は中止(立山連峰を眺めながらビールを飲むのを楽しみにしていたが、寒いので止める)
3IMG_0900.jpg 4IMG_0902_20141020111220e19.jpg

下山
★★12:50 八方池模様
1IMG_0923.jpg 2IMG_0924_201410201123296e7.jpg

★八方池  ★天気があまり良くないので観光客も少ない
3IMG_0928_20141020112330bed.jpg 4IMG_0938.jpg

黒菱
★14:40 車は割と多いが、そんなに人に出会わなかったが・・・・  ★18:10 殆ど帰ってしまった
5IMG_0943.jpg 6IMG_0944_20141020112347b86.jpg

★白馬三山の夕焼けはダメ  ★18:45 こんな時間に下山してくる人も居る

7IMG_0945.jpg 8IMG_0951.jpg


お花畑
1IMG_0722.jpg

2IMG_0780_201410201136435ef.jpg

3IMG_0925.jpg

4IMG_0842.jpg

咲いていた花
1 シモツケソウ           2 ミヤマコゴメグサ
1IMG_0683_2014102011394026a.jpg 2IMG_0766.jpg

3 ヤマホタルブクロ         4 クガイソウ
3IMG_0720_20141020113943685.jpg 4IMG_0723.jpg

5 ヨツバシオガマ           6 ミヤマクワガタ
5IMG_0727.jpg 6IMG_0732.jpg

7 タカネマツムシソウ         8 ミヤマママコナ
7IMG_0736.jpg 8IMG_0807.jpg

9 クルマユリ              10 ミヤマダイモンジソウ
9IMG_0755.jpg 10IMG_0756.jpg

11 イブキジャコウソウ          12 タムラソウ
11IMG_0839.jpg 12IMG_0760.jpg

13 コウメバチソウ             14  ?
13IMG_0762.jpg 14IMG_0779.jpg

15 ハッポウタカネセンブリ         16 ユキワリソウ
15IMG_0934.jpg 16IMG_0792.jpg

17 イワイチョウ                 18  シロバナニガナ
17IMG_0801.jpg 18IMG_0840.jpg

19 マルバダケブキ                20 ミヤマキンポウゲ
19IMG_0844.jpg 20IMG_0849.jpg

21 チンヅルマ                  22  ?
21IMG_0850.jpg 22IMG_0855.jpg

23 エゾシオガマ                 24 ミヤマリンドウ
23IMG_0857.jpg 24IMG_0908.jpg

25 ウサギギク                   26 ミヤマアキノキリンソウ
25IMG_0891.jpg 26IMG_0890.jpg

27 タカネヤハズハハコ                        28 トウヤクリンドウ
27IMG_0897.jpg 28IMG_0905.jpg

29 ミヤマトリカブト                  30 オヤマリンドウ

29IMG_0916.jpg 30IMG_0927.jpg
 ピンボケの花が10種類くらい有ったので、写真に撮った花は約40種と思う。
タグ :

8/10~17 待機中

 2014-10-19
 硫黄岳、野口五郎岳、大天井岳に登るために、晴れるのを待って居ます。

8/10 白樺湖
★9:00 雨降りなのに観光客も大変  ★15:30 車がやたらに増えてきた。聞くと今夜、花火大会があるとか
1IMG_0503.jpg 2IMG_0509_20141019133456065.jpg


★★花火が始まる前に、雨が止んで良かった
3IMG_8588_20141019133631b43.jpg 4IMG_8590.jpg

★3尺玉、4尺玉も打ち上がったが、高く上がり過ぎると霧の中でボンヤリとしか見えないので残念
★水上花火は圧巻
5IMG_8594.jpg 6IMG_8611.jpg


8/11 八島ヶ原湿原他
★8:25 湿原入口の駐車場で、雨が止むのを待ってます  ★10:30 雨が止んだので散策に出発
1IMG_0517.jpg 2IMG_0535.jpg

★★お目当てのヤナギランが咲いている
3IMG_0553.jpg 4IMG_0559_20141019134444105.jpg

★何回見ても綺麗  ★12:30 ビーナスラインより白樺湖(花火は細長い小島から打ち上がった)
5IMG_0546.jpg 6IMG_0568.jpg

【硫黄岳登山口へ】
 明日の天気予報は12時まで晴マークだったが、9時までに変わっていた。
早朝登山をしないと、雨に降られるので急遽、買い物をして登山口に向かった。


★15:00 昨日、今日と天気が悪かったのに登山口周辺には車が溢れている  ★最上段に1台空いていた
7IMG_0575.jpg 8IMG_0569.jpg

★18:30 1人だけ下山してきたが、後はかえってこない  ★青空も見えるが明日の天気は如何に!
9IMG_0578.jpg 10IMG_0579.jpg


8/12 硫黄岳中止
★2:20 鱗雲から月の明かりが  ★林道沿いの岩場(出発しようかと思ったら雨が降ってきたので、登るのを止めた。去年はオーレン小屋で撤退したが、今年は登山口で撤退とは・・・・・・・)
1IMG_0585.jpg 2IMG_0586.jpg

★10:30 白樺湖に戻ると駐車場は大型バスに占領されて大変なことになっていた  
★とても車中泊できそうにないので
3IMG_0587_201410191402091bc.jpg 4IMG_0588_20141019140210a1f.jpg

★11:40 脱出することにした  ★17:00 道の駅マルメロの駅ながとの駐車場は東京近郊の車がズラリと並んでいる(明日からお盆に入るからなのか?東京から近いのでお盆の時は大変!!!)
5IMG_0592.jpg 6IMG_0593.jpg


8/13 安曇野
★★13:00 烏川渓谷緑地公園(駒ヶ根の大沼湖で休憩していた時に、車中泊に良い所だと教えて貰ったが、お盆で親子連れが一杯で駐車場は満車)
1IMG_0594_2014101914181880e.jpg 2IMG_0595.jpg

★仕方なく、何時もの道の駅ほりがねの里に行く  ★赤岳で転倒した時の傷が5日目で治った
3IMG_0598.jpg 4IMG_0601.jpg


8/15 道の駅ほりがねの里
★5:20 常念岳の朝焼け  ★8:00 虹を纏った常念岳
1IMG_0605.jpg 2IMG_0615.jpg


8/17 安曇野→黒菱
 今日で待機も8日目になる。
これからの天気予報もスッキリとしないので、展望目的の山は止めて、花が楽しめる唐松岳に登ることにした。


★5:20 黒い雲が空を覆う(道の駅安曇野松川にて)  ★13:20 八方尾根第5駐車場
1IMG_0623.jpg 2IMG_0628.jpg

★黒菱林道の新しい標識が立っている  ★13:40 黒菱は閑散としている
3IMG_0629_20141019142729bc3.jpg 4IMG_0635.jpg

★牧場の有刺鉄線は外されている(潜らなくて良いのでラッキー)  ★ここで白馬三山が見えたのは初めて
5IMG_0640.jpg 6IMG_0657.jpg

★★駐車場は風の通り道なので天気がコロコロと変わる
7IMG_0661.jpg 8IMG_0663.jpg

★2日分の食材を買い込んできた  
★18:50 明日の天気はどうだろう?(この所、天気予報は当てにならないので、あまり信用しない)

9IMG_0666.jpg 10IMG_0670.jpg
タグ :

8/9 飯盛山

 2014-10-18
飯盛山(めしもりやま)1643m  長野県南牧村  登り=55分  下り=45分
 今日は休養して明日、ギボシ(権現岳経由)に登りたかったが、台風の影響で大雨になる予報。
その後も天気は安定せず晴れ間は無いみたい。今日は曇り空だが雨は降っていないので、簡単に登れて花が多いといわれている飯盛山に登ることにした。


★清里の森の朝焼け  ★平沢峠は八ヶ岳連峰の展望所だが、まだ見たことは無い
1IMG_0407_20141018172449650.jpg 2IMG_0409_2014101817245024c.jpg

★5:55 登山口にあるマップ  ★登山口から直ぐにマツムシソウ
3IMG_0410_20141018172452244.jpg 4IMG_0412_20141018172453a7c.jpg

★オニユリ  ★ニッコウキスゲなどがお出迎え
5IMG_0413_20141018172454c54.jpg 6IMG_0417.jpg

★広くてなだらかな登山道  ★ギボウシ
7IMG_0422.jpg 8IMG_0430.jpg

★ツリガネニンジン  ★フジクロセンノウなどが次々と現れる
9IMG_0435.jpg 10IMG_0437.jpg

★雲がたなびく野辺山  ★右のトラバース道に変わると、早くも頂上が見えてくる
1IMG_0439_201410181730410e5.jpg 2IMG_0443_20141018173043cd7.jpg

★綺麗なマツムシソウ  ★カワラナデシコがこんにちは
3IMG_0446.jpg 4IMG_0449.jpg

★コオニユリが良い感じで咲いている  ★終わりかけだがアヤメまで咲いている
5IMG_0456.jpg 6IMG_0459.jpg

★殆ど登らなくて良いので楽チン  ★頂上はもう直ぐ
7IMG_0462.jpg 8IMG_0464.jpg

★フジクロセンノウが群生しているを初めて見た  ★6:50 頂上(富士山も見えるらしいが・・・・)
9IMG_0465.jpg 10IMG_0467.jpg

下山
★景色も見えないので直ぐに下山開始  ★花を見ながら
1IMG_0475.jpg 2IMG_0478.jpg

★★のんびり帰る
3IMG_0485_2014101817374262d.jpg 4IMG_0486_201410181737447a9.jpg

★赤岳の頂上が少しだけ見えた  ★7:35 広い駐車場に車がポツンと1台だけ
5IMG_0491.jpg 6IMG_0493.jpg

白樺湖
清里では、ギボシ(権現岳経由)と硫黄岳(杣添尾根から横岳経由)に登る予定だったが、天気が悪くて当分の間、登れそうにない。清里にはスーパーが無くて、コンビニの食材にも飽きてきたので脱出することにした。

★14:15 スーパーで食材をいっぱい買いこんで白樺湖にやってきた(ここも天気は悪くて、それに寒い・・・)
★19:00 天気は悪いのに宿泊者は結構いるみたい

7IMG_0495.jpg 8IMG_8578.jpg
タグ :

8/8 赤岳(県界尾根)撤退

 2014-10-18
赤岳(2899m)  100名山  山梨県北杜市(ほくと)  登り=3:20  下り=2:30
 山梨県からの登山コースは県界尾根と真教寺尾根の2つある。
去年、下調べをしたが真教寺尾根は笹が被さっていたので県界尾根を登ることに決めていた。
時間があれば、阿弥陀岳にも登りたいので早朝出発することにした。


★3:05 林道入口(車を2:55分に出る)  ★4:55 小天狗(まだ暗い)
1IMG_0247_201410180739255c5.jpg 2IMG_0250_20141018073926ccc.jpg

★富士山が見えてきた  ★比較的なだらかな尾根歩き
3IMG_0255.jpg 4IMG_0259.jpg

★赤岳と権現岳(手前は真教寺尾根)  ★赤岳
5IMG_0264.jpg 6IMG_0262.jpg

★ダケカンバの尾根道  ★赤岳天望荘
7IMG_0270.jpg 8IMG_0279.jpg

★三ツ頭と権現岳  ★ダケカンバが綺麗
9IMG_0280.jpg 10IMG_0285.jpg
 
★徐々にきつくなってくる  ★立枯れ木
1IMG_0294.jpg 2IMG_0295_201410180746370ac.jpg

★左奥に甲武信ヶ岳~金峰山~富士山
2IMG_0299 パノラマ写真

★中央右金峰山・手前横尾山(県境)  ★富士山
3IMG_0305_20141018074725d00.jpg 4IMG_0298.jpg

★倒木がゴロゴロと転がっている  ★南アルプスも見えてきた(手前は真教寺尾根)
5IMG_0311.jpg 6IMG_0314.jpg

★6:15 大天狗(赤岳頂上1:40分と書かれている)  ★大天狗は展望無し
7IMG_0321.jpg 8IMG_0324.jpg
 
★赤岳の東面は垂直の岩壁になっている  ★急坂を登ると
1IMG_0330.jpg 2IMG_0336.jpg

★7:10 チョットしたテラスに出る  ★これからいよいよ正念場の、クサリ・ハシゴが連続する岩場となる
3IMG_0350.jpg 4IMG_0353.jpg

★甲武信ヶ岳もハッキリ分かるようになり、登ってきた県界尾根も眺められる(大天狗から右に折れる)
★岩壁登りに備えて栄養を補給して休憩していると、天気が急変して雨が降ってきた。暫らく待ったが止みそうにないので撤退することにした(後、30~40分で頂上まで行けるのに残念・・・・・)
5IMG_0354.jpg 6IMG_0358.jpg
 
下山
★ダケカンバが雨に濡れて一層赤くなりキレイ  ★8:40 小天狗
1IMG_0364.jpg 2IMG_0369.jpg

★★こんな所をライトの光で登って来たんだ!
3IMG_0371.jpg 4IMG_0372_20141018081052be2.jpg

★9:20 登山道入口  ★コンクリートの林道
5IMG_0383.jpg 6IMG_0385.jpg

★ガレ場の林道  ★10:00 愛車が見えてきた(県道の路肩に停めて出発した)
7IMG_0391.jpg 8IMG_0401.jpg

★清里スキー場の広い駐車場(ここに停めて出発する積りで下見していたが、朝は進入禁止になっていた)
★10:45 赤岳と横岳。青空も覗いて、撤退したのがチョット悔しい(濡れ物を乾かすのには良かったけど・・)

9IMG_0404.jpg 10IMG_0405.jpg
タグ :

8/6 おみかの滝

 2014-10-17
おみかの滝  落差=16m  長野県南相木村(みなみあいき)

★12:20 滝入口の駐車場  ★滝見用のトンネルがある
1IMG_0214.jpg 2IMG_0218.jpg

★自動で照明が点灯する  ★途中に滝見用の穴が開いている
3IMG_0219.jpg 4IMG_0230.jpg

★★凄い場所にある滝だが全景が見られない
5IMG_0231_201410170900594c3.jpg 6IMG_0220.jpg

★トンネルを奥に進むと県道への遊歩道がある(現在は通行止だが自己責任で行く)
★滝壺が見える
7IMG_0221.jpg 8IMG_0223.jpg

★滝口  ★ほぼ全体が見られる
9IMG_0224.jpg 10IMG_0226.jpg

★滝壺  ★滝口?

1IMG_0227.jpg 2IMG_0243.jpg
 右岸、左岸に遊歩道があり、正面には橋それにトンネルまであるのに、どこから見てもスッキリト見られない。
何か、もどかしさの残る滝だった。
タグ :

8/6 御座山

 2014-10-16
御座山(おぐらさん)2112m  200名山  長野県南相木町  登り=2:00  下り=1:30
 栗生からカラマツ林の谷間を歩き、ブナ・トチなどの原生林を抜けると、不動の滝に出ます。
山の中腹を登りいったん下り、登り返すと細長い岩場の山頂に到着します。
頂上からは八ヶ岳、南・北アルプス、浅間山などが見渡せます。さえぎるもののない360度の大展望は圧巻です。≪南相木町ホームページより≫


★林道終点の駐車場  ★5:40 出発
1IMG_0066.jpg 2IMG_0067.jpg

★涸れ沢の縁を歩く  ★標識を見て沢から上がる
3IMG_0069.jpg 4IMG_0072.jpg

★カラマツ林の細道となる  ★荒れ気味の沢沿いの道
5IMG_0075.jpg 6IMG_0078.jpg

★山頂まで2000m  ★原生林
7IMG_0080.jpg 8IMG_0084.jpg

★★6:30 不動の滝(水量が少なく、どちらから写しても絵にならない)
9IMG_0088.jpg 10IMG_0091.jpg

★★チョット荒れた森の中腹を登る
1IMG_0094.jpg 2IMG_0100.jpg

★大岩が見えてきた  ★大岩の右を巻いて登る
3IMG_0102.jpg 4IMG_0103.jpg

★大岩を通過すると  ★クサリ場が現れる
5IMG_0105.jpg 6IMG_0106.jpg

★これはクサリが無いと登れないほどきつい  ★垂直に近いクサリ場を無事に通過した
7IMG_0107_201410160816545c6.jpg 8IMG_0108_20141016081655ed6.jpg

★7:40 左に少し回り込むと、南アルプス  ★八ヶ岳連峰の好展望所になっていた
9IMG_0113.jpg 10IMG_0112.jpg

★展望を楽しんで引き返して、尾根に向かって登る  ★尾根には、祠が鎮座している
1IMG_0124.jpg 2IMG_0126.jpg

★細尾根を下る  ★8:00 金山沢のコル
3IMG_0128.jpg 4IMG_0134.jpg

★急坂を登り返すと  ★避難小屋が見えてきた
5IMG_0139.jpg 6IMG_0142.jpg

★8:15 いよいよ頂上岩場に取付く  ★山頂標識が見えてきた
7IMG_0144.jpg 8IMG_0145.jpg

★8:20 頂上到着  ★本当に素晴らしい展望(右奥は浅間山)
9IMG_0146.jpg 10IMG_0147.jpg

★前方は切れ落ちて  ★左を覗き込むと足がすくむ高度感
1IMG_0172.jpg 2IMG_0171_2014101608413883e.jpg

下山
★9:00 蓼科山の雲が採れるのを待っていたが  ★諦めて下山開始
3IMG_0176.jpg 4IMG_0180.jpg

★ピンク色のホツツジは珍しい  ★10:30 出会ったのは若い夫婦だけ
5IMG_0181.jpg 6IMG_0182_20141016084157175.jpg

展望
【クサリ場展望所より】
南アルプスと八ヶ岳連峰が横一直線で素晴らしい(前は天狗山と男山)
1IMG_0111 パノラマ写真

南アルプス
2IMG_0114.jpg

間ノ岳・北岳
3IMG_0122.jpg

甲斐駒ケ岳・鋸岳
4IMG_0119.jpg

赤岳

5IMG_0123.jpg

【頂上より】
残念ながら雲が湧いてきた
6IMG_0150 パノラマ写真

三ツ頭・権現岳・赤岳
7IMG_0158 パノラマ写真

中央浅間山
8IMG_0163 パノラマ写真

浅間山連山
9IMG_0167.jpg

両神山

10IMG_0174.jpg
タグ :

8/5 戸倉山

 2014-10-15
戸倉山(とくらやま)1681m   長野県駒ケ根市   登り=1:30  下り=1:10
 伊那富士とも呼ばれている戸倉山は山頂から西に、空木~木曽駒~乗鞍~穂高~槍~白馬まで見渡せ東に、甲斐駒~仙丈~白峰三山~塩見~赤石~聖の山並みを眺めることができます。
(ネット情報)


★6:30 キャンプ場入口のPに停めて出発  ★5合目
1IMG_0007.jpg 2IMG_0023_2014101505494978a.jpg

★アカマツ林  ★金明水休憩舎
3IMG_0032.jpg 4IMG_0036.jpg

★8:15 西峰  ★駒ヶ根市(中央アルプスは雲の中)
5IMG_0038.jpg 6IMG_0044.jpg

★★南アルプスは鋸岳~仙丈~塩見~兎岳が見えるらしいが・・・・・・
7IMG_0041.jpg 8IMG_0040.jpg

★8:25 東峰  ★仙丈ヶ岳まで12kmと近いのだが・・・
9IMG_0049.jpg 10IMG_0053.jpg

【清里へ】
★15:30 富士見高原より  ★16:00 まきば公園より八ヶ岳連峰

1IMG_0062.jpg 2IMG_0065.jpg
タグ :

8/3 空木岳

 2014-10-14
空木岳(うつぎだけ)2864m  100名山  長野県駒ケ根市  登り=4:40  下り=3:40
 5年前(2010年)は小地獄付近崩落により通行止。次の年は林道が通行止。
去年は鷲羽岳にリベンジするためにパスしたので5年越に登れることになった。
 駒ヶ根市役所に電話して登山状況を聞くと、登山道、林道は大丈夫だが熊が出没しているので注意してと言われた。熊が怖いので、登山者が多いと思われる日曜日に登るこたにした。


【前日】
★林道より駒ヶ根市  ★「子連れのクマが7月18、25、29日に登山道で目撃されています」との看板が立っている。ほんの最近の事で怖い!
1IMG_9843.jpg 2IMG_9842.jpg

★土曜日なので車がいっぱい  ★特等席が一台だけ空いていた
3IMG_9844_201410140638086ed.jpg 4IMG_9845.jpg

★登山口は数歩の場所  ★南アルプスを眺めながら夕食が出来ると思っていたのに、山は雲の中
5IMG_9846.jpg 6IMG_9849_201410140641499a3.jpg

★登山者が続々と下山して来て、お迎えのタクシーが頻繁に出入りする(木曽駒ケ岳から縦走してきて、菅の台駐車場に戻る人が多いみたい)  ★夕焼けの南アルプスを見たかったがダメでした
7IMG_9850.jpg 8IMG_9858.jpg

【登山】
 熊が怖いので誰かが出発するまで待つことにした。
3時からスタンバイしていたが、なかなか出発しない。4:15分に、やっと隣の御夫婦が出発していった。


★5:10 4:20分に出発してから林道のような広い道を歩いた  ★少し朝焼けした南アルプス
1IMG_9863_201410140650281c0.jpg 2IMG_9865.jpg

★5:30 水場  ★分岐では遊歩道経由にする
3IMG_9869.jpg 4IMG_9871.jpg

★ダケカンバの林が綺麗  ★6:00 登山道と合流する
5IMG_9874.jpg 6IMG_9879.jpg

★★大地獄、小地獄を通過中★★
7IMG_9885.jpg 8IMG_9890.jpg

9IMG_9892.jpg 10IMG_9894.jpg

★7:00 これは展望台だろうか  ★宝剣岳が見える
1IMG_9899_20141014065524319.jpg 2IMG_9898_2014101406552732c.jpg

★7:10 左のトラバース道から  ★8:00 右のトラバース道に変わる
3IMG_9900.jpg 4IMG_9910_2014101406552932e.jpg

★8:30 避難小屋分岐  ★駒石が見えてきました
5IMG_9913.jpg 6IMG_9926.jpg

★★8:50 駒石(尾根に出ると風が強くて寒いので、駒石の袂で食事を摂る)
7IMG_9933.jpg 8IMG_9938.jpg

★9:10 女性が上に立っている。凄い!  ★雲がなければ南アルプスも見えて良い景色なのだが
9IMG_9939_20141014065550ba0.jpg 10IMG_9943.jpg

★風が強くて寒い  ★右に白砂の急斜面を見て
1IMG_9944.jpg 2IMG_9951.jpg

★荒れた岩場を登ると  ★駒峰(こまほう)ヒュッテが見えた
3IMG_9956.jpg 4IMG_9957_20141014070318901.jpg

★登山道は展望テラスを通過して行く  ★最後の登り
5IMG_9959.jpg 6IMG_9961.jpg

★頂上が見えてきたよ  ★9:45 念願の頂上にやっと到着
7IMG_9962.jpg 8IMG_9965.jpg

★三角点とトレイルランの若者  ★南駒ケ岳だけでも良いから見えてくれないかなあ・・・・
9IMG_9969.jpg 10IMG_9970.jpg

【下山】
★100名山にしては寂しい頂上  ★10:15 景色は見えそうに無いので下山開始(まあ登頂できて良かった)
1IMG_9972.jpg 2IMG_9973.jpg

★★咲いている花は少ない★★
3IMG_9931_20141014071528602.jpg 4IMG_9909.jpg

5IMG_9977.jpg 6IMG_9980.jpg

★13:05 登山道を下山してみたが、遊歩道が遥かに歩きやすい  ★14:20 熊に出会わず無事に下山
7IMG_9978.jpg 8IMG_9984.jpg

★17:00 ほとんどの方が家路に着いて駐車場も寂しくなった
★18:30 敷地がネジれて寝にくいので車の方向を変える。今夜はグッスリ眠れそう

9IMG_9990.jpg 10IMG_9999.jpg
【空木岳の登山模様】
 木曽駒ヶ岳から縦走してくる人が一番多いみたい。次が小屋泊で、3番目がピストンをする人。
タクシーで来て逆向きに縦走する人が少数いた。一番凄い人は菅の台から登ってきて縦走する方だった。
タクシーを利用せずに菅の台まで登山道を下山する人も結構いた。
 私は山小屋泊も考えたが、楽勝で日帰りできる山だった。
タグ :

8/2 千人塚公園

 2014-10-13
★★7:50 道の駅周辺を散歩していたら、ブルーベリーを収穫していた方が居た
1IMG_9817.jpg 2IMG_9821.jpg

★★話し掛けたら、採って食べて良いよと言ってくれた。木で熟したブルーベリーは美味しい!
3IMG_9816.jpg 4IMG_9814.jpg

★8:20 ブルーベリー畑で教えてもらった千人塚公園へ出掛ける  ★広い駐車場があり木陰もあって涼しい
1IMG_9828.jpg 2IMG_9822.jpg

★何と高知ナンバーの車が停まっていた  
★懐かしくなって話し掛けた。東京に居る息子さん所へ旅をしながら向かっているらしい
3IMG_9824.jpg 4IMG_9823.jpg

★★池の上方には中央アルプスが見えるらしいが、残念!
5IMG_9835_20141013132425212.jpg 6IMG_9832.jpg

★池の周りの遊歩道  ★南アルプスも見られる

7IMG_9833.jpg 8IMG_9840.jpg
タグ :

10/8 瓶ヶ森

 2014-10-12
瓶ヶ森(かめがもり)1896m   300名山   高知県いの町
 今日は筒上山経由で手箱山に登る予定を立てていた。
昨日、車中泊していた高知のお兄ちゃん(1才年上)Uさんと晩くまで飲んだので、今朝は二日酔いでチョットしんどい。(Uさんはチョット口は悪いが面白い人!)
 簡単に登れる瓶ヶ森に行って、のんびりと町道瓶ヶ森線をトライブすることに変更した。


★6:45 登山口を出発  ★直ぐに展望が開ける
1IMG_2645.jpg 2IMG_2649.jpg

★こんな所に熊が居るのかなあ?  ★なだらかな石畳の道
3IMG_2650.jpg 4IMG_2651.jpg

★笹が被さり露で濡れる  ★これから広い道になるだろうか
5IMG_2654_201410121505279d3.jpg 6IMG_2655.jpg

★又、狭い道になり膝から下が濡れる  ★40年前に泊まった山小屋は廃屋になっている?
7IMG_2656.jpg 8IMG_2660.jpg

★★これから160mの登りが始まる
9IMG_2663.jpg 10IMG_2664.jpg

★紅葉していたら良い景色なのだが  ★岩の上は展望台になっている
1IMG_2665_201410121511409ef.jpg 2IMG_8965_201410121511415b8.jpg

★素晴らしい景色  ★頂上
3IMG_8967.jpg 4IMG_2668.jpg

★素晴らしい展望を楽しみながらビールタイム(山座同定などして、1時間も眺めていた!)
5IMG_8986.jpg


下山
★折角乾いたズボンが又、濡れる  ★数少ない紅葉と手箱・筒上山
1IMG_2690.jpg 2IMG_2692.jpg

★良い眺め  ★展望岩より
3IMG_2694_201410121517208b4.jpg 4IMG_2697.jpg

★リンドウがいっぱい咲いている  ★9:55 3時間くらい遊ばせてもらった!!
5IMG_2703.jpg 6IMG_2706.jpg

町道瓶ヶ森線
★お気に入りの場所でカレーを作って昼食にする  ★紅葉すると良い感じになりそう
7IMG_9027.jpg 8IMG_9029.jpg

★明日、登る予定の寒風山(赤色が見当たらない・・・・)  
★今夜は皆既月食が見られる(肝心な所で、月は雲の中へ入ってしまった):寒風山登山口Pにて
9IMG_9035.jpg 10IMG_9046.jpg

展望
 瓶ヶ森は何回か登っているが、こんなに展望が良い山だと知らなかった。
帰って調べると、東方面には剣山まで瓶ヶ森より高い山はなかった。


360度のパノラマ
★西(手箱山~石鎚山)
1IMG_8961 パノラマ写真

★北~東(西条市~西黒森)
2IMG_8980 パノラマ写真

★東~西(西黒森~筒上山)
3IMG_8995 パノラマ写真

★石鎚山ズームアップ
4IMG_2683_201410121531002a7.jpg

★今治市・西条市・瀬戸内海

5IMG_8999.jpg

山座同定
★奥から冠山・笹ヶ峰・寒風山・伊予富士・東黒森・自念子ノ頭・西黒森が地図の通りS字を描く
1IMG_8986 パノラマ写真

★笹ヶ峰・寒風山・冠山
2IMG_9000.jpg

★寒風山・冠山・平家平・奥に祖谷山系
3IMG_2669.jpg

★奥白髪山・奥に剣山系(距離=約80km)
4IMG_2672.jpg

★大豊町の雲海
5IMG_2673.jpg

★前から東黒森・稲叢山・戸中山・工石山・土佐湾
6IMG_9005.jpg

★左から工石山・土佐湾・室戸岬(距離=約110km)

7IMG_9014.jpg
タグ :

10/7 石鎚山他

 2014-10-10
6(月)  高知発11:00~大瀧    土小屋P泊
7(火)  石鎚山             土小屋P泊
8(水)  瓶ヶ森             寒風山登山口P泊
9(木)  寒風山(ロープ場まで)   帰宅(全走行距離=190km)

 今回のミニ山旅を2~5日に予定していたが、台風が接近していたので、通り過ぎるのを待っていた。

【前日】
 大瀧(おおたび)は展望所から何回も見たことはあるが、まだ滝壺を見たことが無い。
今日は土小屋Pで泊るだけなので時間はタップリある。道があるかどうか分からないが散策に行く。


★展望所より大瀧  ★手箱山登山道の吊橋に下りて行く
1IMG_8875.jpg 2IMG_8873_201410101501217ce.jpg

★登山道が右に曲がる所に道を発見  ★道はしっかりしていて、10分足らずで滝が見えてきた
3IMG_8870.jpg 4IMG_8867.jpg

★感動の一瞬!!!
5IMG_8863.jpg

★全景  ★長靴を履いているので正面まで行けるが、水量が多くて飛沫が凄いので止める
6IMG_8865.jpg 7IMG_8866.jpg

★16:00 石鎚山の見える、お気に入りの場所でしばらく居たが、山は見えないし強風で車が凄く揺れる
★17:00 強風を避けて神社の前に移動することにした
1IMG_2588_20141010151105265.jpg 2IMG_2590_20141010151107607.jpg

★隣の車に落葉が一杯付いている(頂上山荘泊の方だろうか)  
★この場所だと、ゆっくり寝れそう(明日の天気が心配・・・・・)

3IMG_2593.jpg 4IMG_2598.jpg

【石鎚山】
 早朝登山をして御来光を拝む積りだったが、霧と強風、それに寒さでとても登る気になれなかった。

★6:25 車中泊は1台だけだったが、大分増えている  ★7:25 今日は中止しようかとも思ったが、車の中に居ても寒いので、途中まででも良いので様子見に行く事にした
1IMG_2599.jpg 2IMG_2600.jpg

★台風の影響か葉が沢山落ちている  ★8:00 単独の女性が追い越して行く
3IMG_2602.jpg 4IMG_2603.jpg

★2人目の女性  ★8:35 東稜分岐で3人目に追い越される
5IMG_2604.jpg 6IMG_2605_20141011055336db0.jpg

★コンクリートの基礎が出来ている  ★9:45 弥山に着くが真っ白け
7IMG_2610.jpg 8IMG_2613.jpg

★山荘で食事をして、タバコを吸いに外に出ると岩場の紅葉が見えだした
★二ノ森方面もガスが引いて晴れ間が覗きだした
9IMG_2617.jpg 10IMG_2622.jpg

★★弥山の岩場の陰でガスが引くのを待つ
1IMG_2626_20141011060356c42.jpg 2IMG_2625_20141011060357d70.jpg

★すっかり晴れ渡ったので南尖峰へ散策に向かう  ★南尖峰手前のピークは紅葉がキレイ
3IMG_2630_201410110603597f3.jpg 4IMG_2632.jpg

★12:15 散策を終えて弥山に戻る(墓場尾根と中沢岩壁の紅葉はダメらしいので行くのを止めた)
★12:25 岩場の紅葉を見て下山開始(南尖峰で知り合った愛媛の方と色々話しながら登山口まで御一緒する。本来の趣味は釣りで、渓谷釣りもしているので、天狗尾根もスイスイと歩いていた)
5IMG_2633_2014101106040236c.jpg 6IMG_2634.jpg

★元気な高知の若者!!!私の改造車も見てもらって楽しい一時。これからも登山を続けて下さいネ!
7IMG_2638.jpg

★夕日は二ノ森方面に沈む  ★瓶ヶ森は赤く染まらなかった

8IMG_8930.jpg 9MG_8932.jpg
写真館へ続く
タグ :

8/1 夕立神パノラマ公園→昼神温泉→道の駅花の里いいじま

 2014-10-05
 塩見岳登山口駐車場から少し移動して夕立神パノラマ公園の駐車場で昼食までのんびりする。
★★5:30 広い駐車場と綺麗なトイレがある
1IMG_9737.jpg 2IMG_9738_20141005175314a74.jpg

中央アルプスの展望が素晴らしい
3IMG_9744 パノラマ写真

★南木曽岳  ★越百山(こすもやま)
4IMG_9778.jpg 5IMG_9776.jpg

仙涯嶺・南駒ヶ岳・赤椰岳・空木岳
6IMG_9757 パノラマ写真

★空木岳  ★宝剣岳・木曽駒ケ岳・千畳敷カール
7IMG_9769.jpg 8IMG_9762.jpg
① 長野の青年が乗ったバスに手を振ると、振りかえしてくれた(バスには彼一人だったみたい)
② 新潟の御夫婦も立ち寄ってくれて、お別れをする。


昼神温泉
 道の駅三岳で温泉手形を教えてくれた方が大好きだと言う昼神温泉に寄り道する。昼神温泉には手形で入れる温泉が7つもある。それに名古屋から、わざわざ汲みに来ると言っていた名水も気になる。
★13:00 阿智村公営施設湯ったり~な昼神  ★玄関には物味湯産手形の看板が立っている
1IMG_7164_2014100518114122e.jpg 2IMG_7165.jpg

★100円で入れるので最高(しかし今回は高速を使って寄り道したので損!) 
★半地下の駐車場があるので、風呂上がりでも暑く無くてグット
3IMG_7168.jpg 4IMG_7163.jpg

★★美味しいと言う「一番清水」
5IMG_9788.jpg 6IMG_9789.jpg

道の駅花の里いいじま
★18:00 夕日は仙涯嶺の左に沈む  ★綺麗な夕焼けにならなかった
1IMG_9792.jpg 2IMG_9803.jpg

★★道の駅の夕景

3IMG_9808_20141005181759a3f.jpg 4IMG_9812.jpg
タグ :

7/31 塩見岳

 2014-10-04
塩見岳(3052m)   100名山   長野県大鹿村   登り=6:30  下り=5:10
 南アルプスの山には、マイ登山スタイルで登れる山が少ない。
塩見岳は標高差が1417m(駐車場より)で多くないが、累計標高差が2100mもある。これは剱岳の早月尾根の2240mに匹敵する。距離も12km(駐車場より)あり、飯豊山と同じである。
 それを考えると、日帰りは相当厳しいと思われる。山小屋で泊ることも考えて準備をした。


★2:45 登山口着(駐車場を1:55分に出発したので林道歩きは50分)
★ライトの明るさで登れるか心配だった丸太桟橋はしっかりしていて手摺などもあり大丈夫
1IMG_9506.jpg 2IMG_9509.jpg

★登山道唯一の水場  ★中央アルプスが見える
3IMG_9513.jpg 4IMG_9522.jpg

★登山道は良く整備されて歩きやすい  ★5:35 三伏峠小屋は思ったより大きい建物
5IMG_9524.jpg 6IMG_9533.jpg

★三伏峠(日本一高いと言われる峠)  ★5:50 三伏山(みぶせと読むのかと思っていたが、さんぷくだった)
7IMG_9535.jpg 8IMG_9549.jpg

★今日は素晴らしい天気で360度見渡せるが、肝心の塩見岳が真逆光  ★6:20 展望写真を撮って、休憩して出発(初めての領域なので山座同定に時間が掛かってしまった)
9IMG_9567.jpg 10IMG_9570_20141004145340a4e.jpg

★本谷山が近ずく  ★三伏山から下って登り返さないといけない
1IMG_9577.jpg 2IMG_9579.jpg

★岩の展望所より三伏山を望む  ★気持ちの良い登山道
3IMG_9586.jpg 4IMG_9599.jpg

★7:15 本谷山は木に囲まれて、あまり展望は良くない  ★立ち枯れの木が多い(どうしてだろう?)
5IMG_9601.jpg 6IMG_9607.jpg

★塩見岳の姿が変わってきた  ★平坦な広い森の中を歩く
7IMG_9608.jpg 8IMG_9610.jpg

★★荒れた急坂を登る
9IMG_9614.jpg 10IMG_9619.jpg

★100名山とは思えない悪路が続く(三伏峠までは、綺麗に整備されていたのに、どうしてだろう?)
★8:40 尾根に出ると直ぐに塩見新道分岐がある
1IMG_9622.jpg 2IMG_9625.jpg

★仙丈ケ岳が近ずいてきた  ★頂上下のカールが分かる
3IMG_9627.jpg 4IMG_9635.jpg

★右には三伏山と本谷山も見える  ★このピークは右を巻いてくれそう
5IMG_9629.jpg 6IMG_9630.jpg

★西峰と天狗岩も見えてきた  ★8:55 塩見小屋に到着(思っていたよりか小さい)
7IMG_9636.jpg 8IMG_9637.jpg

★9:10 ザックをデポさしてもらって、空荷で頂上に向かう  ★登山道がズット見えている
9IMG_9641_20141004151403875.jpg 10IMG_9642_20141004151405404.jpg

★雲が段々と上がってくる(急がないと!!)  ★9:15 頂上まであと1時間か
1IMG_9643.jpg 2IMG_9645.jpg

★「クサリも階段もない急峻な岩場」とネットに書かれていた天狗岩への登りが始まる★
3IMG_9652.jpg 4IMG_9654.jpg

5IMG_9655.jpg 6IMG_9656.jpg

★最後が一番厳しい  ★何とか岩場を通過した(頂上へは下って登り返す)
7IMG_9657.jpg 8IMG_9659.jpg

★9:45 コルに着く(左は絶壁で覗くと足がスクム)  ★頂上らしきピークが見えてきた
9IMG_9662.jpg 10IMG_9664.jpg

★★9:55 天狗岩より大変そう(人の後を付いていくとルートが分かって楽!)
1IMG_9671_201410041534016f5.jpg 2IMG_9672.jpg

★岩場を越すと頂上はもう直ぐ  ★10:05 塩見岳西峰
3IMG_9678.jpg 4IMG_9683.jpg

★残念ながら頂上が見えなくなっていた(30分くらいの差だったのに・・・・)  ★東峰の方が5m高い
5IMG_9686.jpg 6IMG_9684.jpg

★10:10 東峰  ★西峰を望む
7IMG_9688.jpg 8IMG_9690_20141004153423572.jpg

下山
★11:15 小屋まで無事に下りて来た  ★なんか雲行きが悪くなってきた(雨が降ったら大変!!!)
1IMG_9710.jpg 2IMG_9711.jpg

★13:35 三伏山  ★鹿除けにポリひもが巻かれている(これで効き目はあるのだろうか)
3IMG_9718.jpg 4IMG_9721_2014100415394396d.jpg

★15:35  登山口  ★広い駐車場と簡易トイレがある 
5IMG_9723.jpg 6IMG_9724.jpg

★広い舗装道路なのに、どうして通行さしてくれないのだろう  ★16:10 なんとか車まで戻れて良かった

7IMG_9725.jpg 8IMG_9733.jpg

咲いていた花
1IMG_9587.jpg 2IMG_9666_20141005041700375.jpg

3IMG_9667_20141005041701843.jpg 4IMG_9673.jpg

5IMG_9687.jpg 6IMG_9704.jpg

7IMG_9706.jpg 8IMG_9707.jpg
【山の感想】
 累計標高差が示す通り、山を2つか3つ登った様な気がする。登りばかりの山だと頂上まで頑張って登れば、後は下るだけなので気が楽だが、塩見岳は登る時に余力を残しておかないといけないので大変だった。
 北アルプスに比べると花は終盤を迎えていたので、もっと早い時期に登った方が良さそう。残雪が全然無いのもチョット寂しい気もする。
【長野の青年】
 塩見小屋の前で顔見知りになった、北岳から縦走してきた地元の25才の青年と一緒に下山した。
町まで帰るのであれば、乗せて行って欲しいと頼まれたが、駐車場で車中泊の予定だったのでお断りした。車にはビールも冷えているので、車の横でテント泊しませんかと誘ったが、朝のバスが9時までなくて、時間をもてあそぶので三伏峠でテント泊すると言うのでお別れした。
【新潟の御夫婦】
 三伏峠からの下山道で追い越したご夫婦が、私の車の隣に駐車していて、今夜は車中泊と言う。
冷えたビールをご馳走すると、「ここで冷えたビールを飲めるとは思わなかった」と大変喜んでくれた。
お礼にと食材をいっぱい戴いた。夜遅く暗くなるまでご夫婦と話をした。


                                           展望写真が別館に有ります
タグ :

7/30 道の駅三岳→塩見岳登山口

 2014-10-03
【前日】
 昨日は道の駅三岳で休養した。車の中でゴロゴロしていたら名古屋の方が話し掛けてきた。
温泉手形の事など長野の事を色々教えてくれた。早速、近くに有る二本木の湯に入って手形を買った。


★物味湯産(ものみゆさん)手形¥1300(64の温泉から12ヶ所を選んで入れる)
★町で2日分の食材を仕入れて塩見岳の登山口に向かう(県道59号線脇の無名滝)
1IMG_9480.jpg 2IMG_9481.jpg

★13:10小渋ダム  ★13:55 国道152号線から県道253へ
3IMG_9485_201410030539240cf.jpg 4IMG_9488_20141003053926a08.jpg

★14:05 時間に余裕もあるので路肩に停めて、のんびりとコーヒータイム  ★県道から林道に入る
5IMG_9489.jpg 6IMG_9490.jpg

★14:30 これが登山口手前のゲート?(駐車場が無いのでおかしい)  
★車を置いて確認に行く(行き止まりで、とても登山口とは思えない)
7IMG_9491.jpg 8IMG_9495.jpg

★15:35 パニックになったが、付近の林道をウロウロしてやっと民家を見つけた。作業をしていた方に聞くと全然違う御所平にきていた。引き返すと、こんなに分かりやすい案内図が有ったのに・・・・
★大きな看板があるのに分からなかった(最初見た標識は何だったのだろう?)
9IMG_9496.jpg 10IMG_9497.jpg

★16:05 夕立神パノラマ公園駐車場  
★16:15 明日の登山は半ば諦めていたが、登山口駐車場に着いてホット一息。ヤレヤレ・・・・

1IMG_9498.jpg I2MG_9501.jpg
 後で調べると、手持ちの道路地図が間違っているみたい。どちらにしても下調べの不足。山で迷ったら元に戻るのが鉄則だが、道路も同じことだった・・・・・
タグ :

7/28 御嶽山

 2014-10-02
【はじめに】
 9月27日土曜日午前11時52分に大噴火を起こした。
最初にテレビニュースを見た時、あの静かな山がと信じられなかった。
晴天の土曜日、紅葉時季、昼時で登山者が一番多い時だったので、多くの方が被災された。どれか一つでも条件が違っていればと思うと残念でならない。
御嶽山は好きな山なので、コースを変えて3回登っているので、とても他人ごととは思えない。
 亡くなられた方のご冥福と、怪我をされた方の早い回復をお祈り致します。

★中の湯駐車場にはトイレが新築されていたのに・・・・・  ★綺麗だったロープウエイ駅の花園
1IMG_9254.jpg 2IMG_9258_201410020650470b7.jpg

御嶽山(3063m)   黒沢口コース   登り=4:00  下り=2:30

★3:50 登山口から直ぐに百閒滝への分岐がある  ★登山道は整備されて歩きやすい
1IMG_9279.jpg 2IMG_9283.jpg

★朝焼けが綺麗  ★6:15 八合目女人堂
3IMG_9308.jpg 4IMG_9327.jpg

★女人堂前の広場からの展望が素晴らしい  ★乗鞍岳が大きく見える
5IMG_9328.jpg 6IMG_9335_20141002065428d29.jpg

★左に薬師・笠ヶ岳  ★右に槍ヶ岳・穂高連峰
7IMG_9337.jpg 8IMG_9344.jpg

★御嶽山のパノラマ  ★剣ヶ峰も見える
9IMG_9347 パノラマ写真 10IMG_9352.jpg

★登山道脇に石像が沢山ある★
1IMG_9359.jpg 2IMG_9363.jpg

3IMG_9365.jpg 4IMG_9372.jpg

★八ヶ岳連峰  ★乗鞍岳と同じ目線になってきた
5IMG_9368.jpg 6IMG_9371_201410020659410ed.jpg

★7:55 石室山荘  ★8:05 九合目
7IMG_9398.jpg 8IMG_9402.jpg

★標識通りに進むと覚明堂休憩所の中を通る  ★富士山が少しだけ覗く
9IMG_9406.jpg 10IMG_9404.jpg

★頂上が近くなった  ★8:25 二ノ池分岐
1IMG_9411.jpg 2IMG_9412_201410020704468e5.jpg

★雲が湧いてきた  ★左に王滝コースが見える
3IMG_9414.jpg 4IMG_9421.jpg

★8:50 頂上  ★麻利支天山・二ノ池
5IMG_9426.jpg 6IMG_9425.jpg

★継子岳・五ノ池小屋  ★頂上は沢山の人なので、少し降りた所で食事にする
7IMG_9435.jpg 8IMG_9430.jpg

下山
★9:30 下山開始  ★八合目女人堂
1IMG_9437.jpg 2IMG_9449.jpg

★高校生グループが登ってくる  
★信者さん達が六根清浄を唱えながら登って来る(このコースが信者さんが一番多い)
3IMG_9450.jpg 4IMG_9451.jpg

★中の湯は営業していない  ★12:30 駐車場に無事下山

5IMG_9461_201410020710420ab.jpg 6IMG_9464.jpg
タグ :

7/27 こもれびの滝

 2014-10-01
こもれびの滝   3段  落差=13m    長野県木曽町

★1・2段目と   ★3段目の間に行ける
1IMG_9243_20141001182046700.jpg 2IMG_9242.jpg

★★三脚をセットして待って居るのに、なかなか除いてくれない
3IMG_9247.jpg 4IMG_8575 パノラマ写真
写真館へ続く
タグ :

7/27 不易の滝

 2014-10-01
不易の滝   落差=26m   長野県木曽町

★滝の標識と駐車場が見えてきた  ★13:00 広い駐車場とトイレもある
1IMG_9211.jpg 2IMG_9212.jpg

★木製チップが敷かれた遊歩道  ★程なくして、こもれびの滝があるが、後で見る事にする
3IMG_9214.jpg 4IMG_9220.jpg

★更に奥に進む  ★13:15 水量が少なくてイマイチ
5IMG_9228.jpg 6IMG_9231.jpg

★しかし、凄い岩壁で雪解け水が有る時は、あの上から流れ落ちるのだろうか(ネットを見ても、その画像は見当たらない)  ★水は岩から浸み出しているみたい
7IMG_9233.jpg 8IMG_9234.jpg

今は白糸の滝と呼んだ方が良いかも・・・・・

1IMG_8544.jpg 2IMG_8545_201410011320266c1.jpg

3IMG_8548_20141001132028c44.jpg 4IMG_8549_201410011320298eb.jpg
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫