9/16 美瑛岳(撤退)

 2013-01-18
美瑛岳(2052m)   北海道美瑛町    登り=2:35  下り=1:55
 3年前(2009年)の北海道山旅で登る予定だったが、登山パーティー6人が遭難し、女性の方1人が無くなったのを知って取りやめた。今日は、その時の宿題を片付けに登る。

★4:55 先ずは望岳台から十勝岳への登山道を登る  ★シラタマが一杯ある
1IMG_8574.jpg 2IMG_8575.jpg
★5:15 雲ノ平分岐から美瑛岳登山道に左折  ★直ぐ沢に出会う
3IMG_8578.jpg 4IMG_8583.jpg

★雲ノ平は少し秋模様  ★十勝岳の噴煙が見える
5IMG_8584.jpg 6IMG_8589.jpg
★★登山道の踏み跡が薄くなり不明瞭になってきた
7IMG_8595.jpg 8IMG_8605.jpg

★5:50 案の定、迷ってしまった  ★何とか登山道に復帰することが出来た
1IMG_8607.jpg 2IMG_8612.jpg
★6:15 美瑛岳が姿を現した  ★登山道は大きく右に回り込む
3IMG_8616.jpg 4IMG_8617.jpg

★赤茶色をした主稜線が切り立っている  ★大きく掘れ込んだ谷の向こうに道がある
5IMG_8640.jpg 6IMG_8643.jpg
★ハシゴが見えてきて凄いことになっている  ★ロープを伝って谷底に下りる
7IMG_8644.jpg 8IMG_8646.jpg

★6:50 谷底で一息つく(水が流れていたら大変な場所)  ★7:00 上の道にハシゴを登る
1IMG_8650.jpg 2IMG_8653.jpg
★ポンピ沢に下って行く  ★沢の標識
3IMG_8654.jpg 4IMG_8660.jpg

★7:10 ポンピさわを渡る  ★少し沢を下って山道に取付く
5IMG_8663.jpg 6IMG_8664.jpg
★振り返ると歩いてきた登山道がハッキリと分かる  ★7:30 まだ時間はたっぷりとあるが、道は急坂の悪路になってきたし、頂上に行っても景色は望めないだろうから、撤退を決める
7IMG_8671.jpg 8IMG_8672.jpg

下山
★9:00 こんな天気なのに十勝岳に登る人がいる(ガスが出ると十勝岳の登山道は迷いやすい・・・)
★9:35 望岳台に帰ってきた
1IMG_8688_20130118150349.jpg 2IMG_8690.jpg
★10:15シマリスが忙しそうに走りまわっている ★10:30吹上露天の湯は相変わらず熱いが何とか入れる
3IMG_8695.jpg 4IMG_8697.jpg

かみふらの道楽館  (フェリーで秋田のSさんに教えてもらった民宿)
 旅も今日で64日目になり、少々疲れ気味なので、ゆっくりと布団の上で寝られると楽しみにしていた。
バモスを買ってから、車中泊の旅も5年目になるが、山小屋以外で泊るのは初めて。
 民宿はテレビなどでは良く見るが、泊まるのは生まれて初めてなので、どんなか不安も少しある。


★16:10 2階の部屋に案内されたが、何と一室4人の相部屋でガックリ!!!!
★それに2段ベットの上で、天井に手が届きそうで窮屈(70近い老人なのに上段ベットとは・・・・)
1IMG_8698.jpg 2IMG_8704.jpg
★風呂も、くつろいでのんびりと入れない  ★休憩室兼食堂
3IMG_8703.jpg 4IMG_8702.jpg
★幸いに料理はおいしかった  ★右手前は同室のライダー、その奥は美瑛岳の登山道で出会った方。和やかな雰囲気で話が弾み、何時もの芋焼酎を飲み過ぎてしまった(お酒の持ち込みはOKだった)
5IMG_8708.jpg 6IMG_8709.jpg
 朝食の時間が、私的には遅いので断って、皆がまだ寝ている内に出立した。(車中泊の旅に出ると早寝、早起きの習慣がついているので、急には治らない。山小屋では、朝食分は弁当にして、前夜に渡してくれる)
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sanyahana.blog71.fc2.com/tb.php/1179-094288a7

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫