スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

4/4 宮之浦岳

 2012-04-28
宮之浦岳(1935m)   日本百名山    登り=5:05  下り=3:55
 宮之浦岳は淀川登山口からだと標高差は570mしかないが、累計標高差が1462mもあり、距離も8kmとロングコースで、なかなか手強い山なのだ。
 車中泊するには、登山口は寒かったので、作戦を変えて安房で泊って早朝に登山口に来るようにした。
早朝の林道(全線舗装)は、前から車が来ることは無いし、一回往復しているので安心して運転できた。
予定より早く、4:50分に登山口を出発することが出来た。


★7:15 花之江河の凍結木道。コンデジを撮影状態のまま、右手に持って右の木道に下りて滑り、下の木道まで転倒してしまった。レンズが出ていたので壊れてと思う  ★★霧氷が付いて、この前より寒いみたい
01IMG_4704.jpg 02IMG_4709.jpg 03IMG_4712.jpg

★7:40 黒味岳分岐に着く  ★道幅が狭いので、どうするか迷う所  ★流れの中を行く
04IMG_4721.jpg 05IMG_4727.jpg 06IMG_4728.jpg

★霜柱が白く輝いてキレイ  ★氷柱もお出迎え  ★8:20 投石平と思う(ガスで分からない)
07IMG_4731.jpg 08IMG_4733.jpg 09IMG_4738.jpg

★8:25 ガスが引き始めた  ★黒味岳が姿を現して感動のシーン  ★ロープが凍って棒のようになっている
10IMG_4740.jpg 11IMG_4743.jpg 12IMG_4747.jpg

★ガスが完全に取れて青空が覗いてきた(途中はガスの中だったので悲壮感が漂っていた)ラッキー
★道はガチガチに凍っている  ★この木道に座って大休止する(今日は体調が今一)
01IMG_4753.jpg 02IMG_4754.jpg 03IMG_4758.jpg

★右ルートか左ルートか迷う 。滑っても被害が少ない左にした  ★ツルツルと良く滑る  ★ミニ氷壁
04IMG_4767.jpg 05IMG_4769.jpg 06IMG_4772.jpg

★ニコニコと笑顔で出迎えてくれている様に見える  ★やっと宮之浦岳らしき山が見える  ★ミニ樹氷
07IMG_4774.jpg 08IMG_4779.jpg 09IMG_4785.jpg

★水が綺麗  ★コルに着く  ★振り返ると、歩いてきた登山道が良く見える
10IMG_4795.jpg 11IMG_4807.jpg 12IMG_4815.jpg

★頂上はどれだろう?(実は見えない)  ★10:30 くりお岳は登山道の途中みたい  ★右が頂上みたい
01IMG_4825.jpg 02IMG_4826.jpg 03IMG_4836.jpg

★10:45 頂上だった!  ★★記念写真を撮りあう。彼女には、途中で追い越された。淀川小屋で泊って、縄文杉の方に縦走するらしい。昨夜は寒くて、小屋の中にテントを張って寝たと言っていた
04IMG_4847.jpg 05IMG_4849.jpg 06IMG_4852.jpg

★頂上はマアマアの広さ  ★11:15 彼女を見送って、私も下山開始  ★くりお岳の祠にお参りする
07IMG_4857.jpg 08IMG_4861.jpg 09IMG_4867.jpg

★黒味岳の霧氷もすっかり融けてしまった  ★黒味岳を見ながらのんびりする  ★湿原の祠にもお参り
10IMG_4876.jpg 11IMG_4891.jpg 12IMG_4893.jpg

★16:00 無事下山  ★★16:35 まだ見ていなかった紀元杉を見学
1IMG_4901.jpg 2IMG_4903.jpg 3IMG_4906.jpg
4月1日はコンデジの故障で断念したが、あの日は風が強かった。
今日は、展望が開けた場所から晴れ上がり、風も無く穏やかで、霧氷の宮之浦岳が見られて良かった。
人生、何が幸いするか分からない・・・・・ 

展望は別館へ
霧氷と奇岩は写真館へ






    


スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sanyahana.blog71.fc2.com/tb.php/1026-6332e91d

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。