8/21 鹿島槍ヶ岳

 2010-10-12
鹿島槍ヶ岳(2889.1m) 100名山 赤岩尾根コース  駐車場発2:40→3:40砂防ダムトンネル
                                        登り=5:30   下り=3:50
 
標高差1810m(累計1891m)、距離8.8km、予定時間6:30分で、私にとっては未知の世界です。
距離は林道歩きが4kmあるから、山道は4.8kmなので、急坂が予想される。五竜岳のように、途中に名山が無いので、頂上まで辿り着けなけれま、未踏に終わってしまう。
 下山してきた方に聞くと、登山道は最近整備されて、非常に歩きやすかったと言っていたので幾分、気持ちが楽になってきた。しかし、長丁場には変わりないので、出発を更に早くした。

 昨日は何台か車が停まっていたが、下山してきたのは2人だけで、1人は五竜岳から縦走してきて、タクシーで車のデポ地に戻る方だった。他の車は山小屋泊の方達だと思う。
愛媛ナンバーの車があったので、話をしたかったのに、会えずじまいで残念だった。

★4:40 夜が明けてきた/遠くに見えるのは高妻、戸隠山  ★赤く染まる鹿島槍ヶ岳南峰  ★石も赤く焼けている/今日は特に赤が濃い。天気が良いのかな
1IMG_6208_20101012075851.jpg 2IMG_6231.jpg 3IMG_6239.jpg
★5:18 日の出/高妻山と飯縄山  ★爺ヶ岳方面の朝焼け  ★5:35 
4IMG_6241.jpg 5IMG_6243.jpg 6IMG_6245_20101012075847.jpg

★石がゴロゴロしている  ★5:40 高千穂平に到着/出発してから丁度3時間  ★相当に切れ落ちた鹿島槍ヶ岳
1IMG_6246.jpg 2IMG_6247.jpg 3IMG_6256.jpg
★太陽は真後ろにある  ★鹿島槍ヶ岳の北峰で何か光っている  ★左の布引山を越して行くのだナア
4IMG_6264.jpg 5IMG_6267.jpg 6IMG_6270.jpg

★これを見て赤岩尾根の意味が分かった  ★右の尾根に標識のような物が見える  ★赤い岩の尾根は続く
1IMG_6272_20101012081852.jpg 2IMG_6276.jpg 3IMG_6278.jpg
★階段を上がって  ★鎖場を行くと  ★ザレ場の横道になった
4IMG_6279.jpg 5IMG_6282.jpg 6IMG_6285_20101012081848.jpg

★人が見える  ★6:50 縦走尾根にやっと着きました  ★山小屋泊の人達が頂上に向かっている
1IMG_6286.jpg 2IMG_6287.jpg 3IMG_6303.jpg
★しばらく休憩/後方に北信濃の山が見える ★私も頂上に向かって出発 ★この絶壁道を行くのかと、少しビビってしまう
4IMG_6304.jpg 5IMG_6307.jpg 6IMG_6313.jpg

★7:10 冷池山荘/絶壁道は少しで、森の中を巻いて来た  ★山荘の右の階段を上がると展望台  ★右は切れ落ちているが、道幅は広い
1IMG_6315.jpg 2IMG_6317_20101012083425.jpg 3IMG_6319.jpg
★7:20 テント場  ★道沿いはチョットしたお花畑  ★車をデポした大冷沢の橋が見える
4IMG_6325.jpg 5IMG_6328.jpg 6IMG_6330.jpg

★布引山が聳えている  ★そんなに急坂では無い  ★左に立山連峰、後方に槍ヶ岳が見られる展望道
1IMG_6347.jpg 2IMG_6348.jpg 3IMG_6352.jpg
★布引山は左を巻いて行く  ★★8:20 最後の登りだ
4IMG_6365.jpg 5IMG_6367.jpg 6IMG_6377.jpg

★なだらかな道になってきた  ★8:50 団体とすれちがう/この時間だと何処から、やって来たのかな  ★頂上は近い
1IMG_6379.jpg 2IMG_6382_20101012084814.jpg 3IMG_6384.jpg
★一面のガレ場  ★9:00 頂上/真正面に立山連峰  ★五竜岳方面は頂上に着くまでは、見られなかった
4IMG_6387.jpg 5IMG_6399.jpg 6IMG_6391.jpg

下 山
★9:45 赤岩尾根方面に雲が沸いてきた  ★槍ヶ岳も隠れそう  ★立山連峰にも雲が浮かんできた
1IMG_6437_20101012085620.jpg 2IMG_6438.jpg 3IMG_6441.jpg
★布引山をトラバース中/なかなか良い景色  
★11:02 冷池山荘展望台で生ビールを一気飲み/近くで崖崩れのような凄い音がした(去年の北海道山旅で利尻山に登った時、岩が崩れ落ちる様を思い出した)。「人が落ちた」と叫ぶ声が聞こえた。一瞬、身震いをしてしまった。
★11:35 赤岩尾根分岐/人が滑落した話をすると、この方達はあまり動じなかった。
                  北アルプスでは日常茶飯事なのだろうか・・・・!?
4IMG_6462.jpg 5IMG_6467.jpg 6IMG_6471.jpg

★★ザレ場を細心の注意を払って下りる  ★まだ亜鉛メッキがピカピカの階段は非常に歩きやすい
1IMG_6472.jpg 2IMG_6473.jpg 3IMG_6483.jpg
★13:20 砂防ダム下のトンネル入口  ★朝は暗がりだったが、今は快適  ★14:10 何とか無事に帰り着いた/出発してから11時間30分になる。実動9:20分なので、休憩などの時間が2:10分になる
4IMG_6487.jpg 5IMG_6489.jpg 6IMG_6491.jpg
 縦走路や冷池山荘回りで沢山の人に出会ったが、赤岩尾根で出会ったのは、登りの途中で、山小屋泊の下山者数人だった。今日、登ったのは私一人だけかも知れない。
 登山道も良く整備され、迷う事のない一本道を静かな山歩きが出来るので、お薦めコースと思う。

別館へ続く
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sanyahana.blog71.fc2.com/tb.php/709-f75c5e44

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫