8/8 五竜岳

 2012-11-24
五竜岳(2814m)  100名山  長野県白馬村
           登り=黒菱駐車場~3:20唐松山荘~1:55五竜山荘~0:55五竜岳頂上=6:10

 五竜岳は2年前(2010.8.19)に挑戦したが、唐松岳に登っただけで、あえなく退散。
去年は、黒菱林道が通行止めで中止する。昨日は、木道の終点付近で雨が降り出して引き返した。
今日は、どうしても頂上を踏みたいと思っているが、辿り着けるだろうか・・・・


八方尾根
★4:10 八方池山荘(黒菱駐車場3:00発)  ★4:40 見たかった八方池に映る白馬三山(薄暗かったのでISO1600で撮ったが、画像が荒くて今一。肉眼では綺麗だったのだが・・・)  ★4:52 日の出前
01IMG_3992.jpg 02IMG_4000.jpg 03IMG_4013.jpg

★カライトソウとシモツケソウ  ★5:05 日の出(雲海が赤く染まり綺麗だった)  ★朝焼けの白馬三山と雲海も綺麗
04IMG_4017.jpg 05IMG_4024.jpg 06IMG_4025.jpg

★★5:15 お花畑(今の時期は花が少ない)  ★5:40 扇雪渓
07IMG_4029.jpg 08IMG_4030.jpg 09IMG_4032.jpg

★五竜岳の下方が火口?の様になっている ★雲海に浮かぶ四阿山  ★6:30 唐松山荘
10IMG_4038.jpg 11IMG_4039.jpg 12IMG_4042.jpg

唐松山荘~五竜山荘
★6:35 先を急ぐので休憩せずに通過  ★6:40 第一鎖場  ★一旦、平地に下り立つ
01IMG_4049.jpg 02IMG_4052.jpg 03IMG_4054.jpg

★6:50 第二鎖場  ★下り坂は続く  ★7:40 最低コルに咲くカライトソウ
04IMG_4055.jpg 05IMG_4068.jpg 06IMG_4074.jpg

★絶壁の場所は横道を登る  ★登った分、同じくらい下る  ★もう下りは無いみたい(帰りに登らないといけないので、下りは歓迎しない)
07IMG_4078.jpg 08IMG_4083.jpg 09IMG_4084.jpg

★快適な道が続いている  ★8:45 遠見尾根までやってきました  ★8:47 直ぐ下が五竜山荘
10IMG_4094_20121124192717.jpg 11IMG_4101.jpg 12IMG_4103_20121124192716.jpg

五竜山荘~五竜岳山頂
★8:55 サブザックで出発  ★下山中のおばちゃんに富士山が見えるよ、と教えてもらった(少し左に上がると、八ヶ岳と富士山が見えた)  ★富士山の右には南アルプス
01IMG_4106_20121124193429.jpg 02IMG_4109.jpg 03IMG_4110.jpg

★あれが頂上だろうか(実は違う)  ★岩場になってきた  ★壁のような所を登る
04IMG_4116_20121124193428.jpg 05IMG_4120.jpg 06IMG_4122.jpg

★9:25 ここは左に回り込む  ★マークを確認しながら登る  ★鎖場もある
07IMG_4124.jpg 08IMG_4132.jpg 09IMG_4133.jpg

★頂上と思った岩山は乗り越える  ★頂上は奥だった  ★9:50 一登りで頂上に着いた。念願が叶い嬉しい
10IMG_4134.jpg 11IMG_4138.jpg 12IMG_4143.jpg

下 山
★10:15 十分に展望を楽しんだので下山開始(富士山がまだ見えている)  ★コマクサは終わりかけ  
★クルマユリの咲くお花畑
01IMG_4176.jpg 02IMG_4179.jpg 03IMG_4181.jpg

★チシマギキョウも咲いている  ★あの裸地まで行ったら休憩しよう!  ★フウロの咲く道
04IMG_4182.jpg 05IMG_4190.jpg 06IMG_4194.jpg

★14:00 唐松山荘まで帰れば一安心。カンパーイ!!  ★チングルマの花畑  ★女性の方が二人、覗き込んでいるので静かに近ずくと、ライチョウが居た
07IMG_4196.jpg 08IMG_4202.jpg 09IMG_4207.jpg

★ツリガネニンジン  ★シモツケソウ  ★タカネマツムシソウ
10IMG_4212.jpg 11IMG_4214.jpg 12IMG_4215.jpg

★★ハッポウタカネセンブリは八方尾根にだけ生育する固有種(沢山撮ったが、小さい花なのでピンボケばかり)
★黒菱駐車場が見える所まで、やっと帰ってきた
1IMG_4232.jpg 2IMG_4241_20121124200806.jpg 3IMG_4259.jpg

★上のゲートを潜って牧場内へ  ★下のゲートを出ると  ★17:45 我が愛車が待っていた(なんと、出発してから15時間近くも経っている。しかし、帰りはゆっくり下山したので、そんなに疲れていない)
4IMG_4260_20121124200805.jpg 5IMG_4263.jpg 6IMG_4264.jpg
【あとがき】
 頂上下の岩場で大転倒をしてしまった。
岩場の下りは好きなので、調子に乗って下っていると、手を滑らして顔面から落ちた。
時計のステンレスバンドは切れているし、メガネは飛ぶはで、何が起こったか一瞬分からなくなっていた。
少し落ち着くと、何ヵ所も打って血は出ているし、左手の薬指が痛くて動かない。もう、今回の山旅もこれまでかと悲壮感が漂う。指は内出血して腫れ上がったが、幸い骨折していなかったので助かった。

展望は別館、花は写真館へ
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sanyahana.blog71.fc2.com/tb.php/1105-9257cb4c

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫