10/28 鳴子山

 2013-12-20
鳴子山(1643m)   久住山系   登り=3:00
 くじゅう連山は久住山系と大船山系から成っており、名前の付いた山(ピーク)が20ほどある。
その全山に挑戦しているが、あと残すところ3山となった。鳴子山は久住山系の東の一番奥の山。
 今日は大曲登山口から、すがもり越経由で立中山と鳴子山に登り、法華院温泉に宿泊の予定だったが、昨日入った温泉で、久住山系の紅葉が素晴らしかったとの話を聞いたので、牧ノ戸から縦断して鳴子山に行くことにした。


★6:15 牧ノ戸登山口を出発  ★木階段より駐車場方面を見る
1IMG_3563.jpg 2IMG_3566.jpg

★三俣山と紅葉  ★霜柱が白く輝いている
3IMG_3575_201312200539462aa.jpg 4IMG_3584.jpg

★三俣山と奥に由布岳  ★御池と中岳
5IMG_3591.jpg 6IMG_3593.jpg

★天狗ヶ城が池に映りこんで良い景色  ★御池の上部に湿原がある
7IMG_3601.jpg 8IMG_3604.jpg

★8:40 池ノ小屋  ★稲星山に向かって下りて行く
9IMG_3605.jpg 10IMG_3609.jpg

★8:50 稲星山の正面に着いたが道が分からない。登ったり下ったりウロウロして探す
★9:25 やっと道を見つけた(直進していれば、直ぐに見つかったと思う・・・)
1IMG_3612.jpg 2IMG_3615.jpg

★白口岳が大きくなる  ★道は狭いがハッキリとしている
3IMG_3616.jpg 4IMG_3618.jpg

★9:35 白口岳と稲星山の分岐に到着  ★鳴子山方向に進むが藪になったので引き返す
5IMG_3621.jpg 6IMG_3622.jpg

★9:40 展望台登山口への分岐は右なので間違いない  ★藪を過ぎるとハッキリした道があった
7IMG_3623.jpg 8IMG_3625.jpg

★祖母・傾山系が見えてきた  ★前方が岩山になっている
9IMG_3626.jpg 10IMG_3627.jpg

★大船山と片ヶ池が素晴らしい眺め  ★片ヶ池は神秘的
1IMG_3629.jpg 2IMG_3630.jpg

★どれが鳴子山だろう?  ★岩道に突入する
3IMG_3632.jpg 4IMG_3633.jpg

★岩の間をすり抜けて  ★道がハッキリと見えている。下って登り返えすみたい
5IMG_3635_20131220060200245.jpg 6IMG_3642.jpg

★振り返ると大分、下ったのが分かる  ★10:10 何とか辿り着いた頂上
7IMG_3647.jpg 8IMG_3672.jpg

★まだ紅葉がキレイ  ★道は、まだ先に続いている
9IMG_3665.jpg 10IMG_3669.jpg
                     
頂上パノラマ
左から稲星山・中岳・白口岳・三俣山
1IMG_3652 パノラマ写真

坊ガツル・立中山・平治岳・大船山
2IMG_3657 パノラマ写真

久住高原・後方左祖母、傾山系・右阿蘇山
3IMG_3659 パノラマ写真

下山
★11:10 私と同じく、くじゅう連山に挑んでいる北九州市の方も登ってきて、色々話していると1時間も経っていた  ★帰りは余裕ができたので、岩に登って写真を撮ったりする
1IMG_3671.jpg 2IMG_3688.jpg

★右の岩塔は以前に登った展望コースから見えていた  ★11:55 往きには気付かなかった標識
3IMG_3687.jpg 4IMG_3692.jpg

★空池の尾根に寄り道する。左から扇ヶ鼻・肥前ヶ城・星生山
★左から星生崎・星生山・硫黄山。手前は御池への登山道
5IMG_3700_20131220065753fda.jpg 6IMG_3705.jpg

★星生山西面の紅葉  ★扇ヶ鼻方面の紅葉
7IMG_3711.jpg 8IMG_3725.jpg

★沓掛山  ★沓掛山の岩場は渋滞中。普段ならイライラするところだが、今日は右足が痛くて丁度良い

9IMG_3724.jpg 10IMG_3726.jpg
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sanyahana.blog71.fc2.com/tb.php/1344-14ea8f24

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫