10/16 大朝日岳

 2013-02-10
大朝日岳(1870m) 古寺鉱泉コース  100名山  山形県大江町  登り=4:40  下り=3:10
 朝日という山名は日本に十数座あるが「朝日連峰」といえば、この山のことを指す。
朝日連峰は主峰の大朝日岳、その北東に小朝日岳、北西に中岳、西朝日岳、袖朝日岳がある。
 大朝日岳は今回旅で、最後の難峰になる。登山口で前泊し、ライトを点けて朝4時に出発した。


★山旅の後半は天候に恵まれなかったが、今日は天気が良さそう  ★5:40 写真撮影が可能となる
1IMG_2232.jpg 2IMG_2235.jpg
★5:50 一服清水で休憩  ★6:10 ハナヌキ峰分岐
3IMG_2245.jpg 4IMG_2255_20130210163820.jpg

★紅葉が綺麗になってきた  ★登山道は整備されて歩きやすい
5IMG_2258.jpg 6IMG_2272.jpg
★7:10 古寺山に着くと一気に展望が開ける  ★ここで初めて朝日連峰が望める
7IMG_2286.jpg 8IMG_2292.jpg

★少し下って小朝日岳に向かって登る  ★7:40 巻道分岐は右のトラバース道へ
9IMG_2302.jpg 10IMG_2316.jpg
★トラバース道  ★大朝日岳が段々と大きくなってくる
1IMG_2322.jpg 2IMG_2335_20130210165412.jpg

★8:00 尾根道に合流する  ★山小屋に泊まって縦走中の方と話をする
3IMG_2344_20130210165413.jpg 4IMG_2351_20130210165414.jpg
★小朝日岳の紅葉が綺麗なので、眺めながら大休止  ★8:40 6時に出発した高年の方に追い越される(私より2時間も遅く登り始めているのに、凄いスピードに驚く)
5IMG_2361.jpg 6IMG_2394.jpg

★★なだらかな尾根道は、素晴らしい展望と紅葉で最高の気分!!!
7IMG_2403.jpg 8IMG_2430.jpg
★坂道で振り返り、小朝日岳に続く展望尾根を眺める  ★左方には月山が聳えている
9IMG_2433.jpg 10IMG_2435.jpg

★大朝日岳が左方になってきた  ★右方は中岳の山裾が綺麗(後方は以東岳)
1IMG_2436.jpg 2IMG_2446.jpg
★9:40 大朝日小屋(人がいっぱい居る。何処からやって来たのだろう?) ★西朝日岳も見えてくる
3IMG_2455_20130211084920.jpg 4IMG_2458.jpg
 
★西朝日岳の左手には袖朝日岳  ★最後の登り
5IMG_2527_20130211084940.jpg 6IMG_2461_20130211084941.jpg
★右方に飯豊連峰も見えてきてチョット感動もの  ★9:55 風も無く、穏やかな頂上に到着
7IMG_2465.jpg 8IMG_2472.jpg

名犬「さくら」
 犬連れの登山者は時々見かけるが、こんな方は初めて。犬に話し掛けながら、手を変え品を変え、長時間撮影していた。(世の中には色々な人が居るものだ・・・・)
1IMG_2515.jpg 2IMG_2517_20130211090654.jpg 3IMG_2518_20130211090655.jpg

下山
★10:50 頂上展望も十分に楽しんだので下山開始(天気が良いと、時間が経つのを忘れる)
★小朝日岳に登ろうか、それとも巻道を帰ろうか、考えながら歩く
4IMG_2523.jpg 5IMG_2536.jpg
★見上げると、結構登らないといけないみたい  ★12:20 足はひとりでに、巻道に向かっていた
6IMG_2539.jpg 7IMG_2553.jpg

★14:35 古寺鉱泉に到着  ★14:40 もう直ぐ駐車場

8IMG_2585.jpg 9IMG_2591.jpg
 もっと時間が掛かるだろうと思っていたが、大分早く下山できた。今夜も、ここで泊る積りで2日分の食料を用意してきたが、次の目的地に向けて移動することにした。
展望は別館へ、紅葉は写真館へ続く
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sanyahana.blog71.fc2.com/tb.php/1221-59c263db

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫