2013~14 冬期鍛錬登山

 2014-02-28
2013
 1  12/08 鷹羽ヶ森1  2:30
 2  12/15 工石山1   1:20
 3  12/22 鷹羽ヶ森2  1:57
2014
 4  01/19 鷹羽ヶ森3  2:10
 5  02/01 南嶺1    1:45 (烏帽子山)
 6  02/11 南嶺2    3:00(宇津野山~柏尾山)
 7  02/16 鷹羽ヶ森4  2:10(谷コース)
 8  02/20 工石山2   1:30(白鷲岩まで)
 9  02/28 工石山3   2:20(三辻山経由)


2/28(金) 工石山3  三辻山経由で北の頂へ
登り=工石山下P(15)林道三辻山登山口(20)樫山峠分岐(30)三辻山(30)杖塚(45)北の頂=2:20
 先週、鍛錬登山をする積りだったが、信じられないくらいの積雪量で予定変更して工石山に向かった。
この所、暖かい日が続いているので、雪も融けているだろうと思い仕切り直しに出掛ける。


★7:35 林道入口の雪はすっかり融けている  ★7:50 砂利林道を歩いて三辻山登山口へ
1IMG_5239_20140301072357463.jpg 2IMG_5242.jpg

★樫山峠への横道は殆ど雪は無い  ★8:10 樫山峠分岐
3IMG_5244.jpg 4IMG_5245_20140301072419cd7.jpg

★★北面の横道になると結構な残雪
5IMG_5251.jpg 6IMG_5254.jpg

★休憩所が見えてきた  ★8:45 三辻山(暖かくて久し振りに汗を掻いた)山ビールの季節到来!
7IMG_5260.jpg 8IMG_5262.jpg

室戸岬方面~工石山~四国山脈の大パノラマ
9IMG_5267 パノラマ写真

中津明神山(雪が大分融けている)
10IMG_5277.jpg

★直登路を下る(雪は少しある)  ★9:40 杖塚の水場
1IMG_5286.jpg 2IMG_5293.jpg

★赤良木園地手前の残雪  ★笹道の下方は、雨に流されて雪は無し
3IMG_5296.jpg 4IMG_5304.jpg

★トド岩の手前はまだ深い雪(踏み跡に乗ると、更に落ち込んで歩きにくい)  ★10:30 北の頂
5IMG_5305_20140301073642326.jpg 6IMG_5309.jpg

★石鎚山を眺めながら昼食  ★11:40 杖塚からの下り道(綺麗だったトレースも雨に流されてボコボコ)

7IMG_5313.jpg 8IMG_5316.jpg



2/20(木) 工石山2  白鷲岩で撤退
  登り=青少年の家P(50)杖塚(40)白鷲岩=1:30   下り=0:50
 今日は三辻山から工石山を周回しようと思って家を出る。
先ず、登山口まで行けるかどうか心配だったが、県道は除雪されていたのでノーマルタイヤで行けた。
雪が予想以上に多いので、周回はとても無理と諦めて、工石山だけに登る事にした。


★7:50 外の駐車場は凍結していたので、体育館の下に停めて出発  
★ふるさと林道の人の足跡(周りの粉雪が風に飛ばされて、圧雪された跡だけが残ると、テレビで知った)
1IMG_5047.jpg 2IMG_5053_20140221114829fb4.jpg

★8:05 登山口は雪の吹き溜まりになっている  ★登山道は全然、見えません
3IMG_5057_20140221114830c09.jpg 4IMG_5058_201402211148322f2.jpg

★ここはチョット危ない(こんな所があったかなあ)  ★振り返れば、奮闘の跡が続いている
5IMG_5060_201402211148331e6.jpg 6IMG_5061_20140221114908b33.jpg

★太陽が雪に反射して眩しい  ★8:45 何とか杖塚に着いてコーヒータイム
7IMG_5063.jpg 8IMG_5065.jpg

★もう帰ろうかと思ったが、杖塚から先はラッセルの跡がある(これなら頂上まで行けるかも)
★ダイセンキャラボクも雪で重たそう
9IMG_5067.jpg 10IMG_5068.jpg

★9:25 赤良木園地分岐の手前でラッセル跡が消えてしまった  
★9:45 雪を掻き分けて、やっと白鷲岩まで辿り着いた(もうここで限界)
1IMG_5071.jpg 2IMG_5076.jpg

白鷲岩からのパノラマ(中津明神山~三辻山・遠くの山は霞んでいる)
3IMG_5077 パノラマ写真

中津明神山
4IMG_5082.jpg

久し振りの石鎚山
5IMG_5093.jpg
【あとがき】
 工石山は何時も散歩がてらに登っているが、雪が多いと厳しい山に変身する。
これくらいの雪だったら、国見山だと頂上まで登れるが、工石山はとても無理だった。
国見山に比べると尾根道が少なくて、横道が多いからだと思う。




2/16(日) 鷹羽ヶ森4  谷コース
   登り=登山口(1:50)東岩壁展望所(0:20)頂上=2:10  下り=1:50(尾根コース)
 少し日の出の時刻が早くなってきたので、6:30分くらいからライトを点けずに登れるようになった。
今日はチョット趣向をを変えて産屋谷コースから登る事にした。


★7:15 第一展望所(もう少し展望が広ければ日の出が見られるのだが残念・・・)  ★7:55 産屋谷出合でコーヒータイム  ★谷からの道は、緩くも無くきつくも無い一番疲れる坂道が続く
1IMG_7111_20140217190913a05.jpg 2IMG_7116.jpg 3IMG_7118.jpg

★林道を横断してからは雪が深くなり道が分からなくなる。しかしテープがあるので大丈夫  
★尾根は強風のため雪道が波打っている  
★8:55 東岩壁展望所(土佐湾のパノラマが広がり、下段の岩場から下を覗き込むと凄い高度感がある
4IMG_7126.jpg 5IMG_7130.jpg 6IMG_7132.jpg

東岩壁展望所からのパノラマ(霞む土佐湾と仁淀川・右に中谷山と鷹羽ヶ森頂上)

7IMG_7134 パノラマ写真

★10:05 食事と伐採作業を終えて頂上に向かう  ★尾根は結構、雪が深い
1IMG_7142.jpg 2IMG_7145.jpg

★10:25 頂上到着。早速、伐採作業を始める  ★木を一生懸命に切っていると男性が登ってきた。九州からだと言うので、こんなマイナーな山にどうしてかと不思議に思っていると、高知に単身赴任して一年になるらしい。食事をする場所が無いと言うので、南の切株イスに案内してあげた
3IMG_7146.jpg 4IMG_7162.jpg

★伐採前  ★伐採後(鳥形山まで見えるようにした。写真では霞んで見えない)
5IMG_7160.jpg 6IMG_7164.jpg

雨ヶ森~工石山のパノラマ(雲は無いが霞んでスッキリと見えない)
7IMG_7148 パノラマ写真

左から瓶ヶ森・西黒森・自念子ノ頭・東黒森・伊予富士

8IMG_7170.jpg
【あとがき】
 今日は、早朝から登ったので時間がたっぷりとある。伐採作業も一杯できそう・
東岩壁展望所の松の木の上部を2本切って、座っても土佐湾が見えるように小木を撤去してスッキリさせた。
頂上では、南の切株イスの回りの小木を切って、ザックを吊るす場所を作り、雪が有っても気持ち良く食事が出来るようにした。最後は今日の第一目的の鳥形山まで、スッキリと見られるように切った。
直径10cmくらいの切株から、小木が10数本密生して伸びており、木の生命力に感心した。全部、切ったが枯れる事はないとと思うので、今後どのようになるのだろう?
木を切るのは、生木なので簡単に切れて気持ちが良いが、後始末が大変で疲れる。
 九州の方と、一緒に下山した。九州の山や温泉、食べ物など、それに高知や四国の事などを教えてあげたりして、話は尽きるこたが無かった。2時間くらいしゃべり通しだったので、しゃべり疲れてしまった。



2/11(火・祝日) 南嶺2
 登り=筆山(15)高見山(30)土佐塾校(40)宇津野山(25)鷲尾山(30)烏帽子山(40)柏尾山=3:00
 下り=柏尾山(40)烏帽子山(1:20)筆山=2:00

高見山より(鳥形山~中津明神山)
1IMG_4975.jpg

★宇津野山三角点(縦走路の脇にある)  ★鷲尾山より(浦戸湾と室戸岬)
2IMG_4998_20140212091747c78.jpg 3IMG_5006.jpg

柏尾山テレビ塔前より(左から鞍瀬ノ頭・二ノ森・手箱山)
4IMG_5037.jpg

★道が分からずウロウロしていたら、丁度この前の方が下山して来て、頂上まで案内してくれた
★頂上は雑木に囲まれて展望はない。標識も三角点もないので、このコブを頂上にしているとか

5IMG_5015.jpg 6IMG_5016.jpg


2/1(土) 南嶺1
        登り=筆山(:015)高見山(1:00)鷲尾山(0:30)烏帽子山=1:45
        下り=1:25(鷲尾山と高見山はトラバース)

高見山のパノラマ
1IMG_6986 パノラマ写真

鷲尾山のパノラマ
2IMG_6994 パノラマ写真

烏帽子山の小鳥
3IMG_7011.jpg
【あとがき】
 今日はあまり良い天気でなかったが、鷲尾山頂上で10人、登山道で20人くらいの方を見かけた。
高見山の頂上で出会った方には、何回も出会い話をした。
筆山から登り、宇津野山から柏尾山を縦走して体力維持に努めているらしい。
結構アップダウンもあり、5時間も歩けば体力の向上になると思うのだが? 何時か試してみたい気がする。




2014/1/19(日) 鷹羽ヶ森3  登り=2:10
 先週登った国見山はタイムアップで頂上まで行けなかった。
Nさんがリベンジをしたいというので、今日登る予定にしていたが祖谷方面の天気が悪いので止めた。
 高知方面は天気が良いので、戸中山へ鍛錬登山にいくことにした。


7:00 程野への林道に雪があり、風も強くて天気が悪いのでUターンする(国道にも雪はあったが、交通量があるのでシャーベット状になり、走れた)
1IMG_6786.jpg

7:50 鷹羽ヶ森登山口は良い天気
2IMG_6788_20140120111243e2d.jpg

★8:25 ヤマモモの大木から、早くも雪が現れる  ★8:35 第一展望所は太陽が眩しい
3IMG_6789_20140120111245f13.jpg 4IMG_6791_201401201112478f9.jpg

★シダに積もった雪がキレイ  ★8:55 尾根に到着
5IMG_6793.jpg 6IMG_6795.jpg

★新雪を踏むとギシギシと音がして気持ち良い  ★10:20 尾根分岐でコーヒータイムして頂上着
7IMG_6796.jpg 8IMG_6797.jpg

10:25 前回登った時は、茅と小木が邪魔して見えなかったが、誰かが刈ってくれている
9IMG_6799.jpg

11:30 私も今日はノコギリを持ってきたので、食事を終わってから木を切り倒した(幾分スッキリなった)

10IMG_6804.jpg
【あとがき】
 林道カット道で単独の男性と出会って少し話をした。
下山してコーヒーを飲んでいると、その方が早くも下りて来た。凄い健脚にビックリ!!
後で分かったが、ネットの掲示板で見かけた「アカリプタ」さんだった。



12/22(日) 鷹羽ヶ森2  登り=1:57  走行距離=42km
 20日に初雪が、例年の28日も早く降った。
今日は雨ヶ森か戸中山に登りたかったが、道路の雪が心配で、確実に登れる鷹羽ヶ森にした。


★今年初の雪道歩き  ★9:50 北谷山
1IMG_6546_2013122307430720f.jpg 2IMG_6547_20131223074308903.jpg

★雪道をサクサクと気持ち良く下る  ★林道より頂上を眺める
3IMG_6548.jpg 4IMG_6551.jpg

★10:25 頂上(頑張って登ったので2時間をチョット切った)
★今日は4人の方と言葉を交わした(石鎚山系の山は生憎、雲で見えない)
5IMG_6554.jpg 6IMG_6567.jpg

左から長坂山・中津明神・雑誌山、前に黒森山・五在所山(頂上下より)
7IMG_6565.jpg
 尾根分岐で休んでいたら、猟銃とは違う乾いた音の銃声が2発、近くで聞こえた。
最近、射殺事件が多いので怖くなって、飛び逃げた。(後で聞いて分かったが、ワサに掛かった猪を、近くから打つための小型猟銃の銃声だった)


12/15(日) 工石山1  南回りコース  登り=1:20  走行距離=47km
稲叢山方面(石鎚山系の雪模様を撮りたくて一眼デジを持って行ったが、霞んで見えなかった)
1DSC08033.jpg
寒波が来ているので、山は寒くて全然、汗を掻かなかった。


12/8(日) 鷹羽ヶ森1(919m)  標高差=889m  登り=2:30 下り=1:50
★紅葉が少しだけ見られる  ★第一展望所より太平洋と仁淀川(初ワイド撮影)
1IMG_4939.jpg 2IMG_4942.jpg

★頂上より雨ヶ森~手箱山  ★瓶ヶ森から笹ヶ峰方面は、霞んでスッキリと見えない
3IMG_4945.jpg 4IMG_4956.jpg

★鞍瀬ノ頭・二ノ森・1866m峰(石鎚は手箱に隠れて見えない)  ★手箱、筒上山は重なっている?

5IMG_4948.jpg 6IMG_4951.jpg
【あとがき】
  今までは2時間で登ったのに、今日は30分もオーバーしてハアハア言いながら登った。それに、下山時に2度もスリップして尻餅をついてしまった。ちょっとショック・・・・・
スポンサーサイト
タグ :
コメント
ギッチャンさん 見てくれました。
凄い雪でしょう!

杖塚までの登山道は、いつもは普通の坂道を登って行く感じですが、別世界になっていました。
滑落しても死ぬことは無いと思いましたが、緊張する場面もありました。
こんな所を登る機会は、もうないかもしれないと思い挑戦してみました。

杖塚の水場の辺りで、溝に落ちて左足を捻挫しそうになりましたが大丈夫でした。
雪道歩きは、お互いに気を付けましょう。

梶ヶ森も真名井の滝の周辺は凄いことになっているでしょうね。
【2014/02/22 07:38】 | kuni #- | [edit]
工石山、信じられないくらいの雪の量ですね~。
杖塚までの道も一変して厳しい道になっていますね。
ピッケルが要りそう・・・。

今日は少しばかり暖かかったように思いますが、お山はそうでも無いのでしょうね?
自宅から遠望出来る梶ヶ森も真っ白でした。

膝の調子を見ながら、マイペースでのんびり工石山を歩こうかと考えていましたが、
とてもじゃない登山道の状況ですねぇ。
お疲れ様でした。
【2014/02/21 17:49】 | ギッチャン #YHInhhNk | [edit]
私のタイムは、休憩を含まない実動の時間です。
2時間を切るのには、チョット頑張らないといけません。
標高差は結構あるので、2時間で登れたら凄いと思います。

手箱山などが見えて良かったですね。
私は3回登って、スッキリトした手箱はまだ見えていません・・・・
【2014/02/14 13:30】 | kuni #- | [edit]
先日鷹羽登ってきましたが2時間オーバー。休憩込で2時間9分なのでほぼ2時間かな。
でも、kuniさんのように2時間をきってはのぼれそうないです。

ぐんぐん体力落ちていて自覚するとがっくりです~。
冬、近くの山を鍛錬歩きしてないと駄目ですね
【2014/02/13 23:13】 | 流れ星 #.CsgpTAs | [edit]
深い雪だと、一人では危険なので、行かないようにしています。

今年も残り少なくなったねえ。一年がアットいう間に過ぎていく・・・

息子たちは、サンタクロースから何をプレゼントされたかな?
【2013/12/25 15:25】 | kuni #- | [edit]
久しぶりに覗いてます。
冬山は綺麗で空気もピンと澄んで気持ちよさそうな反面滑りやすそうで注意が必要やねえ。
怪我には十分注意してくだされよ。
それではまた。
メリークリスマス!!
【2013/12/24 12:22】 | どら息子 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sanyahana.blog71.fc2.com/tb.php/1341-7261a148

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫