スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

10/29 手箱山

 2009-11-02
手箱山(1806.2)大瀧コース   高知県いの町    登り=3:00  下り=2:35(寄り道除く)
 5年前の夏に一般コースの土小屋から登ったが、ガスが懸かって展望が殆どなかった。
手箱山は高知県単独の最高峰で、一度は高知県側から登ってみたいと思っていた。
展望も素晴らしい山で紅葉も良いらしい。それに氷室も有ると言う大瀧コースから挑戦することにした。


★6:25 県道沿いの登山口を出発  ★名野川に懸かる吊り橋を渡る  ★少し石道を登ると丸太階段が続く
1IMG_6579.jpg 2IMG_6580.jpg 3IMG_6582.jpg
★植林の平坦横道を行く  ★水がほとんど流れていない木橋  ★谷間を過ぎると又、植林帯
4IMG_6585.jpg 5IMG_6586.jpg 6IMG_6589.jpg

★緩い尾根を横切る  ★元の側の横道に戻る  ★7:46 楽しくない植林帯が終わって、やっと尾根に出た
1IMG_6594.jpg 2IMG_6596.jpg 3IMG_6598.jpg
★道も広くて平坦な尾根道だが、左側が植林で残念  ★休憩したい雰囲気になった:やっとビールが飲める  ★良い気分になって、のんびり歩き
4IMG_6607.jpg 5IMG_6619.jpg 6IMG_6621.jpg

★8:33 氷室分岐:帰りに寄る事にして通過  ★良い感じの原生林になってきた  ★紅葉は少しピークを過ぎている
1IMG_6622.jpg 2IMG_6626.jpg 3IMG_6634.jpg
★★それでも、まだ綺麗  ★高度が上がって紅葉が少なくなってきた
4IMG_6637.jpg 5IMG_6654.jpg 6IMG_6668.jpg

★枯れた大木の門を潜る  ★9:21 氷室番所跡:この標識はチョットおかしい(頂上から下ってきた時の、番所跡への分岐の意味)  ★苔の道
1IMG_6671.jpg 2IMG_6672.jpg 3IMG_6673.jpg
★森林限界になり、一気に展望が開ける  ★瓶ヶ森、西黒森から  ★大座礼山、奥工石山、奥白髪山、稲叢山へと高知の山並みが続く
4IMG_6675.jpg 5IMG_6676.jpg 6IMG_6677.jpg

★前方に笹尾根が見えてきた  ★右に大きく回り込んで進むと素晴らしい景色  ★笹の斜面を見上げながら歩く
1IMG_6680.jpg 2IMG_6682.jpg 3IMG_6694.jpg
★門番岩が近づく  ★真下に来ると結構、高い  ★左の岩には、ビバーク出来そうな穴が開いている
4IMG_6707.jpg 5IMG_6714.jpg 6IMG_6715_20091102205942.jpg

★岩の上に上がると、平坦な笹原  ★10:03 頂上:先客が一人居たのでビックリする(名野川登山口→土小屋コースで2時間だったらしい)  ★三角点は笹に埋もれそう
1IMG_6718.jpg 2IMG_6720.jpg 3IMG_6721.jpg

下山
★11:15 下山開始:山座同定をしたりしているとアットいう間に時間が経っていた  ★門番岩の間を下りる  ★笹原に向かう
4IMG_6791.jpg 5IMG_6796.jpg 6IMG_6798.jpg
★番所跡は石垣が少し残っている  ★やかんが木にぶら下がって、下にスコップが置いてある:何だか不思議  ★氷室はブナ林の中にある
1IMG_6805.jpg 2IMG_6806.jpg 3IMG_6815.jpg

★袋の中味はおがくずみたい  ★この穴に氷を入れるのかな?  ★14:21 やっと吊り橋に着いた:久し振りの連続登山で疲れてしまった
4IMG_6810_20091102212108.jpg 5IMG_6808.jpg 6IMG_6825_20091102212106.jpg

長くなるので、展望と紅葉写真は別館へアップしました。

あとがき
 登山道も良くて登り易かったが、残念なのは植林帯が1時間20分も続く事。 
半分くらいだったら、お気に入りのコースになって時々、登りたいのだが・・・・・・。
 しかし、今日は最高の天気だったので、紅葉と展望を十分に楽しめた。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sanyahana.blog71.fc2.com/tb.php/550-3b618712

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。