11/27 五代ヶ森

 2014-12-12
五代ヶ森(1713m)  最短ルート  登山口標高=950m  標高差=763m  愛媛県久万高原町
                                  登り≒3:10(推定)   下り=2:10
 今日は70才の誕生日、遂に大台に乗ってしまった。気持ちを新たにして、初めての山に挑戦する。
五代ヶ森は何処からでも目立つ山で、登山意欲をそそられる。
しかし、登山道は無く笹藪漕ぎをしないと登れない山なので諦めていた。
 ネットを見ていたら、久万高原遊山会の方達が刈り払い等登山道整備されたと載っていた。
尾根ルートがH23.9.28日、最短ルートがH24.10.11日に整備されている。まだ2、3年しか経っていないので、大丈夫だろうと思う。


★遊山会の地図と重要ポイントの写真をコピーしてきた  ★大成林道分岐から3km地点に通行止めの鎖
1godaitan00.jpg 2IMG_4061.jpg

★★林道の正面に見える山は堂ヶ森?(恰好良い!)
3IMG_4063.jpg 4IMG_4064.jpg

★登山口は綺麗に刈りはらわれている  ★以前からあった道らしく、しっかりしている
5IMG_4066.jpg 6IMG_4072_20141212075618bf0.jpg

★登り坂になってきた  ★横道になり、右下には沢音が聞こえて心地良い
7IMG_4075.jpg 8IMG_4079.jpg

★沢沿いから離れて左の植林帯へ  ★第4ポイントの標識
9IMG_4083.jpg 10IMG_4084.jpg

★少し登って2段テープのある横道へ左折する(※直進が正ルートだが、踏み跡は薄くテープ無し)
★小さな支尾根を幾つか越すと、大きな支尾根が見えてきた
1IMG_4087.jpg 2IMG_4088.jpg

★右上の支尾根と  
★トラバース道の両方にテープがある(こんな時は落ち着くためにコーヒータイムにする)
3IMG_4093.jpg 4IMG_4094.jpg

★踏み跡がしっかりしているトラバース道へ進む事にした(テープも一杯あり、邪魔な木は切られている)
★行き止まりになった。周辺を散策したが、登れそうな道が無いので引き返す
5IMG_4096.jpg 6IMG_4099.jpg

★支尾根にはテープはあるが、踏み跡は無い  
★テープが途切れた場所には、引き返す時のためにテープを付けて登る
7IMG_4104.jpg 8IMG_4105.jpg

★第6ポイントの標識を見つけて助かった  ★ポイントを振り返る(正しいルートは左の植林帯へ行く)
9IMG_4108.jpg 10IMG_4110.jpg

★これで安心して進める  ★笹道になってきた
1IMG_4111_201412120835479fb.jpg 2IMG_4113.jpg

★笹は段々と濃くなってきたが、道はハッキリと分かる  ★主尾根に着いた
3IMG_4114.jpg 4IMG_4119.jpg

★笹に隠れるように標識がある  ★主尾根は笹というよりか竹(スズ竹)
5IMG_4120.jpg 6IMG_4125.jpg

★道は段々と見えなくなってくる  ★登り坂が始まる
7IMG_4130.jpg 8IMG_4132.jpg

★こんな道だと歩きやすいのだが・・・・  
★11:15 密生したスズ竹が、お腹くらいの高さになってきた。道は見えないので手探り、足探りして登る
9IMG_4133.jpg 10IMG_4139.jpg

★11:40 3段テープが巻かれている  ★三角点だった
1IMG_4142.jpg 2IMG_4143.jpg

★石鎚山が見えてきて一息つく  ★筒上、手箱山はチョット違った角度から見える
3IMG_4145.jpg 4IMG_4147.jpg

★いよいよ頂上か?  ★11:50 何とか頂上に辿り着けて良かった
5IMG_4149.jpg 6IMG_4150.jpg

★頂上は狭くて木に囲まれている  ★南方面
7IMG_4151.jpg 8IMG_4185.jpg

★西方面  ★倒木などに上がって展望ポイントを探す

9IMG_4157.jpg 10IMG_4160.jpg

【頂上からの展望】        全周に木があるのでパノラマは望めない
1IMG_4164 パノラマ写真


2IMG_4183.jpg

西方面は雲が懸っている
3IMG_4179 パノラマ写真

【頂上手前からの展望】
4IMG_4202 パノラマ写真


5IMG_4192 パノラマ写真

★石鎚山      ★瓶ヶ森・西黒森
6IMG_4205.jpg 7IMG_4207.jpg

★岩黒山      ★筒上、手箱山
8IMG_4210.jpg 9IMG_4211.jpg

【ネットより拝借】    何処から写したか不明
10godaitan16.jpg 11godaitan17.jpg

下山
★下山開始  ★スズ竹の海も、下りは楽!
1IMG_4152.jpg 2IMG_4195.jpg

★余裕もでてきたので、景色を楽しみながら下る(瓶ヶ森~伊予富士)  ★岩黒、筒上、手箱山
3IMG_4206.jpg 4IMG_4209.jpg

★最短ルート分岐(通り過ぎると大変なのでテープを付けておいた)  
★第6ポイント(登りは右から上がってきた)
5IMG_4215.jpg 6IMG_4218.jpg

★左の植林帯へ下る  ★合流(往きは迷って55分掛かったが、帰りは11分で下りた)
7IMG_4219.jpg 8IMG_4221.jpg

★無事に登山口に帰ってきた  ★15:00 予定より大分、遅くなってしまった(早く温泉に入りたい!!)
9IMG_4228.jpg 10IMG_4232.jpg
【あとがき】
 久しぶりに、スリルとサスペンスに富んだ山登りをした。
昔は、迷うとパニック状態になり、頭が真っ白になったが、最近は落ち着いて対処できるようになった。
しかし、体力、気力も使い果たして疲れてしまった。(今、思えば70才初登山の良い思い出が出来た)
スポンサーサイト
タグ :
コメント
ギッチャンこんばんは。
どうもありがとうございます。

早速、ブログを見て戴いたようで・・・・続きもヨロシクです。

工石山への県道が、思ったより早く通行できるようになって良かったですね。
10年振りに風邪を引いて三日間寝込んでいました。
もう10日を過ぎましたが、まだ完全に治りません。
工石山へも行きたいですが、チョット無理みたいです。

又、寒波がやって来るみたいですので、体調には気を付けてください。
【2014/12/12 19:13】 | kuni #- | [edit]
kuniさんこんにちは。
お誕生日おめでとうございます。
もうこれ以上は増えて欲しくない歳ですが、何と言っても健康で誕生日を迎えられるのは、幸せな事です!
記念の五代ヶ森登山ですね。
五代ヶ森はもうずい分前ですが、山友さんが”平泳ぎ”状態で登ったというレポが記憶にあります。
かくも急登のササヤブだったようで・・・。
今回も所々道が不明瞭みたいですが、お天気が良くて眺めは素晴らしかったでしょうね。

続きを楽しみにしています。
【2014/12/12 14:46】 | ギッチャン #YHInhhNk | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sanyahana.blog71.fc2.com/tb.php/1473-84f02b65

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫