9/9 奥穂高岳

 2013-11-26
奥穂高岳(3190m)  100名山  岐阜県高山市  登り=6:10  下り=5:00(内林道1:20)
 7月26日に雪渓に阻まれて撤退したので、今日はそのリベンジに向かう。

★3:15 2時出発の予定だったが寝過ごして、1時間遅れの出発  ★ゴゼンタチバナは赤い実に
1IMG_2594.jpg 2IMG_2604.jpg

★笠ヶ岳の山小屋が朝日で光っている  ★6:20 大雨が降ったので心配だったが、白出沢の水は少ない
3IMG_2608.jpg 4IMG_2611.jpg

★7:20 荷継沢  ★木の間で黒い物が動いたので、熊かと思ってビックリしたが、人間様だったので、胸を撫で下ろした(今日は縦走して西穂山荘泊だとか、凄い!)
5IMG_2615.jpg 6IMG_2626.jpg

★7:50 残雪は殆ど無くなっている  ★乗鞍岳も見えてきた
7IMG_2628.jpg 8IMG_2630.jpg

★時にペンキマークもあるが道は分かりづらい  ★1ヶ所だけ残っていた雪渓。左を巻いていく
9IMG_2632.jpg 10IMG_2633.jpg

★8:30 両側に岩壁が迫ってくる。遥か上方に水平な物が見える  ★スベル・アビナイヨ1:30分
1IMG_2635.jpg 2IMG_2636.jpg

★9:20 水平な物は石垣だった  ★9:30 やっと太陽が顔を出す(遅くまで雪渓が残る訳が分かる)
3IMG_2644.jpg 4IMG_2647.jpg

★西欧の城壁みたい  ★岩壁を登っている人が見える。私も登らないといけないが、怖そう!
5IMG_2651_20131126083029857.jpg 6IMG_2654.jpg

★10:00 山荘のテラスで一息つく  ★ここで、初めて常念岳方面が見える(涸沢のテントは少しだけ)
7IMG_2659.jpg 8IMG_2661.jpg

★10:20 ストック、着替え、明日の食料をデポして頂上に向かう  ★ハシゴが2つ見える
9IMG_2665.jpg 10IMG_2666.jpg

★ここの岩場はハシゴも鎖もない  ★10:30 越すと、普通の道になった(岩場は全然、怖くなかった)
1IMG_2668.jpg 2IMG_2669.jpg

★槍が見えてきた。左涸沢岳、右に北穂高岳  ★大天井岳も見える
3IMG_2672_2013112608462295a.jpg 4IMG_2674.jpg

★黒部五郎・双六・三俣蓮華・薬師岳  ★10:40 高度が上ると鷲羽・水晶・立山も現れる
5IMG_2675.jpg 6IMG_2695.jpg

★薬師岳前方の穴状の所は何だろう?  ★あれが頂上だろうか
7IMG_2696_20131126084649ec6.jpg 8IMG_2700.jpg

★人工の石垣みたい  ★頂上はまだ奥だった(祠が立っているのが頂上?)
9IMG_2702.jpg 10IMG_2705_201311260846539b0.jpg

★右に回り込むと  ★ジャンダルムが現れた
1IMG_2706.jpg 2IMG_2708.jpg

★上は広そう  ★頂上は、もう直ぐ
3IMG_2711.jpg 4IMG_2715.jpg

★11:00 頂上に到着(狭くて、2人立つのがやっと) ★涸沢岳が大分、下に見える
5IMG_2717.jpg 6IMG_2719.jpg

★ジャンダルムの左側は雲が湧いて上高地は見られない  ★笠ヶ岳にも雲が一杯(1時間遅かった)
7IMG_2720.jpg 8IMG_2721.jpg

★下に山名板がある  ★数え切れない程の山名が載っている

9IMG_2718.jpg 10IMG_2735.jpg

下山
★今回の山旅では日本第一位と三位の高峰を制覇した。満足満足!  ★11:30 ジャンダルムも見納め
1IMG_2743.jpg 2IMG_2746.jpg

★12:00 大きな山荘  ★12:20 泊まる準備はしているが、時間があるので下山する
3IMG_2748.jpg 4IMG_2749.jpg

★下山時はルートがハッキリと分かる  ★14:50 白出沢を渡ると、もう後は楽勝
5IMG_2750_201311261342264b8.jpg 6IMG_2752.jpg

★15:40 林道登山口着  
★17:20 駐車場着(荒神の湯で八王子のHYさんが待っているので、林道は急ぎ足で帰った) 
7IMG_2753.jpg 8IMG_2758.jpg
【あとがき】
 ネットには登り8:20分、下り6:00分で合計14:20分と載っていた。
とても日帰りは無理だろうと思っていたが、そんなに掛からなかった。登山道の距離が短く、アップダウンのない直登なので、林道登山口から頂上まで4時間で登れている。
                                         別館へ続く
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sanyahana.blog71.fc2.com/tb.php/1333-dc972bf6

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫