スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

11/3 由布川峡谷

 2011-12-15
 約15mから60mの切り立った断崖の下を峡谷が約12kmにわたってつづく、苔の生えた岩肌を40条以上あると言われる細い滝筋が流れ落ち、幻想的な景観が広がる。 【ウィキペディアより】
 この峡谷もテレビで知った。信じられないような光景で、日本にもこんな所があるものだと驚いた。
12kmの内で、一般の人が散策できるのは2kmくらいで、後は沢登りの出来る方達の世界。


★9:30 椿入口をスタート  ★急階段を下りると異様な空間になる  
★上流に滝が見える。近くまで行ったけど、雨降り仕様でないと通過できない
01IMG_6714.jpg 02IMG_6719.jpg 03IMG_6722.jpg
★上流はあきらめて下流に向かう  ★右の岩に細い道があったので、怖々進む  ★ここは楽勝
04IMG_6726.jpg 05IMG_6732.jpg 06IMG_6736.jpg

★更に下流へ向かう  ★岩に穴が開いている  ★流木などで荒れた岩場になったが、何とかクリアする
07IMG_6737.jpg 08IMG_6739.jpg 09IMG_6740.jpg
★渡れそうなルートを探しながら行く  ★苔の生えた岩壁が綺麗  ★10:10 この渕は深いのでもう進めない
10IMG_6741.jpg 11IMG_6746.jpg 12IMG_6758.jpg

猿 渡
 椿入口の駐車場で昼食を摂ってから、猿渡入口に移動する。
★11:50 出発  ★ハシゴの様な急階段を下りる  ★凄い峡谷が下流にある。上部は歩いてきた猿渡橋
1IMG_6766.jpg 2IMG_6770.jpg 3IMG_6775.jpg
★上流からレイン姿の方が現れる。椿入口まで行ってきたらしい。足元をどんなにしているか聞いておけば良かった
★13:10 小平茶屋の吊橋。ここから峡谷へは下りれない  ★橋から覗くと赤と白のヘルメットが見えた
4IMG_6782.jpg 5IMG_6792.jpg 6IMG_6790.jpg

あとがき
 長靴では200~300mくらいしか散策できなかった。
暑い夏に、短パン姿と沢草履で水に浸かりながら歩くか、今時だと釣り人が履くような、腰まで浸かっても大丈夫な物を着けるしかない。私には無理な気がするし、一人ではチョット怖い。

別館へ続く
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sanyahana.blog71.fc2.com/tb.php/985-8874ee05

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。