5/14 石鎚山

 2015-05-23
山中滞在時間=6:00
 昨日、下山してきた人に聞くと、アケボノツツジはあまり咲いていなかったとの返事。
ならば、予定変更して御来光を拝みに行くことにしよう。
 夜中に車が揺れるので目が覚めた。第二Pは風の通り道なので、第一Pに移動する。
空は満天の星だが、風が強くて寒い。グズグズしていたら出発が4時頃になってしまった。

★4:55 やっと写真が写せるようになった  ★石鎚とチョッピリアケボノ
1IMG_7630.jpg 2IMG_7631.jpg

★5:15 東陵分岐  ★5:20 開けた所で日の出を待つ
3IMG_7634.jpg 4IMG_9745_201505230734281a7.jpg

日の出前
5IMG_9746.jpg

日の出(瓶ヶ森より昇る)
6IMG_9761.jpg

雲が無いので朝焼けは無し
7IMG_9762.jpg

夜明け

8IMG_9767.jpg

★赤く染まる石鎚  ★久しぶりにこの景色を見る
1IMG_7635.jpg 2IMG_7639.jpg

★6:10 避難小屋で休憩(泊まっていた人が下山の準備をしていた)  ★瀬戸内海の島が見える
3IMG_7640.jpg 4IMG_7641.jpg

★残雪模様  ★北壁展望所より
5IMG_7644.jpg 6IMG_7645.jpg

★瀬戸内海とイシヅチザクラ  ★7:05 頂上山荘は営業している
7IMG_7652.jpg 8IMG_7660.jpg

★天狗岳とイシヅチザクラ  ★こんなに密集した花を見るのは初めて
9IMG_7662.jpg 10IMG_7669.jpg

【下山】
★7:30 風が強くて寒いので早々に退散  ★残りアケボノ
1IMG_7673.jpg 2IMG_7674.jpg

★8:00 なんか雲行きが怪しくなってきた  ★8:30 東陵分岐(雨は大丈夫みたい)
3IMG_7676.jpg 4IMG_7678_201505230746363d6.jpg

★綺麗なスミレ  ★落ちても尚、綺麗なアケボノ
5IMG_7681.jpg 6IMG_7685.jpg

★黄色のシートが所々にあった(作業に向かう人に聞くとヘリコプターへの目印だと)
★早速、ヘリコプターが偵察に上空までやってきた
7IMG_7691.jpg 8IMG_7690.jpg

【第二Pにて】
★短パン姿の人が大勢いる(外国人はお肉を食べているので寒くないらしい?)
★出発して行ったが、雨が降り出したので帰ってきた
1IMG_7705.jpg 2IMG_7709.jpg

★中止するのかと思ったら、吹けば飛ぶような雨具を着けてやってきた  ★再出発したが大丈夫だろうか
3IMG_7714.jpg 4IMG_7715.jpg
スポンサーサイト
タグ :

5/13 寒風山

 2015-05-22
山中滞在時間=4:30
 今年も寒風山の大木アケボノを是非見たいと思っていた。
剣山に行って、一旦家に帰ってから出直す積りで居た。
しかし、今年の開花が凄く早いらしい(去年は5月22日が満開)ので、連泊でそのまま向かうことにした。


★7:10 登山口で橋本さんにお会いした(大アケボノは10日に満開だったとのショックなお話)
★寒風山にピンク色はなし
1IMG_7481.jpg 2IMG_7495.jpg

★咲き残りのアケボノ  ★昨夜の暴風雨で飛ばされた蕾
3IMG_7497_201505221326479ed.jpg 4IMG_7504.jpg

★一番咲くのが遅い西尾根の上部にも花は全然ない  ★もちろん下部にはなし
5IMG_7519_20150522132650c62.jpg 6IMG_7520.jpg

★向かいの尾根裏に見られそうなアケボノを発見(去年、橋本さんに教えてもらった場所)
★北側から強風が吹き上がって、裏寒風に下りられそうにないので止める(西尾根の先端でビールタイムにした)
7IMG_7526.jpg 8IMG_7527.jpg

★★10:00 少し傷んでいるが、何とか見られるアケボノが残っていた
9IMG_7547_20150522132710ddf.jpg 10IMG_7542.jpg

【瓶ヶ森道路】
 石鎚山は標高が高いので、まだアケボノが残っているかもしれないと思い向かう。
★★12:30 緑のトンネルを走る
1IMG_7556_20150522133946141.jpg 2IMG_7557_20150522133947b16.jpg

★13:45 時間がタップリとあるのでイタドリを採りながら土小屋に向かう。道路縁は採られてるが、斜面を少し降りると結構ある。何を採っているのかと、よく聞かれる。香川のご夫婦の方には、下処理や調理法を教えてあげた
★14:25 残雪もある(明日、帰るので保冷用の雪は要らない)
3IMG_7558_20150522133949136.jpg 4IMG_7560.jpg

【土小屋模様】
★15:30 お気に入りの場所に到着  ★16:00 二ノ森と石鎚を眺めながら晩酌タイム
1IMG_7562.jpg 2IMG_7567.jpg

★おじさんが石鎚をバックにセルフタイマー撮影している  ★上手く撮れないみたい
3IMG_7570_20150522134947b5e.jpg 4IMG_7571.jpg

★5、6回やったけどダメらしい  ★隣にライダーがやってきた
5IMG_7575.jpg 6IMG_7576.jpg

★ライダーに頼んで写真を撮ってもらった  ★何と女性ライダーだった
7IMG_7580.jpg 8IMG_7590.jpg

★16:15 八幡浜の中学生が下山してきた  ★16:30 最後の下山者
9IMG_7592.jpg 10IMG_7598.jpg

★★酒の肴が無くなったので、蒜山で姫路のIさんに貰ったソーセージを取り出す(結構おいしい)
1IMG_7596.jpg 2IMG_7595.jpg

★気温は22.5℃で寒くない  ★ビールも冷えて、オンザロック用の氷もいっぱいある
3IMG_7600.jpg 4IMG_7607.jpg

★16:45 太陽も大分、傾いてきた  ★遂に柿ピータイムに突入
5IMG_7611.jpg 6IMG_7613_20150522135917b64.jpg

★★これからは夕日タイムなのでカメラマンがやってきた(チョット邪魔なんですけど)
1IMG_9681.jpg 2IMG_9683.jpg

★仕方がないので外に出る  ★日の入り
3IMG_9684_20150522140408421.jpg 4IMG_9691.jpg

★もう少し日が経てば石鎚の頂上に沈むかも  ★飛行機雲(残念ながら夕焼けにならなかった)
5IMG_9695.jpg 6IMG_9714_20150522140426713.jpg

★第一Pは何台か停まっている  ★第二Pは3台(他の二人はカメラマンで星を撮影するらしい)
7IMG_9722.jpg 8IMG_9723.jpg
タグ :

5/12 箸蔵寺

 2015-05-21
 遠い昔、国道32号線を通る度に、ロープウェイのある寺って、どんなに凄い寺だろうと思っていた。
半世紀近くたって、その謎を解明する日がやってきた。

【アプローチ】
★ロープウェイの運行まで大分時間がある。犬の散歩をしている方に、聞いてみると車で行けるらしい。
★国道32号線からUターンするように林道に入って行く(ロープウェイ駅より約200m)
1IMG_7464.jpg 2IMG_7402.jpg

★林道から国道を写す(帰りに撮る)  ★途中に何かの施設がある
3IMG_7463.jpg 4IMG_7462.jpg

★三好高校の農場だった  ★舗装林道をしばらく進むと行き止まりになった(前方の鉄柱はロープウェイの支柱)
5IMG_7461_201505211759554e3.jpg 6IMG_7404.jpg

★建物があるが(土産物屋?)締まっている  ★吉野川が見えて展望が良い
7IMG_7405.jpg 8IMG_7403.jpg

【箸蔵寺】
★仁王門  ★立派な山門
1IMG_7406_20150521180739761.jpg 2IMG_7408.jpg

★★仁王像
3IMG_7409.jpg 4IMG_7410.jpg

★超広い参道  ★第一鳥居を潜ります
5IMG_7411.jpg 6IMG_7412.jpg

★鞘橋(さやばし)  ★橋の両側には天狗の石像
7IMG_7415.jpg 8IMG_7416.jpg

★広い石段を登ります  ★第二鳥居
9IMG_7418.jpg 10IMG_7419.jpg

★参道階段は、まだまだ続く  ★護摩堂に到着(ここまで駐車場から約15分)
1IMG_7420.jpg 2IMG_7424.jpg

★護摩堂にお参りする  ★右奥に進むとぼけ封じ観音
3IMG_7426.jpg 4IMG_7429.jpg

★★しっかりとお願いしました
5IMG_7430_20150521181343538.jpg 6IMG_7432.jpg

★更に、石段は続く  ★鐘楼堂も立派な建物
7IMG_7434.jpg 8IMG_7435.jpg

★上方には大師堂  ★まだまだ石段は続く
9IMG_7436_20150521181403526.jpg 10IMG_7441.jpg

★★本殿
1IMG_7442_201505211819032c7.jpg 2IMG_7444_20150521181905f60.jpg

★本殿は荘厳で素晴らしい寺社建物  ★左に行くと不動明王
3IMG_7451.jpg 4IMG_7445.jpg

★御影堂も素晴らしい  ★今日は、雨予報だが、降られずに見物できた(後方は高灯篭)
5IMG_7446_20150521181909b42.jpg 6IMG_7457_20150521181924d61.jpg
 広大な敷地に素晴らしい建物などが沢山あり、ロープウェイが運行している理由が分かった。
タグ :

5/11 塔ノ丸

 2015-05-19
塔ノ丸(1713m)   標高差=260m  距離=4km   登り=1:30   下り=1:25
 平成16年9月3日に登ったことがある。
下山時に腰が痛くなり、ストックを松葉づえ代わりにして、やっと下りた苦い経験がある。
腰痛が起こるほどの山か確かめに登る。


★6:55 登山口を出発  ★先ずは鬱蒼とした森の道から
1IMG_7326.jpg 2IMG_7328.jpg

★7:05 トラバース道になった  ★7:15 チョット危ない谷のザレ場
3IMG_7331.jpg 4IMG_7333.jpg

★★小さなアップダウンを繰り返しながら進む(全然登っていない感じ)  
5IMG_7337.jpg 6IMG_7339.jpg

★7:30 やっと開けた尾根に出る  ★第一ツツジ発見
7IMG_7340.jpg 8IMG_7342_20150519135606757.jpg

★剣山も見えてきた  ★三嶺と頂上も
9IMG_7350.jpg 10IMG_7352.jpg

★★変わった大岩が現れる
1IMG_7354_201505191404033b7.jpg 2IMG_7357.jpg
★広い笹原の中に登山道が続いている(素晴らしい景色にうっとり)
3IMG_7361 パノラマ写真

★コブを幾つも越えて行く  ★今度は大きく下る
4IMG_7370.jpg 5IMG_7375.jpg

★このツツジは花付が良い(残念ながら蕾が多い)後方は祖谷山系  ★最後の登りになってきました
6IMG_7378.jpg 7IMG_7379.jpg

★8:35 頂上はもう直ぐ  ★9:00 頂上は平坦な広場
8IMG_7380.jpg 9IMG_7381.jpg

【下山】
★9:40 展望を十分に楽しんで下山開始  ★下って一つ目のピークに登り返す
1IMG_7383_201505191415402be.jpg 2IMG_7386.jpg

★本日NO1のツツジ  ★10:30 絶景を眺めながらタバコ休憩
3IMG_7387.jpg 4IMG_7391.jpg

★11:10 下山(腰を痛めるような場所は無かった)  ★13:10 岩戸温泉で汗を流します
5IMG_7394.jpg 6IMG_7396.jpg

★広くないが、サウナ、水風呂と一通り揃っている  
★17:00 道の駅貞光ゆうゆう館第二駐車場(昔は良く泊まった、車中泊原点の場所)
7IMG_7399.jpg 8IMG_7401.jpg
別館へ続く
タグ :

2015 四国ミニ旅Ⅰ

 2015-05-19
5月
09(土) 高知発2:00                 ラ・フォーレつるぎ山泊
10(日) 剣山                       剣山登山口駐車場泊
11(月) 塔ノ丸           岩戸温泉     道の駅貞光ゆうゆう館泊
12(火) 箸蔵寺→移動                 道の駅木の香泊
13(水) 寒風山                      土小屋駐車場泊
14(木) 石鎚山                      帰宅


【5/9 ラ・フォーレつるぎ山】
 今日は剣山に登ってから山荘に泊まって、疲れを癒してもらう積りだったが、天気が悪く前泊となる。
★今日、剣山頂上で食べる積りで準備したお寿司は、家での昼食になった
★5:45 霧の山荘に到着(5時までにチェックインするように言われていたが、時間が掛かった)
1IMG_7204.jpg 2IMG_7211.jpg

★部屋は改装されたのか綺麗  ★ガスが取れて剣山も見えてきました
3IMG_7213_20150519060548d11.jpg 4IMG_7215.jpg

★夕食は鶏と豚肉のお鍋(茸や野菜もいっぱい)  ★朝食も豪華
5IMG_7218.jpg 6IMG_7226.jpg

【5/10 剣山】
 6年前に磐梯山に登った時、おばあちゃんとお母さんに連れられて5才の男の子が元気に登っていた。
その後、山で小さい子を見かけると、何歳か聞いていた。
最年少は矢張り5才だった(湯ノ丸山、剣山、石鎚山で4人)
 私も孫が5才になったら一緒に登りたいと、ずっと思っていた。遂に、その夢が叶う時がやってきた。

★本当は、時間を掛けてでも下から登らせたかったが、予定が狂ったのでリフト利用にした
★ストックを持つのは初めてだが、ちゃんと使いこなしている
1IMG_7228.jpg 2IMG_7268.jpg

★刀掛の松で休憩(息子はスマホ、娘はお茶を飲んでいる。彼は何を思っているのでしょう?)
★残雪を発見。こんなに多い雪を見るのは初めてか、おっかなビックリ!
3IMG_7270.jpg 4IMG_7274.jpg

★チョットさわってみます  ★子供が集まってきて賑やかになった
5IMG_7280_20150519061820b28.jpg 6IMG_7284.jpg

★ヘリコプターが直ぐ近くまで飛んできたので喜んでいる  ★頂上は、もう直ぐだガンバレ
7IMG_7292.jpg 8IMG_7295.jpg
 無事に日本百名山を一山、制覇しました。おめでとう!!!良かった良かった・・・・・・
タグ :

2015 中国地方山旅の温泉

 2015-05-17
4/17 奥津温泉 花美人の里
1IMG_7267.jpg 2IMG_7269.jpg

3IMG_7273_2015051717414464e.jpg 4IMG_7276_20150517174144b18.jpg

5IMG_7275.jpg 6IMG_7274.jpg

4/20 クアガーデンこのかの湯
1IMG_7278.jpg 2IMG_7287.jpg

3IMG_7281_20150517174335c72.jpg 4IMG_7283.jpg

5IMG_7284.jpg 6IMG_7286.jpg
タグ :

4/28 擬宝珠山Ⅱ

 2015-05-17
 25日には、知らずに登ったので一眼デジを持って行かなかった。
今日は一眼デジを持って撮影に出掛ける。蕾だった花がどれくらい咲いているかも確かめたい。

★9:30 姫路のIさんもカタクリを見たいと言うので一緒に登ります
★10:05 頂上(Iさんの缶コーヒーを飲んで休憩)
1IMG_7173.jpg 2IMG_7174_20150517132521b75.jpg

★★別コースで下山するIさんを見送って群生地の下まで行きます
3IMG_7176.jpg 4IMG_7178_201505171325242bc.jpg

★★ Iさんと別れて撮影タイム★★
    3日前は蕾が多かった左側が満開になっていた。凄い花の数で乱舞とは、この事だと思ってしまう。
1IMG_7179_20150517133226b16.jpg 2IMG_7181.jpg

3IMG_7184.jpg 4IMG_7186.jpg

★頂上手前の花は、あっち向いたり、こっち向いたり自由気ままに咲いている
★11:50 Iさんの車がまだある
5IMG_7192.jpg 6IMG_7195_201505171333169ef.jpg

★昼食などして待っていたが、なかなか帰らない。心配していたら、象山まで登って周回していただと・・・・
★スカイラインの桜も満開
7IMG_7196_20150517133317b19.jpg 8IMG_7198_20150517133319815.jpg

★3日前は、芽吹き状態だったが、早や新緑になっている
★13:50 岡山の方もイタドリは食べないらしく林立している(明日、帰るので一杯採った)
       これから温泉に行って、旅の疲れを癒します

9IMG_7199_201505171333208ac.jpg 10IMG_7201.jpg
写真館へ続
タグ :

4/28 軽四バン改造車

 2015-05-17
 昨夕、友達になって一緒に焼酎を飲んだ、姫路のIさん(68才)の車を見せてもらう。

★後部の床下収納スペース  ★畳を敷くと、快適な居住空間になる
1IMG_7163.jpg 2IMG_7164.jpg

★後方の上部  ★後方の下部(左下には寝具が収納されている)
3IMG_7165.jpg 4IMG_7166.jpg

★棚の中は調理用品がギッシリと詰まっている  ★運転席側の仕切りカーテン
5IMG_7167.jpg 6IMG_7168.jpg

★助手席はテーブルになる  ★移動時は折りたたみ自転車も積み込む
7IMG_7169.jpg 8IMG_7171.jpg
タグ :

4/27 朝鍋鷲ヶ山・金ヶ谷山

 2015-05-17
朝鍋鷲ヶ山(あさなべわしがせん)1074m・金ヶ谷山(かながやせん)1164m  登り=1:55  下り=2:00
 岡山県真庭市の毛無山から三平山まで続く縦走路は人気のコース。
その途中にあり、まだ登った事のない2座に登る。これで一応、全山に登ったことになる。


★県道から左折して林道に入る  ★ヤマザクラが綺麗
1IMG_7020.jpg 2IMG_7021.jpg

★霞たなびく皆ヶ山と蒜山三座  ★国体コース登山口を出発
3IMG_7022.jpg 4IMG_7025.jpg

★植林帯の丸太階段を登る  ★ショウジョウバカマがお出迎え
5IMG_7027.jpg 6IMG_7029.jpg

★幸いにも、まだマムシに出会ったことがない  ★植林帯を抜けて自然林へ
7IMG_7030.jpg 8IMG_7033.jpg

★目指す朝鍋鷲ヶ山が見える  ★噂どうりの丸太階段が続く
9IMG_7035.jpg 10IMG_7042_2015051708092115a.jpg

★大山、烏ヶ山方面も見える  ★ユキザサの水平動になると
1IMG_7051.jpg 2IMG_7056.jpg

★縦走路に出る  ★広い道
3IMG_7059.jpg 4IMG_7060.jpg

★展望塔  ★国体記念碑
5IMG_7063_201505170816529a0.jpg 6IMG_7065.jpg

★★毛無山にはカタクリが咲いていると思うがチョット遠い
1IMG_7083_201505170820142d7.jpg 2IMG_7084.jpg

★★スミレやキクザキイチゲが咲いて、目を楽しましてくれる
3IMG_7089.jpg 4IMG_7090.jpg

★水平道まで下ってきた  ★まだ下り坂
5IMG_7099_20150517082019743.jpg 6IMG_7101.jpg

★★下り切ってからはアップダウンを繰り返す★★
7IMG_7104.jpg 8IMG_7105.jpg

9IMG_7110.jpg 10IMG_7111_20150517082038921.jpg

★★金ヶ谷山は縦走路にあり、山頂らしく無い
1IMG_7121_20150517082624497.jpg 2IMG_7123_201505170826261d0.jpg

★★展望も良くない

3IMG_7122.jpg 4IMG_7126_2015051708262974c.jpg

【朝鍋鷲ヶ山展望塔より】
★北方面パノラマ
1IMG_9573 パノラマ写真

★弓ヶ浜
2IMG_7075_20150517083126df3.jpg

★美保湾・日本海
3IMG_7078_20150517083127126.jpg

★大山
4IMG_9591.jpg

★北~東パノラマ
5IMG_9578 パノラマ写真

★皆ヶ山(中央)
6IMG_9594.jpg

★蒜山三座
7IMG_9595.jpg

★南方面パノラマ
IMG_9580 パノラマ写真

【咲いていた花】
★★キクザキイチゲ★★
1IMG_9625_20150517083930f99.jpg 2IMG_9596.jpg

3IMG_9598.jpg 4IMG_9602_20150517083934d4f.jpg

★★スミレ
5IMG_9613.jpg 6IMG_9626.jpg

★ヤマザクラ  ★オオカメノキ

7IMG_7044.jpg 8IMG_9612.jpg
タグ :

4/26 皆ヶ山

 2015-05-16
皆ヶ山(みながせん)1159m   登り=2:10   下り=1:30

★6:55 蒜山高原キャンプ場の駐車場に停めて出発  ★給水タンクの左に登山口がある
1IMG_6920.jpg 2IMG_6922.jpg

★最初はなだらかな道から   ★緩やかな階段道
3IMG_6925_201505161655486f7.jpg 4IMG_6927_20150516165550b9b.jpg

★標高差は580mで距離は3.2km  ★落葉が気持ち良い坂道(帰りは滑り下りた)
5IMG_6929_2015051616555197a.jpg 6IMG_6931.jpg

★右方に上蒜山   ★急坂になってきた
7IMG_6932.jpg 8IMG_6938.jpg

★7:50 ほぼ中間地点で休憩  ★色が綺麗な小さなスミレ
9IMG_6940.jpg 10IMG_6956.jpg

★二俣山に向けて急坂の始まり  ★8:45 二俣山
1IMG_6961.jpg 2IMG_6969.jpg

★皆ヶ山を正面に見ながら  ★緩やかに下る
3IMG_6971.jpg 4IMG_6973.jpg

★木の間から、何とか大山が見える  ★上蒜山はスッキリと
5IMG_6974.jpg 6IMG_6977_20150516170240c9d.jpg

★コルより皆ヶ山を眺める(結構急坂みたい)  ★急坂を頑張ると緩やかになってくる
7IMG_6978.jpg 8IMG_6980.jpg

★頂上が近い感じ  ★9:20 頂上
9IMG_6986.jpg 10IMG_6988.jpg

★頂上展望はあまり良くない(上蒜山と蒜山高原)
11IMG_6991 パノラマ写真

【下山】
★9:50 下山開始  ★蒜山高原を眺めながら下る
1IMG_6995_20150516170951ca4.jpg 2IMG_6997.jpg

★10:10 二俣山  ★出会ったのは、このご夫婦のみ
3IMG_6999_20150516170954843.jpg 4IMG_7001.jpg

★登る時には気付かなかったイカリソウ  ★11:20 下山(今一の山だった・・・・・)
5IMG_7008_20150516170957ed2.jpg 6IMG_7009_2015051617100912b.jpg

★蒜山高原より皆ヶ山を望む
7IMG_7012_201505161713143b1.jpg
タグ :

4/25 象山・擬宝珠山

 2015-05-16
鬼女台(869m)・象山(1085m)・擬宝珠山(ぎぼしやま)1110m
 今回旅のメインは終わったので、後はのんびりと蒜山周辺で、まだ登ったことの無い山を楽しむ。

★8:20 道の駅からスカイラインに向かう道路で、見慣れぬ残雪山を発見
★烏ヶ山が見えたので、大山だと気付く(何とメルヘンチックな風景・・・・・・)
1IMG_6785_20150516103653d94.jpg 2IMG_6786.jpg

★★蒜山・大山スカイラインの木々が芽吹いている
3IMG_6787.jpg 4IMG_6793.jpg

★8:40 鬼女台展望休憩所より大山・烏ヶ山  ★鬼女台への遊歩道へ
1IMG_9494.jpg 2IMG_9504.jpg

★2分で到着  ★遊歩道はまだ続いている
3IMG_9505.jpg 4IMG_9506.jpg

★ヤマザクラとオオカメノキ  ★三角点があった
5IMG_9508.jpg 6IMG_9509.jpg

★180度のパノラマが素晴らしい(左から皆ヶ山・上蒜山・蒜山高原・三平山・毛無山)
7IMG_9510 パノラマ写真

★三平山(みひらやま)1010mの奥に朝鍋鷲ヶ山(あさなべわしがせん)1074が見える
8IMG_9517_20150516104423319.jpg

★これから象山に登ります  ★鏡ヶ成国民休暇村と象山
9IMG_6796.jpg 10IMG_6800.jpg

★10:00 登山口標識  ★象山へは左折
1IMG_6801.jpg 2IMG_6802.jpg

★広い水平道  ★休暇村の裏側を行く(登山道は左に大きく迂回しているみたい)
3IMG_6804_20150516105146215.jpg 4IMG_6805_20150516105147b1b.jpg

★残雪  ★なだらかな丸太階段
5IMG_6810.jpg 6IMG_6811.jpg

★烏ヶ山に、ここから行けるらしい  ★烏ヶ山
7IMG_6816_20150516105204671.jpg 8IMG_6817.jpg

★ピンクのショウジョウバカマ  ★チョットきつい階段
9IMG_6819.jpg 10IMG_6827.jpg

★展望が開けて大山も見えてきた  ★イワナシが咲いている
1IMG_6829.jpg 2IMG_6832.jpg

★10:40 展望台の山名板  ★頂上が見えてきた
3IMG_6834_20150516105725be2.jpg 4IMG_6836.jpg

★イワナシの群生があるが、終わっている  ★10:45 象山に到着
5IMG_6841.jpg 6IMG_6842_20150516105742467.jpg

★大山が近い  ★頂上はそんなに広くないが、落ち着ける場所
7IMG_6844.jpg 8IMG_6845.jpg

★大山方面のパノラマ(木があってスッキリと見えない)
9IMG_9522 パノラマ写真

★こちらは180度のパノラマ(中央が擬宝珠山)
10IMG_9525 パノラマ写真




★11:15 昼食を摂って下ります  ★こちらの道は急
1IMG_6846.jpg 2IMG_6849.jpg

★11:40 コルの標識(擬宝珠山に登っても同じ景色なので止めようかと思っていたが、下山途中で出会った方に擬宝珠山にカタクリが咲いていると教えてもらった。俄然、元気が出てきて登る)
★なだらかな広い道
3IMG_6850.jpg 4IMG_6855.jpg

★象山のZ道の急坂が見える  ★スキー場のリフト
5IMG_6857_20150516111238e7e.jpg 6IMG_6860.jpg

★12:10 第一カタクリ発見  ★登山道の両側に群生している
7IMG_6862.jpg 8IMG_9546.jpg

★左側は蕾が多いが  ★右側は満開(少ししか離れていないのに、気象条件が違うみたい)
9IMG_9553.jpg 10IMG_6893.jpg

★カタクリロードは延々と続く  
★保護ロープも無くなり終わりかと思ったが、まだある(下の方の花は、四国の花より小型だが、ここのは大きい)
1IMG_6902_20150516112717488.jpg 2IMG_6904.jpg

★13:00 擬宝珠山頂上  ★標識にカタクリの写真
3IMG_6905.jpg 4IMG_6906.jpg

★★13:20 下山(2時間で周回できるらしいが、私は倍の4時間も掛かった)
5IMG_6911_20150516112723584.jpg 6IMG_6912.jpg

★15:00 私の宝の山  ★雪は締まって結構固い
7IMG_6914.jpg 8IMG_6915.jpg

★雪詰め完了(雪は綺麗に見えるが、汚れているので、オンザロック用の氷は隔離している)
★ビールなどを入れて完成(今回の旅では氷を買ったのは1回だけ)
9IMG_6917.jpg 10IMG_6919.jpg
 毎年、見ていたカタクリの花は、今年は諦めていたが、思いも依らぬ所で見られて幸せ!!!
写真館へ続く
タグ :

4/24 白州山Ⅱ

 2015-05-15
 那岐山のイワウチワが終わっていて、このままだと旅が消化不良で終わってしまいそう。
6日前に7分咲きだった白州山の花が、どんな状態になっているか確かめに行く事にした。


★6:15 コブシの花が満開で綺麗  ★林道奥の駐車場の雪も殆ど融けている
1IMG_6720.jpg 2IMG_6722.jpg

★6:40 クマ注意の看板がきちんと立っている  ★林道の雪も少ない
3IMG_6724.jpg 4IMG_6728.jpg

★★遊歩道に入ると蕾だった花が満開
5IMG_9431_20150515141623e9b.jpg 6IMG_9433.jpg

★斜面の上の方にも沢山咲いている  ★7:45 花の状態も分かったので、滝谷コースの散策に行く事にした
7IMG_9437.jpg 8IMG_6730.jpg

★7:48 遊歩道を下っていきます  ★ここにもイワウチワが有って、まだ蕾
1IMG_6731.jpg 2DSC00765.jpg

★★咲いた花と蕾が入り混じっている
3DSC00762.jpg 4DSC00771.jpg

★★開きかけの初々しい花もあって、見惚れるほどキレイ(開くに従って段々と色が薄くなるみたい)
5DSC00785.jpg 6DSC00793.jpg

★8:20 滝谷コースに下りて来た  ★沢を渡って
7IMG_6734.jpg 8IMG_6736.jpg

★奥に進んで行くと残雪が結構ある  ★8:30 元の遊歩道分岐に戻った
9IMG_6740.jpg 10IMG_6742.jpg

★★山側の急斜面にイワウチワが一杯
1IMG_6743.jpg 2DSC00825.jpg

★★近づけないが、本当にイワウチワの山という感じがする
3DSC00827.jpg 4DSC00828.jpg

★近くに少しはあろ  ★イワナシはイワウチワの蕾に色が似ているので見落としそう
5DSC00811.jpg 6DSC00818.jpg

★8:45 遊歩道を一周しました  
★若いご夫婦にイワウチワの事を聞かれたので、詳しく教えてあげた。代わりに滝商法を教えてもらった
7IMG_6745.jpg 8IMG_6747.jpg

★★キクザキイチゲが満開でグットタイミング
9IMG_6748.jpg 10IMG_6750.jpg
【イワウチワの開花について】
 標高や方位に関係なく、雪が融けた所から咲いていくみたい。
開花の時期は、その冬にどれくらい雪が降ったかで決まり、大雪の年は開花が遅れる。
白州山は、場所に依って開花の時期が違うので、長期間に渡って楽しめると思う。
 今回旅の目的であるイワウチワを堪能できたので、今夜はグッスリ眠れそう・・・・・・

写真館へ続く
タグ :

4/23 滝山の雄滝&奥の院滝

 2015-05-07
雄滝(落差15m)    奥の院滝(落差24m)   所要時間=1:15(撮影・昼食タイム含む)

【雄滝】
★もう少し水量があると良いが、岩壁、神社などロケーションが良い  ★滝壺は無い
1IMG_9372.jpg 2IMG_9376.jpg

★左下にも落差10mの滝があるが  ★良い撮影場所がない
3IMG_6605.jpg 4IMG_6591_20150507135602912.jpg

【奥の院滝】
★9:15 奥の院滝は直進する  ★トラバース道
1IMG_6611_20150507135919228.jpg 2IMG_6612.jpg

★倒木は右を迂回する  ★トリカブトの群落がある
3IMG_6614.jpg 4IMG_6615.jpg

★★この辺から道がなくなる
5IMG_6616.jpg 6IMG_6618.jpg

★この標識が無かったら引き返していた  ★直ぐに滝が見えた
7IMG_6619.jpg 8IMG_6620.jpg

★日が射して撮影条件が悪そう  ★9:50 滝前に到着
9IMG_6622.jpg 10IMG_6625.jpg

★★左側はガレ場を登れば滝下まで行ける
1IMG_6649_201505071418542b7.jpg 2IMG_6646.jpg

★これは何だろう?  ★滝の前面は三脚を据える場所が少なく、寛げる所もない
3IMG_6636.jpg 4IMG_6643.jpg

★★10:30 少し下った所で沢を見ながら昼食(本当は滝を見ながら食べたかったのだが・・・・・)
5IMG_6655_201505071419005e4.jpg 6IMG_6656.jpg

★ここから先は道がハッキリしている  ★ザレた斜面は慎重に!
7IMG_6657.jpg 8IMG_6658.jpg
写真館へ続く
タグ :

4/23 滝山

 2015-05-07
滝山(1197m)   岡山県津山市奈義町   登り=2:20(滝見物含む)  下り=1:10
 那岐山から続く縦走路は岡山県を代表するトレッキングコース。
滝山は原生林に覆われ、深山幽谷の趣がある。中腹には雄滝や雌滝、奥の院滝などが目を楽しましてくれる。

★6:05 自衛隊の演習場に入って行くので緊張する  ★ゲートが開いていて良かった
1IMG_6541.jpg 2IMG_6543.jpg

★快適に走っていたが、有刺鉄線を丸めたバリケードがあり危うく突っ込む所だった(自衛隊色で逆光だったので分かりにくかった)  ★諦めて帰ろうかとしていると、何処からか隊員が出てきて除けてくれた
3IMG_6544.jpg 4IMG_6545.jpg

★気を取り直して発信  ★分岐がある
5IMG_6546.jpg 6IMG_6547.jpg

★★道を間違うと自衛隊の車が潜んでいる
7IMG_6549.jpg 8IMG_6550.jpg

★みそぎ橋が見えて来た  ★7:07 何とか駐車場に辿り着く(もう登山も半分、終わった様なもの)
9IMG_6552.jpg 10IMG_6553.jpg

★滝山集結地と書かれている  ★7:55 登山開始
1IMG_6555.jpg 2IMG_6557_201505070630127c3.jpg

★石仏などが鎮座している  ★立派な鳥居
3IMG_6559.jpg 4IMG_6563.jpg

★一の渡  ★良い感じの場所
5IMG_6565.jpg 6IMG_6567_20150507063030275.jpg

★ヤブツバキの大木  ★稲荷神社の鳥居
7IMG_6570.jpg 8IMG_6572.jpg

★右の参道を行く  ★ヤブツバキの木が多いが自然のものだろうか
9IMG_6573.jpg 10IMG_6576.jpg

★沢沿いの道は気持ちが良い  ★ガレ場を登る
1IMG_6577.jpg 2IMG_6587.jpg

★また鳥居がある  ★鳥居を潜ると長い階段
3IMG_6588.jpg 4IMG_6589.jpg

★8:40 右に行けば雌滝と展望所  ★直進すれば滝神社(なかなか良い眺め)
5IMG_6592.jpg 6IMG_6593.jpg

★展望所より  ★雌滝は水量が少なくてイマイチ
7IMG_6596.jpg 8IMG_6601.jpg

★9:25 滝神社で雄滝を撮影してから再出発(4人グルプに出会う)倒木は潜って通過  ★渡渉点
9IMG_6608.jpg 10IMG_6609.jpg

★9:35 奥の院滝への分岐  ★10:50 滝の撮影が終わって、戻ってきた(1:15分も掛かっている)
1IMG_6611.jpg 2IMG_6661_20150507064808863.jpg

★★直登路なのできつい登り(後方で大砲の音や機関銃のバリバリという音が聞こえる)
3IMG_6664.jpg 4IMG_6665_20150507064811220.jpg

★★11:05 5合目を過ぎるとZ道になり緩くなる
5IMG_6668.jpg 6IMG_6670.jpg

★11:35 8合目には水場がある  ★縦走路が近い感じ
7IMG_6672.jpg 8IMG_6674.jpg

★那岐山も見えて来た  ★11:50 縦走路
9IMG_6675.jpg 10IMG_6676.jpg

★緩い階段登り  ★展望台が見えてきた
1IMG_6678.jpg 2IMG_6680.jpg

★一等三角点  ★頂上標識(ピークは無く、縦走路の通過点のような場所)
3IMG_6681.jpg 4IMG_6682.jpg

★★展望台から、瀬戸大橋や四国連山が見えるのだろうか?(今日は生憎、大山も見えない)
5IMG_6683.jpg 6IMG_6684_201505070711447ac.jpg

【展望&花】
★東~南のパノラマ
1IMG_9421 パノラマ写真

★那岐山
2IMG_9430_201505070718377ff.jpg

★那岐池(左の大きな池)
3IMG_9429.jpg

★ヤブツバキ
4IMG_6575.jpg

★ヤマルリソウ

5IMG_6585.jpg

【下山】
★ブナ林を下る  ★12:55 奥の院滝の分岐まで下りて来た
1IMG_6687.jpg 2IMG_6689_20150507072341899.jpg

★13:05 滝神社  ★13:30 無事に下山した
3IMG_6691_20150507072342780.jpg 4IMG_6693.jpg

★14:00 滝神社で出会った、御夫婦と女性2人のグループは、2台の車で那岐山まで縦走
★14:25 那岐山~滝山と縦走した、バイクのお兄さんも見送る
5IMG_6696_201505070723454ad.jpg 6IMG_6698.jpg

★★14:30 私のお見送りは、アナグマちゃん
7IMG_6699.jpg 8IMG_6700.jpg

★14:33 もう、演習も終わっているので安心して帰れる  ★那岐池にも寄り道する余裕も出てきた 
9IMG_6702.jpg 10IMG_6705.jpg

★那岐池と滝山
11IMG_6711.jpg

★那岐山
12IMG_6710.jpg
タグ :

4/22 屋敷の滝

 2015-05-06
屋敷の滝   段瀑(全6段)   落差=40m   岡山県奈義町

★立派な滝見道路  ★広い駐車場もある
1IMG_6517_2015050609195940e.jpg 2IMG_6518.jpg

★5分くらい歩くと滝が見えてくる  ★案内板
3IMG_6525_20150506092002d8b.jpg 4IMG_6536.jpg

★★下の3段しか見えない
5IMG_6526.jpg 6IMG_6527.jpg

★最下段の滝  ★わさびだと思う?
7IMG_6529.jpg 8IMG_6530.jpg

★倒木が邪魔だが、これ以上進めない  ★苔と飛沫が光って綺麗
9IMG_6531.jpg 10IMG_6532_20150506092027d0d.jpg
タグ :

4/22 那岐山

 2015-05-06
那岐山(1255m)  300名山  鳥取県智頭町   一周=5:35(休憩、昼食全て含む)
 天気がやっと回復して登れるようになった。
5年前は、あまり調べずに岡山県側から登った。イワウチワが全然ないと思っていたらコースが違っていた。
今回は、良く調べて鳥取県側から西仙コース~東仙コースと周回することにした。


★なぎ駅を通過して高架橋を潜ると  ★6:08 直ぐに登山口への標識がある
1IMG_6396_2015050606570477c.jpg 2IMG_6397.jpg

★集落を抜けて  ★山道を走ると
3IMG_6398.jpg 4IMG_6401_20150506065708739.jpg

★6:22 登山口に到着  ★7:35 コーヒータイムで寛いでから、準備をして出発
5IMG_6403.jpg 6IMG_6410_201505060657291b7.jpg

★登山案内図  ★林道の分岐
7IMG_6414.jpg 8IMG_6415.jpg

★頂上まで3.09km  ★沢沿いの林道歩きから始まる
9IMG_6416.jpg 10IMG_6419.jpg

★7:55 登山道入口  ★分岐は尾根コースにする
1IMG_6423.jpg 2DSC00636.jpg

★丸太橋を渡って  ★少し登ると
3DSC00637.jpg 4IMG_6424.jpg

★尾根に出る  ★もう直ぐ太陽が射してくる
5DSC00638.jpg 6IMG_6426.jpg

★第一イワウチワ発見  ★ミズナラの大木
7DSC00639.jpg 8IMG_6429.jpg

★★急坂を頑張ると
9IMG_6432.jpg 10IMG_6431.jpg

★★イワウチワが現れるが、残念ながら終わりかけ★★
1DSC00640.jpg 2DSC00642.jpg

3DSC00644.jpg 4DSC00648.jpg

★8:55 馬の背小屋  ★9:05 休憩して出発
5IMG_6441.jpg 6IMG_6444.jpg

★★9:20 小屋から1000m地点にもイワウチワはある。右の絶壁には咲いているが、登山道沿いには全然咲いていない(2010.4.28日には、まだ蕾もあったのに・・・・・今年は花付が悪かったのかも?)
7IMG_6448.jpg 8IMG_6450.jpg

★縦走路まで標高差240mの登り  ★なだらかな道になってきた
1IMG_6451.jpg 2IMG_6454_2015050607424292b.jpg

★明日、登る予定の滝山も見えて来た  ★10:00 避難小屋
3IMG_6456_20150506074243857.jpg 4IMG_6459.jpg

★少し寒いがビールを飲んで昼食にする  ★10:25 三角点(1240m)
5IMG_6462.jpg 6IMG_6472.jpg

★10:40 頂上  ★イワウチワはダメだったので、那岐山の花を撮らしてもらう
7IMG_6478.jpg 8IMG_6479.jpg

【頂上展望】    残念ながら大山は見えず
★北方面
1IMG_9351 パノラマ写真北

★東~南
2IMG_9357 パノラマ写真東~南

★西方面
3IMG_9361 パノラマ写真西

【下山】
★11:15 下山開始  ★登山道が下に見えている
1IMG_6481.jpg 2IMG_6482_20150506075432867.jpg

★11:25 東仙コースの分岐  ★歩きにくい丸太階段が延々と続く
3IMG_6485_20150506075433287.jpg 4IMG_6488.jpg

★12:10 小さな沢を渡って  ★登り返すとイワウチワ
5IMG_6494.jpg 6IMG_6496.jpg

★西仙コースより早く咲いたみたいで、完全に終わっている  ★満開の時は綺麗だった、だろうなあ・・・・・
7IMG_6501.jpg 8IMG_9366.jpg

★12:55 林道が見えて来た  ★13:10 駐車場に到着
9IMG_6508.jpg 10IMG_6514.jpg
写真館へ続く
タグ :

4/21 岩屋堂他

 2015-05-05
★★若桜駅(わかさ)は、若桜鉄道の終着駅。駅前にJAスパーがある
1IMG_6371.jpg 2IMG_6372.jpg

★★国道29号線は景色も良くて快適
3IMG_6373.jpg 4IMG_6374.jpg

【岩屋堂】
 天然の岩窟内にある、投げ入れ堂方式の建物で、国の重要文化財に指定されている。
国道の標識から少し入ると、岩屋堂を通り過ぎた所に駐車場がある。


1IMG_6389.jpg 2IMG_6380.jpg

3IMG_6377.jpg 4IMG_6378.jpg

5IMG_6379.jpg 6IMG_6381.jpg

7IMG_6387.jpg 8IMG_6384.jpg

【道の駅清流茶屋かわはら】
★★17:25 人気の道の駅で車中泊車も多い。
コンビニがあり、24時間利用できる休憩所は、広い畳敷きの部屋がある。トイレも広くて超キレイ!!! 

9IMG_6391.jpg 10IMG_6392.jpg
タグ :

4/21 大鹿滝・大滝

 2015-05-05
大鹿滝(おおがたき)   直瀑  落差22m   鳥取県若桜町   徒歩20分
 今日は、出来ればイワウチワを見に那岐山に登りたくて、近くの道の駅に移動していた。
天気は予報通りで、あまり良くない。午後から晴れる予報なので、割と簡単に登れる扇ノ山に変更する。

★6:20 登山口に向かう細見川林道  ★6:35 まだ雨が降っているので、先に大鹿滝を見ることにする
1IMG_6285.jpg 2IMG_6288.jpg

★熊出没注意の標識が立っている  ★ナビには表示されない道だが快適な道路
3IMG_6289_20150505065727ee8.jpg 4IMG_6291.jpg

★この先で小熊を見た  ★滝への分岐が分からず、行き止まりまで来てしまった
5IMG_6293.jpg 6IMG_6296.jpg

★7:00 引き返して、分かりにくい標識をやっと見つけた  ★駐車場への道は残雪が塞いでいる
7IMG_6297.jpg 8IMG_6299.jpg

★7:06 歩いて確認に行く  ★大鹿滝の他にも、出合いの滝、雲龍の滝もあるみたい
9IMG_6301.jpg 10IMG_6302.jpg
 小雨は降っているし、熊は怖いし、車の中でしばらく考える。もう来る機会は無いと思うので、行く事に決めた。
鈴を3個傘に取り付け、胸のポケットではICレコーダーで音楽を大音量で流し、笛を吹きながら熊対策をする。
 もし、熊が居たら逃げやすいように空荷で、コンデジだけ持って出発。
★8:14 入口の標識には大鹿滝まで530mと書かれている  
★雪解けから誰も歩いていないみたいだが、何とか道は分かる
1IMG_6303.jpg 2IMG_6309.jpg

★8:24 雪渓は縁を通過する  ★滝が見えて来た
3IMG_6310.jpg 4IMG_6311_20150505072643ff7.jpg

★★絶壁に囲まれてきた
5IMG_6317.jpg 6IMG_6318.jpg

★★8:34 無事に滝の前に着いた
7IMG_6319.jpg 8IMG_6321.jpg

★タテ位置で  ★横位置
9IMG_6325.jpg 10IMG_6324.jpg

★パノラマ(裏見の滝で360度から見られるが水量が多くてダメ)  ★滝壺まで下りる
1IMG_6326 パノラマ写真 2IMG_6333.jpg

★滝口  ★岩壁が覆い被さってきてチョット怖い
3IMG_6334.jpg 4IMG_6323_201505050734407f0.jpg

★落ち着いて楽しめなかったが、急いで帰る  ★8:58 ここまで来れば、もう大丈夫
5IMG_6335.jpg 6IMG_6336.jpg

★小雨は降り続いている  ★9:04 車が見えてきました!
7IMG_6338.jpg 8IMG_6339.jpg

★★扇ノ山の登山口に向かう
9IMG_6346.jpg 10IMG_6348.jpg

★★残雪が段々と多くなる
1IMG_6349.jpg 2IMG_6351.jpg

★9:46 ふる里の森に到着  ★除雪中
3IMG_6352_20150505074110976.jpg 4IMG_6353.jpg

★入り口の橋の上から上流  ★下流は凄い雪
5IMG_6354_20150505074113d7a.jpg 6IMG_6355_20150505074127225.jpg

★登山口へは、この林道を歩くのだが、とても無理なので中止する  ★青空も見えてきたのに残念・・・・・・
7IMG_6356.jpg 8IMG_6357.jpg

【大滝】
★道路脇にある標識  ★落差はあまり無いが
1IMG_6370.jpg 2IMG_6360.jpg

★★滝壺は大きくてキレイ
3IMG_6361_201505050750339d9.jpg 4IMG_6364.jpg
タグ :

4/20 奥津渓

 2015-05-04
 昨晩は暴風雨だった。車が揺れて眠れなかったので、建物の側に避難した。
小雨になってきたので、道の駅の直ぐ近くにある奥津渓へ散策に出掛ける。

【遊歩道1】
★★8:45 綺麗な遊歩道
1IMG_6251.jpg 2IMG_6253.jpg

★★吉井川
3IMG_6254_20150504113310e2a.jpg 4IMG_6255_20150504113311968.jpg

5IMG_6261.jpg 6IMG_6262.jpg

7IMG_6263.jpg 8IMG_6265.jpg

9IMG_6266.jpg 10IMG_6268.jpg

【遊歩道2】
★★コブシ
1IMG_6269.jpg 2IMG_6270.jpg

9:10 奥津渓
3IMG_6271.jpg 4IMG_6273_2015050411364308a.jpg

5IMG_6274.jpg 6IMG_6276.jpg

★甌穴  ★遊歩道は通行止めになっている
7IMG_6277.jpg 8IMG_6279.jpg

★★案内板
9IMG_6282.jpg 10IMG_6283.jpg
タグ :

4/19 唐音の滝・二軒屋の滝

 2015-05-04
★9:40 今日は予報通りの雨。釣り人が準備をしています  ★この恰好だと雨が降っても平気
1IMG_6164.jpg 2IMG_6165.jpg

 昼食を摂って横になって休んでいると、知らぬ間に寝込んでいた(昨日は2山、登ったので少々お疲れ・・・・)
1時半ごろ目が覚めて、外を見ると雨が止んでいる。近くの渓谷へ滝見物にお出掛け!


【13:55 渓谷の山桜が満開で綺麗】
3IMG_6166_20150504083554484.jpg

4IMG_6169.jpg

5IMG_6171_2015050408355787f.jpg

6IMG_6173.jpg

★★目的の滝を探して、道路を行ったり来たり
7IMG_6175.jpg 8IMG_6176.jpg

【唐音の滝】
★文字が消えかけた看板をやっと見つけた  ★朽ちかけているが、道もあるので間違いないと思う
1IMG_6177.jpg 2IMG_6182.jpg

★滝上部(滝が近いので全景が一枚に納まらない)  
3IMG_9337_20150504084150431.jpg

★滝下部
4IMG_9340.jpg

★撮影場所を変えて上部  
5IMG_9342.jpg

★滝壺
6IMG_9345.jpg

【二軒屋の滝】
★看板には大滝と書かれている  ★道路から見える(2つに分かれているので二軒屋??)
1IMG_6205.jpg 2IMG_6206.jpg

★遊歩道の様な道が有る  ★滝を違った角度から
3IMG_6207_20150504084508b7c.jpg 4IMG_6208_2015050408451040e.jpg

★滝壺は割と大きい  ★渓谷に下りて、滝の上流に行く
5IMG_6211_20150504084511dbc.jpg 6IMG_6217.jpg

★その下流  ★この先で滝に流れ込む(滝壺まで行きたかったが無理だった)
7IMG_6219.jpg 8IMG_6212_201505040845302c4.jpg

【イワウチワ】
 滝を探していて偶然、見つけた。山にしか咲かないと思っていたが、渓谷にも咲く事を知った。
★★群生しているが、殆どが谷の急斜面に咲いている
1IMG_6185_20150504085359c27.jpg 2IMG_6202.jpg

★★殆どの花は、雨に打たれてうなだれているが、この花は元気!

3DSC00621.jpg

4DSC00606.jpg
タグ :

4/18 三ヶ上

 2015-05-03
三ヶ上(さんがじょう)1062m  三角点=1035m   中国100名山   岡山県鏡野町  
                                           登り=1:10  下り=1:00
 白州山の登山を終えて、まだ大分時間がある。
明日から3日間は、雨の予報なのでイワウチワが満開だという那岐山に登りたい気もするが、登山口まで大分距離があるので、チョット無理だと思う。
 近くの山で予定していた三ヶ上に、頑張って登る事にした。


★林道から登山口駐車場への分岐標識  ★13:10 こんなに遅い出発は初めてかも
1IMG_6097_20150503130719b53.jpg 2IMG_6098.jpg

★林道のような広い登山道  ★チョットしたガレ場になってきた
3IMG_6099.jpg 4IMG_6100.jpg

★13:25 水場分岐  ★気持ちの良い芝生道
5IMG_6101.jpg 6IMG_6105.jpg

★広い道が続く  ★少し下って登り返す
7IMG_6108.jpg 8IMG_6109.jpg

★坂道に残雪がある  ★ロープ場もある
9IMG_6111.jpg 10IMG_6112.jpg

★大杉  ★頂上が見えて来た
1IMG_6113_2015050313124033d.jpg 2IMG_6115.jpg

★展望が開ける  ★役行者石像が立つ最高点(1062m)
3IMG_6116.jpg 4IMG_6117_20150503131244631.jpg

★三角点は右のコブだろうか?  ★下って、手前のピークに登り返す
5IMG_6118.jpg 6IMG_6120.jpg

★あれが三角点だと思うが  ★14:20 付近を捜したが三角点は見つからなかった
7IMG_6121.jpg 8IMG_6122.jpg

【下山】
★三悪点らしき所から最高点を望む  ★コルより見上げる
1IMG_6124.jpg 2IMG_6131_20150503132039d6e.jpg

★★巨石群
3IMG_6133.jpg 4IMG_6135.jpg

★踏み跡が付いているので、滑らずに下りれた  ★鉄柵は何のための物だったのだろう
5IMG_6143.jpg 6IMG_6146.jpg

★登る時に凄く高い所にテープがあるので不思議に思っていた(良く考えると積雪時の時に付けた物)
★15:40 思ったより早く下山できた
7IMG_6148.jpg 8IMG_6151.jpg

【さば寿司】
★★「いっぷく亭で、さば寿司を買って白州山に登った」とネットに載っていたので、私も買ってきた
1IMG_6154.jpg 2IMG_6156.jpg

★開けると、切られていない(ネットの方は、頂上でどうやって食べたのだろう?) 
★割と上手くカットできた(半分しか食べれなかった。後は、さばだけ食べて、寿司飯は明日の昼食にする)
3IMG_6157_20150503133023e67.jpg 4IMG_6158.jpg
タグ :

4/18 白州山

 2015-05-03
白州山(はくしゅうさん)1045m    岡山県鏡野町    登り=1:40   下り=1:20
 白州山は地図に載っていないが、隠れた名山と言われ、特にイワウチワの多い山として知られている。

★6:10 国道から分岐道に入ると残雪が見えて、チョット登山はヤバイ感じ
★6:17 登山口(去年、林道分岐にあった標識は無くなっていて、通り過ぎてしまった)
1IMG_5991.jpg 2IMG_5993.jpg

★あまりにも残雪が多いので、諦めて引き返す  
★途中で思い直して、行ける所まで登る事にした(運よく1台だけ停めれた)
3IMG_5994.jpg 4IMG_5996.jpg

★6:48 長靴を履いて出発  ★6:52 登山口
5IMG_5997.jpg 6IMG_5999.jpg

★裏向いていた標識を引っくり返すとクマ注意看板。ザックから鈴を出して付ける
★林道の雪は結構深い所もある
7IMG_6000.jpg 8IMG_6002.jpg

★遊歩道分岐  ★遊歩道には、雪は全然ない(諦めて中止しなくて良かった!!!)
9IMG_6003.jpg 10IMG_6005.jpg

★残雪模様が熊の敷物みたい  ★7:13 丸太階段が始まる
1IMG_6008.jpg 2IMG_6009.jpg

★今日は良い天気  ★7:20 第一イワウチワ発見
3IMG_6010.jpg 4IMG_6012.jpg

★★続々と現れる
5IMG_6013.jpg 6IMG_6020.jpg

★階段も終わり水平道になる  ★7:40 新コース分岐(尾根道)
7IMG_6021.jpg 8IMG_6022.jpg

★★直ぐにイワウチワが現れる
9IMG_6025.jpg 10IMG_6026.jpg

★整備された道では無いが踏み跡は分かる  ★7:50 木の根基に腰を掛けてタバコ休憩
1IMG_6027.jpg 2IMG_6030.jpg

8:10 イワウチワロード(道の両側に延々と咲いている)
3IMG_6031_201505030721047b1.jpg 4IMG_6032.jpg

5IMG_6035.jpg 6IMG_6038.jpg

7IMG_6040.jpg 8IMG_6041.jpg

★これからは蕾かと思いきや  ★次のは咲いている
9IMG_6043.jpg 10IMG_6047.jpg

★8:28 この場所は、終わりかけや蕾もあり、どうゆう順番で咲くのか分からなくなってきた
★最後のピークを過ぎるとイワウチワは無くなった
1IMG_6049.jpg 2IMG_6050.jpg

★8:31 道が無くなってきた  ★谷側は雪が深いので、尾根を外さずに進む
3IMG_6051.jpg 4IMG_6054.jpg

★チョットした笹コギをすると  ★避難小屋が見えてホット一息
5IMG_6055.jpg 6IMG_6056.jpg

★標識を確認して  ★残雪を越えると登山道が見えて来た
7IMG_6058.jpg 8IMG_6060.jpg

★8:50 頂上到着  ★展望写真を撮って、やっとビールが飲める
9IMG_6063.jpg 10IMG_6068.jpg

【頂上からの展望】
★中央に大山だが・・・・・     ★画像処理をする(双眼鏡で見ると残雪は結構多い)
1DSC00566.jpg 2IMG_6070.jpg

★北~東方面パノラマ
3DSC00568 パノラマ写真

★南方面(今回の旅で登る予定の三ヶ上が見える)
4DSC00572.jpg

【下 山】
★9:45 中央に見えているのが、尾根道の最後のピーク  ★イワウチワを撮りながら下る
1IMG_6072.jpg 2IMG_6078.jpg

★神戸の75才の方に出会う。今までに5回も熊に出会ったらしい  ★完全武装をしている(鈴3個とナタ)
3IMG_6079_2015050308005640b.jpg 4IMG_6081.jpg

★熊撃退スプレー(1万円)
★極めつけは鉄砲。玉は出ないが銃声はする。試射してもらったが結構大きな音がする。  
(話が弾んで20分も立ち話をしてしまった。那岐山のイワウチワは、もう既に満開らしい。ここのイワウチワは、現在7分咲きくらいだとか。毎年、那岐山の方が先に咲くらしい)
5IMG_6082.jpg 6IMG_6080.jpg

★林道まで下りて来た(同じ山でも、標高に関係なく場所に依って、こんなにも残雪量が違う)  ★車が5台
7IMG_6085.jpg 8IMG_6090.jpg

★ここに2台  
★11:30 駐車スペースに3台(私の車が一番奥)。後輪は雪の中に突っ込んでいる(雪国の人は凄い)
車が10台駐車しているが、山で出会った人は、御夫婦と単独の方3人で、計5名だけ。
他の人達は何処に行ったのだろうか不思議?
9IMG_6091_20150503080118771.jpg 10IMG_6092_20150503080120555.jpg
写真館へ続く
タグ :

4/17 津山

 2015-05-01
 津山の城下町は綺麗だと聞いていたので、一度は訪れたいと思っていた。

衆楽園
1IMG_5888.jpg 2IMG_5889_201505011920332d0.jpg

3IMG_5895_2015050119203589e.jpg 4IMG_5896.jpg

5IMG_5897.jpg 6IMG_5902_20150501192049d2a.jpg

津山城
1IMG_5903.jpg 2IMG_5904.jpg

3IMG_5908.jpg 4IMG_5911.jpg

5IMG_5913.jpg 6IMG_5914.jpg

7IMG_5922.jpg 8IMG_5924.jpg

9IMG_5935.jpg 10IMG_5937.jpg

古い町並(城東界隈)
1IMG_5938.jpg 2IMG_5939.jpg

3IMG_5942.jpg 4IMG_5943.jpg

5IMG_5944.jpg 6IMG_5947.jpg

7IMG_5949.jpg 8IMG_5951.jpg

慈恩寺
 観光センターで貰った案内書に「木曽檜一木彫り(4m60cm)十一面観世音菩薩」と書かれていた。
1IMG_5952_2015050119282796e.jpg 2IMG_5959_20150501192828169.jpg

3IMG_5960.jpg 4IMG_5961.jpg

5IMG_5967.jpg 6IMG_5964_201505011928488d3.jpg

7IMG_5965.jpg 8IMG_5962.jpg

9IMG_5977.jpg 10IMG_5978.jpg

1IMG_5970.jpg 2IMG_5972_201505011930034fa.jpg

3IMG_5981.jpg 4IMG_5982.jpg
タグ :

4/16 備中松山城

 2015-05-01
 標高430mの臥牛山(がぎゅうざん)に建った天守は、国の重要文化財で、現存天守を持つ山城としては最も高い所にあります。 ≪高梁市ガイドマップより≫

★★9:55 城に向かう道路は、なかなか良い感じ
1IMG_5820.jpg 2IMG_5822_20150501173802078.jpg

★上の駐車場はガードマンが居て行けない  ★1人往復300円を払ってシャトルバスでないとダメ
3IMG_5823.jpg 4IMG_5824.jpg

★★シャトルバスと言っても10人乗りのワゴン車
5IMG_5825.jpg 6IMG_5826.jpg

★10:20 上の駐車場に到着  ★乗用車が何台か停まっている(聞くと、8時頃に上がって来たらしい)
7IMG_5829.jpg 8IMG_5831.jpg

★10:27 登城開始  ★最初はなだらかな道
9IMG_5832.jpg 10IMG_5834.jpg

★★階段を登る
1IMG_5835.jpg 2IMG_5839.jpg

★★城壁が見えて来た
3IMG_5840.jpg 4IMG_5841.jpg

★★城壁などを見ながら登る
5IMG_5843.jpg 6IMG_5844.jpg

★二ノ丸より天守を望む  ★入城するにも300円取られる
7IMG_5848.jpg 8IMG_5851.jpg

★正面より天守  ★後方より天守(小さなお城・・・・・・・)
9IMG_5852.jpg 10IMG_5855.jpg

★★二層二階なので、直ぐに着く
1IMG_5856_201505011756003d0.jpg 2IMG_5859_20150501175602c90.jpg

★★窓は格子が嵌められて、外が見えない
3IMG_5857.jpg 4IMG_5858.jpg

★カメラを外に出して写す  ★高梁市街が見える
5IMG_5862.jpg 6IMG_5866.jpg

道の駅かもがわ円城
 「道の駅かよう」で車中泊の予定だったが、ロケーションが今一だったので、次の駅まで走った。
★14:30 道の駅かもがわ円城  ★夕食にはまだ早いので、裏山の林道を歩いて散策
1IMG_5867.jpg 2IMG_5879.jpg

★★小さな白いツツジが一杯咲いている
3IMG_5868.jpg 4IMG_5875.jpg

★ショウジョウバカマ  ★スミレ
5IMG_5871.jpg 6IMG_5881.jpg

★★15:30 こんな景色を見ながら晩酌開始
7IMG_5887.jpg 8IMG_5885.jpg
タグ :

4/16 鬼ノ城

 2015-05-01
 鬼ノ城(きのじょう)は、岡山県総社市の鬼城山(標高397m)に遺る日本の城。
城跡は国の史跡にしていされている。 ≪ウィキペディアより≫

★6:25 讃岐富士と朝日(深夜割引を利用するために家を3:30分に出た
★瀬戸大橋は、もう何回通っただろう?
1IMG_5773.jpg 2IMG_5775.jpg

★7:40 砂川公園に案内板がある  ★広くて綺麗な公園
3IMG_5777.jpg 4IMG_5778.jpg

★公園を通過して  ★山道に進む(ネットに狭い道とあったが、そんなに狭く無く、ツツジも咲いて快適)
5IMG_5781.jpg 6IMG_5785_20150501111740b6f.jpg

★7:55 広い駐車場に到着(こんなに有名な観光地だとは、思わなかった)  ★駐車場の隅に標識
7IMG_5786.jpg 8IMG_5787.jpg

★登り口  ★車いすでも登れるようになっている
9IMG_5788_2015050111174519c.jpg 10IMG_5789.jpg

★右の遊歩道へ  ★展望デッキへの入口
1IMG_5790.jpg 2IMG_5792_201505011124566f9.jpg

★立派な展望台  ★鬼ノ城の西門
3IMG_5795.jpg 4IMG_5798_20150501112458770.jpg

★★アップで
5IMG_5799.jpg 6IMG_5800.jpg

★整備された遊歩道が  ★西門まで続く
7IMG_5801.jpg 8IMG_5802.jpg

★門を潜ると  ★鬼城山への道がある
9IMG_5807.jpg 10IMG_5808.jpg

★西門を振り返る  ★山頂にある展望図
1IMG_5809_20150501112945b9b.jpg 2IMG_5811.jpg

★西門を見ながら下る  ★8:45 公園に戻り、まだちょっと早いが昼食にした
3IMG_5816.jpg 4IMG_5818.jpg
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫