10/30 戸中山&にこ淵

 2018-10-31
★7:00 にこ淵に新しい標識が立ち、立入禁止が解除されている  ★7:50 東滝Pを出発
1IMG_8861.jpg 2IMG_8868.jpg

★道にチョット草が生えている  ★倒木を誰も通過した形跡がない
3IMG_8871_20181031070018765.jpg 4IMG_8873_201810310700196b3.jpg

森林公園の紅葉はまだ先
5IMG_8874_20181031070021429.jpg 6IMG_8875_20181031070022602.jpg

★頂上は散りかけている  ★9:20 尾根筋は終わったみたい(石鎚は雲の中)
7IMG_8876_20181031070023332.jpg 8IMG_8878_20181031070025873.jpg

★1年でこんなにも伸びている  ★13:00 東滝の紅葉もまだ先
9IMG_8879.jpg 10IMG_8909_201810310700280bd.jpg

紅葉
11IMG_8885.jpg 12IMG_8886.jpg

13IMG_8892.jpg 14IMG_8894.jpg

15IMG_8895.jpg 16IMG_8898.jpg

にこ淵
★立派な階段が出来て  ★誰でも見られるようになった
17IMG_8912.jpg 18IMG_8913.jpg
写真館へ続く
スポンサーサイト



タグ :

9/6 瓜割の滝他

 2018-10-21
国道29号線で標識を見つけた。Uターンして見物に行く。

★名水公園の案内図があった  ★6:30 水汲み場は、早朝なのに沢山の人
1IMG_6403_201810211547039b9.jpg 2IMG_6404.jpg

先ずは瓜割の滝へ
3IMG_6405.jpg 4IMG_6412.jpg

これが滝と言えるかどうだか?
5IMG_6413.jpg 6IMG_6414_20181021154710020.jpg

★石仏四国八十八ヶ所がある  ★階段を上り詰めるとお堂があり
7IMG_6417.jpg 8IMG_6423.jpg

お堂の周りに石仏が並んでいる
9IMG_6419_201810211547140bf.jpg 10IMG_6420.jpg

それぞれお顔が違う
11IMG_6421.jpg 12IMG_6422.jpg

庭園を散歩
13IMG_6407.jpg 14IMG_6409.jpg

15IMG_6408.jpg 16IMG_6411.jpg

舞鶴港に海王丸だ停泊していた

17IMG_6431.jpg 18IMG_6432.jpg

19IMG_6434.jpg 20IMG_6437.jpg
タグ :

9/5 八ツ淵の滝

 2018-10-20
八ツ淵の全てを含めて100名瀑になっている    登り=1:10
 武奈ヶ岳に登る予定だったが、昨日の台風は雨、風共に凄かったので多分ダメだと思うが、行ける所まででも良いので登る事にした。

入口はガリバー青少年旅行村にある
1IMG_6336_2018102005524869c.jpg 2IMG_6337.jpg

★城内整備協力費の名目で駐車料金を取られる  ★先ずは林道歩きから
3IMG_6339_20181020055251d6e.jpg 4IMG_6345.jpg

★林道終点  ★案内図
5IMG_6348_20181020055254be2.jpg 6IMG_6349.jpg

★台風のため小枝がいっぱい落ちている  ★少し開けた所にに出る
7IMG_6352.jpg 8IMG_6355.jpg

★琵琶湖が見える  ★チョット緊張する横道
9IMG_8799.jpg 10IMG_6357.jpg

★右手に武奈ヶ岳が見える  ★ここの横道はロープが懸けられている
11IMG_6358.jpg 12IMG_6359.jpg

★初心者は川を渡ってと、書かれているが  ★この丸太では滑りそうで、もっと危ないと思いますが・・・・
13IMG_6366.jpg 14IMG_6367.jpg

★直進してクサリ場へ  ★大擂鉢
15IMG_6369.jpg 16IMG_6373.jpg

★又、クサリ場  ★大擂鉢の上部
17IMG_6374.jpg 18IMG_6375.jpg

★小擂鉢?   ★フック場を登る
19IMG_8791.jpg 20IMG_6382.jpg

★このボルトは掴んで登るための物  ★滝が見えてきました
1IMG_6383.jpg 2IMG_6384_2018102006070233d.jpg

本日初めての滝(屏風ヶ淵)
3IMG_6385.jpg 4IMG_8787.jpg

★今度は長いクサリ場  ★素晴らしい滝が現れました(落差30mの貴船の淵)
5IMG_6388.jpg 6IMG_6389_201810200607082f3.jpg

★滝壺  ★下にも大きな滝壺がある
7IMG_6390.jpg 8IMG_6392.jpg

★武奈ヶ岳へは、滝壺まで下りて  ★この鎖を伝って渡らないといけない(今日は水量が多いので無理)
9IMG_6394_2018102006071200f.jpg 10IMG_6395.jpg
写真館へ続く


帰り道
★途中に分岐があった魚止滝、障子ヶ滝へ向かう  ★道は明瞭なので川までは下りれた
1IMG_8800_20181020171040921.jpg 2IMG_8801_20181020171042a4f.jpg

★上流に向かう  ★道は完全に無くなった
3IMG_8802.jpg 4IMG_8803.jpg

★魚止の淵  ★障子ヶ淵へは川を渡らないといけない。鎖はあるが、途中で切れている
5IMG_8804.jpg 6IMG_8805.jpg

道の駅
★道の駅あどがわ  ★今日も無事に終わりました
7IMG_6397.jpg 8IMG_6398.jpg

★道の駅にあるローソンでソフトクリームを売っている  
★皆さんが美味しそうに食べていたので買ってみたがイマイチ

9IMG_6399.jpg 10IMG_6400.jpg
タグ :

9/4 台風21号待避

 2018-10-19
猛烈な台風が直撃するらいしので、道の駅あどがわに避難した。

★北面  ★東
1IMG_6328.jpg 2IMG_6330.jpg

★南  ★西
3IMG_6329.jpg 4IMG_6331.jpg

吹き飛んできた木の葉が車に一杯付く
5IMG_6333_20181019054314ae0.jpg
台風の中心が少し左側を通過していった。これは一番悪いパターンで、風向きが北から東、南と変わっていく。
南からの風が一番強烈だった。
車がユラユラ揺れて今にも倒れそうだった。子供の頃から台風は何度も経験しているが、今回が一番怖かった。
タグ :

9/3 琵琶湖

 2018-10-18
★5:40 一年振りの琵琶湖にやってきました  
★去年は湖岸道路(県道25号)を走ったので、今日は内陸部を通ってみる(チョット北海道気分が味わえる)
1IMG_6304_201810180721368a8.jpg 2IMG_6305.jpg


3IMG_6306_20181018072139ffb.jpg 4IMG_6307.jpg

伊庭内湖(素晴らしい景観)
5IMG_8737 パノラマ写真 6IMG_8741_201810180721440b8.jpg

水草に花が咲いている
7IMG_6309.jpg 8IMG_6312.jpg

西の湖は大きい
9IMG_6316 パノラマ写真

長命寺
加藤登紀子さんが歌っている「琵琶湖周航の歌」に出てくる長命寺がどんなお寺か興味があった。
★7:10 狭い道路を上がって行く  ★駐車場着
1IMG_6321.jpg 2IMG_8742_2018101807330976e.jpg

開門は8時からだった。西国33ヶ寺巡りをしている愛媛県の方が話し掛けてくれて、一緒に出発
3IMG_8747.jpg 4IMG_8748_20181018073312bb6.jpg

凄く立派なお寺でビックリ!!!
5IMG_8749.jpg 6IMG_8750.jpg

7IMG_8761.jpg 8IMG_8759.jpg

9IMG_8756.jpg 10IMG_8757.jpg

★同  ★本堂の他にも立派な建物が多い
11IMG_8755.jpg 12IMG_8754.jpg

三重の塔
13IMG_8763.jpg 14IMG_8767.jpg

琵琶湖畔
まだ走っていない湖岸道路(県道559号)をドライブ
★広い駐車場があった  ★水辺までは直ぐ
15IMG_6322.jpg 16IMG_6323.jpg


17IMG_6324.jpg 18IMG_6325.jpg

19IMG_6326.jpg 20IMG_6327.jpg
滋賀県に来ると関西圏に入ったという気がする。皆が話掛けてくれる。
高知ナンバーを見て「台風21号が直撃しそうなので気を付けて」と心配してくれる人も居る。
タグ :

9/1.2 道の駅信州平谷

 2018-10-17
9/1 18:00今日は信州最後の夜となる。道の駅で知り合った方達と宴会。明りを灯して夜遅くまで続く
0IMG_6298.jpg

★9/2 8:00左から小木さん、両加藤さんで皆、名古屋の方  ★車の中を見せてもらう
1IMG_6299.jpg 2IMG_6301_20181017054133a77.jpg

★音響装置が本格的で良い音が出る  
★愛西市の加藤さんは、名古屋ファミリーキャンピングクラブの事務局長さんで、この道のプロみたいな方

3IMG_6302.jpg 4IMG_6303.jpg
タグ :

8/29 川俣川渓谷

 2018-10-16
山梨県北杜市清里

★駐車場にある案内図  ★所々に通行禁止の☓印が付いている
1IMG_6220 (1) 2IMG_6220 (2)

★8:30 駐車場の隅にある渓谷入口  ★赤鉄橋が見える
3IMG_6220 (3) 4IMG_6270.jpg

きれいな遊歩道
5IMG_6223_201810160505332ce.jpg 6IMG_6224.jpg

★同  ★吐竜の滝方面へ
7IMG_6225.jpg 8IMG_6226.jpg

一変して道が悪くなる
9IMG_6227.jpg 10IMG_6228.jpg

★岩屋の横を通って  ★岩の間を抜けると
11IMG_6232.jpg 12IMG_6236.jpg

★渓谷沿いの道になる  ★橋が見えてきました
13IMG_6237.jpg 14IMG_6238.jpg

★案内図にあった☓印の赤鉄橋へ行く橋  ★天狗岩  
15IMG_6239.jpg 16IMG_6244.jpg

★何が天狗なのか分からない  ★急な木段を登る
17IMG_6246.jpg 18IMG_6247.jpg

★道が不明瞭になってきた  ★小滝(乙女滝?)

19IMG_6248.jpg 20IMG_6252.jpg

こんな所でレンゲショウマに会えるとは、得をしたような気分!!(純白の花を見るのは初めてかも)
1IMG_6254.jpg 2IMG_8728.jpg

★黄金の砦(何が?)  ★遂に通行禁止のロープが現れる
3IMG_6258.jpg 4IMG_6261.jpg

★橋は普通に渡れるのに・・・・・?  ★行者の滝(橋の上より)
5IMG_6263.jpg 6IMG_6265.jpg
まだ先に進めると思うが、あまり良い所が無いみたいなので、ここまでとした。
タグ :

8/27 ビーナスライン

 2018-10-15
今日は移動する積りだったが、あまりにも天気が良いので車山へ景色を見に行くことにした。
ビーナスライン
★8:10 雲一つ無い最高の天気  ★ビーナスラインも快適に走れる
1IMG_6177_201810150439163f7.jpg 2IMG_6178_20181015043918f4c.jpg

★同  ★富士山が見えている
3IMG_6179_20181015043919e30.jpg 4IMG_6180.jpg

富士見台の山名板(山の形が全然違う)
5IMG_6181_20181015043922fc9.jpg 6IMG_6182_20181015043924515.jpg

大パノラマ
0IMG_8712 パノラマ写真

★八ヶ岳連峰と富士山  ★リフト乗り場にあった山名板(これは形も合っている)
1IMG_8710.jpg 2IMG_6197.jpg

★富士山と南アルプス  ★富士山
3IMG_8719.jpg 4IMG_8717_201810150444413ad.jpg

★南アルプスをズーム  ★山名板
5IMG_8722_201810150444434e9.jpg 6IMG_6196.jpg

★中央アルプス  ★北アルプスは雲が懸っている。双眼鏡で見ると槍ヶ岳などが確認できる(中央に槍ヶ岳)
7IMG_8721_20181015044446a75.jpg 8IMG_8726.jpg
北アルプスが見えないので車山に登るのは中止した。

車山スカイプラザ
今までに何回も通ったが、まだ立ち寄ったことはない。
今日はタップリと時間があるので見学することにした。

★駐車場には交通整理員がいて車を誘導している(ほぼ満車)  ★リフト乗り場
1IMG_6191.jpg 2IMG_6192.jpg

★北アルプスの山名板  ★池の周辺にはテーブルがあり休憩場所になっている
3IMG_6195.jpg 4IMG_6194.jpg

ビジターセンター

5IMG_6183.jpg 6IMG_6186.jpg

7IMG_6188.jpg 8IMG_6190.jpg
タグ :

8/26 白樺湖2

 2018-10-14
★15:50 キャンピングカーのオンパレード  ★17:20 景色を眺めながら 
1IMG_6151_20181014052348223.jpg 2IMG_6155_20181014052349a86.jpg

★同  ★湖畔のベンチで、芋焼酎と柿ピーで二次会
3IMG_6154_20181014052351236.jpg 4IMG_6153.jpg

カモの親子が訪ねてくれた
5IMG_6156.jpg 6IMG_6161.jpg

★同  ★逆さ霧ヶ峰高原(左端が車山)
7IMG_6158.jpg 8IMG_6166 パノラマ写真

★車山  ★超人気のホテル(昨日天気が良ければ満室だったかも?)

9IMG_8702.jpg 10IMG_8708_20181014052401240.jpg
タグ :

8/26 蓼科山

 2018-10-13
登り=2:00

★5:10 早朝なのに駐車場は満杯  ★女神湖は見えているが、山の方は雲が懸っている
1IMG_6145_20181013052704029.jpg 2IMG_8678.jpg

★頂上方面は上天気  ★急坂を山ガールが登っている
3IMG_8682.jpg 4IMG_8683.jpg

★雲が大分取れてきたみたい  ★頂上は賑やかそう
5IMG_8685.jpg 6IMG_8701.jpg

★浅間山方面パノラマ  ★左は南八ヶ岳、右方の北アルプスは見えません
7IMG_8688 パノラマ写真 8IMG_8692 パノラマ写真

★浅間山  ★南八ヶ岳連峰
9IMG_8699.jpg 10IMG_8697.jpg

下山
★今日は夏休み最後の日曜日なので登山者が多いのかも  ★子供たちも多い
11IMG_6146.jpg 12IMG_6147.jpg

★一番の年少さんは8才  ★登山口の鳥居

13IMG_6148.jpg 14IMG_6150.jpg
タグ :

8/25 白樺湖

 2018-10-12
別荘見学
去年、白樺湖の駐車場で知り合った三重県の方の別荘を見せてもらいました。

姫木平別荘地は、白樺湖から車で10分くらいの所にある
1IMG_6109_20181012002956ad3.jpg 2IMG_6108.jpg

★外観  ★居間からロフトを見上げる
3IMG_6100.jpg 4IMG_6105.jpg

★展望テラス室  ★部屋は趣味のステンドグラスで飾られている
5IMG_6104.jpg 6IMG_6101_201810120030031bf.jpg


7IMG_6103.jpg 8IMG_6102.jpg

ローソン
白樺湖の入口にあるローソンが改築されて、凄い建物になっていた
1IMG_6118.jpg 2IMG_6110.jpg

★階段を上がると  ★屋上が展望所になっている
3IMG_6119_20181012003531c7a.jpg 4IMG_6121_201810120035334ce.jpg

展望
5IMG_6122_201810120035343d4.jpg 6IMG_6123.jpg

★白樺湖脇の大きな池  ★黄色い花が咲いている
7IMG_6111.jpg 8IMG_6113.jpg

遊歩道で湖畔まで行ける
9IMG_6117.jpg 10IMG_6116.jpg
付近の駐車場は、何処も有料なので助かる。

白樺湖車中泊場所
車は多くて一等地には停めれなかったが、離れた場所でロケーションの良い所を見つけた
1IMG_6125.jpg 2IMG_6126.jpg

★カヌー  ★その他、色々な乗り物がやってくる
3IMG_6128.jpg 4IMG_6129.jpg


5IMG_6131.jpg 6IMG_6134.jpg

18:00 蓼科山を覆う様に雲が懸っている
7IMG_6141_201810120045226d1.jpg 8IMG_6143_201810120045243f0.jpg

★18:20 凄い夕焼けになった。まるで山が噴火しているみたい  ★湖面の方の夕焼けはダメだった
9IMG_6144_20181012004525d62.jpg 10IMG_8673.jpg
写真館へ続く
タグ :

8/22 諏訪湖2

 2018-10-11
★5:30 諏訪湖一周16km  ★4km毎に区切られている
1IMG_6030.jpg 2IMG_6031.jpg

★5:50 大分奥の方に来ました  ★振り向けば朝日
3IMG_6041.jpg 4IMG_6043.jpg

カモの親子も散歩中
5IMG_6049.jpg 6IMG_6050.jpg

★公園の案内図  ★赤い実がキレイ
7IMG_6054.jpg 8IMG_6055.jpg

★広い芝生  ★本日の目的地の釜口水門(3kmの歩き)
9IMG_6057.jpg 10IMG_6063.jpg

★同  ★水門より諏訪湖を望む
11IMG_6062.jpg 12IMG_6066.jpg

★反対側には高速道路が見える  ★この水門で水位の調節をしているみたい
13IMG_6065.jpg 14IMG_6071.jpg

夕方(駐車場にて)
まさか富士山が見えるとは
15IMG_8661.jpg 16IMG_8662.jpg

★ズーム  ★夕焼けとイルミネーション

17IMG_6081.jpg 18IMG_6086.jpg
タグ :

8/21 諏訪湖

 2018-10-10
★8:30 今年は、大駐車場で車中泊することにした  ★駐車場周辺
1IMG_6011.jpg 2IMG_6014_201810100637034d9.jpg


3IMG_6016.jpg 4IMG_6017.jpg

★夜は、毎日花火が見られる(20:30分から15分間)
★隣の敷地では「しもすわサマーイルミネーション2018」が開催されている

5IMG_8646_201810100637073f5.jpg 6IMG_8660_20181010063708884.jpg


7IMG_8648.jpg 8IMG_8651.jpg

9IMG_8652.jpg 10IMG_8653.jpg

11IMG_8656_20181010063716eb2.jpg 12IMG_8657.jpg

13IMG_8658.jpg 14IMG_8659.jpg
タグ :

8/19 唐松岳2

 2018-10-09
登り=4:00   下り=3:30

★4:50  黒菱駐車場を出発  ★今日は綺麗に朝焼けしそう
1IMG_5891.jpg 2IMG_5892_20181009094911105.jpg

★5:15 黒菱平雲海デッキ(1680m)  ★日の出
3IMG_5905.jpg 4IMG_5908.jpg

★白馬鑓ヶ岳も赤く染まる  ★5:50 リフト駅と山荘(後方の尾根は、これから登る八方尾根)
5IMG_5913_20181009094916a4e.jpg 6IMG_5917.jpg

★6:00 左に行けば、木道の遊歩道で、直進は八方尾根  ★尾根道
7IMG_5921.jpg 8IMG_5922.jpg

★カール状になっている  ★振り返ると、北信の山とリフト駅が見えて、良い景色
9IMG_5923.jpg 10IMG_5924.jpg

★右方には八ヶ岳連峰~南アルプスも見える  ★雨飾山の左に見えるのは、日本海?
11IMG_5926.jpg 12IMG_5927.jpg

6:15 木段になってきた
13IMG_5936.jpg 14IMG_5937.jpg

★遠見尾根と五竜岳。後方には爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳  
★6:25 ケルンと三角点がある(八方山?)1973.8m(若者4人グループが登ってきて、しばし山談義)
15IMG_5939.jpg 16IMG_5943.jpg

★道は水平になって  ★6:40 トイレの横に出て、初めての尾根歩きは終了

17IMG_5944.jpg 18IMG_5945.jpg

★白馬三山の後ろに、放射状の雲が出て素晴らしい景色  ★パノラマ(雨飾山~中央アルプス)
1IMG_5950.jpg 2IMG_5959 パノラマ写真

★八ヶ岳連峰の右に富士山  ★中央アルプス
3IMG_5965.jpg 4IMG_5954.jpg

★雨飾山~飯縄山(普段は雲海の上に頂上付近しか見えないが、下から見えて近くに感じる)
★鹿島槍ヶ岳、五竜岳も近い感じ
5IMG_5966.jpg 6IMG_5970.jpg

★扇雪渓の雪も大分、融けている  ★お盆も終わったのにまだ人が多い
7IMG_5972.jpg 8IMG_5973.jpg

★同(丸山ケルン)  ★唐松岳が近くなってきました
9IMG_5974.jpg 10IMG_5976.jpg

★車中泊しているサンサンパーク白馬もクッキリと  ★今日は頑張って頂上まで行きます
11IMG_5977.jpg 12IMG_5982.jpg


13IMG_5985.jpg 14IMG_5987.jpg

★頂上パノラマ  ★槍ヶ岳
15IMG_5990 パノラマ写真 16IMG_5994.jpg

殆ど若者
17IMG_5996.jpg 18IMG_5997.jpg

下山
★左のピーク(前唐松岳)に向かう  ★ここも人がいっぱい
1IMG_5998.jpg 2IMG_5999.jpg

★タムラソウ(この時期になると、花は殆ど無い)  ★石垣の窪地に花が咲いている
3IMG_6003_201810091041151c1.jpg 4IMG_6004.jpg

★ヤナギランだった(自然の物では無いと思う?)  ★北信の山並も見えなくなりました
5IMG_6006.jpg 6IMG_6007.jpg

咲いていた花
7IMG_5902.jpg 8IMG_5918.jpg

9IMG_5946.jpg 10IMG_5978_20181009104126a95.jpg

11IMG_6001.jpg 12IMG_6002.jpg
別館へ続く
タグ :

8/17..・18 白馬村へ

 2018-10-08
5日間の山籠もりを無事に終わって、平地に下ります。

8/17 
★6:30 虹が迎えてくれました(道の駅やまのうちにて)  
★広い駐車場は、ガラガラなのに、こんなにくっ付いてこなくても良いのに・・・・・チョット視界の邪魔なんですけど(サンサンパーク白馬にて)
1IMG_5878.jpg 2IMG_5881_20181008030412b54.jpg

8/18
5:30 今日は松川で2度目の洗濯です
3IMG_5882.jpg 4IMG_5884.jpg

★五竜岳  ★白馬鑓ヶ岳
5IMG_5883.jpg 6IMG_5885_20181008030418263.jpg

★白馬岳  ★サンサンパーク白馬

7IMG_5887_20181008030419543.jpg 8IMG_5889_2018100803042116d.jpg
タグ :

8/16 奥志賀渓谷

 2018-10-07
★12:40 左に行けば大滝だが去年見たので、今日は右へ  ★整備された遊歩道
1IMG_5847.jpg 2IMG_5848.jpg

三段滝
★凄い滝が見えてきた  ★高度に依って違う滝に見える(展望所より)
3IMG_5872_20181007131236405.jpg 4IMG_5850.jpg

★上部をズーム  ★滝壺も良い感じ
5IMG_5851.jpg 6IMG_5852_20181007131241212.jpg

★途中に小さな滝壺が見える  ★これ又、見事!
7IMG_5855.jpg 8IMG_5856.jpg

ハーモニカの滝
★13:00 綺麗な滑を見ながら進むと、幅が広い滝が現れる  ★ズーム
9IMG_5860.jpg 10IMG_5861.jpg

★木に隠れているが  ★まだ、右へ続いている
11IMG_5867.jpg 12IMG_5864.jpg
遊歩道は、まだ続くが雨が降りだしたので、引き返す。
タグ :

8/16 北ドブ湿原

 2018-10-06
去年、カヤの平には来たが時間がなくて散策できなかった
1IMG_5845_201810060249430dd.jpg 2IMG_5846.jpg

白樺(しらかば)だと思っていたが、正式にはシラカンバ?
3IMG_5833_20181006024946673.jpg 4IMG_5832.jpg

★同  ★湿原まで35分の歩き
5IMG_5835.jpg 6IMG_5839.jpg

今の時季は花が少ないみたい

7IMG_5842.jpg 8IMG_5843.jpg

9IMG_5836.jpg 10IMG_5844.jpg
タグ :

8/16 高標山

 2018-10-05
高標山(たかっぴょうやま)1747m   登り=1:15  下り=1:10
 去年、秋山郷に行った時志賀高原へ向かう途中で立ち寄ったカヤの平高原で高標山知った。
帰って調べたら、簡単に登れて、素晴らしい展望の山だと言うことなので、登ることにした。


★7:30 林道ゲートの手前に駐車スペースがある(奥志賀高原から20kmくらい)  ★林道歩き
1IMG_5789_201810050429531bc.jpg 2IMG_5790_20181005042956413.jpg

★7:45 左側に登山道入り口の標識がある  ★思っていたよりも良い道
3IMG_5791.jpg 4IMG_5792.jpg

★同  ★気持ちの良い道
5IMG_5793.jpg 6IMG_5796.jpg

★ダケカンバ林がキレイ  ★唯一の標識
7IMG_5797.jpg 8IMG_5798.jpg

★水平道がしばらく続く  ★今にも雨が降りそうになってきたので急ぐ(登りで雨具を着けるのは嫌なので)
9IMG_5799.jpg 10IMG_5801.jpg

★笹を掻き分けて必死で登る  ★急坂を登ると
11IMG_5802.jpg 12IMG_5804.jpg

★雨が降り出す前に頂上に着いてホットする  ★三角点
13IMG_5820.jpg 14IMG_5808_201810050430137bd.jpg

頂上展望
パノラマ 1 (右の大きな山が、昨日登った焼額山、左は昔に登った岩菅山)
1IMG_5809 パノラマ写真

パノラマ 2 (中央の独立峰が今回旅で登った高社山)
2IMG_5813 パノラマ写真

★中央に千曲川が流れて、左側が山ノ内町、小布施町、須坂市で右の広い市街地は長野市
★千曲川をズーム
3IMG_5817_20181005045250c4a.jpg 4IMG_5818_20181005045252dee.jpg

★高社山  ★車中泊中の奥志賀高原も見える
5IMG_5823.jpg 6IMG_5816_20181005045254bca.jpg

ネット拝借画像
高社山の左に北アルプス、右に北信の山
7アルプス北信州

★穂高連峰~槍ヶ岳  ★北信の山

8tmp_imgresize.jpg 9DSCF5885.jpg
タグ :

10/3 工石山

 2018-10-04
久し振りの登山なので、先ずは工石山から足慣らしにお出掛け。

長い間、続いていた災害工事のため、進入禁止だった、お気に入りの場所で休憩出来るようになった
1IMG_8834.jpg 2IMG_8835.jpg

★定位置に車を停めて出発  ★ススキと鱗雲
3IMG_8836.jpg 4IMG_8837.jpg

★白鷲岩(雲海と四国山脈)  ★石鎚山
5IMG_8843 パノラマ写真 6IMG_8848_201810040451185f7.jpg

★北の頂(木が伸びて展望が、年々悪くなる)  ★風の谷(霞む土佐湾)
7IMG_8857.jpg 8IMG_8860.jpg

咲いていた花

1IMG_8838.jpg 2IMG_8839.jpg

3IMG_8841_201810040456138c1.jpg 4IMG_8859_20181004045615f9d.jpg

5IMG_8852.jpg 6IMG_8854_20181004045617c50.jpg
タグ :

8/15 焼額山

 2018-10-03
焼額山(やけびたいやま)2009m   登り=2:00(道迷い含む)  下り=1:20

道の駅にあったトレッキングマップに「山頂には美しい稚児池と高山植物の楽園が広まります」と書かれていた。
簡単なマップしか載っていないが、山頂から奥志賀高原への下りが60分らしいので軽い気持ちで出発する。

★4:50 朝焼け  ★5:40 登山口は駐車場の左奥にある
1IMG_5668.jpg 2IMG_5669.jpg

★5:40 日の出  ★作業道沿いに「りんどうの丘」がある
3IMG_5670.jpg 4IMG_5678_20181003054233823.jpg

コオニユリ(リンドウはまだみたい)
5IMG_5679.jpg 6IMG_5681.jpg

★リフトの下を通って  ★リフト終点地
7IMG_5694.jpg 8IMG_5699.jpg

★その上に別のリフト駅がある  ★コンクリート舗装の作業道を歩く
9IMG_5701.jpg 10IMG_5702.jpg

★リフトが何本もある(スキー用だがゲレンデの勾配別に造られているみたい)  ★7:20 やっと山道になった
11IMG_5714.jpg 12IMG_5723.jpg

★7:30 前方に山並みが見える  ★何と穂高連峰~槍ヶ岳だった
13IMG_5726.jpg 14IMG_5727.jpg

★双耳峰の鹿島槍ヶ岳方面も見える  
★左から立山、鹿島槍ヶ岳、剱岳、五竜岳(まさかこんな展望が見られるとは、ビックリ!!!)
15IMG_5728.jpg 16IMG_5729.jpg

★7:40 木道  ★7:50 やっと稚児池に着いた
17IMG_5736.jpg 18IMG_5744.jpg

★三角点を探して付近を歩き回ったが、見つけられなかった  ★戻って、良く見ると池が山頂だった

19IMG_5745.jpg 20IMG_5755.jpg

山頂
池の周りには遊歩道がある
1IMG_5746.jpg 2IMG_5747.jpg

★こんな場所に大きな池があるとは信じられない(水は何処から入ってくるのだろうか?)
★池の側に広い湿原はある
3IMG_5750_20181003061435d5d.jpg 4IMG_5751.jpg

★北信州の山並が見えて  ★左には、唐松岳、白馬三山も見える
5IMG_5776.jpg 6IMG_5763.jpg

★湿原の木道を奥に行くと、木の切れ目から山並みが見える  ★爺ヶ岳~白馬岳だった
7IMG_5764.jpg 8IMG_5765.jpg

★立山、鹿島槍ヶ岳  ★白馬三山
9IMG_5772_201810030614446a9.jpg 10IMG_5770.jpg

下山
★8:45 本当に楽園だった(十分に楽しみました)  ★リフトが色んな方向から上がって来ている
11IMG_5778.jpg 12IMG_5781.jpg

★コオニユリが方々に咲いている  ★駐車場が見えてきました
13IMG_5782.jpg 14IMG_5783.jpg

★作業道をショートカットしてリフトの下を降りる  ★ハッキリした道はないが、何とか歩ける
15IMG_5784.jpg 16IMG_5785.jpg

★9:45 作業道に合流  ★10:00 無事に車まで帰ってきました
17IMG_5786.jpg 18IMG_5787.jpg

咲いていた花

1IMG_5683.jpg 2IMG_5691_20181003063800cd5.jpg

3IMG_5692.jpg 4IMG_5721.jpg

5IMG_5731_20181003063804ef5.jpg 6IMG_5759.jpg

7IMG_5760.jpg 8IMG_5779.jpg
タグ :

8/14 奥志賀高原

 2018-10-02
志賀高原は標高が高いので、夜は気温が下がり寒いくらいになる。
もっと標高の低い所の車中泊地を探していたが、ロケーションも良くて快適に過ごせそうな場所を見つけた。


12:00 奥志賀高原
1IMG_5651.jpg 2IMG_5657.jpg

トイレは2階にありチョット不便だが24時間使える
3IMG_5654_2018100213531696c.jpg 4IMG_5653.jpg

★テニスコート  ★ホテル
5IMG_5652.jpg 6IMG_5655.jpg

森の音楽堂
7IMG_5658.jpg 8IMG_5660.jpg

練習しているのを無料で見られる
9IMG_5661.jpg 10IMG_5662.jpg

18:40 夜になるとホテルのイルミネーションが点灯する
11IMG_5664.jpg 12IMG_5665.jpg

★宿泊者の車は、どれも高級車  ★雨も降ってきたので、もう寝ます

13IMG_5666.jpg 14IMG_5667.jpg
タグ :

8/14 横手山

 2018-10-01
横手山(2307m)   300名山   登り=0:25

★渋峠にある登山口は、標高2172mもあり日本一たかいのでは
★3年目でやっと登れる(今まではずっとガスに包まれていたので登らなかった)
1IMG_5645.jpg 2IMG_8574_2018100103481608e.jpg

★山頂への標識がある  ★リフトの下を通って左側を登る
3IMG_8575.jpg 4IMG_8576.jpg

★急坂になってきた  ★左側の展望
5IMG_8580.jpg 6IMG_8581_20181001034822ffe.jpg

★リフトは続く  ★リフト中継地点
7IMG_8582.jpg 8IMG_8584.jpg

★リフトから離れて左折する  ★程なく三角点に到着
9IMG_8585.jpg 10IMG_8587.jpg

★2307mの高さまで  ★23分20秒で登れる
11IMG_8597.jpg 12IMG_8589.jpg

パノラマ
13IMG_8590 パノラマ写真

★浅間山の噴煙は少しだけ出ている(右は黒斑山)  
★頂上ヒュッテで宿泊中の方が来て、浅間山の左に富士山が見えると、教えてくれる(写真中央)
14IMG_8594.jpg 15IMG_8598.jpg

★展望所へ行く  ★展望所
16IMG_8599.jpg 17IMG_8600.jpg

パノラマ(浅間山~笠ヶ岳)
18IMG_8601 パノラマ写真

★笠ヶ岳の右に北信州の山が薄っすらと見える(左には北アルプスの山があるのだが見えない)
★上方が車中泊している熊の湯ほたる温泉(硯川)

19IMG_8611.jpg 20IMG_8633.jpg

ホルン
大きな荷物を背負った女性がやってきた。中身はホルンだと言う
1IMG_8614_20181001041446225.jpg 2IMG_8615_20181001041448218.jpg

★3分割されたものを接続する  ★お願いしたら演奏してくれることになった(ラッキー!)
3IMG_8617.jpg 4IMG_8620_20181001041451ca0.jpg

★私のためだけに演奏してくれて、嬉しいやら申し訳ない気持ちで複雑
★記念写真まで撮ってもらって、何とお礼を言ってよいものやら・・・・
5IMG_8622.jpg 6IMG_8632.jpg

下山
★山頂ヒュッテ  ★リフト終点地
7IMG_8634.jpg 8IMG_8636.jpg

★車が見えてきた  ★渋峠は群馬と長野の境界線にある

9IMG_8639.jpg 10IMG_8640.jpg

2010年8月4日撮影
長野県に初めての旅に来た時、横手山下方の国道脇駐車場から撮った写真。
この時は北アルプスなどの山には登ったことが無かった。

11.jpg

12img_3424.jpg

13img_3440.jpg

14img_3418.jpg

15img_3426.jpg

16img_3427.jpg
今は殆どの山に登っているので横手山の頂上から、もう一度見たいと思って挑戦しているのだが、どうも見られそうにない・・・・・?
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫