8/15 妙高山

 2010-10-03
妙高山(2454m)    100名山    登り=3:30   下り=2:40
 標高差は1330mで火打山より少し多いが、距離が5kmくらいで半分なので、少しは楽かなあ。
お盆の真っ直中で、それに日曜日なので混雑を心配したが、少しの登山者で静かな山歩きだった。
笹ヶ峰登山口から火打山とセットで、山小屋泊の1泊2日の人が多いのかも知れない。

★4:55 10分くらい待って写真が撮れるようになった/駐車場を3:30分に出発した  
★ここまで、コンクリートの赤倉源泉管理道が続いている  ★赤倉温泉の源泉
1IMG_5092.jpg 2IMG_5095.jpg 3IMG_5096.jpg
★源泉管理小屋を過ぎると滝が見えてくる  ★登山道を左に見送り直進して、沢を渡ると  ★称明滝の下に行ける
4IMG_5103_20101003213136.jpg 5IMG_5112.jpg 6IMG_5113.jpg

★5:15 滝の下には素晴らしい野天風呂がある/駐車場から1時間掛かるのでチョット遠い  ★登山道に引き返す  
★右に外輪山がそそり立つ
1IMG_5115.jpg 2IMG_5118.jpg 3IMG_5123.jpg
★5:35 滝上流の沢に出た  ★水は乳白色だが冷たい  ★程なく麻平からの道が合流する
4IMG_5127.jpg 5IMG_5128.jpg 6IMG_5129_20101003213824.jpg

★沢に沿った道を行く  ★6:00 沢は水が無くなった  ★6:15 砂礫の斜面広場でビールタイム/火山岩特有の苔がいっぱい生えている
1IMG_5133.jpg 2IMG_5137.jpg 3IMG_5144.jpg
★6:35 急坂を登り切ると  ★尾根に出る  ★6:40 天狗堂は小さな祠
4IMG_5148.jpg 5IMG_5151.jpg 6IMG_5153.jpg

★6:50 光善寺池は小さな池  ★★登りにくい道
1IMG_5154.jpg 2IMG_5156.jpg 3IMG_5157.jpg
★左に外輪山が間近に見える  ★7:40 ストックを納めて鎖場に備える/鎖が無くても登れる感じ  ★鎖場の上は絶壁の展望台になっている/見えるのは外輪山だけ
4IMG_5161.jpg 5IMG_5171.jpg 6IMG_5174.jpg

★右に目を向けると、これから登る岩峰  ★ペンキマークが沢山あるので安心  ★左に右にお花畑
1IMG_5176.jpg 2IMG_5180.jpg 3IMG_5188_20101003215555.jpg
★初めてのトウヤクリンドウが一杯だが  ★花は閉じたままで、先が痛んでいる  ★8:10 妙高大神が祀られている南峰
4IMG_5197.jpg 5IMG_5198.jpg 6IMG_5206.jpg

★岩に嵌め込まれている瓦焼物  ★三角点のある北峰に向かう  ★南峰の岩穴
1IMG_5207.jpg 2IMG_5208.jpg 3IMG_5210.jpg
★8:15 若者グループの方に撮ってもらう  ★赤い軍団が賑やか  ★喧噪を避けて岩に登って食事にした
4IMG_5215.jpg 5IMG_5225.jpg 6IMG_5226.jpg

雲の切れ間から唯一見られた展望
IMG_5219のコピー


★トウヤクリンドウ  ★★これだけ沢山のツルニンジンは初めて
1IMG_5204.jpg 2IMG_5259.jpg 3IMG_5249.jpg
★タマガワホトトギス ★ソバナ ★火山性砂礫にある苔の花?/イオウゴケと判明(2011.4.11)
4IMG_5238.jpg 5IMG_5264.jpg 6IMG_5146.jpg

 妙高山に登ったが、天候も良くなかったので山容がハッキリと分からなかった。
それに、直ぐ近くの火打山との連なりもイマイチ分からない。帰って、調べてみて空撮の画像を見てスッキリした。


【妙高山は、すり鉢状の外輪山の真ん中にある山で、登山口のある燕温泉の方だけ外輪山が切れている。
 火打山から妙高山に行くには、外輪山を乗り越えて行かないといけない。今までに経験した事の無い複雑な山域だった】
別館へ続く
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sanyahana.blog71.fc2.com/tb.php/701-a1a28efc

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫