8/19 布引観音

 2015-11-30
布引観音   長野県小諸市
 断崖絶壁にかかる観音堂に安置されているのが、牛に化身して、強欲な婆さんを善光寺につれていき
改悛させたという布引観音様。

1IMG_3309.jpg 2IMG_3310.jpg

3IMG_3314.jpg 4IMG_3316_20151130103806040.jpg

5IMG_3325.jpg 6IMG_3328_2015113010382904b.jpg

7IMG_3333.jpg 8IMG_3334.jpg

9IMG_3335.jpg 10IMG_3336.jpg

1IMG_3348.jpg 2IMG_3349.jpg

3IMG_3351.jpg 4IMG_3361.jpg

5IMG_3353.jpg 6IMG_3354.jpg

7IMG_3355.jpg 8IMG_3356.jpg

帰り道
1IMG_3362_20151130104130646.jpg 2IMG_3366_20151130104131e7d.jpg

3IMG_3364.jpg 4IMG_3365.jpg

5IMG_3369.jpg 6IMG_3371.jpg

7IMG_3375.jpg 8IMG_3377.jpg
スポンサーサイト
タグ :

8/18 千ヶ滝

 2015-11-29
千ヶ滝   長野県軽井沢町   歩き=20分

★12:50  案内板     ★広い遊歩道が整備されている
1IMG_3281_201511291405230e7.jpg 2IMG_3285.jpg

★滝が見えてきた  ★結構落差のある滝
3IMG_3290.jpg 4IMG_3291.jpg


1IMG_0106.jpg 2IMG_0107.jpg

3IMG_0112.jpg 4IMG_0113.jpg

タグ :

8/18 鼻曲山

 2015-11-29
鼻曲山(1655m)  累差=600m  群馬県北軽井沢  登り=1:30(レンゲショウマ自生地まで)
 レンゲショウマが自生する所は、3ヶ所知っているが、鼻曲山はその一つ。

★県道54号より浅間山  ★二度峠よりの日の出
1IMG_3119.jpg 2IMG_3123.jpg

★峠の上にPがある  ★6:15 出発
3IMG_3130.jpg 4IMG_3128.jpg

★下り気味の笹道から  ★スズ竹は花が咲くと枯れるらしいが、見るのは初めて
5IMG_3131.jpg 6IMG_3132_2015112912191655c.jpg

★枯れていなかったら大変な道だった  ★スズ竹が少なくなってきた
7IMG_3136.jpg 8IMG_3142.jpg

★低い笹になって良かった  ★7:00 氷妻山(1467m)で休憩
9IMG_3147.jpg 10IMG_3149.jpg

★下り坂  ★ここのスズ竹は枯れていない
1IMG_3151.jpg 2IMG_3157.jpg

★笹漕ぎの道  ★脱出
3IMG_3158.jpg 4IMG_3159.jpg

★平坦な道に降りてきた  ★登り坂が始まると
5IMG_3162_20151129122634d31.jpg 6IMG_3167.jpg

★★8:00 レンゲショウマを発見(花は終盤で残念)
7IMG_3178.jpg 8IMG_3182.jpg

★写真をいっぱい撮ったが風で揺れるので殆どピントが合っていなかった
★8:25 撮影を終えて頂上に向かう
9IMG_3208.jpg 10IMG_3219.jpg

★8:35 頂上  ★展望はあるが知らない山ばかり
1IMG_3221_20151129132328d79.jpg 2IMG_3231_20151129132329008.jpg

★軽井沢だと思うが?  ★初めて見る花が咲いていた
3IMG_3235.jpg 4IMG_3237_20151129132332e3c.jpg

下山
★8:50 下山開始  ★帰りもレンゲショウマを撮る
1IMG_3239.jpg 2IMG_3242.jpg

★★獅子岩へ寄り道
3IMG_3249.jpg 4IMG_3253.jpg

★パノラマ(左に浅間山
5IMG_3255 パノラマ写真

★★浅間山

6IMG_3255.jpg 7IMG_3264.jpg
写真館へ続く
タグ :

8/15 赤石山

 2015-11-28
赤石山(2109m)  標高差=550m  長野県志賀高原  登り=2:35  下り=1:50
 以前、地元の方に良い山だと教えてもらっていた。
志賀高原トレッキングマップに、山頂の二つの岩峰は赤石山のシンボルであり、ここからは志賀高原が一望、眼下には美しい大沼池も見渡せますと、書かれている。


★6:15 登山口には広いPと綺麗なトイレがある  ★大沼池4kmと書かれている(右は林道コース入口)
1IMG_2835.jpg 2IMG_2836.jpg

★登山道標識  ★平坦道をスタート
3IMG_2837.jpg 4IMG_2838.jpg

★緩やかな階段  ★原生林の様相
5IMG_2841.jpg 6IMG_2845.jpg

★林道に出る  ★白樺道
7IMG_2846.jpg 8IMG_2847.jpg

★ダケカンバ道  ★大沼池到着
9IMG_2852.jpg 10IMG_2855.jpg

★★綺麗な池を見ながら歩く
1IMG_2871.jpg 2IMG_2873.jpg

★池の終点が近ずく  ★ここは大沼池1697m(大沼池尻とは林道終点のこと)
3IMG_2877_201511281345097b0.jpg 4IMG_2879_20151128134510dbe.jpg

★赤石山山への入口はチョット分かりづらい  ★笹が少し被さる道
5IMG_2880.jpg 6IMG_2883.jpg

★丸太階段が始まった  ★段々と急坂になってくる
7IMG_2886.jpg 8IMG_2887.jpg

★トレイルランの方に軽く抜かれた  ★忠右衛門新道分岐
9IMG_2890.jpg 10IMG_2893.jpg

★尾根は縦走路になっている  ★横手山が見えてきた
1IMG_2896.jpg 2IMG_2901_201511281352493d0.jpg

★凄い岩壁が見えてきた  ★岩壁の右を登る
3IMG_2902.jpg 4IMG_2903.jpg

★大沼池が姿を見せる  ★全景が見れるようになりました
5IMG_2904.jpg 6IMG_2906_201511281353108f2.jpg

★岩壁の反対側に出ると姿が変わる(頂上かと思ったが違っていた)  ★もう一つの岩峰
7IMG_2909.jpg 8IMG_2911.jpg

★★9:15 頂上へは簡単に登れる
9IMG_2914.jpg 10IMG_2915.jpg

★横手山~志賀山のパノラマ  ★横手山ズーム
1IMG_2919 パノラマ写真 2IMG_2925.jpg

★志賀山ズーム  ★大沼池
3IMG_2926.jpg 4IMG_2927.jpg

★日が射すと一段と綺麗になる  ★赤い鳥居も見える
5IMG_2928.jpg 6IMG_2931.jpg

★東館山~岩菅やま方面パンPラマ  ★東館山ゴンドラリフト駅(頂上に高山植物園がある)
7IMG_2937 パノラマ写真 8IMG_2938.jpg

★岩菅山ズーム  ★ホシガラスが鳴いている
9IMG_2942.jpg 10IMG_2959.jpg

下山
★大沼池展望ともお別れ  ★登山道から二つの岩峰が見られる
1IMG_2961.jpg 2IMG_2968_20151128140617a81.jpg

★★エメラルド色の池を見ながら帰る
3IMG_2979.jpg 4IMG_2986_20151128140620990.jpg

★大沼池尻に到着  ★池のパノラマ(近くのパノラマは上手くいかないがマアマアに繋がった)
5IMG_2993.jpg 6IMG_2994 パノラマ写真

★直進して林道を帰る  ★ダケカンバ道
7IMG_3002.jpg 8IMG_3004.jpg

★林道は登山道より遠回りになるが、時間はあまり変わらない
★12:05 駐車場が見えてきた(満車で路上駐車もされているが、殆どの人は大沼池までと思う)

9IMG_3006.jpg 10IMG_3007.jpg
タグ :

8/11 白馬鑓ヶ岳

 2015-11-21
白馬鑓ヶ岳(2903m)   標高差=883m(小屋より)  登り=2:55(小屋より)  下り=1:50(小屋まで)

★朝早く目が覚めたので2時に小屋を出た  ★4:10 大出原
1IMG_2496_20151121064807ee0.jpg 2IMG_2497_201511210648092e4.jpg

★★縦走路が見えてきた
3IMG_2512.jpg 4IMG_2515_201511210648112fa.jpg

★右に変った形の岩  ★5:00 縦走路に出る
5IMG_2520.jpg 6IMG_2526.jpg

★★手振れ写真
7IMG_2529.jpg 8IMG_2530.jpg

★ガレ場  ★なだらかな道が見える
9IMG_2531.jpg 10IMG_2532.jpg

★左は縦走路。右の道を直登する  ★5:40 頂上
1IMG_2539.jpg 2IMG_2541.jpg

★記念写真(顎鬚を伸ばし中)  ★縦走路から一緒に登った東京の27才の方(この方に今時の若者は、お盆を挟んで一週間の夏期休暇を取ると教えてもらった)
3IMG_2545_2015112106540620e.jpg 4IMG_2546_20151121065407214.jpg

★白馬岳方面パノラマ
5IMG_2547 パノラマ写真

★立山・劔方面パノラマ
6IMG_2552 パノラマ写真

★妙高高原方面の山は、何時もはこんな感じにしか見えない  ★前穂・奥穂・北穂・槍ヶ岳
7IMG_2565.jpg 8IMG_2563.jpg

★立山・劔岳  ★チョットした彩雲
9IMG_2562.jpg 10IMG_2558.jpg

下山
★6:10 下山開始  ★縦走路までは平坦で直ぐ
1IMG_2570.jpg 2IMG_2571.jpg

★白い道を下る  ★縦走路が伸びている
3IMG_2572_20151121071312520.jpg 4IMG_2574.jpg

★6:30 温泉小屋分岐  ★急坂を下る
5IMG_2575_201511210713152ed.jpg 6IMG_2576_201511210713343f4.jpg

★右斜面の大石が落ちてきたらチョットヤバイ  ★左斜面は綺麗
7IMG_2578.jpg 8IMG_2581.jpg

★小屋の朝食弁当は鶏の照り焼きで美味しそう  ★天狗山荘に荷降ろし中
9IMG_2585.jpg 10IMG_2586.jpg

★お花畑の中を下る  ★まだ残雪が多い
1IMG_2591.jpg 2IMG_2592_201511210720485df.jpg

★7:10 温泉小屋からの登山者(この後、ドイツ夫婦にも出会う)  ★なかなか良い景色 
3IMG_2593_2015112107204914d.jpg 4IMG_2595.jpg

★★反対側は赤い山並み
5IMG_2598.jpg 6IMG_2599.jpg

★7:40 寝床がお隣さんで、一緒に露天風呂に入った仲(のんびり登山をされる方で、今日は天狗山荘に泊まると言っていた)  ★クサリ場の注意書き看板
7IMG_2605.jpg 8IMG_2606.jpg

★この景色ともお別れ  ★クサリ場は大した事ない

9IMG_2610.jpg 10IMG_2612.jpg

★小屋が見えてきた  ★8:20 到着
1IMG_2613.jpg 2IMG_2615.jpg

★ビールのために残しておいた照り焼き  ★昨日の混雑が嘘のよう
3IMG_2618.jpg 4IMG_2619.jpg

★温泉に入りたいけど、後が面倒なので止める  ★下に足湯もある
5IMG_2621.jpg 6IMG_2622.jpg

★9:00 第3雪渓  ★この方はアイゼンを持っていないみたい
7IMG_2623.jpg 8IMG_2625.jpg

★★カカトから着地して慎重に下っている
9IMG_2629.jpg 10IMG_2630.jpg

★大きな踏み跡が出来て階段状になっている(アイゼンは不要だったかも?)  ★第2雪渓
1IMG_2631.jpg 2IMG_2633.jpg

★右下の岩峰は上部が展望所になっている  ★9:55 第1雪渓
3IMG_2635.jpg 4IMG_2637.jpg

★滝があるけど水量が少なくてイマイチ  
★岩峰の上で休憩(小学の男の子と浅田美代子似のお母さんと暫らく話す。二人でテント泊して真夜中に露天風呂に入り1時間も話をしたとか。訳あり親子だと思うが、詳しい事は聞かなかった。その後、一緒に下山)
5IMG_2644.jpg 6IMG_2645.jpg

★温泉への登山道がハッキリと見えている  ★11:20 小日向のコル
7IMG_2646.jpg 8IMG_2662.jpg

★お花畑  ★花を見ながら休憩
9IMG_2664.jpg 10IMG_2665.jpg

★ここのギボウシは綺麗  ★13:00 やっと林道に辿り着きました
1IMG_2666_2015112107535826c.jpg 2IMG_2670.jpg

★13:15 車が一杯で自分の車を探すのが大変  ★小学の子に、車の中を見せたら凄い凄いと言って写真を撮っていた。引き出しを全部開けて、中身の説明をしてあげる。

3IMG_2672_20151121075400e2b.jpg 4IMG_2673_2015112107540256e.jpg

お花畑
1IMG_2589_20151121081140147.jpg

2IMG_2597.jpg

咲いていた花

3IMG_2632_20151121081249ba5.jpg 4IMG_2648_201511210812504bd.jpg

5IMG_2650.jpg 6IMG_2651.jpg

7IMG_2658.jpg 8IMG_2659.jpg

9IMG_2660.jpg 10IMG_2667.jpg
タグ :

8/10 白馬鑓温泉

 2015-11-20
鑓温泉(2020m)    標高差=790m(Pより)   登り=3:50

★4:30 この標識の前は何回も通ったが、足を踏み入れるのは初めて  ★平坦な森の中
1IMG_2324.jpg 2IMG_2326.jpg

★ガレ場の坂道  ★5:30 丁度、開けた場所で朝日を迎える 
3IMG_2330_20151120060707e68.jpg 4IMG_2335.jpg

★ガレ場  ★白馬岳が見えてきた(期待していなかったので嬉しい)
5IMG_2343.jpg 6IMG_2350.jpg

★ここのヤマアジサイは色が綺麗  ★シモツケソウ、ウツボグサの道  
7IMG_2351.jpg 8IMG_2354.jpg

★★花も沢山咲いて素晴らしい道
9IMG_2356.jpg 10IMG_2360.jpg

★6:10 水場もある  ★ダケカンバとお花畑
1IMG_2362.jpg 2IMG_2365.jpg

★★ギボウシとシモツケソウの道
3IMG_2367.jpg 4IMG_2368.jpg

★★6:20 オー!白馬鑓ヶ岳と杓子岳が見えてきた(ここでショックな話を聞く。雪渓があるのでアイゼンがないと危ないらしい。行ける所まで行って、ダメなら引き返すことにした) 
5IMG_2373.jpg 6IMG_2374.jpg

★青い空、山並み、緑のコントラストが素晴らしい  ★ギボウシが沢山咲いている
7IMG_2375 パノラマ写真 8IMG_2377.jpg

★どの雪渓を登るのだろう  ★下り坂になった
9IMG_2378.jpg 10IMG_2380.jpg

★下に池塘が見える(小日向のコル?)  ★平坦道
1IMG_2384.jpg 2IMG_2389_201511200628167df.jpg

★★良い景色(ここでビール休憩とする)
3IMG_2394.jpg 4IMG_2397.jpg

★7:40 初めての標識  ★下山してくる皆んなに雪渓の状態を聞く
5IMG_2400.jpg 6IMG_2401.jpg

★大日向コルは終わって登り坂になる  ★女性グループと擦れ違い
7IMG_2403_201511200628374dd.jpg 8IMG_2408.jpg

★1番目の雪渓が見えてきた(全部で3つ有るらしい)  ★下の方に登山道が見える(横道を行くみたい)
9IMG_2409.jpg 10IMG_2410.jpg

★大岩とクガイソウ  ★8:05 雪渓のうえに到着
1IMG_2414.jpg 2IMG_2415.jpg

★杓子沢の雪渓だった  ★アイゼンは不要
3IMG_2416_20151120063545d39.jpg 4IMG_2417.jpg

★チョット危ない横道  ★名前も崩沢
5IMG_2422.jpg 6IMG_2423.jpg

★8:25 下山してきた男性にアイゼンを1000円で譲ってもらった(これで怖いもの無しで、予定通りの登山が出来ることになった。ありがとうございました!)  ★8:30 安心してタバコ休憩とする
7IMG_2424.jpg 8IMG_2426.jpg

★雪渓に向かって下りる  ★2番目の雪渓
9IMG_2428.jpg 10IMG_2430.jpg

★平坦なのでアイゼン不要  ★沢沿いの横道を慎重に行く
1IMG_2432.jpg 2IMG_2440.jpg

★落ちたら大変!!  ★問題の3番目雪渓
3IMG_2441.jpg 4IMG_2443.jpg

★アイゼンを付けて登る(実際はもっと急)  ★踏み跡はあまり付いていない
5IMG_2444.jpg 6IMG_2445.jpg

★横道になると大きな踏み跡がある  ★9:20 これで雪渓歩きも終わり
7IMG_2447.jpg 8IMG_2448.jpg

★残雪から出る靄、硫黄成分の黄色、小滝の流れ(良い景色)  ★山並みと雪解け面も・・・・・・
9IMG_2450.jpg 10IMG_2451.jpg

★この雪渓を登った(角度は30度くらい)  ★9:30 アイゼンを外して出発
1IMG_2453.jpg 2IMG_2455_20151120065216f1e.jpg

★温泉が見えて来ましたよ  ★ハシゴ状の階段
3IMG_2457.jpg 4IMG_2458_20151120065219d0a.jpg

★温泉からの流れ(色が付いて温かい)  ★もう少し
5IMG_2460_201511200652209b1.jpg 6IMG_2462.jpg

★気持ち良さそう  ★9:40 温泉小屋に到着
7IMG_2464.jpg 8IMG_2465.jpg

★★白馬鑓ヶ岳への道(ガスも出てきたし、温泉にも入りたいので戦意喪失して引き返す)
9IMG_2467.jpg 10IMG_2468.jpg

鑓温泉
★チェックインして温泉に直行  ★綺麗な色
1IMG_2478.jpg 2IMG_2472.jpg

★壁際から温泉が出ている  ★排水口
3IMG_2469_20151120072428acb.jpg 4IMG_2474_20151120072429931.jpg

★★凄い掛け流しの量で、滝の様に流れ落ちている
5IMG_2473.jpg 6IMG_2470.jpg

★水は豊富にあるので無料  ★ひっそりとした温泉かと思ったが・・・・・
7IMG_2487.jpg 8IMG_2476.jpg

★受付と食堂  ★トイレは屋外
9IMG_2483.jpg 10IMG_2479.jpg

★今夜の寝床(チェックインが早かったので特等席)  ★2階は窮屈そう
1IMG_2484_20151120073121923.jpg 2IMG_2486_20151120073123cd1.jpg

★テント場  ★小屋の裏に上がると
3IMG_2489.jpg 4IMG_2492.jpg

★★温泉が噴出していた
5IMG_2493.jpg 6IMG_2490.jpg

★噴出口  
★夕食(若い女性3人に囲まれて、私の山旅の話など聞いてもらって話が弾んだ。楽しい夕食だった!!!)
7IMG_2491.jpg 8IMG_2495.jpg

咲いていた花

1IMG_2327.jpg 2IMG_2337.jpg

3IMG_2341.jpg 4IMG_2355.jpg

5IMG_2361_20151120073853dbc.jpg 6IMG_2364.jpg

7IMG_2381.jpg 8IMG_2412.jpg

9IMG_2436.jpg 10IMG_2437.jpg


11IMG_2434.jpg 12IMG_2454.jpg

13IMG_2456.jpg 14IMG_2459.jpg
【あとがき】
 マイナーなコースで、道も悪くて登るのは大変だろうと思っていた。
しかし、道も歩きやすくて、花も多くて展望も利くし最高のコースだった。
(雪渓歩きがあったのは計算外だったが・・・)
 駐車場が白馬岳と同じ場所なので土、日は避けたが、温泉小屋は超満員で夕食は3回に分けられた。
私はチェックインが早かったので最初の組だったので良かった。
 時間がタップリあったので温泉に4回も入った。外国の若い夫婦(恋人?)が入って来たので、知っている英語でチョット話し掛けたがドイツ人だった。ドイツ語はダンケシェンしか知らないので、話すと笑っていた。
タグ :

8/8 唐松岳

 2015-11-18
唐松岳(2696m)  300名山  標高差=1216m   登り=5:20

日の出
日の出前
★4:35
1IMG_2010 パノラマ写真

★4:37
2IMG_2013 パノラマ写真

日の出
★5:14 戸隠連峰から昇る
3IMG_2043.jpg

★5:30
4IMG_2051.jpg

★5:40
5IMG_2055.jpg

八方池
★4:55 白馬三山にはさざ波が立っている
1IMG_2028 パノラマ写真

★場所を変わると、さざ波は消える
2IMG_2032.jpg

★不帰ノ嶮
3IMG_2033.jpg

★八方尾根
4IMG_2035_2015111807562234a.jpg

登山
★★花が沢山咲いている
5IMG_2036_201511180759457b8.jpg 6IMG_2053.jpg

★後立山連峰には10回近く登ったが、こんなにハッキリと妙高高原が見えたのは初めて(何時もは頭だけ)
★6:10 カメラマンとお話し
7IMG_2060.jpg 8IMG_2074.jpg

★鹿島槍ヶ岳の北峰(2842m)には、まだ登った事がない  ★五竜岳の岩峰が凄い
9IMG_2081.jpg 10IMG_2084.jpg

★6:50 扇雪渓の残雪が、今年は多い  ★雪渓と妙高高原方面
1IMG_2106_201511180806261c5.jpg 2IMG_2117.jpg

★歩きにくかったガレ場が整備されている  ★7:30 丸山ケルン
3IMG_2119.jpg 4IMG_2125_20151118080631eb9.jpg

★危険場所も石垣が出来ている  ★山荘が見えてきた
5IMG_2157_2015111808063264b.jpg 6IMG_2158.jpg

★9:10 唐松山荘(ビール休憩にしたがチョット寒い)  ★10:10 頂上
7IMG_2161.jpg 8IMG_2191_2015111808064957a.jpg

★★続々と若者が登って来る(後で知ることとなるが、都会の人達は夏期休暇に、今日から入っている)
9IMG_2201.jpg 10IMG_2211.jpg

下山
★10:45 下山開始  ★登山道が渋滞中
1IMG_2212.jpg 2IMG_2214.jpg

★山荘の前も沢山の人  ★11:50 妙高高原方面の山も見えなくなった
3IMG_2216_2015111808564371d.jpg 4IMG_2233.jpg

★12:20 扇雪渓の前もカラフルで綺麗  ★花を撮影しながらのんびり下る
5IMG_2241.jpg 6IMG_2246_20151118085701a04.jpg

★この花は何だろう?  ★ツリガネニンジンが凄く多い
7IMG_2247.jpg 8IMG_2259.jpg

★白馬村が見えている  ★カライトソウは終盤
9IMG_2260.jpg 10IMG_2264.jpg

★若い女性が多い  ★13:30 八方池
1IMG_2266.jpg 2IMG_2270.jpg

★何か撮影中  ★14:45 八方池山荘の前のヤナギラン
3IMG_2278.jpg 4IMG_2302.jpg

★15:15 最後はリフトで降ります  ★黒菱P
5IMG_2310.jpg 6IMG_2311.jpg

★★17:10 殆どの人達は帰ってしまいました
7IMG_2315.jpg 8IMG_2318.jpg

お花畑
1IMG_2054.jpg 

2IMG_2065.jpg

3IMG_2067.jpg 

4IMG_2068.jpg

5IMG_2088_20151118091447d41.jpg 

6IMG_2089_2015111809150135a.jpg

7IMG_2176.jpg 

8IMG_2280.jpg

咲いていた花30選

1IMG_2073.jpg 2IMG_2085_20151118091728a6b.jpg

3IMG_2097_20151118091729e1e.jpg 4IMG_2108_20151118091731def.jpg

5IMG_2146.jpg 6IMG_2180.jpg

7IMG_2217.jpg 8IMG_2219.jpg

9IMG_2220.jpg 10IMG_2222.jpg


1IMG_2226.jpg 2IMG_2236.jpg

3IMG_2237.jpg 4IMG_2239.jpg

5IMG_2242.jpg 6IMG_2244.jpg

7IMG_2249.jpg 8IMG_2251.jpg

9IMG_2253.jpg 10IMG_2255.jpg


1IMG_2256.jpg 2IMG_2268.jpg

3IMG_2269_2015111809281862a.jpg 4IMG_2273_201511180928206a0.jpg

5IMG_2279.jpg 6IMG_2283.jpg

7IMG_2284.jpg 8IMG_2290.jpg

9IMG_2297.jpg 10IMG_2304.jpg
展望写真が別館に有ります
タグ :

8/6.7白馬村へ

 2015-11-17
6日    今日は休養と移動日
★6:40 大町市の薬師の湯Pから岩小屋沢岳が見える(もう少しで頂上だったみたい)
1IMG_1919.jpg 2IMG_1920.jpg

★温泉で安いトマトを売っていた(9個で200円)  ★中綱湖の蓮は今年も咲いている
3IMG_1923.jpg 4IMG_1924.jpg

5IMG_1925.jpg 6IMG_1926_2015111706191008e.jpg

★今年もやって来ました、白馬八方第5P  ★18:00 白馬三山がやっと見え始めました
7IMG_1927.jpg 8IMG_1934.jpg

★白馬鑓ヶ岳  ★19:00 白馬三山と夕焼け
9IMG_1942.jpg 10IMG_1956.jpg

7日     今日は洗濯日和
★5:20 五竜岳(八方第5Pより)  ★5:30 白馬三山(白馬大橋より)
1IMG_1967.jpg 2IMG_1968.jpg

★5:50 松川に下りて  ★白馬三山を眺めながら、お洗濯
3IMG_1970.jpg 4IMG_1972.jpg

★今回の旅で登る予定の白馬鑓ヶ岳(ここから見ると三山の内で一番恰好良い)
★6:10 洗濯終了(川だとすすぎが簡単に出来るので早い)
      松川沿いには空地が一杯あるので干場には困らない
5IMG_1974.jpg 6IMG_1975.jpg

黒菱P
★16:20 白馬三山  ★白馬鑓ヶ岳
7IMG_1979_2015111706264022c.jpg 8IMG_1980_20151117062641e2e.jpg

★太陽は左方に沈むので夕日は今一かも  ★東方のは雨飾~妙高~高妻山が見える
9IMG_1992.jpg 10IMG_1995.jpg

★★19:00 夕焼けは今一だった
11IMG_1998.jpg 12IMG_2006.jpg
タグ :

8/5 岩小屋沢岳

 2015-11-15
岩小屋沢岳(2630m)  登り=扇沢登山口(3:40)種池山荘(1:15)撤退場所=4:55
 岩小屋沢岳は種池山荘から左折して針ノ木岳方面に登ると、最初にある山。
剱岳、鹿島槍ヶ岳、五竜岳の展望が素晴らしく、チングルマ、フウロ、シナノキンバイ、キンポウゲ、クルマユリなどの高山植物が多いとネットに載っていた。


★5:20 写真が撮れるようになった  ★目指す山が見えてきた(左端)
1IMG_1755.jpg 2IMG_1763.jpg

★★見る角度が変わると山容も変化する
3IMG_1770.jpg 4IMG_1776.jpg

パノラマ
5IMG_1782 パノラマ写真

★★最後まで残る雪渓は、もう無い
1IMG_1788_201511151012408b0.jpg 2IMG_1789.jpg

★天気は上々  ★種池山荘が見えてきた
3IMG_1792_20151115101243047.jpg 4IMG_1793.jpg

★コバイケイソウと岩小屋沢岳  ★この方向に富士山が有るのだけれど・・・・
5IMG_1794.jpg 6IMG_1795.jpg

★立山、劔岳は見えている  ★種池は小さな池塘
7IMG_1798.jpg 8IMG_1801.jpg

★8:45 ここからは初めて歩く道  ★ナナカマドのトンネル
9IMG_1802.jpg 10IMG_1803.jpg

★下り坂  ★このコースは登山者が少ない
1IMG_1806_201511151018480c5.jpg 2IMG_1808_20151115101850f91.jpg

★ドンドン下っていく  ★9:00 平坦道になると
3IMG_1809.jpg 4IMG_1812.jpg

★お花畑  ★一旦、前方の森に入る
5IMG_1813.jpg 6IMG_1817.jpg

★森を抜けると山が迫ってきた  ★登山道は狭い
7IMG_1824.jpg 8IMG_1825.jpg

★★お花道
9IMG_1826.jpg 10IMG_1828.jpg

★トリカブト(ここの花は色が凄く濃い)  ★いよいよ本格的な登り?
1IMG_1829.jpg 2IMG_1832.jpg

★鹿島槍ヶ岳は頂上が見えない  ★山の裏側をトラバースする道だった
3IMG_1833.jpg 4IMG_1835.jpg

★雲が湧いてきて立山、劔はスッキリと見えない  ★チョットした庭園風
5IMG_1839_20151115102450973.jpg 6IMG_1842.jpg

★相変わらず道はなだらか(最初の3つのコブを全部、巻くみたい)  ★9:40 尾根に出る
7IMG_1847.jpg 8IMG_1851.jpg

★★今度は左側のトラバース道
9IMG_1856.jpg 10IMG_1857_201511151025105b7.jpg

★★なにかヤバそうな道が見えてきた
1IMG_1859_20151115103152311.jpg 2IMG_1866_20151115103154a7a.jpg

★登りは良いが、下りが心配(足を滑らしたら命はないと思う)  ★こんな道が何回か続き、緊張の連続
3IMG_1868.jpg 4IMG_1869_201511151031579ba.jpg

★10:00 広場で休憩  ★前を登っていたご夫婦も休憩中だった。白馬岳から縦走して今日で一週間目らしい。凄いと思うけど、私にはとても無理と思うし、私の登山スタイルに合わない)
5IMG_1873.jpg 6IMG_1871.jpg

下山
 3日連続の登山でしんどいし、天気も良くないので撤退することにした。

★10:15 1番目の危険道  ★ここは楽勝
1IMG_1874_20151115105444c29.jpg 2IMG_1877.jpg

★2番目  ★段々、雲が厚くなってきた
3IMG_1878.jpg 4IMG_1879.jpg

★3番目の危険道(来年リベンジする時はアイゼンを持って来よう)  ★ここまで来れば、もう安心
5IMG_1880.jpg 6IMG_1881.jpg

★ホシガラスの決定的瞬間に成功(チョット鳥の位置が悪い)  ★雲上の庭園と銘々
7IMG_1885.jpg 8IMG_1888.jpg

★11:30 山荘まで無事に帰ってきた  ★無事帰還の祝杯をあげる(針ノ木から縦走してきた三重県のお米屋さんと話す。先に下山して、お鍋を作っておくので一緒に食べましょうと約束する)
9IMG_1899.jpg 10IMG_1901.jpg

★12:05 展望も良さそうなので、何時か泊まってみたい気がする  ★12:25 段々とガスがでてきた
1IMG_1902_20151115110711100.jpg 2IMG_1903_20151115110604106.jpg

★12:45 遂に雨が降ってきた。木の下で雨宿りしていたが、雷も鳴りだしたので岩の隙間に入って、雨が止むのを待った(スコールのような雨の中を下山して行く人が何人か居た)
★登山道を雨水が川のように流れていたので、土砂が流されて道が歩きにくくなっていた
3IMG_1904.jpg 4IMG_1905.jpg

★扇沢のPはほぼ満車。(私が停めているのは、一番下の無料駐車場。上の4段は有料)
★無事下山しました  
5IMG_1906.jpg 6IMG_1908_201511151106229e2.jpg

★17:40 お米屋さんも無事に帰ってきました  
★今から三重県まで帰るらしい。朝食も用意できるので泊まりませんかと誘ったが、明日仕事があるらしい
7IMG_1909.jpg 8IMG_1911.jpg

★又、雨が降りだした  ★19:10 雨もすっかり止んで夕焼け空

9IMG_1912.jpg 10IMG_1916.jpg

お花畑
1IMG_1797_2015111511294084a.jpg 2IMG_1820_201511151129413dc.jpg


3IMG_1895.jpg 4IMG_1896_201511151129446bf.jpg

咲いていた花
1IMG_1796.jpg 2IMG_1807_20151115113047937.jpg


3IMG_1819.jpg 4IMG_1827_2015111511305079a.jpg


5IMG_1830.jpg 6IMG_1836.jpg


7IMG_1845.jpg 8IMG_1858_20151115113118565.jpg


9IMG_1875.jpg 10IMG_1884.jpg

11IMG_1890.jpg 12IMG_1891.jpg
タグ :

8/4 三ツ岳

 2015-11-14
三ツ岳(2845m)   登り=烏帽子小屋(1:30)三ツ岳  
                下り=三ツ岳(1:10)烏帽子小屋(2:50)登山口=4:00

日の出
★4:25     ★4:35
1IMG_1602_20151114192857634.jpg 2IMG_1605_20151114192859718.jpg

★5:08     ★5:11
3IMG_1648_201511141929001ab.jpg 4IMG_1656.jpg

登山
★4:50 前方に槍ヶ岳方面が見え始める  ★後方には立山方面
1IMG_1607.jpg 2IMG_1610_20151114193926774.jpg

★高瀬ダムの奥の方  ★5:05 登山道の写真が撮れるようになる
3IMG_1642.jpg 4IMG_1644.jpg

★縦走路は三ツ岳の右をトラバースするみたい  ★道が分からないので適当に登る
5IMG_1646.jpg 6IMG_1660.jpg

7IMG_1663.jpg 8IMG_1664.jpg

★同上      ★頂上がハッキリと分からないので、ここが頂上とする(違うかも?)
                      9IMG_1665.jpg 10IMG_1667.jpg

下山
★5:20 下山開始  ★尾根終点の標識
1IMG_1669_20151114194933ad4.jpg 2IMG_1673.jpg

★登山道は左に回り込んでいる  ★6:05 立山を眺めながら松ちゃんを待つ
3IMG_1674.jpg 4IMG_1686.jpg

★6:25 松ちゃんが、やっと現れた(今日は水晶岳に登るらしいが、大丈夫かなあ・・・・)  ★気持ちの良い道
5IMG_1690.jpg 6IMG_1691.jpg

★楽しい道も終わりみたい  ★ガレ場の尾根道となる
7IMG_1700.jpg 8IMG_1703.jpg

★割と大きな池がある(後方は表銀座コース)  ★三ツ岳方面の景色
9IMG_1706.jpg 10IMG_1709.jpg

★烏帽子小屋  ★7:05 朝ビール
1IMG_1714.jpg 2IMG_1715.jpg

★北アルプスを眺めながらのビールは美味しいくて幸せ! (左前が赤牛岳で中央奥は薬師岳) 
★京都の石庭みたいに掃き清められている上を踏みながら
3IMG_1719.jpg 4IMG_1718.jpg

★7:30 高瀬ダムに下ります  ★少しだけ、尾根に上がる
5IMG_1722.jpg 6IMG_1723.jpg

★9:25 本日、最初の登山者  
★11:00 登山口に到着(タクシー代を安くするために、同乗者が下山してくるのを待つ)
7IMG_1743.jpg 8IMG_1750.jpg

★標識の番号は、登山口が12で烏帽子小屋が0だった  
★11:15 3人連れの方達と御一緒さしてもらう事になった
9IMG_1753.jpg 10IMG_1754.jpg

咲いていた花
1IMG_1692.jpg 2IMG_1711.jpg

3IMG_1713.jpg 4IMG_1729.jpg

5IMG_1746_201511142043131a1.jpg 6IMG_1745.jpg
展望写真が別館にあります
タグ :

8/3 烏帽子岳

 2015-11-13
烏帽子岳(2628m)  200名山  標高差=1341m   登り(登山口より)=5:00(烏帽子小屋まで3:30)
 高瀬ダムからの登山道であるブナ立尾根は日本三大急登(黒戸・谷川岳の西黒尾根)とともに剱岳の早月尾根、燕岳の合戦尾根と同様、北アルプスの三大急登と言われている。
烏帽子岳から南沢岳の間に「四十八池」と呼ばれる、北アルプス屈指の庭園「雲上の極楽園」がある。 


★5:20 タクシー乗り場(ゲートオープンは5:30)  ★2番目のタクシーに乗る
1IMG_1408.jpg 2IMG_1409.jpg

★4人の乗合だったので500円  ★トンネルに入る
3IMG_1410_201511131148445be.jpg 4IMG_1413.jpg

★スノージェット  ★凄いロックヒルダム
5IMG_1414_2015111311484751a.jpg 6IMG_1415_201511131149027e5.jpg

★ロックヒルの中に道路が通っている(こんなのは初めて)  ★5:45 広いダム堰堤を歩く
7IMG_1416.jpg 8IMG_1419.jpg

★トンネルの中は照明が灯っている  ★吊橋を渡る
9IMG_1421.jpg 10IMG_1423.jpg

★滝が見える  ★6:15 北アルプス裏銀座登山口と書かれている
1IMG_1429.jpg 2IMG_1431.jpg

★いよいよ急登の始まり  ★鉄骨階段が無いと登れない急斜面
3IMG_1433_201511131356304c3.jpg 4IMG_1434.jpg

★標識の9は何の番号だろう?  ★唐沢岳と餓鬼岳方面
5IMG_1440.jpg 6IMG_1445.jpg

★急坂  ★9:00 三角点2209m
7IMG_1446_201511131356548cf.jpg 8IMG_1452.jpg

★タヌキ岩  ★タヌキの顔に見えなくもない
9IMG_1455.jpg 10IMG_1454.jpg

★9:25 右方の展望が開けてきた  ★後方は針ノ木と蓮華岳    
1IMG_1458.jpg 2IMG_1461.jpg

★9:50 去年、塩見岳で出会った大阪の方に偶然、又出会う(日本は狭い!)  ★10:10 前烏帽子岳が見える
3IMG_1463_2015111314033573b.jpg 4IMG_1464.jpg

★右は崩落した急斜面で  ★パノラマが望める
5IMG_1465.jpg 6IMG_1466 パノラマ写真

★10:30 烏帽子岳小屋に到着  ★今夜の寝場所
7IMG_1471.jpg 8IMG_1474.jpg

★右は野口五郎岳、左は烏帽子岳へ  
★11:25 部屋でお隣さんなった滋賀県の松ちゃんと烏帽子岳を目指す
9IMG_1478.jpg 10IMG_1479.jpg

★前烏帽子岳への道は燕岳と似ている  ★後方には三ツ岳が見える
1IMG_1481_20151113142606bd4.jpg 2IMG_1482.jpg

★サメの様な岩がある  ★前方は針ノ木方面の展望
3IMG_1483_201511131426092c9.jpg 4IMG_1484.jpg

★凄い岩峰の烏帽子岳が姿を現す(絶景に見とれる)  ★三ツ岳をバックに記念撮影
5IMG_1486.jpg 6IMG_1487.jpg

★高瀬ダムが綺麗な色をしている  ★近ずいて来ました烏帽子岳
7IMG_1489.jpg 8IMG_1493_2015111314263055d.jpg

★烏帽子岳から下山してきた大阪の彼女と松ちゃんが話している(彼女は野口五郎岳のキャンプ地へ向かうらしい。凄い!!)  ★少し形が変わってきた
9IMG_1496.jpg 10IMG_1497.jpg

★★何処から登るのだろう
1IMG_1499_20151113143949fe7.jpg 2IMG_1501.jpg

★登っている人が見える  ★烏帽子岳への取付き
3IMG_1502.jpg 4IMG_1503.jpg

★ガンバレ松ちゃん  ★松ちゃんが、クサリ場の手前で待っていると言いだした(私が先に行って、安全なので大丈夫と説得して連れて行く)
5IMG_1504.jpg 6IMG_1505.jpg

★左がピークの烏帽子岩だけど、登れないらしい  ★一応、ここが頂上になる(狭いので一人しか行けない)
7IMG_1506.jpg 8IMG_1508.jpg

★12:35 頂上  ★岩峰と三ツ岳
9IMG_1509.jpg 10IMG_1510.jpg

★右奥に見えるのは水晶岳と思う  ★その右方は、雲が懸ってピークが見えない
1IMG_1511.jpg 2IMG_1512.jpg

★私の次に、松ちゃんも頂上にトライして成功!  
★12:50 南沢岳と、これから向かう四十八池を眺めて烏帽子岳登山は終了

3IMG_1515.jpg 4IMG_1517.jpg

四十八池へ
★松ちゃんと別れて一人で四十八池へ向かう  ★一番目の池塘
1IMG_1520_20151113150950a36.jpg 2IMG_1529.jpg

★二番目の池塘  ★雲上の極楽園?
3IMG_1537.jpg 4IMG_1538.jpg

花園は終わりかけで残念
5IMG_1539.jpg 6IMG_1540_20151113151009efc.jpg


7IMG_1541_201511131510103a1.jpg 8IMG_1542.jpg

★チングルマは羽毛になっている  
★13:45 360度の展望があるらしい南沢岳へは、ここから30分で行けるが、雲で見えないと思うので中止する
9IMG_1544.jpg 10IMG_1546.jpg

★14:25 烏帽子岳ともお別れ(良い山だった)  ★白砂の道を帰る
1IMG_1577.jpg 2IMG_1579.jpg

★烏帽子小屋  ★15:00 明日は早朝出発の予定なので、登山道の散策に行く(テント場が見える)
3IMG_1588.jpg 4IMG_1589.jpg

★夕食は私の好きなメニューで美味しかった  ★19:10 今回も夕日は見られなかった
5IMG_1594_20151113151642427.jpg 6IMG_1600_20151113151653fc7.jpg

咲いていた花

1IMG_1439.jpg 2IMG_1495.jpg

3IMG_1526.jpg 4IMG_1550_201511131523030ee.jpg

5IMG_1562.jpg 6IMG_1568.jpg

7IMG_1574.jpg 8IMG_1581.jpg

9IMG_1584.jpg 10IMG_1590.jpg
タグ :

8/2 道の駅安曇野松川

 2015-11-10
今朝は北アルプスが凄くキレイに見えます(有明山の左に常念~大天井岳)
1IMG_1390 パノラマ写真

★常念岳とお月さん  ★双眼鏡を覗くと、大天井岳の左に大天荘がハッキリと分かる
2IMG_1396.jpg 3IMG_1399.jpg

★道の駅に出品している方に戴いた  ★調理しました
4IMG_1400.jpg 5IMG_1401.jpg

★今夜の酒の肴にします  ★お肉と炒めました(七倉ダムPにて)
6IMG_1402.jpg 7IMG_1406.jpg
タグ :

11/6 雨ヶ森

 2015-11-10
 今日は生憎の天気だが、登れる所まで登ることにした。

★町道樫山線は通行止め(バンガロー経由で登山口Pまで行ける)
★7:40 植林帯の隙間から紅葉が見える(もう散っていると思っていたのでラッキー)
1IMG_0655.jpg 2IMG_8049.jpg

★8:00 標高1000m地点  ★8:15 紅葉が綺麗になってきた
3IMG_8050.jpg 4IMG_8052.jpg

★★この辺がピーク
5IMG_8060.jpg 6IMG_8062.jpg

★赤色は少ないが黄葉が綺麗  ★8:35 林道分岐(標高1160m)
7IMG_8077.jpg 80IMG_8080.jpg

下山
★8:50 天気も悪いので下山する  ★目線が変わると、違った紅葉が見える
1IMG_8082.jpg 2IMG_8083.jpg

★手箱山方面  ★9:40 駐車場
3IMG_8086.jpg 4IMG_8088.jpg

★★10:20 昇龍の滝上部の紅葉が綺麗
5IMG_8090.jpg 6IMG_8092.jpg
タグ :

11/4.5 安居渓谷

 2015-11-09
4(水)
★奥の紅葉  ★背龍の滝
1IMG_0657_201511091429556a3.jpg 2IMG_0658.jpg

★公園はもうチョット先  ★公園の手前はピーク
3IMG_0659_201511091429582ff.jpg 4IMG_0662.jpg

★★遊歩道より同じ木
5IMG_0684.jpg 6IMG_0690.jpg

★★燃えるような紅葉
7IMG_0673.jpg 8IMG_0674.jpg

★今夜のお宿は安居渓谷駐車場  ★宝来荘の裏で何かチカチカと光っている
1IMG_8027_20151109143435944.jpg 2IMG_0695.jpg

★★見物に出掛ける
3IMG_0698.jpg 4IMG_0701_20151109143439e5c.jpg

★★ソーラー電池で点灯しているので、ずーと灯るTらしい(曇りでも夜の11時頃まで灯るらしい)
5IMG_0713.jpg 6IMG_0704.jpg

5(木)
★★起きた時は小糠雨が降っていたが、止んだのでPの下流へお散歩
1IMG_0716.jpg 2IMG_0717.jpg

★奥の公園付近の散策に行く  ★9:25 Pを出発
3IMG_0720_20151109144038ab1.jpg 4IMG_8034.jpg

★★遊歩道が整備されている
5IMG_8036.jpg 6IMG_8037.jpg

★渓谷沿いの遊歩道  ★後方の紅葉は公園付近と思う
7IMG_8038.jpg 8IMG_0724.jpg

★紅葉と仁淀ブルー  ★横位置で
9IMG_0731.jpg 10IMG_0732.jpg

★砂防堰堤で引き返す(こんな紅葉も好き)  ★せり割洞穴分岐
1IMG_0738_20151109144726de6.jpg 2IMG_8040.jpg

★中は真っ暗  ★天窓
3IMG_0739.jpg 4IMG_0741.jpg

★入り口の変った紅葉木  ★10:00 Pに戻って、ご飯を炊いて昼食(黒く焦げてしまった)
5IMG_0742.jpg 6IMG_8041.jpg

★12:00 飛龍の滝へ  ★岩壁の紅葉 
7IMG_8042.jpg 8IMG_8046.jpg

★★水量が少なくてイマイチ
9IMG_0743.jpg 10IMG_0751.jpg

★★14:35 青空が見えてきました
1IMG_0754.jpg 2IMG_0763.jpg

★裏の公園に上がってパノラマ撮影  
★宝来荘のマスターから田楽の差し入れがあった(暖かくて、凄く美味しかった。感謝感謝!!!)
3IMG_0758 パノラマ写真 4IMG_0764_20151109145342809.jpg
タグ :

11/4 手箱山(安居コース)

 2015-11-08
手箱山(1806m)  高知県仁淀川町   登り=2:15(手箱越まで1:40)  下り=1:55
 安居林道にある筒上・手箱山登山口からは3年前(2012.12.14日)に登った事がある。
その時は、雪道で信者さんの踏み跡を辿ったので、難なく登れた。
今日は、雪の無い時の登山道の状態を知るために出掛けることにした。

★7:20 安居林道の入口付近は綺麗な砂利道  ★7:50 大滝入口を通過
1IMG_7903.jpg 2IMG_7919_20151108074935948.jpg

★★紅葉が綺麗になってきた
3IMG_7920.jpg 4IMG_7921.jpg

★8:15 車から降りて紅葉見物  ★筒上山も見えてきた
5IMG_7923.jpg 6IMG_7925.jpg

★8:30 登山口にやっと到着(パンクが心配なのでゆっくり走ったのと、紅葉見物もしたので1:10分も掛かった)
★8:45 準備をして出発
7IMG_7926.jpg 8IMG_7927.jpg

★見覚えのある橋が見えてきた  ★前はロープが張られていたと思うが? 慎重に渡る
9IMG_7928.jpg 10IMG_7929.jpg

★少し坂を登ると平坦道に  ★紅葉がまだ綺麗
1IMG_7930_20151108080003bb2.jpg 2IMG_7931.jpg

★★桟橋を歩く
3IMG_7933.jpg 4IMG_7935_201511080800079e6.jpg

★1ヶ所、桟橋が落ち込んだ所があった  ★小滝もある沢沿いの道が続く
5IMG_7936.jpg 6IMG_7938.jpg

★平坦な道を気持ち良く歩く  ★第2橋
7IMG_7939.jpg 8IMG_7940.jpg

★道が無くなり、感を頼りに登ったが、テープがあってホットする  ★短いZ道の急坂
9IMG_7941.jpg 10IMG_7942.jpg

★第3橋は丈夫な鉄骨  ★平坦道から少し登ると
1IMG_7943.jpg 2IMG_7944.jpg

★大きな岩屋が現れる  ★9:50 ようやく植林帯を抜けた
3IMG_7946.jpg 4IMG_7953_20151108080852609.jpg

★10:00 良い休憩場所を探しながら登ったが、なかなか見つからない  ★冬モードの木などを見ながらビールタイム
5IMG_7955.jpg 6IMG_7956.jpg

★長くて緩いZ道になって来た(もっと急で短くして欲しい・・・)  ★岩塔の下を行く(笹が道を覆う場所がある)
7IMG_7957.jpg 8IMG_7958_20151108080913e6f.jpg

★岩塔とマユミのピンクが綺麗  ★10:40 手箱越え
9IMG_7959.jpg 10IMG_7965.jpg

★先月も来た広場  ★鳥居を潜って手箱山へ
1IMG_7967.jpg 2IMG_7970.jpg

★振り返ると筒上山が聳えている  ★天空の尾根道
3IMG_7972_20151108081940982.jpg 4IMG_7975.jpg

★雨ヶ森が指呼に  ★椿山尾根の奥に中津明神山が見える  
5IMG_7976.jpg 6IMG_7977_20151108082001894.jpg

★天空尾根は早や終わり? ★又、尾根道に出た
7IMG_7981.jpg 8IMG_7982.jpg

★前のピークを越えるの?  ★巻いて行く
9IMG_7983_201511080820066f0.jpg 10IMG_7985.jpg

★回り込むと頂上方面が見えるが、まだまだ先でガックリ!  ★左を巻く
1IMG_7986.jpg 2IMG_7987.jpg

★このピークも巻く  ★11:15 やっと頂上(手箱尾根は、思っていたより時間が掛かった)
3IMG_7991_20151108082808f87.jpg 4IMG_7992.jpg

頂上展望
頂上からのパノラマ
1IMG_0625 パノラマ写真

南の笹原に出ると大パノラマが広がる
2IMG_0630 パノラマ写真

3IMG_0639 パノラマ写真

前に黒森山、後方に虚空蔵山・蟠蛇山のアンテナが見える
4IMG_0654.jpg

土佐湾と高知市街と思うが? 前方の三角山は雪光山(国見山)
5IMG_0649.jpg
 遠くの山を同定したくて、山座同定用の地図と磁石と双眼鏡も用意してきたけど、霞んで見えなかった。

下山
★良い景色の  ★天空尾根ともお別れ
1_20151108085019954.jpg 2IMG_8001_20151108085021a37.jpg

★白い鳥居が2つ  ★フシグロセンノウの残り花がチラホラと
3IMG_8006.jpg 4IMG_8008.jpg

★第1橋が見えてきた  ★14:10 登山口(路肩に3台くらいは停めれそう)
5IMG_8013_20151108085025597.jpg 6IMG_8014_20151108085039f1d.jpg

★14:15 紅葉を見ながらダート道をゆっくり走る  ★14:45
7IMG_8016.jpg 8MG_8021.jpg

★14:55 舗装道路に着いてホット一息(ダート道は神経を使う・・・)  ★ダート走行は7.9kmだった

9IMG_8026_20151108085043bbb.jpg 10IMG_8024.jpg
タグ :

7/31 大天井岳

 2015-11-03
大天井岳(おてんしょう)2922m  200名山  標高差=1467m  登り=7:20  下り=5:20
 去年は、燕山荘で雨が降り出して宿泊し、次の日は霧雨の中を下山した。
今日は、そのリベンジにやってきた。
泊まってもダメだったので、今回は天気の良い日にピストンすることにした。一応、泊まれる準備もして出発する。


前日
★燕岳は超人気の山なので、Pを確保するのが大変(特等席に停められて、第一難関を突破)
★ここで、2泊する積りなので氷は十分に用意してきた
1IMG_1169_20151103080616352.jpg 2IMG_1171.jpg

★去年の早朝に落輪した場所を見に行く(コンクリートや石が無いので、車に傷が付かなかった)
★18:00 晩酌も終わって、寝る準備に取り掛かります(明日は早朝出発の予定)
3IMG_1176_20151103080619c16.jpg 4IMG_1181.jpg

登山
★2:45 登山口のトイレの明かり(デジカメを忘れて、取に帰ったので20分のロス)
★5:15 朝日が出てきて写真を撮れるようになった
1IMG_1182.jpg 2IMG_1184.jpg

★5:45 目指す大天井岳が見えてきた  ★6:05 中房から4.2km地点(槍も見えてきた)
3IMG_1187.jpg 4IMG_1191.jpg

★後方には有明山が雲に浮かんでいる  ★今日は、この稜線を歩きます
5IMG_1194.jpg 6IMG_1196.jpg

★7:10 燕山荘は、何時も人がいっぱい  ★快晴で素晴らしい展望
7IMG_1205.jpg 8IMG_1206 パノラマ写真

★7:20 大天井岳に向けて出発します  ★コマクサが朝日に照らされている
9IMG_1212.jpg 10IMG_1216.jpg

★なだらかな道をルンルン気分  ★岩塔が見えてきた
1IMG_1231.jpg 2IMG_1234_20151103083242d70.jpg

★結構な巨岩  ★岩の間の道
3IMG_1236.jpg 4IMG_1240_20151103083245491.jpg

★★8:00 カエル岩
5IMG_1241.jpg 6IMG_1242.jpg

★登山道には、こちらに向かってくる人が多く見える(何処を出発して来たのだろう)
★ネットには「稜線漫歩」と書かれていたが
7IMG_1244.jpg 8IMG_1245.jpg

★横道ばかり  ★左(南面)の横道に変わった
9IMG_1248.jpg 10IMG_1251.jpg

★稜線に出ると沢山の人が見える  ★8:15 大下りの頭(槍を見ながら休憩)
1IMG_1253.jpg 2IMG_1254_20151103084217b98.jpg

★滑る急坂下り  ★大下りを振り返る
3IMG_1256.jpg 4IMG_1259.jpg

★8:45 左の横道になり、日差しが強く風も無いので、凄く暑い  ★正面に大岩が立塞がる
5IMG_1261_201511030842215e7.jpg 6IMG_1267_2015110308423468a.jpg

★岩の手前を登る  ★滑りそうな白砂の道
7IMG_1269.jpg 8IMG_1270.jpg

★9:10 左の横道に変わると涼しい  ★このコブを乗り越えるのだろうか
9IMG_1272.jpg 10IMG_1274.jpg

★左を巻いてくれて良かった  ★岩山の下を行く
1IMG_1275_2015110308501998c.jpg 2IMG_1276_20151103085021952.jpg

★★このコブも右をトラバースしてくれる
3IMG_1277.jpg 4IMG_1279.jpg

★大天井岳が近づいてきた  ★下り坂
5IMG_1280.jpg 6IMG_1285.jpg

★コルに下りてハシゴを登る  ★10:00 小林喜作のレリーフ
7IMG_1291.jpg 8IMG_1292.jpg

★じゃかごの横道  ★ガレ場
9IMG_1294.jpg 10IMG_1295.jpg

★10:10 常念岳分岐(直進は槍ヶ岳)  ★絵になる景色
1IMG_1296.jpg 2IMG_1298.jpg

★ゆるやかなガレ場(先に急坂が見えている)  ★10:35 大天荘
3IMG_1304.jpg 4IMG_1305_20151103085712e4f.jpg

★頂上が目の前に  ★最後のガレ場は道がハッキリしない
5IMG_1306.jpg 6IMG_1307.jpg

★★次のピークが頂上?
7IMG_1310.jpg 8IMG_1311.jpg

★10:45 やっと頂上に着きました  ★槍ヶ岳を正面に見ながら休憩

9IMG_1312.jpg 10IMG_1336.jpg

下山
★11:15 十分に展望を楽しみました  ★大天荘前の広場
1IMG_1356.jpg 2IMG_1357.jpg

★先ずはビールを買いに行く  ★11:40 ほろ酔い気分で下山開始
3IMG_1359.jpg 4IMG_1360.jpg

★大天井岳のトラバース道  ★コルに下りて登り返す
5IMG_1362.jpg 6IMG_1365.jpg

★クモマスミレ(岩地に生える。花の裏は紅紫色)  ★大下りの登り坂が待っています
7IMG_1370.jpg 8IMG_1374.jpg

★大下りの頭(白砂に太陽が反射して超暑い)  
★15:00 燕山荘への最後の登り坂が見える(暑くて暑くてバテバテ)
9IMG_1376.jpg 10IMG_1378.jpg
  ※ もう、写真を撮る気力も無くなり、以降の画像は有りません(18:25分、無事に車に戻りました)
展望写真が別館に有ります
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫