8/19 唐松岳

 2010-10-09
唐松岳(2696m)  300名山   黒菱平駐車場発2:45→3:55八方池山荘  
                      登り=4:00  下り=2:30(唐松山荘→第3リフト駅)

 北アルプスの初挑戦は唐松岳。可能であれば、五竜岳まで行きたいが、多分ダメだろうと思う。
★5:00 八方池着/出発して約2時間  ★5:20 しばらく日の出を待つ/昨日、少し話をした方が登ってきた。五竜岳にピストンするらしい  ★5:23 日の出
1IMG_5834.jpg 2IMG_5849.jpg 3IMG_5852.jpg
★白馬岳は今日も頂上は見えない  ★5:30 カライトソウも焼けている  ★ダケカンバも
4IMG_5855.jpg 5IMG_5868.jpg 6IMG_5876_20101009214045.jpg

★5:42 ツリガネニンジンがいっぱい  ★予想していなかった花畑  ★花畑はダケカンバの入口まで続く
1IMG_5879_20101009214833.jpg 2IMG_5880.jpg 3IMG_5892.jpg
★遅くまで雪渓が残る扇雪渓  ★ダケカンバが覆い被さる  ★丸山ケルンが見える
4IMG_5898.jpg 5IMG_5900.jpg 6IMG_5902.jpg

★雪が少し残っている  ★残雪の回りはお花畑  ★五竜岳と鹿島槍ヶ岳
1IMG_5904.jpg 2IMG_5905.jpg 3IMG_5911_20101009215225.jpg
★6:40 丸山ケルン  ★尾根道になった  ★五竜岳への縦走路はアップダウンが厳しそう
4IMG_5912.jpg 5IMG_5918.jpg 6IMG_5926.jpg

★尾根道から横道へ  ★五竜岳の雲が完全に取れた  ★下山者が見える
1IMG_5929.jpg 2IMG_5933.jpg 3IMG_5934.jpg
★ガレ場に差し掛かる  ★切れ落ちているので慎重に  ★唐松山荘が見えてきた
4IMG_5939.jpg 5IMG_5942.jpg 6IMG_5943.jpg

★7:22 分岐  ★山荘の前を通る  ★少し下る
1IMG_5947.jpg 2IMG_5948.jpg 3IMG_5953.jpg
★雪渓が大きな口を開けている  ★ガスがひどくなってきた  ★7:40 頂上/休憩などを含めて5時間
4IMG_5956.jpg 5IMG_5959.jpg 6IMG_5960.jpg

下山
★★★8:35 頂上滞在約1時間/景色を楽しみながら下山中
1IMG_5975.jpg 2IMG_5978.jpg 3IMG_5979.jpg
★8:52 山荘前に着  ★ビールの自動販売機にビックリ  ★8:56 唐松岳にカンパーイ/唐松岳で十分に満足したので五竜岳はヤーメタ・・・・
4IMG_5990.jpg 5IMG_5991.jpg 6IMG_5995_20101009220733.jpg

★9:30 時間がタップリあるので鎖場を散策に行く  ★★鎖場/鎖が無くても大丈夫 
1IMG_6010.jpg 2IMG_6012.jpg 3IMG_6014.jpg
★下りになった  ★鎖場の下より縦走路を望む/凄いアップダウン  ★10:00 唐松岳にお別れ
4IMG_6016.jpg 5IMG_6020.jpg 6IMG_6029_20101009222205.jpg

★11:45 八方池はガスっている  ★八方池は観光地  ★池の縁はお花畑
1IMG_6086.jpg 2IMG_6094_20101009222642.jpg 3IMG_6102.jpg
★マツムシソウの群生を見るのは始めて/自然の物だろうか?  ★池は一周できる  ★八方池からは木道歩き
4IMG_6106_20101009222640.jpg 5IMG_6107_20101009222639.jpg 6IMG_6112.jpg

★12:25 八方池山荘上の展望所/登った雨飾・火打・妙高・戸隠・飯縄が横並び。見たかったなあ
★リフトに乗らずに歩く  ★綺麗なシモツケソウを見ながら休憩
1IMG_6114_20101009223630.jpg 2IMG_6117.jpg 3IMG_6119_20101009223629.jpg
★12:56 第3リフト駅  ★白馬大橋や町並みが見える  ★13:02 牧場通過はヤバイのでリフト利用
4IMG_6121_20101009223628.jpg 5IMG_6122_20101009223627.jpg 6IMG_6127.jpg
日の出待ち30分、頂上滞在1時間、ビールタイム30分をしなければ、五竜岳に登れたかも・・・・・!?
唐松岳は道がよくて、池あり、花がいっぱい、展望も良くて素晴らしい山だった。花の時季にもう一度登りたい。
別館へ続く
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sanyahana.blog71.fc2.com/tb.php/707-7f698d80

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫