3/22 梶ヶ森(探索)

 2015-03-24
大田口コース(逆登山)   下り=0:55(コンクリート標柱まで40分)
 1月にガイド登山をしたが、迷って頂上まで行けずに恥をかいた。
今日は、どうして迷ったかを確認するために、頂上から下って調べることにした。
逆向きの登山は初めて!


日の出
早朝に家を出て、頂上で日の出を見ることにした。
★頂上手前にも、雪は全然ない  ★何とか日の出に間に合った
1IMG_5402.jpg 2IMG_5404.jpg

★春霞の中をぼやけて出てきた  ★霞を抜けてクッキリと
3IMG_5413.jpg 4IMG_5417.jpg

★丸い日の出となりました  ★山も雲海も霞んでいる
5IMG_5419.jpg 6IMG_5425.jpg

下り
★6:55 頂上を出発します  ★雲海に向かって急坂を下る
1IMG_5429.jpg 2IMG_5433.jpg

★7:07 尾根分岐を右折  ★植林帯が少しある
3IMG_5438.jpg 4IMG_5441.jpg

★自然林の道は落葉で道がハッキリしないがテープがある  ★7:24 植林帯に入る
5IMG_5443.jpg 6IMG_5444.jpg

★ここも明瞭な道ではない  ★石交じりで、ハッキリとした道になる
7IMG_5447.jpg 8IMG_5449.jpg

★★7:42 小さな沢を渡る
9IMG_5451.jpg 10IMG_5452.jpg

★1月は前方の支尾根を登ったような気がするが?  ★7:48 沢沿いの道
1IMG_5453_201503240802598f4.jpg 2IMG_5458_20150324080300db2.jpg

★倒木をまたいで  ★7:50 沢を渡る(左にコンクリート標柱が写っているが、この時は気付かない)
3IMG_5460_20150324080302923.jpg 4IMG_5461.jpg

★チョットした土手歩き  ★この辺は、道が不明瞭
5IMG_5466.jpg 6IMG_5467.jpg

★ガレキの道  ★大きな谷が見えていた
7IMG_5468.jpg 8IMG_5469.jpg

★谷沿いの道  ★8:05 見覚えのあるモミの木が現れて、現在の位置が分かった
9IMG_5471.jpg 10IMG_5472.jpg
≪迷った場所が分からず、狐に騙されたような気がする≫


登り
★8:10 少し休んで登り返しにかかる  ★テープを付けながら沢までやってきた
1IMG_5474.jpg 2IMG_5479.jpg

★8:29 コンクリート標柱『左近道』に気付く  ★倒木をまたいで大岩の横を行く
3IMG_5480_201503240822285dd.jpg 4IMG_5481.jpg

★左は沢  ★前方に小滝も見える
5IMG_5482.jpg 6IMG_5483.jpg

★8:42 見覚えのある【根分かれ木】を発見。ここが迷い初めの地点と分かりテープを杉の木に巻き付ける(コンクリート標柱より13分)  ★涸沢に立つ【根分かれ木】。1月はこの涸沢を登って、右の支尾根に上がり、植林帯を抜けて雑木林をウロウロした
7IMG_5487.jpg 8IMG_5486.jpg

★沢を渡り、対岸にもテープを付けた  ★【根分かれ木】を右に見て登る
9IMG_5488.jpg 10IMG_5489.jpg

★植林帯を登る  ★苔生した伐採木の横を行く
1IMG_5491.jpg 2IMG_5492.jpg

★炭焼き釜の跡  ★右にトラバースすると
3IMG_5493.jpg 4IMG_5494.jpg

★植林帯の出口が見えてきた  ★目的を達成できたので安心した(支尾根に上がって食事にする)
5IMG_5495_2015032408394814f.jpg 6IMG_5496_20150324084001680.jpg

★急坂の先にアンテナが見えて来た  ★10:32 無事帰還(逆向きの登山は意外とシンドイ・・・・・・)
7IMG_5498.jpg 8IMG_5500.jpg
【あとがき】
 赤テープを2つ持って行ったが足りなかった。植林帯には小さな木が無くてテープが沢山いるので、完全には付けれなかった。(カラースプレーを持って行けば良かったと思う)
 積雪時期に登れるかどうか、あまり自信がない。3年前の大雪の時に迷わずに登れたのが信じられない。
スポンサーサイト
タグ :
コメント
ギッチャン おはよう(もう、昼か?)

 早くもブログ見てくれたみたいでビックリ!!
撤退した原因を確かめたくて、雪が無くなるのを待っていました。
山荘に電話して聞くと、全然ないという事で、探索を実行する事にしました。(山荘は4月からの営業だそうです)

 昔は山で、何回も迷いましたが、最近はそんな山に行かないので、久しぶりの事でした。
迷った場所も分かり、原因が解明できたのでスッキリとしました。

 「キナバル山へ①」を見せてもらいましたヨ。
楽しそうな山旅の始まりで、続きが楽しみです。


 
【2015/03/24 10:03】 | kuni #- | [edit]
kuniさんおはようございます。

山で迎える日の出は感動ですね!

昨年春に、豊永から大田口へ縦走した事を思い出します。
梶ヶ森山頂から下り、左手に谷が流れる場所まで下りて来た時、イチリンソウが咲いていたのが印象に残っています。
まだ花の無い時期に、下った後登り返すのはしんどかったですね~。
お疲れさまでした。

私たちも大変な道迷いをした事がありますが、リーダーは後日真顔で『みんなにキツネが憑いちょった』って・・・。
山では予想外の事がいろいろ起こりますね・・・。
納得が行くまで足を運ぶのは、大事な事だと思います。
【2015/03/24 09:19】 | ギッチャン #YHInhhNk | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sanyahana.blog71.fc2.com/tb.php/1489-188cc20d

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫