1/11 登山ガイド7in国見山

 2014-01-13
国見山(1409m) 下登山口~避難小屋まで 
         登り=3:25(上登山口まで1:25)  下り=1:45   参加者=2名(Nさん、Tさん)
 国見山は初心者でも安全に登れる、冬山だと思う。霧氷を見せたくてガイドすることにした。
昨日から、今季最大の寒波が四国にもやってきている。雪は多そうだが、Nさんのパジェロは四駆でスタッドレスタイヤを履いているので、上の登山口まで行ければ、初心者でも楽勝だと思い、実行する。


★8:08 下の登山口までの林道は、雪も少なくてスイスイと走る  
★8:27 上の登山口までの林道は雪が多くてスリップしだしたので引き返す
1IMG_6642.jpg 2IMG_6649.jpg 

★下の登山口から登ることにした(新品のスタッドレスタイヤなのにナア・・・)  ★8:55 出発
3IMG_6652.jpg 4IMG_6654.jpg

★最初から急坂(こんなに雪があるのは初めてらしく苦戦している)  ★新雪がキレイ
5IMG_6655.jpg 6IMG_6662.jpg

★新雪歩きを楽しんでもらいたくて先行を変わる  ★早くも霧氷が現れる
7IMG_6663.jpg 8IMG_6668.jpg

★10:10 上の登山口(早く登って、同行者が着く前にコーヒーの準備をする) 
★10:40 コーヒータイムを終わり、いよいよ本格的な雪道歩き
9IMG_6670.jpg 10IMG_6672.jpg

★11:00 植林帯を抜けて自然林へ  ★ここは登山道が凹んでいるので分かる
1IMG_6674.jpg 2IMG_6677_20140113141701ddf.jpg

11:40 防火帯の取付きで休憩していると、単独の男性と高知の親子が登ってきた
3IMG_6678.jpg

11:45 ラッセルをしないといけないと思っていたので大助かり(単独の男性がスノーシュウを履いている)
4IMG_6679.jpg

12:20 防火帯の急坂を登る
5IMG_6684.jpg

12:40 防火帯の木々にも霧氷がビッシリ
6IMG_6687.jpg

13:05 必死に頑張って、何とか尾根に着いた。後は水平道だからと、慰める(体重が重いTさんは、5人が踏み固めた後でも、膝上まで踏み抜いて大変だった!)
7IMG_6689.jpg

13:10 尾根道は、いくらか雪が少な目
8IMG_6692.jpg

13:15 先行してもらった3人が、避難小屋まで行かずに引き返してきた
9IMG_6694.jpg

13:20 細尾根
10IMG_6695.jpg

霧氷のトンネルを行く
1IMG_6726.jpg

霧氷の重みで枝が垂れ下がっている
2IMG_6737.jpg

13:40 右のトラバース道へ
3IMG_6739.jpg

13:45 先行の方達は、ここで引き返している
4IMG_6743.jpg

道は完全に消えている。真っ新な新雪をラッセルする
5IMG_6744.jpg

13:50 急斜面をトラバースしないといけないが、道も分からず怖い(同行者を残して偵察に行く)
6IMG_6745.jpg

★14:00 避難小屋が近ずいた所で、同行者を呼び寄せる  
★14:15 相当、遅れて昼食の準備(お腹はペコペコで、腹減った!!!!)
7IMG_6746.jpg 8IMG_6748.jpg

下山
★14:50 お腹も張って、元気が出たので頑張って下山しましょう(祠は殆ど、雪に埋まっている)
★危険なトラバース道を慎重に歩く
1IMG_6752.jpg 2IMG_6751.jpg

ここまで来れば一安心
3IMG_6755.jpg

踏み抜くと、膝上まで落ち込む
4IMG_6757.jpg

帽子やザックが雪まみれになる
5IMG_6760.jpg

15:10 細尾根を通過中
6IMG_6772.jpg

★15:25 防火帯まで下りて来た  ★16:45 無事に下山できて良かった・・・お疲れさまでした

7IMG_6779.jpg 8IMG_6785.jpg
【積雪の状況】
 冬の国見山には何度も登っているが、今までに一番の積雪だった。特に防火帯は吹き溜まりなので深い。
30cmの根雪の上に新雪が30cmくらい積もっていると思う。Tさんは体重が我々より、20kgくらい重いので、根雪を踏み抜いて膝上まで時々、落ち込んでしまう。
片足が落ち込むと、脱出するのも大変で、足を捩じって痛めたらしい。大事に至らなければ良いが・・・
写真館へ続く
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sanyahana.blog71.fc2.com/tb.php/1356-c5b16a0b

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫